野生の七面鳥の背中に乗るフクロウのヒナ

 カラフトフクロウのヒナと七面鳥のメスの子供が仲良く寄り添っている姿が目撃された。なぜこの2羽が一緒にいたのかはわからない。フクロウのヒナは七面鳥を慕っているようで、その背中に乗ってきた。

 七面鳥はそれを払い落とすこともなく、時にフクロウに歩調を合わせ、見守りながらそのそばから離れようとはしなかった。
スポンサードリンク


Great Grey Owlet Riding On Wild Turkey

 詳細は記されておらず場所はわからないが、2006年に撮影されたもののようだ。その動画には野生の七面鳥とカラフトフクロウのヒナの姿が収められている。

 2羽は森の中で寄り添うように歩いている。

1

 フクロウのヒナは鳴き声を上げながら、七面鳥の背中に乗ろうとする。七面鳥は全く嫌がることなく自分の背中をフクロウに貸してあげている。

4

 七面鳥は立ち去ろうとせず、常にフクロウのヒナのそばに寄り添っている。

5

 七面鳥の背中に乗っては落ち、また乗っては落ちを繰り返すフクロウ。
 その行動をすべて受け入れている七面鳥。

6

 フクロウの多くの主はまだ飛べないうちから巣立つと言われている。巣立ったばかりのフクロウの近くにたまたま七面鳥がいたのかもしれない。

 七面鳥もまだ子供なので心細かったのだろう。寂しい同士が偶然に出会い、寄り添いあうような形になったのかもしれないが、異種の動物たちがお互いを毛嫌いせずにそばにいる姿はぐっとくるものがある。

追記(2021/02/21)本文を一部修正して再送します。
あわせて読みたい
異種だけどらぶりんちょ。しばらくは、ハスキー犬とシロフクロウのイチャイチャちゅっちゅをご覧ください


母性が動く時。母ヒヒを捕食したメスライオン、残された赤ちゃんヒヒを保護しオスライオンから守る(ボツワナ)


野良犬から守り、餌を取ってきて真っ先に与える。抱きかかえた子犬を我が子同然に育てるオスザル(インド)


「ママ?ママ?」狩ってはみたけれど……。自分に甘えてくるヌーの赤ちゃんを守るメスライオン


母性はきまぐれ。メスライオンがヒョウの赤ちゃんにお乳を与える姿が目撃される(タンザニア)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
5850 points
車にぶつかり動けなくなった犬を一晩中励まし続けた仲間の犬、病院にも付き添い治療中もずっと離れず(ブラジル)

車にぶつかり動けなくなった犬を一晩中励まし続けた仲間の犬、病院にも付き添い治療中もずっと離れず(ブラジル)

2021年2月25日
2935540314
2位
5242 points
寒さで凍えている子犬たちを救うため、人間に助けを求めた母犬の物語(セルビア)

寒さで凍えている子犬たちを救うため、人間に助けを求めた母犬の物語(セルビア)

2021年2月23日
2804940319
3位
3293 points
猫が泣いてる!帰らなきゃ!帰省中涙を浮かべている猫の姿が監視カメラに映り予定を早めて帰宅した飼い主

猫が泣いてる!帰らなきゃ!帰省中涙を浮かべている猫の姿が監視カメラに映り予定を早めて帰宅した飼い主

2021年2月28日
4位
2748 points
トヨタが粋な計らい。130台の壮絶な玉突き事故に巻き込まれながらも人々を救った英雄に新車をプレゼント

トヨタが粋な計らい。130台の壮絶な玉突き事故に巻き込まれながらも人々を救った英雄に新車をプレゼント

2021年2月23日
1402580226
5位
2238 points
小さな尊い命が救われる瞬間。火事で心肺停止に陥った2匹の猫に小さな酸素マスクで救命措置(イギリス)

小さな尊い命が救われる瞬間。火事で心肺停止に陥った2匹の猫に小さな酸素マスクで救命措置(イギリス)

2021年2月22日
93213528
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 01:09
  • ID:J4rrg1wF0 #

托卵を企んでいる

2

2. のらねこ

  • 2021年02月21日 01:49
  • ID:rgmxKglt0 #

七面鳥の性別が分からんから、母性と決め打ちするのはどうなの? 七面鳥がオスなら父性でしょ。そこが未分明なら「性別不明なので親性」としといた方がいいかもね。

3

3. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 02:18
  • ID:MHFDmJiK0 #

※2 七面鳥のオスとメスは形状が違うよ。オスの羽にはひだ飾りのある、尾は扇形、頭はむき出し、明るい色の髭のような肉垂がある。故にこれはメス。

4

4. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 02:36
  • ID:rEDTxgfa0 #

映像見て一瞬びっくりしたけど、シチメンチョウは母ではなく若鳥みたいだね。身体全体に鮮やかさが無い。仲間と逸れて?心細いのか背中に乗せてるとき以外はフクロウの雛が歩き出すの待ってる。保護してる様子は無い。
フクロウの多くはまだ飛べないうちから巣立つ。動画の巣立ち雛は(最初は画面の右側にいるらしい)親鳥を一生懸命呼び高いところに登ろうとするがうまく動けないのでシチメンチョウの背中に乗る形になってしまっている。
2:20辺りでシチメンチョウが素早く動くシーンがあるけど、樹上でフクロウの親鳥がシチメンチョウから雛を取り戻す為に威嚇してるのかもしれない。
どちらの鳥も自分の仲間のところへちゃんと帰れたのだと良いなあ。

5

5. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 03:12
  • ID:xLF0h7te0 #

なんだか見ていてほっこりした

6

6. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 04:36
  • ID:Kk4ZLqTJ0 #

フクロウはまだ自分でエサを採る能力が
なさそうだから悲しい結末に
ならなきゃいいけど。

7

7. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 04:50
  • ID:Eg17RXjO0 #

※2
まあ七面鳥も子供だからな
母性も父性も関係ないだろう

8

8. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 05:08
  • ID:xHnSlA5F0 #

やさしい世界

9

9. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 07:51
  • ID:TrSYkq.B0 #

トラと羊だかヤギの「友達」も話題になったね
将来的には悲劇しかないのが辛いな

10

10. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 08:37
  • ID:DG5OS95p0 #

ぬぼっとしてモフモフな容貌とは裏腹に、森林におけるフクロウは最強のハンターであり食物連鎖の頂点に立つ存在であることから、二人(?)の間の「友情」が確かであるならば、七面鳥のお嬢には生涯に渡って捕食者を撃退するボディガードが付いているコトになるな・・・
まあ、反面同種の「男」が寄り付けなくなる弊害もあるだろうけど

11

11. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 08:40
  • ID:NTDmfXkn0 #

雛はどれも同じ顔だから七面鳥は我が子と思っている!!

12

12. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 08:40
  • ID:PmgZUW1g0 #

フクロウの雛のエサはどうするんだろう。エサは小型の動物(ネズミとか)だろうから自力では捕れないだろうし、七面鳥が世話できるとも思えず、あまり考えたくない気もする。

13

13. のらねこ

  • 2021年02月21日 11:25
  • ID:rgmxKglt0 #

※3
 ご指摘ありがとさんっていうか、それはどっちでもええんよ。っていうか、それをカラパイアのライターが「事前に確認してたかどうか」なんで。母性と言い切るんだったらその根拠はどこに在るの? それってパルモだか誰だか知らんが編集担当がちゃんと確認取ってるの? 取ってたとして、一々コメント欄で指摘があるまでもなく「ちゃんと説明してるの?」が「文書的には」問題無いか? ってだけ。

 そういう部分で適当な書き方して(つまりは、あんま編集技術が達者じゃないね)記事垂れ流して「コメント欄で誰かに言わせる」手法自体がカラパイア的には問題だよ? ってことなんよ。あんま言い過ぎると「カラパイアはレベルが低い」ということになるからそこまでは言えんけど、コメント欄でツッコミが入るなら、そら言及しますわなぁ…って感じ。

 カラパイアは伝えたいって気持ちが前面に出過ぎて文書的に前のめりになる傾向があるけど、それはそれでどうかと思う次第。

14

14. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 11:41
  • ID:dVltViTP0 #

>>1
俺は面白いと思う

15

15. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 14:15
  • ID:ZPQcu01j0 #

※13
お手本のような重箱の隅つつき

16

16. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 14:19
  • ID:5eXBlukG0 #

※2・13の人 生きるの大変そう。オスだのメスだのどうでもええわww比喩みたいなもんでしょ

フクロウの赤ちゃんてちてち歩いてるのかわええ

17

17.

  • 2021年02月21日 15:46
  • ID:7wgnUqZU0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 16:08
  • ID:54mVCCWj0 #

育めん鳥でした

19

19. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 17:46
  • ID:aykXJlEW0 #

かっ、かわええ〜雛丸くてかわええ〜

いつ乗るかいつ乗るかと待ち構えてて乗った瞬間「乗ったあ〜!」っと喜んでしまいました。

20

20. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 23:11
  • ID:z6IfYL.Q0 #

>>13
せっかく記事の内容でほっこりしてたのにあなたのコメントのせいで気分台無し

21

21. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 23:20
  • ID:2Zr1.WHG0 #

スピーシーズがキリストになってますよー。
この二羽可愛いですね。

22

22. 匿名処理班

  • 2021年02月22日 08:14
  • ID:vxNBkfj30 #

※13 こねこちゃんや、人はどんな考えを持つのも自由だと思うが、表現する時はマナーに気を配りたいもんじゃよ。
相手を傷つける事もあるし、耳を傾けてもらえなくなってしまうからのう。

23

23. 匿名処理班

  • 2021年02月22日 10:05
  • ID:MdAErgnw0 #

七面倒臭い

24

24. 匿名処理班

  • 2021年02月22日 14:28
  • ID:q50W2KSz0 #

※13
こんなに見苦しい反論も珍しいな
お手本のような論点ずらしや、ダラダラとした読みにくい文章も秀逸
読んで気分害する人のが多いだろうけど私は逆に清々しくてある意味でほっこりしました

25

25. 匿名処理班

  • 2021年02月22日 16:50
  • ID:MBv.VAw10 #

親鳥の元に帰れたらいいけど、フクロウのヒナはまだ自分で餌は取れないでしょう。
可愛いと言うより少し悲しい映像です。

26

26. 匿名処理班

  • 2021年02月22日 22:50
  • ID:rpjQJ0s.0 #

>>25
飛べないうちから巣立つと記事に書いてありますよ。大丈夫なんじゃないでしょうか

27

27.

  • 2021年02月23日 03:09
  • ID:wu4iykN90 #
28

28. 匿名処理班

  • 2021年02月23日 03:41
  • ID:4yrchzuC0 #

ヒナ、ご飯は食べられていたのかな

29

29. 匿名処理班

  • 2021年02月23日 19:12
  • ID:WNvMdrW10 #

子育て経験したメスには母性本能があるので雛を見て目覚めちゃったのかもなあ
その後どうなったか気になる

※13
あなたはここには合わないのでもう来ないほうが良いと思う

30

30. 匿名処理班

  • 2021年02月23日 20:07
  • ID:Y8PtKlPE0 #

※13に書いてある事こそが、オレのカラパ溺愛な所以であった。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク