0_e18
 DARPA(米国防総省国防高等研究事業局)は、この広い海をロボットでいっぱいにしようとしている。小型基地のようなポッドを沈め、そこにロボット(無人機)を配置。いつでもどこでも直ぐに出動できるようなシステムを開発中だという。
 DARPAのUpward Falling Payload(UFP)プログラムなら、世界中の海に遠隔操作で無人機を配備することができる。極秘のシグナルの指令で実際に稼動させるまで、取り外し可能なポッドを海底に隠して眠らせておくことができるのだ。シグナルを受信すると、ポッドは海面へと上昇し、受動センシング、能動センシング、通信、無人飛行機の発射など、人間がさせたい仕事をやらせることができる。

 このプログラムの目的は、いつでも広大な海のどこへでも配置できる技術を使って、海軍支援をすることだ。これが迅速にできるようになれば、どこへでも目的の場所にすぐに近づくことができる。DARPAのプログラミングマネージャーのアンディ・クーンは言う。
2_e27
 これを実現させるために、海底の極端な水圧に耐えられるポッドの寿命を延ばす技術、ポッドを長い眠りから覚醒させる通信技術、効果的に海面へ上昇させる搭載技術の課題に取り組まなくてはならなかったという。

 この特殊な搭載技術によって、あらかじめ配備され隠されていた場所から、カプセルの表面に搭載した小型の無人機(UAV)が切り離されて、状況認識、切り離し、めくらまし、おとり、通信、救助など、有効な任務を行うことができる。水上での応用も、同様に要求される。
1_e
 上記写真の無人機は、この計画の一部ではないが、完全にそうなりえる可能性がある。2008年にDARPAで開発された、米ロッキード・マーティン社のCormorantは、UFPプログラムが求めていた理想の形にだいたい沿ってデザインされている。違いは深海から上昇するのではなく、潜水艦から発射される。回収方法が課題だが、潜水艦とカプセルを置き換えれば、原理は同じだ。

ロッキード・マーティン社、スカンク・ワークスが研究開発している潜水艦発射回収式多目的無人航空機 MPUAV(無人航空機)
 ジェットロケットを動力とした無人機は、UFPプログラムの野心の結果かもしれないが、その有益性はすぐに実感できる。必要になってから、時間をかけて、機器を必要な場所に送ろうと骨を折らなくても、世界中どこでも即座にアクセスできる。つまり情報をより早く得られ、より良い決断をすることができる。

 実際のところこの構想は途方もなくクレイジーだが、実現すれば、DARPAは陸上のみならず海底までも覇権を取ることになるのかもしれないが、遠隔操作で動かせる深海の無人機ができるかもしれないと考えるとワクワクするし、早く実物を見てみたいものだ。

※この記事は海外サイトの原文に基づいて抄訳したものです。

via:DARPA Wants to Seed the Ocean Depths With Upward Falling UAV Pods

原文翻訳:konohazuku


▼あわせて読みたい
DARPA、人間の脳と120万画素のカメラを組み合わせた軍用監視システム開発に成功


出血した内臓を泡でブワっと包み込み止血する、DARPAの創傷止血システム


「尚、このデバイスは自動的に消滅する。」DARPAが自爆装置付き電子機器を開発に着手


カラパイア無料メールマガジン購読方法

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2013年02月10日 09:03
  • ID:fZeCpd2y0 #

メーヴェっぽい。

2

2. 匿名処理班

  • 2013年02月10日 09:16
  • ID:lpz5lCEj0 #

すでにアルゴスシステムってのが有って、1/3くらいが日本負担じゃなかったかなぁ

3

3. 匿名処理班

  • 2013年02月10日 09:51
  • ID:058jUswE0 #

マジでスカイネットの時代が来るとは。
胸熱だなw

4

4. 匿名処理班

  • 2013年02月10日 10:34
  • ID:41JCBaG00 #

ピアース隊長ォォォォォォ!

5

5. 匿名処理班

  • 2013年02月10日 11:24
  • ID:pSavMNr10 #

まーたDARPAか

6

6. 匿名処理班

  • 2013年02月10日 11:28
  • ID:Bv250.q10 #

好き勝手やるんだな
海は米国のものか

7

7. 匿名処理班

  • 2013年02月10日 11:42
  • ID:irFS0.F60 #

保守が大変そうだな
盗まれて終わりみたいな
てか海を汚すな

8

8. 匿名処理班

  • 2013年02月10日 15:58
  • ID:wQIlfIWv0 #

完全に反乱フラグww
アメリカ人、他の人種以上にロボットに恐怖抱いている割に、こういう危険性はガン無視するよね

9

9. 匿名処理班

  • 2013年02月10日 18:38
  • ID:h42LFg2k0 #

とりあえず尖閣諸島近辺に沈めてちょ。

10

10. 匿名処理班

  • 2013年02月10日 19:15
  • ID:n9mvBnuf0 #

潜水艦から撃ったトマホークがイラク戦争の時で2割。
巡航ミサイル型の偵察機はすでにあるから特にびっくりな話じゃない

11

11. 匿名処理班

  • 2013年02月10日 19:21
  • ID:018Zf0ja0 #

地球はアメリカだけの物じゃないよね

12

12. 匿名処理班

  • 2013年02月10日 23:06
  • ID:ewrh4Ubq0 #

アメ公は迷惑なモノばかり作るよな

13

13. 匿名処理班

  • 2013年02月10日 23:24
  • ID:PrIR.urj0 #

潜水艦から発射するって、謎の円盤UFOのスカイ・ダイバーじゃね。

14

14. 匿名処理班

  • 2013年02月11日 04:55
  • ID:gqpgQUBt0 #

┌<゚▽゚>┐
  │

15

15. 匿名処理班

  • 2013年02月11日 18:54
  • ID:B2QjK7rK0 #

核も他の国には作るなといいながら
自国はちっとも減らさないしな自己中過ぎる

16

16. 匿名処理班

  • 2013年02月11日 20:15
  • ID:g..OgvsY0 #

「置き去りにできる無人兵器」というのがミソなんだろう。
やがて兵士が無人兵器の小隊を指揮するのが当たり前になったころには、
長期間物理的に近寄らなくても動作するセンサーやランチャーが
有効な対抗策になっているのかも。

17

17. 匿名処理班

  • 2013年02月11日 22:02
  • ID:mOETfiUt0 #

『ドアによる未来』ってSF小説を思い出した

18

18. 匿名処理班

  • 2013年02月12日 18:49
  • ID:rVFy.49i0 #

夢のない話だがこれ現実的に考えるとそんな形状じゃなぁ唯でさえ無人機で単独で運用するんだから空気抵抗減らさないと
潜水艦から打ち上げて海上で燃料切れで海で駆逐艦なり回収って感じなのかな使い捨てに出来るほど無人機安くないし空母から飛ばすのと違って手間掛りすぎるだろ
ミサイル射出ポッド海に沈めてる方がいいのではとも思うんだが位置ばれないし

19

19. 匿名処理班

  • 2013年02月12日 18:53
  • ID:rVFy.49i0 #

よくよく見るとこれなんて雪風のジャム(無人戦闘機)だ

20

20. 匿名処理班

  • 2013年02月13日 04:38
  • ID:UeZD96ZB0 #

すげーな、CODのドローンみたいなのが現実になりつつあるのか

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links