top

 古代から人の心に働きかける力を秘めている音楽。かつてはその効果の強さゆえに病原体と恐れられた時代もあったが、現在では身近な存在として人々の暮らしに溶け込んでいる。

 とはいえお気に入りのアーティストのコンサートで音の波に飲み込まれ、身を躍らせるファンの人々は、様々な感情を開放する音楽が持つ強い魔力を体感しているはずだ。

 オーストラリアの著名な写真家ニック・ベジーナが作り上げた「The Crowd」 は、世界5カ国のヘビーミュージックフェスティバルを訪れ、そんな音楽の虜になった人々の姿をメインにした力強い写真集だ。
スポンサードリンク

Release The Crowd Book Promo

 彼は5年間で5カ国を訪問し、11カ所を超えるヘビーミュージックフェスティバルに参加し、音楽ファンや群衆、騒乱などの写真を記録した。
6_e
image credit:Nic Bezzina

 このプロジェクトはバンドではなく、その聴衆にカメラを向け、そこに生まれる感情や空気、そして表情に焦点を当てたものだ。
3_e
image credit:Nic Bezzina

 この作品のため彼はドイツの " ヴァッケン・オープン・エア "、イギリスの" ダウンロード "、" ソニスフィア・フェスティバル " と " ブロード・スティック "、そしてフランスの " ヘルフェスト "、スペインの " プリマヴェラ・ミュージック " を巡った。
4_e
image credit:Nic Bezzina

 さらに地元オーストラリアの " ビッグデイアウト "、 " フューチャーミュージック "、 " サウンドウエーブ "、 " スプレンダー・イン・ザ・グラス " にも顔を出し写真を撮り続けた。
2_e
image credit:Nic Bezzina

 「音楽フェスティバルの写真を撮るのは大好きだ。なぜならそこはファンが自分自身を解放できる場所だから」と語るニック。
1_e
image credit:Nic Bezzina

 彼の作品は単なる情熱的な音楽ファンの写真集ではなく、世代のファッションと文化を想起させる記録作品として残り続けるだろう。
5_e
image credit:Nic Bezzina

 なお、この写真集は残念ながら日本では未販売で、オーストラリアとイギリスを中心に、現在140ページの限定大型本が出版されている。

 ニック・ベジーナの活動は公式サイトでチェックだ。

via:sobadsogood・translated D/ edited by parumo

▼あわせて読みたい
感動の音楽を聞くと鳥肌が立つ人と立たない人がいる。一体なぜ?そのメカニズムを解明(米研究)


知ってた?かつて音楽は神経を冒す病原体と考えられていた


ヘヴィメタル音楽は、死と向き合う勇気を与えてくれる可能性(米研究)


人間の所業はすべて見てきた感が凄い!モノクロ写真で見る古代樹


頭の中であの曲がくるくる回る、音が頭にこびりついて離れない場合の対処法はこれだ!(英研究)



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
49031 points
火事で燃える家の中に飛び込み子猫を救出した犬(ウクライナ)

火事で燃える家の中に飛び込み子猫を救出した犬(ウクライナ)

2021年2月20日
2位
7442 points
助けてくれた恩は一生忘れない。男性の傍に寄り添い続けて37年。深い愛情を示す白鳥の物語

助けてくれた恩は一生忘れない。男性の傍に寄り添い続けて37年。深い愛情を示す白鳥の物語

2021年2月18日
6886691360
3位
4293 points
台湾の国家機関による擬人化された疫病キャラクターが魅惑の悪役すぎると話題に

台湾の国家機関による擬人化された疫病キャラクターが魅惑の悪役すぎると話題に

2021年2月21日
4位
3903 points
80年代ポップスとヘヴィメタルに血圧低下とストレス軽減効果があることが判明(トルコ研究)

80年代ポップスとヘヴィメタルに血圧低下とストレス軽減効果があることが判明(トルコ研究)

2021年2月19日
5位
2680 points
他者が睡眠中に見ている夢の中に介入し、リアルタイムで会話することに成功(国際研究)

他者が睡眠中に見ている夢の中に介入し、リアルタイムで会話することに成功(国際研究)

2021年2月21日
7371883555
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年12月14日 18:31
  • ID:lQBZjS4Z0 #

内戦?

2

2. 匿名処理班

  • 2016年12月14日 19:51
  • ID:jeoLb6fb0 #

アンドリューWKというミュージシャンは
自分自身があ客みたいなはしゃぎ方で歌う。

3

3. 匿名処理班

  • 2016年12月14日 20:11
  • ID:WBN.8IwG0 #

「ヒャッハー!!」が似合いそうな画像群だな

4

4. 匿名処理班

  • 2016年12月14日 20:41
  • ID:9g0f8Y.n0 #

フェスのあの開放感ってなんなんだろう
日本のフェスはさすがオーガナイズが行き届いていて、女子供でも楽しめるが
海外フェスはなかなか過酷らしいね
でもきっと過酷だからこそ音楽を命がけで楽しめるんだろうな
この写真集からもそんな雰囲気が伝わってくるね

5

5. 匿名処理班

  • 2016年12月14日 21:58
  • ID:lF6zAQId0 #

バラードの時にちゃんと静かに聞いてくれるってんで、日本でだけアカペラやってくれるバンドがあったと思った
それくらい理性的な所で楽しみたいかな

6

6. 匿名処理班

  • 2016年12月14日 22:50
  • ID:5hAzTrSA0 #

1枚目ベビーメタルのファンやろw

7

7. 匿名処理班

  • 2016年12月14日 23:49
  • ID:bCexwRDg0 #

マッドマックスみたいじゃねーかw

8

8. 匿名処理班

  • 2016年12月15日 01:04
  • ID:.h9WAJKd0 #

アンドリューW.K.のライブ行ったら
ジャケと同じ鼻血メイクしてる若者が多数発生してたのね
でも本物の鼻血を出しスタッフに連行されてる若者がいて爆笑しましたよ
ライブは熱くていいね

9

9. 匿名処理班

  • 2016年12月15日 12:50
  • ID:37yR3TJG0 #

同じこと思っていた人いるなw
サムネ見て新手のウォーボーイかとおもったよ

10

10. 匿名処理班

  • 2016年12月15日 19:20
  • ID:xXhrnlTT0 #

発散の方法を持っている人々は幸いである。

11

11. 匿名処理班

  • 2016年12月18日 14:52
  • ID:S3pfeImu0 #

※4
海外フェスも過酷ってほどではないよ。けが人はやたらといるけど、そういう人はモッシュピットに敢えて行く人たちだから。
基本的には「女子供」でも楽しめる。家族づれどころか赤ちゃん連れにもあったことがある。

12

12. 匿名処理班

  • 2016年12月18日 14:56
  • ID:S3pfeImu0 #

※4
海外フェスも過酷ってほどではないよ。けが人はやたらといるけど、そういう人はモッシュピットに敢えて行く人たちだから。
基本的には「女子供」でも楽しめる。家族づれどころか赤ちゃん連れにもあったことがある。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク