小犬を救うため人間に助けを求めた母犬の物語
 どうしても守りたいものがある。だが自分だけの力ではそれが叶わない。そんな時動物たちは、藁にもすがる思いで予想外の行動にでることがある。

 南東ヨーロッパのセルビア共和国での出来事だ。雪深い極寒の時期、母犬は寒さをしのぐため、排水管の中で子犬を育てていた。

 だが厳しい寒さから子犬たちを守ることはできない。母犬は近づいてきた人間を見ると排水管の外に出て、何かを訴えかけるような目をした。人間たちに助けを求めたのである。
スポンサードリンク
Brave Mama Dog Asks Strangers To Save Her Babies | The Dodo

小犬たちを守るため、人間に助けを求めてきた母犬

 セルビア共和国の動物救済施設『Dog Rescue Shelter Mladenovac, Serbia』が、地元住民から「道路脇の排水管の中に犬がいるようだ」と連絡を受けた。

 氷点下を下回る極寒の時期で凍死する恐れもある。心配した施設のスタッフ2名がすぐに現場へ駆け付けた。

 すると、雪に覆われた排水管の中から1匹の犬が出てきて、スタッフに向かって尻尾を振って近付いてきた。

 犬は、まるで人間に助けを求めているかのように、必死で何かを訴えようとしていた。そこで、スタッフが排水管の中を覗くと、そこには3匹の子犬がいた。
2_e0
image credit: youtube
 子犬たちは、人間の姿を見て怯え、威嚇の声を発した。なんとかして3匹を排水管の中から出さねばと思ったスタッフは、子犬たちに呼びかけてみたが、一向に出てこようとはしなかった。

 そこで、スタッフは母犬を一旦排水管の中に戻しもう一度呼びかけてみた。そうすれば、母犬について子犬たちが一緒に出てくると思ったのだ。

 しかし、母犬が排水管の外に出ても、子犬たちは3匹固まって排水管の真ん中から動こうとはしなかった。

救助に成功、4匹は無事に施設へ

 最終的に、スタッフ2名は母犬だけを先に車の中に入れ、排水管の両側に互いに周った。

 1人が細長い棒を使って中にいる子犬たちに届くように突くと、反対側のもう1人は子犬たちが自分の方へやってくるのを期待した。

 この方法は見事成功。ついに3匹の子犬たちは排水管から出ることができ、スタッフは母犬と一緒に施設へと連れ帰った。
3_e
image credit: youtube
 4匹は、獣医によって寄生虫などの治療や予防接種などを受けた。もう雪に覆われた寒い排水管の中で凍えて身を守る必要はない。施設には、温かい寝床とたっぷりの餌が用意された。
5_e
image credit: youtube
 スタッフに「ヘラ」と名付けられた母犬は、子犬ともども助けてもらったことに感謝の気持ちを示すかのように、救助したスタッフにキスした。
 子犬たちがもう少し成長すれば、ヘラと一緒に養子縁組に出されることになっているということだったので、今頃は4匹が温かな飼い主のもとで、幸せに暮らしているといいな。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
崩壊した家屋の下敷きになった子犬を助けたい母犬が人間に助けを求め、共に瓦礫を掘り起こす救出物語(インド)

1匹の捨て犬が人間に助けを求め、10匹の子犬と母犬の命を救った物語(アメリカ)

「人間さんお願い、うちの子を助けてください!」母猫の要請ではじまった子猫救出大作戦 (アメリカ)

ボクを一緒に連れてって!車の後を必死で追いかけてきた野良犬の保護物語(ギリシャ)

怪我した脚を引きずりながら人間に助けを求めに来た猫、茂みに隠した5匹の子猫の元へと案内する

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7944 points
「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

2021年4月26日
2位
5078 points
猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

2021年4月29日
3位
5033 points
ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

2021年5月3日
4位
4835 points
母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

2021年5月1日
2684516546
5位
3989 points
小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

2021年4月29日
2663702318
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年02月23日 11:47
  • ID:HipNhj9C0 #

お母さんは人間に信頼があるから、元飼い犬だったのかな…。せめて、もともと野良犬だったけど、人間にご飯をもらったことがあって、悪い人間ばかりじゃないって知っているのだったら、いいなあ。

2

2. 匿名処理班

  • 2021年02月23日 12:39
  • ID:riYOTZkn0 #

野犬が多い国だけどこの親子は無事保護されたんだね
良かった良かった

3

3. 匿名処理班

  • 2021年02月23日 12:43
  • ID:Q8hOoWyL0 #

>>1
母犬は元飼犬なんだろうね
生まれついての野犬は人に簡単に懐かないだろう

4

4. 匿名処理班

  • 2021年02月23日 12:49
  • ID:vbcG8GjS0 #

※1
大丈夫。ママは人間が助けてくれる人って思ってるから、
子犬の所へ案内してきたんだよ。
子犬は初めて見る人に怯えてるだけだし。
ママは賢くて、それから目が綺麗だね。

5

5. 匿名処理班

  • 2021年02月23日 13:07
  • ID:l55aCKoG0 #

スタッフメンと母親犬、長年連れ添った夫婦みたいになってるじゃねーか

6

6. 匿名処理班

  • 2021年02月23日 13:11
  • ID:tTwjuLXH0 #

最初から尻尾振ってどうもどうも人間さんって感じだから捨て犬かなぁって思ってしまった。
でも無事に保護されて幸せに暮らして欲しいな。

7

7.

  • 2021年02月23日 13:30
  • ID:.i1LzUmD0 #
8

8.

  • 2021年02月23日 13:56
  • ID:0GYqQ4e80 #
9

9. 匿名処理班

  • 2021年02月23日 14:22
  • ID:96gOsH7z0 #

普段人にあまり近づかないやつでも必要なら来る子は結構見るよね

10

10. 匿名処理班

  • 2021年02月23日 14:28
  • ID:G.y05VL10 #

甘え方や手や膝の上に顎のせる仕草が明らかに元飼い犬だと思えるんだよなあ…
こんな寒い土地でよく頑張った

11

11. 匿名処理班

  • 2021年02月23日 14:31
  • ID:UdjGP.900 #

スタッフの方々も寒かったろうに。
凍えた犬たちのために尽力してくれたんだな。

12

12. 匿名処理班

  • 2021年02月23日 14:51
  • ID:WNoTg4.W0 #

ほっこりした

13

13. 匿名処理班

  • 2021年02月23日 20:09
  • ID:9AIvt3gM0 #

セルビアって何処だと思ったらハンガリーとルーマニアの南、ブルガリアの近くなのね
コソボの内戦なら聞いた事あるが、寒い中で民族衣装で踊っているイメージ

14

14. 匿名処理班

  • 2021年02月23日 20:41
  • ID:Z9dA4evP0 #

元飼い犬か、元々人間に懐いていたという経緯のある犬と
考えるのが妥当だろうね。「野生が人間の良心に望みを託した」
ってストーリーは確かに甘美で魅惑的ではあるけど。

15

15. 匿名処理班

  • 2021年02月24日 03:24
  • ID:CXYG6AFo0 #

動物達に優しい国にする為に自分は何ができるんだろう

16

16. 匿名処理班

  • 2021年02月24日 08:36
  • ID:QiwlgB.00 #

年配者だとセルビアよりもユーゴスラビアと言った方が分かるかもしれない。地理的に戦争の絶えない場所で、近年もNATOの空爆があったりコソボ紛争が続いてたりする。でも明るくて優しい人が多かったな。交差点でも車は止まってくれるし。

17

17. 匿名処理班

  • 2021年02月24日 11:08
  • ID:tkXTCmb.0 #

このおっちゃん、他の動画でも犬を手で確保してるんだよなあ…
結構大きめの犬でも抱きあげておとなしくさせてしまうの。

18

18. 匿名処理班

  • 2021年02月24日 11:47
  • ID:8FtLTK.w0 #

やっぱり犬は賢いな
見事に意志が通じ合っている

19

19. 匿名処理班

  • 2021年02月24日 15:24
  • ID:RHwiJDRv0 #

※15 NNNとWWNをもっと・・・!…だと思います。

20

20. 匿名処理班

  • 2021年02月24日 16:25
  • ID:sdTgCtU90 #

行った人によると、東欧って観光化されてない素晴らしい場所がたくさんあるんだって。一方政治的には厳しくて、気の毒に思う事が多々ある。(ここで良く記事が紹介される、ウクライナもその1つ。)
そんな中でも、動物たちに手を差し伸べる人達の存在がありがたい。

21

21. 匿名処理班

  • 2021年02月24日 18:02
  • ID:LvJZ...E0 #

人間が、食うに精一杯な、貧しそうな国でもちゃんと愛護団体が活動してる。
頭が下がります。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク