哺乳類のオスとメス、人間の男女で痛みの感じ方に違いがある
 痛みは人によって感じ方が異なるが、特に男女間では痛みの感覚が異なると以前から言われていた。そしてどうやらそれは本当のようだ。新たな研究によると、痛みの感じ方には性差があるという。

 米アリゾナ大学の研究者たちが、人間、サル、ネズミの「痛み受容体」を調べたところ、オスとメスの痛みは異なる分子によって引き起こされていることが明らかになった。

 つまり、女性と男性(メスとオス)では痛みを生じさせるメカニズムが完全に同じではないということになる。ただし、なぜ我々の体がなぜそのように進化したのかは不明だという。

 では詳しく見ていこう。

進化から見た性別の違い

 オスとメス(男女)で姿形が違うのは当たり前に思うかもしれないが、じつは進化はこうした点に関してはかなり保守的だ。

 生存や生殖にはっきりとしたメリットがない限り、性別による違いをできるだけ抑えようとする。

 例えば、オスは子供に母乳を与えるわけでもないのに乳首がある。無用の長物であるはずの乳首がオスにあるのは、オスとメスの体をまったく違う形状にするよりも、似たようなものにした方が効率的だからだと考えられる。

 男女の乳首に見られるように、まったく新しい特徴を作り出すより、サイズの違いのような程度の差ですませる方が進化的にはずっとたやすい。

 だから、男性と女性の痛みもまた、あったとしても程度の差なのだろうと考えられた。
1
photo by iStock

男女で痛みに対するメカニズムが違うことが判明

 ところが、これまでの研究によって、それが程度の差どころではないらしいことが明らかになっている。

 マウスを使ったある実験で、小膠細胞(ミクログリア)がオスには痛みを伝えるのに対し、メスには伝えないことが判明したのだ。

 そして今回の研究では、痛みの男女差は伝わり方だけでなく、痛みのセンサー(侵害受容器)のスイッチを入れるホルモンまでが違うことを明らかにしている。

 それはマウスのみならず、サルや人間も同様だった。つまり哺乳類は性別が違うと、痛みのメカニズムも違ってくるのだ。
2
photo by iStock

 アリゾナ大学ヘルスサイエンスのフランク・ポレカ博士らが突き止めたのは、私たち人間を含むいくつかの哺乳類では、侵害受容器の機能で男性か女性か区別できるという驚くべき事実だ。

 例えばマウス・サル(オナガザル科のマカク属)・人間のいずれにおいても、「プロラクチン(黄体刺激ホルモン)」というホルモンは、メスの脊髄後根神経節ニューロンを感作(痛みに敏感にする)するが、オスでは感作しない。

 同様に、神経伝達物質でもある「オレキシンB」は、オスには感作するが、メスではそうではない。

 これ以外にも、一方の性別ではホルモンに対して強く感作するが、もう一方の性別にはまったく感作しない神経細胞が見つかっている。

 つまり、これまで痛みを生み出す基本的なメカニズムは男女で同じと考えられてきたが、じつは違っていたということだ。

 「私たちが発見したのは、マウスのオスとメス、サルのオスとメス、人間のオスとメスでは、痛みをもたらす基礎メカニズムが異なるということです」(ポレカ博士)

なぜ進化は性別で痛みのメカニズムを変えたのか?

 だが、なぜこのような性別の差が進化したのか、その理由は謎に包まれている。

 プロラクチンは乳房の発達や母乳の分泌をうながすホルモンなので、メスの痛みにだけ関係しているのは、さほど意外ではない。

 だがオレキシンBは男女の別なく覚醒に関係しており、性別によって作用が違う理由はわからない。

 ただし、どちらのホルモンも、最近まで知られていなかった働きが見つかっているので、それらが背景にあるのかもしれない。
3
photo by iStock

性別に合わせた痛みコントロール

 いずれにせよ、医療における意味合いという点でははっきりしている。男女によって痛みの処置を変えるべきだということだ。

 「現在、痛みの治療において患者の性別はあまり考慮されません。ですが女性か男性かで標的とするメカニズムを変えることで、より良い治療を行える可能性があります」(ポレカ博士)

 例えば、痛みを感じるニューロンの感作を防ぐ薬は、鎮痛剤として働くはずだが、片方の性別にしか効かないかもしれない。

 そのような鎮痛剤の効果を確かめる治験は、やり方を変える必要があるだろう。

 参加者の男女比が大きく偏っているような治験では、その結果が全員に当てはまると考えるべきではないのかもしれない。

 片頭痛・線維筋痛症・子宮内膜症など、特に女性に多い痛みが軽視されてきた理由も、今回明らかになったような事実が背景にあるとも考えられる。

 研究チームが「痛みの神経生物学的な理解が深まっても、一般に患者の痛み治療の改善には結びついていない」と指摘しているように、男女の痛みの違いについてはまだまだ調べることがあるようだ。

 この研究は『Brain』(2024年6月3日付)に掲載された。

References:Study shows first evidence of male-female differences in how pain can be produced | ScienceDaily / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
研究が進めば進むほど、「男脳」「女脳」という脳の性差を証明できる証拠が乏しくなる


人間関係に対する男女の反応の違いが脳のMRI検査で明らかに(カナダ研究)


ダーウィンの性淘汰説に矛盾。むしろメスが多い時の方が進化が進むことが明らかに(英研究)


「男性は狩猟、女性が採集」という長年の定説が誤っていたことが大規模分析で判明


半分青で半分緑。半分オスで半分メス。珍しくて美しい雌雄モザイクの鳥が発見される

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 08:17
  • ID:N8.aQFun0 #

子供はどうなんだろ?

2

2. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 08:25
  • ID:M4FJWumv0 #

タンスに足の小指をぶつけた痛みやかき氷を食べてこめかみにキーンとくる痛みが一緒なら日常でのそんな大差はないよ

3

3. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 08:34
  • ID:rVkwEUzj0 #

タイトルだけ見て語り出す人が多そうな記事だ

4

4.

  • 2024年07月03日 08:38
  • ID:ncfj92sB0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 08:54
  • ID:1UAkJoAR0 #

面白い話でした。

特に「生存や生殖にはっきりとしたメリットがない限り、性別による違いをできるだけ抑えようとする。」というところは、 IT 業界の「動いてるコードは極力いじらない」に通じる部分があるかなと(笑
不要に見えるからと言ってそれを排除したり大きくしたりあるいは小さくしたりとかすることで思わぬ(特に悪いほうへの)影響が出るかもしれないので変更しないということなんですが、進化の過程でも同じようなことがあるのだなと。

行動の方向なんかも男女差がありますがホルモンの影響なんだろうなとか、いろいろ妄想が広がります。書き出すと止まらないので以下略でw

6

6. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 08:56
  • ID:bLTtRlEC0 #

結局どう違うんだ?

7

7. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 09:28
  • ID:MXuxFas.0 #

なるほどなぁと思ったけどこの報告には一個間違いがあるね。
世の中に不要なチクビなんて一つも無いんだよ。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 09:28
  • ID:Z.mLVec50 #

妊娠・出産をする性別か、激しい肉体労働やけがをすることの多い性別かなどの違いで、痛みに対する体の対応が異なるのは理にかなっているのかもしれない。鎮痛剤も男女で成分を分けた方がよくなるのかもしれない。

9

9. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 09:37
  • ID:HpKLRhfb0 #

出産の痛みに耐えられなかったら種の存続自体に問題起きる
素人考えではあるけど違いの理由は此処なのでは?

10

10. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 09:39
  • ID:M4FJWumv0 #

>>8
でも野生動物ならメスでも怪我したり戦ったりすることも多いんじゃないかな
ライオンとか

11

11. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 09:48
  • ID:5vPOwkKW0 #

出産がメインじゃないかな。
あと男性は小さな怪我でも命取りになるかもだから痛みに敏感とか。
でも女性が働く民族とかもあるし、そういうところは色々違うかもしれないね。

12

12. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 10:06
  • ID:kVooY5po0 #

>>8
ケガの多さはオスメス変わんないんじゃないかなあ…
むしろメスのほうが敵に襲われやすいまである(子連れの場合)

13

13. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 10:09
  • ID:dqzCmczh0 #

>>6
・男女で痛みのメカニズムの一部に違いがあることが分かった
これだけ。痛みの感じ方や種類や耐性に変化があるかは分からない。ただその可能性が生じたので治験や痛みのケアに関して、男女で区別する必要があるかもしれないという話

メカニズムが違う原因は不明。ネズミやサルもそうということは、哺乳類の共通祖先に起きた適応だと思うけど。単に性別分化の際にエラーが起きてそのままなだけかもしれない。

14

14.

  • 2024年07月03日 10:31
  • ID:OiMN9cIp0 #
15

15. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 10:50
  • ID:k7A4FxsB0 #

>>9
出産の痛みってのは二足歩行になって骨盤が狭くなった人間や、基本的に仔を1匹しか産まない大型の哺乳類特有の現象
大半の哺乳類は出産に痛みなんて感じていない

16

16. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 10:57
  • ID:r5KK59gP0 #

>>2
それがホンマに同じなのか質的に、って話でもあろうかと

針の穴通すみたいな医薬の話になると、「同じ」で括れる程度の微妙な差異でも、けっこうな問題になるのとちがいますかね

17

17.

  • 2024年07月03日 11:23
  • ID:BPtoN2jA0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 11:24
  • ID:oIwiGb.m0 #

>>9
男のそういう考えから妊婦のケアが全く疎かなんだなって思える発言ですね…
女性に発言権が備わった現代では「もう2人目は産みたくない」と仰って実際そうする方は相当な人数います

19

19. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 11:29
  • ID:fbEfJGAb0 #

具体的にどういう差異があるのかまで書いて欲しかった

20

20. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 11:34
  • ID:7h148fKr0 #

>>15 動物の出産立ち会いしたらいいよ。ほとんどの場合間違いだとわかる


21

21. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 11:37
  • ID:7h148fKr0 #

普通に出産基点だろうね
出産の痛みが男性であったらショック死の可能性って言う研究もあったよね
腕を切り取ると同じだとか。英国だっけ?
それはともかく、覚醒かぁ
あれじゃないの

女性は出産すると眠りが浅くなる人が多いよね
子供が危機に陥った時にすぐ覚醒できる様に
隣で寝てても父親はぐっすりも多い
それじゃないかなぁ
出産前後で痛みが変わるかも調べれば?

22

22. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 12:27
  • ID:2C6RX.kR0 #

俗説では女性の方が出産の痛みに耐えられるように痛みに対して男性より強いっていうけど
そういうのとは関係ない?

23

23. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 12:51
  • ID:GyEHkzfA0 #

治療において性別を考慮すべきかって最後の部分が
今の時代すげー厄介だと思った
科学的に明確に違っても通用しない人たち増えてるもん

24

24. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 12:57
  • ID:5QIg0mf40 #

>>11
逆じゃないかな。
女性は小さな痛みでも対応しないと悪化して命の危険に晒されると、自分だけでなく群れの仲間たちにもリスクがあるから痛みは重要。

オスはぶっちけ一頭居なくなった所で他のオスで代用出来るから命が軽い(倫理ではなく生物としてね)ので、痛み自体への感心は低い。

じゃあなんで男の方が痛がりかというと、そこはメンタルの問題で、オスの方がメスよりも基本メンタルが弱いので、生存競争の激しくない人間のオスは痛みに対して物理的にではなくメンタル的に物凄く弱い

25

25. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 13:44
  • ID:baCCJMqj0 #

>>24
メンタルの強弱に男女差無いと思うわ
何を怖がるかという点で男女差がある可能性はあるけども
恐怖を抱えながらも立ち向かえるタイプ、ひたすら逃げるタイプ、
これは男女ともに同じ比率で存在すると思う

26

26. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 14:59
  • ID:c3DYeNFR0 #

痛いの嫌いだからそれぞれの性別に合った処置が早くできるといい

27

27. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 16:00
  • ID:PfbkZ1.V0 #

結局、それを決める要素は何?
「男女で違う痛みがある」出産とか戦争とか備えるためとか
「性ホルモンが痛みに関する要素に干渉する」女性ホルモンが強いとオレキシンBを抑えるとか、神経の発達を一部阻害とかかな

よくわからん
将来的に男性に効く痛み止めとか作られるかもね

28

28. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 16:36
  • ID:0Z5ej7w70 #

ってことは男女で痛み止めの成分を変える必要がある・・・ってコト!?

29

29. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 17:04
  • ID:Efu0tfbS0 #

>>15
牛とか犬とかの出産TVで見たことないの?どう見ても苦痛があるのは一目瞭然だぞ

30

30. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 19:11
  • ID:.i5eCBUm0 #

しかし精神的痛みはより多く感じるのだ(しらんけど)

31

31. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 19:24
  • ID:bSwAXS6Y0 #

痛みを感じるメカニズムに違いがあることはわかったけど、それによって痛みへの感受性が変わるかは分からんし、違うことによって何かメリットがあるのかも不明ってわけね

モヤモヤするけど、〇〇であることがわかったがそれが何のためなのか不明、って事象は多分たくさんあるんだろうな

32

32. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 19:51
  • ID:SBKdPS9S0 #

>>18
????文脈がまったく繋がってなくない?
「女性の出産の痛みは本来耐え難いほど辛い」→だから痛みへの耐性が男性より高い、という話なわけで、そこに「男の妊婦へのケア」云々はまったく繋がってない。
いくらなんでもこじらせすぎ。

33

33. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 20:27
  • ID:FbTnElpU0 #

サッカー選手とそれ以外の人でも痛みの感じ方違うよね

34

34. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 21:42
  • ID:roj0k0m00 #

>>24
メンタル起因かフィジカル起因かは重要ではないような。
どちらにせよ「雄が痛がり」だとすれば
痛がりでないと不利になる淘汰圧があったと推測できるわけで。

まあ雄が痛がりになったのではなく、雌が(出産等の都合上)
痛みに強く進化した、と言う方が分かりやすい気はする。

35

35. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 23:35
  • ID:w3oqvk0I0 #

>>31
そういう研究が後で別の研究に役立ったりするから物事の性質を調べる研究ってのは重要なんだよ
ネットだとこういう基礎研究ってやけに軽視されがち

36

36. 匿名処理班

  • 2024年07月03日 23:52
  • ID:Vpg9u.6Q0 #

>>12
自然淘汰につながる生殖でいうなら、
オスは同じ種どうしのメスをめぐる争いで怪我する
という要素もあるんじゃ?

37

37. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 00:07
  • ID:Qauc.nyL0 #

女は痛みに強いという神話や、男性は男性に共感する(ヒムパシー)から男性の痛みは重要視されてきたが女の痛みは無視されてきたが、まともに女の痛みも評価されるようになるのか?

38

38. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 01:39
  • ID:A8t0nu0y0 #

>>24
メンタル弱いから痛がりってのはちょっと違うかなあ
自然界のオス争いあるあるだけど、めっちゃ争うけど怪我は最低限っていうやり方が多い
オスが痛みに敏感なら、争う時に引き際を悟りやすくさせるっていう合理的な意味合いが出てくる

ただメンタルが弱いってのは、最も直接的な統計がそれを証明してる。欧米では男が4倍近く、日本でも2倍ぐらいそれでぽっくり。女は定期的な生理で痛みやメンタルの起伏に慣れてるとかあるのかもね

39

39. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 02:09
  • ID:C.LmSxUI0 #

痛みスイッチを入れるホルモンが違うことと痛みの感じ方が変わることが結びつかなかった

40

40. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 02:13
  • ID:C.LmSxUI0 #

>>20 >>29
そりゃ動物だって全くの無痛なわけないでしょ
でも出産に何時間もかかる上に第三者の補助が必要で挙句の果てに頭蓋骨通るときに股が裂けるような哺乳類は人間だけだよ。

41

41. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 04:51
  • ID:hIYnOSFm0 #

自分個人の観測範囲では、女性の方が痛みに敏感で、男性の方が鈍感な気がするけどなあ。
それを踏まえて、出産の痛みに絡めた話にしてしまうと、むしろ辛くなるように作用していることになってしまうから
出産に耐えるためっていうのは疑問に思う。

42

42. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 05:08
  • ID:LsaIHq5W0 #

マツコと村上がビリビリペン握ったら悶絶レベルだったけど、女性スタッフは感じて無さそうだったしな。やっぱり性差で違いが出るのはあると思う。

43

43. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 05:10
  • ID:LsaIHq5W0 #

>>23
女性と男性なんて赤ちゃんの頃から骨格が違うのに無理に合わせるたら医療事故だって起こると思うしなぁ…

44

44. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 08:10
  • ID:vISVclQO0 #

クロちゃんの足ツボはコメントで演技言われてたわら

45

45. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 10:22
  • ID:4YMRGGTd0 #

>>40
科学的にどれほどの痛みかは各種哺乳類で脳波を見て研究結果あると思いますのでそれを参照しては?
また出産で命を落とすのも、何らかの不具合が発生するのも人間だけの特権ではないのでそこも検索されてはどうでしょう
あるいは動物病院の医者に「哺乳類はほとんど出産で痛みを感じないんですか!」と聞かれてはどうでしょうか。素人より詳しいお話が伺えて納得できるのでは。

46

46. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 10:29
  • ID:4YMRGGTd0 #

>>23 俺が大学にいた時代ですら脳科学分野で脳のある一部が女性の様な形状になっている男性被験者の意識は女性であることが多かったとか研究結果出てんのよね
じゃあ将来的には(今も将来だけどw)そこを治療したら本来の性別に戻るのかってことになるわけよね
俺が授業受けてた段階ではまだまだの分野だった
要するに「不具合」なのかってこと
視力治すと同じレベルかってことよ
医学的には同じってことになっても精神的には別の人間がいてややこしいのね
レーシックするかしないかレベルの個人のチョイス話でしかない未来もあるのかもしれない

脳の治療だの再生医療だのがまだまだだけどさ
手塚治虫のブラックジャックでもあったよな。主人公とその恋人めぐみの話
手塚って医者で天才漫画家だけあってすごいねって事でお茶を濁す

47

47.

  • 2024年07月04日 12:08
  • ID:xOjRKVxW0 #
48

48. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 12:08
  • ID:xOjRKVxW0 #

だからちょっとした痛みに女や弱いのね

49

49. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 12:29
  • ID:KZ1lw8yj0 #

>>32
完全に繋がっている
出産の痛みが耐えれるから女は痛みに強いんだ!という信仰は非常に根強くあなた自身がそれを改めて披露してるもめちゃくちゃ酷い
出産も痛いしその後も痛いのに男の人の「出産があるのが痛みの強さの理由なのダ!」という妄想押し付けて現代でも言われてるのたまらないし、だから妊婦のケア進まないってホントよくわかる
拗らせてるのは女性の「痛い」を今回も無視して「女は出産に耐えれるから痛みに強い!」妄想を被せてくるそちら

50

50. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 13:27
  • ID:YFW1vYaM0 #

快楽も違うと思う

例えば女性同士がボディタッチやハグをしてるところはよく見るし、女性が男性の腕に抱きついているのも街なかではよく見るけど、男同士が公共の場でボディタッチしてたりハグをしてたり、男性が女性の腕に抱きついていたりは、女性同士や女性から男性に比べてかなり比率は低いと思う。

51

51. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 15:29
  • ID:A8t0nu0y0 #

>>49
出産に備えて強くなった、は筋が通るよ。それに対し「だから平気でしょ?」って態度は不合理だけど別問題。その態度が許せないために最初の部分を覆そうとしてる。繋がってないのはそこ
「だとしても痛いです」は繋がるけど「そもそも強くない」は根底の話だから別の根拠が必要

そしてこれは痛みのメカニズムが違うという研究なので、お互い永遠に分からないかもしれない。神経レベルでもう一方にはなれない現実
ただ哺乳類のメスに共通してる点から出産が大きなファクターになっていそうで、出産と痛みが関連→耐えるための進化だろう、という見立て
昔から言われてきた事でもあるのでそれに根拠が備わった形

52

52. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 15:57
  • ID:6UzjFoZn0 #

>>7
無駄にかっこよくて草

53

53. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 17:08
  • ID:lcUSamOc0 #

>>49
私も同じ様に性差別を無くしてほしいと願ってる女の一人だけど、正直あなたみたいなのはいわゆる「ノイジーマイノリティ」で、逆に女性解放の足を引っ張ってると思う。
フェミニズムに自浄作用がないと言われるのは、私やあなたみたいに同じ思想を持つけど、支離滅裂な主張をしている人を女性は放置するか、ともすれば取り込んだりしちゃうのが原因。
「口を噤んでいろ」なんて言う権利はないから言わないけど、正統に性差別を無くそうとしている人にとっては、あなたみたいなのはむしろ邪魔でさえある。
お願いだから「男憎し」で無理やり男性を非難しないで。そういう人がいるからいつまでもわかってもらえないんだよ…。

54

54. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 20:07
  • ID:N28NQHoH0 #

>>27
逆にでね?
これまでは人体は男性を基準に考えられていたからこれからは女性に効く痛み止めが新登場する。

55

55. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 21:32
  • ID:PC7jeJT80 #

>>50
振る舞いが違うからってそこに生理的な理由があるということには直結せんよ
単純に男女で文化が違うというだけのことかもしれない

いわゆる男性文化では、同性愛者と見られることを殊更に忌避する傾向が強いという指摘がすでにあって(ホモソーシャルとホモセクシャル)
それと照らし合わせれば男性同士のスキンシップが少ないのもそういう「男らしさ」という文化規範に起因していると見るのが現時点では妥当

「女は男の腕に寄り掛かるが、逆は見かけない」というのだって、まるっきり男らしさ/女らしさドストライクの話題だし

56

56. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 22:57
  • ID:Inz8RYKm0 #

>>53
別に男性憎しとも思えないけど

痛みへの耐性が高いというとかよりも、出産の痛みは仕方なく耐えるしかないだけだと思う
他にどうしようもないもの

んじゃ何だ、男性は股間を打っても耐えられるんだから、痛みに強いんでないかい?女には分からないけども。

57

57. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 23:06
  • ID:Inz8RYKm0 #

>>33
思ったー
今の今まで痛みにのたうち回ってたのに、何も反則も取れないと分かった途端に何事も無かったかのように颯爽と走っていくの何なのあれ
笑ってしまう
本人は恥ずかしくないのかなーとか思う
だから男は痛みに弱いのかと勘違いする
大袈裟なだけなのか

58

58. 匿名処理班

  • 2024年07月04日 23:07
  • ID:Inz8RYKm0 #

>>42
お肌の潤いとか脂肪とか関係あるのかな
特別鈍感な人だったとか

59

59. 匿名処理班

  • 2024年07月05日 02:46
  • ID:xnYF7V.S0 #

>>5
オスに乳首ができない仕組みを作ると胎児期に何かトラブルがあった時メスなのにその仕組みがオンになってしまうケースが出てくるから…とかかな?

60

60. 匿名処理班

  • 2024年07月05日 11:55
  • ID:RfjAhsv.0 #

>>55
いやいや、その程度の話で文化云々はいえないよ
世界的に見ても女同士でのボディタッチの多さはどう説明するんだ、文化も人種も違うだろ

そういう妄想でこうだと決めつける危うさに気づいていないのかな。

61

61. 匿名処理班

  • 2024年07月05日 15:42
  • ID:7s7CvZTI0 #

>>45
その辺専攻したしあなたの言ってることずれてるよ

62

62. 匿名処理班

  • 2024年07月06日 00:06
  • ID:oRif8thJ0 #

>>57
あの人たちは本当に痛いときは意外と冷静に対応してる

63

63.

  • 2024年07月08日 21:21
  • ID:.ujZBwBc0 #
64

64. 匿名処理班

  • 2024年07月09日 08:41
  • ID:hg8V.k510 #

>>48
いや逆やろ

65

65. 匿名処理班

  • 2024年07月11日 01:14
  • ID:XwMvgIAy0 #

>>50
どうだろなー、単純に女性の方がコミュニケーション力が高いというのもある気がする。コミュ力無い女子にとっては普通にハードル高い行為だし。

あとエスカレーターとかでカップルの後ろに立つと大抵男性が女性の尻触ってたりするしなんともいえん

66

66. 匿名処理班

  • 2024年07月12日 08:41
  • ID:cs0tpsoL0 #

>>60
世界的に…というのに疑問を感じる。インドや韓国では男同士で肩を組んだりして歩いている市井の人々を日常的に目にしている。3人で肩組んで楽しそうにしてる人たちも珍しくなかった。おそらくは友人同士。
ホモソーシャルでありながらホモフォビアでもあることの表れ方が文化圏による違いはあるにせよ、必ずしも男性同士のボディタッチが少ないことに直結はしないと思う。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links