義足を付けて最初の一歩を踏み出す男の子

 事故で右脚の膝から下を失った2歳の男の子が、初めて義足を付け最初の一歩を踏み出す瞬間を、パラリンピックメダリストが力強く励ましている動画がSNSでシェアされ、人々の心を熱くした。

 心強い味方を得た男児は、パラリンピック選手に勇気をもらったようで、懸命に義足と歩行器を使って歩行にチャレンジしており、その後も一生懸命義足で歩く練習を続けているという。『abc NEWS』などが伝えた。
スポンサードリンク

初めて義足を付けた2歳男児、パラリンピック選手に励まされる


 アメリカ人パラリンピックメダリストのブレーク・リーパーさん(31歳)は、去年12月11日にオクラホマ州オクラホマ市にある義肢研究所を訪れた際、母親のチェルシーさんと来ていたKJ・ダイア―君(2歳)に出会った。

 事故で右脚の膝から下を失ったKJ君は、この日初めて義足を付けた歩行にチャレンジしており、両手で歩行器を握りながら最初の一歩を必死で踏み出そうとしていた。

 その姿を廊下で見たリーパーさんは、KJ君に近付き、力いっぱい励ましの声をかけた。その様子が収められた動画がこちらだ。


 リーパーさんは、KJ君の前方に義足で立ち、「僕は両足を義足に入れたよ。さぁ、準備ができたぞ。君の脚は僕のと同じだ。そうそう、その調子!いいぞ、いいぞ!」と励まし続けた。

 すると、KJ君はリーパーさんの声に背中を押されたように、ゆっくりと、だがしっかりと一歩ずつ前に進み始めた。

1_e2
image credit:leepster/Instagram

 偶然のリーパーさんとの出会いは、小さなKJ君の心に大きな影響を与えたようだ。この日から、KJ君は何かを強く決心したかのように、歩く練習を始めるようになったという。

 母のチェルシーさんは、息子がリーパーさんに大きな勇気をもらったことへの感動を、後のメディア取材で口にしている。

親として、息子に勇気を与えてくれる人に出会うことができたのは、素晴らしい経験でした。実際その出来事は、家で息子を励ますのに大きく役立っています。

拡散された動画に多くの人が感動


 12月12日に、リーパーさんとKJ君の動画がSNSでシェアされると、多くの人の心が感動に包まれた。

 膝から下の両脚がない状態で生まれたリーパーさんは、生後9か月から義足生活をしており、障碍に屈することなく、高校時代に始めた陸上で頭角を現した。

 2012年のロンドン・パラリンピックでは、アメリカ代表として出場し、400メートルで銀メダル、200メートルで銅メダルを獲得する快挙を果たした。

 残念ながら、ワールドアスレティック(世界陸連)からブレードの形をした義足で競技することを禁止され、今年の東京五輪には「義足を着けて出場することが認められない」という裁定が下されてしまったリーパーさん。
 
 それでも、チャレンジを続けることを止めない彼の精神は、現在も健在だ。シェアされた動画には、「これが、私のモチベーションです。まだ若いKJ君が最高レベルで競争する機会があるように、私も闘い続けることを約束します!! KJ君、今度会った時には競争しよう。君も闘い続けるんだぞ!」というリーパーさんの力強い言葉が綴られてある。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
古くは紀元前から。義肢(義足・義手)の歴史と現在


全米が感動!義足のスノーボーダー、エイミー・パーディがテレビで熱演した心震わすダンス


義足の男性、躊躇なく海に飛び込み転落した車からドライバーを救出(アメリカ)


これでまた歩けるよ、走れるよ。義足を得て第二の人生を歩む動物たち


息子の為に3Dプリンタで義手を作ったお父さん。SNSで左手のない少女の存在を知り彼女の分も作ってあげる。


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
48572 points
火事で燃える家の中に飛び込み子猫を救出した犬(ウクライナ)

火事で燃える家の中に飛び込み子猫を救出した犬(ウクライナ)

2021年2月20日
2位
7442 points
助けてくれた恩は一生忘れない。男性の傍に寄り添い続けて37年。深い愛情を示す白鳥の物語

助けてくれた恩は一生忘れない。男性の傍に寄り添い続けて37年。深い愛情を示す白鳥の物語

2021年2月18日
6886691360
3位
3992 points
台湾の国家機関による擬人化された疫病キャラクターが魅惑の悪役すぎると話題に

台湾の国家機関による擬人化された疫病キャラクターが魅惑の悪役すぎると話題に

2021年2月21日
4位
3790 points
80年代ポップスとヘヴィメタルに血圧低下とストレス軽減効果があることが判明(トルコ研究)

80年代ポップスとヘヴィメタルに血圧低下とストレス軽減効果があることが判明(トルコ研究)

2021年2月19日
5位
2625 points
亡き叔父の遺骨をギターに変えた男性(アメリカ)

亡き叔父の遺骨をギターに変えた男性(アメリカ)

2021年2月15日
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年01月20日 14:40
  • ID:HgOaXDf00 #

ハンデの等級の同じ人同士でする競技なんだから
義足🦿の形なんてどんなのでも良くね❓
義足の性能が良くても本人が鍛えないと
速く走れないんだし

2

2. 匿名処理班

  • 2021年01月20日 14:47
  • ID:ujUnkeAc0 #

どっかのブランドのシューズの使用により軒並み記録が更新されたとかで使用禁止になった話を思い出した。
シューズは履き替えれば済む話だけど、義足となるとそうもいかないだろうし難しいね。

3

3. 匿名処理班

  • 2021年01月20日 14:52
  • ID:A8X.TL3r0 #

今やスポーツにとって義足はハンデキャップじゃなくてアドバンテージだからな。
頑張ってほしいな。

4

4. 匿名処理班

  • 2021年01月20日 14:56
  • ID:xtJcKmPB0 #

十数年後、ガチでパラリンピックのメダリストになってそう

5

5. 匿名処理班

  • 2021年01月20日 16:22
  • ID:Wj1P9xtA0 #

※1 いやぁ幸か不幸か科学の進歩で義足の性能が跳ね上がってねぇ
もちろん使用者の筋力、高い性能の義足を使いこなす技術力があってこそだけど
高性能な高級義足を使用できない発展途上国民及び経済的弱者もいるのさ
使用規格に制限はあるけど、それを差し引いても義足の差で平等な勝負には間違いなくならない

6

6.

  • 2021年01月20日 16:24
  • ID:IiZyd0d20 #
7

7. 匿名処理班

  • 2021年01月20日 16:57
  • ID:MJIyjJU20 #

ユニフォーム問題は健常者のスポーツ選手でも賛否分かれるよね。水着とか散々議論になったし。
そう考えると全員素っ裸で競技してた古代オリンピックはある意味究極の平等を実現してたんだな…。
(まあ義足だと話がまた違ってくるけど)

8

8. 匿名処理班

  • 2021年01月20日 17:34
  • ID:GTEpSxFW0 #

いずれ義足がさらに高性能化すればもっとめんどくさい事になりそうだし、極端な話サイボーグ化した選手とか出る可能性だってあるわけで線引きは難しいよね。
それはそれとしてKJ君が将来アスリートになったら嬉しいよな。頑張ってほしい。

9

9. 匿名処理班

  • 2021年01月20日 17:50
  • ID:qAfNYJoF0 #

10数年後、とあるグラウンドにて……
「僕はあの時あなたに励ましがあったおかげで、この地に立つことが出来ました、リーパーさん。」
「君はまさかあの時の……」
"On your marks."
"Set."

10

10. 匿名処理班

  • 2021年01月20日 19:59
  • ID:gjt36Asl0 #

3歳までの記憶は消えてしまいがちらしいけど、ひょっとしたら、彼自身が覚えてるかもしれないし、きっと親御さんも、記憶の補強をし続けるよね。
この先、どれほど心強いだろう。

11

11. 匿名処理班

  • 2021年01月20日 20:34
  • ID:yD62ZG4S0 #

※1
ブレーク・リーパーさんは、パラではなくてオリンピックの方に出場しようとして裁判になったのよ

12

12. 匿名処理班

  • 2021年01月20日 20:49
  • ID:.ErAmc4K0 #

義足のアスリートを見るたび、尊敬すると同時に
義足と本人の足の接点に圧がかかって痛くないか
心配になってしまう。

13

13. 匿名処理班

  • 2021年01月20日 21:57
  • ID:lqq4uTpf0 #

己を許すって難しいけど、己を受け入れれたら他の人を愛する事出来るん。己を許す事出来ないと他の人許し愛する事出来ない。

14

14. 匿名処理班

  • 2021年01月20日 22:06
  • ID:BuLNL.Ce0 #

オリンピックに出られなかったのは残念だったけど、今後義足の人間がもっと増えたら風向きが変わるかもしれない。
いつか出られる日がくるといいね。

15

15. 匿名処理班

  • 2021年01月20日 23:11
  • ID:jXF.USRk0 #

めちゃくちゃ今更感だが、両足が義足でも立てるんだな。どっちかは自分の足じゃないといけないと思い込んでたわ

16

16. 匿名処理班

  • 2021年01月21日 06:02
  • ID:6DRBk3.L0 #

でも慣れないとコワイだろうな。手で持つとこのない竹馬みたいだし。

17

17. 匿名処理班

  • 2021年01月21日 08:04
  • ID:YChNcFjU0 #

>>1
パラリンピックでの競技ではなく、オリンピックに出場して、義足でない選手と競争するのが認められなくなった、ということらしい。
今は義足でない選手の方が速いけど、義足の性能が向上したら、パラリンピック選手のほうが速い記録を残すことになるかもしれないね。

18

18.

  • 2021年01月21日 09:22
  • ID:OzWSyMWj0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2021年01月21日 15:42
  • ID:SOZd1kHq0 #

アスリートの義足本当かっこいい!
よく見たらスパイクついてるぅー

20

20. 匿名処理班

  • 2021年01月21日 19:42
  • ID:743pqx090 #

義足で甲子園に出場した高校球児も確か2人ぐらいいるよね

21

21. 匿名処理班

  • 2021年01月22日 17:21
  • ID:MdIAixLm0 #

泣いた

22

22. 匿名処理班

  • 2021年01月23日 16:43
  • ID:8hKvYR170 #

攻殻機動隊のストーリーにもこういうのあったよね。
今の義足ってもう攻殻の”義体”感が凄い。もちろん肉体の四肢を失って、
大変な思いをして義足なり義手を使用しておられるのでしょうが、
技術革新の結果、今の義手や義足に生身を超える機能や美しさを感じて、
失礼を承知で、正直見惚れてしまうことがある。

23

23. 匿名処理班

  • 2021年02月06日 00:34
  • ID:PXer.fSZ0 #

>>14
健常者スポーツ、オリンピックは平等とは何かを考えれば
レーザーレーサー問題があったから無理じゃないのかな。
でも障害者スポーツ、パラリンピックは道具の性能はあまり問題ではない
1500万円の車椅子VS40万円の車椅子が成り立つ世界

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク