犬の鳴き声をAIで解読
 アメリカの研究チームは今、AIにイヌが吠えている時の鳴き声を解読させ、彼らが人間に何を訴えているのか明らかにしようとしている。

 突然イヌに吠えられてびっくりした、こんな経験はないだろうか? 犬に慣れていない人にとっては怖いかもしれないが、じつはその子は遊ぼうよと誘っていたのかもしれない。

 ミシガン大学の研究チームがAIに解読させようとしているのは、そんなふうに誤解されがちな犬の吠え方の意味だ。

 そのAIはもともと人間の言語用に開発されたものだが、従来のイヌ用モデルよりずっと正確に、遊びと攻撃の吠え声を区別し、さらにはイヌの年齢や犬種、性別までも識別できるという。

犬が吠えている時、何を伝えたいのか?

 犬や猫のように身近な動物から、ちょっと危険な肉食動物まで、彼らは鳴き声で何かを伝えているが、人間にとって彼らが何を言いたいのかを正確に理解するのは難しい。だがAIの進歩がそれを可能にするかもしれない。

 ミシガン大学のコンピュータ科学者ラダ・ミハルチェア氏は、「人間の声で訓練された音声処理モデルとこれまでの成果を活用することで、犬の吠え声のニュアンスを理解する新たな可能性の扉が開きました」と語る。

 動物の声を解読するAIモデルの開発が難しい理由の1つは、データが少ないことだ。人間の声を録音したものならたくさんあるが、動物の鳴き声のデータを集めるのはずっと大変だ。

 ペットや家畜ならば飼い主の許可を得なければいけないし、野生動物なら自然の中に分け入っていかねばならない。しかもそうやって会いに行ったところで、彼らが録音に協力的である可能性はほとんどない。
dog-5913243_640
photo by Pixabay

人間の音声用AIで犬の声を分析

 そこでミハルチェア氏ら研究チームは、こうした犬の声のデータ不足を克服するために、もともと人間の音声を分析するために設計されたAIモデルを応用できないかと考えた。するとそれが思いの外うまく行ったのだ。

 そうしたAIモデルは、音声テキスト変換や言語翻訳など、さまざまな音声技術のバックボーンとなっているもので、口調・高さ・アクセントなど、人間の声の細いニュアンスを区別するように訓練されている。

 つまりは、人間が話す言葉のとんでもなく複雑なパターンを学習し、符号化することができるのだ。

 今回の研究では、特に「Wav2Vec2」という人間用AIモデルで、犬の吠え声の解読に挑戦している。

 ただしそのままでは使えないので、犬種・年齢・性別がさまざまな74頭の犬がさまざまな状況で発した鳴き声を録音し、このデータでAIを訓練し直した。
brands-people-RFpaVggKP6E-unsplash
photo by Unsplash

犬の吠え声を4つに分類することに成功

 その結果、AIは遊びの吠え声と攻撃の吠え声を区別するなど、4つの分類タスクに成功した。

 驚いたことに、その元人間用AIは、最初から犬用に作られていた既存のモデルよりも優れていたという。
人間の音声に最適化された技術が、動物のコミュニケーションの解読に役立てられた初めての例です(ミハルチェア氏)
 この結果は、人間の声に含まれる音とパターンが、動物の鳴き声のようなまた別の音声パターンを分析するベースになることを示しているとのことだ。

 こうしたツールは、生物学者や動物行動学者などに便利なのはもちろんのこと、犬をはじめとする動物たちが気持ちやニーズを理解することで、彼らの幸せを守ることにもつながるだろう。

 この研究は『Joint International Conference on Computational Linguistics, Language Resources and Evaluation(数理言語学・言語資源・評価に関する合同国際会議)』で発表された。論文の未査読版は『arXiv』(2024年4月29日付)で閲覧できる。

References:Using AI to decode dog vocalizations | University of Michigan News / AI Decodes Dog Barks: Playful or Aggressive? - Neuroscience News / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
AIの力を利用して動物たちの言葉を理解しようと試みる研究者たち


ニワトリの言語を翻訳するAIの開発に挑む研究者


犬は赤ちゃん言葉で話しかけられるとうれしい。特に女性の高い声だと脳がより強く反応する


犬は人間のストレスを嗅ぎ分けることができる。新たな研究で明らかに


人間に気持ちを伝えたくて、犬は特別な進化で「子犬のような悲しい目」を獲得した(英・米研究)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年06月17日 09:39
  • ID:36N.f05l0 #

バウリンガル復活

2

2. 匿名処理班

  • 2024年06月17日 16:43
  • ID:rSV9w1TF0 #

そういえば思い出したけど、動物どうしはお互いに何言ってるのかわかるのかな。わかるんだったら人間だってそれをわかっていいし、なんなら人間が犬語を喋れてもいいと思う。

3

3. 匿名処理班

  • 2024年06月17日 16:49
  • ID:BLMPtBRM0 #

スマホのアプリになったら便利だね

4

4. 匿名処理班

  • 2024年06月17日 20:56
  • ID:8.6QqZn80 #

一緒に暮らしているならそのくらいはわかるだろ

5

5. 匿名処理班

  • 2024年06月17日 22:42
  • ID:7xdyioA70 #

>>2
鳴き声で文章をなした会話をしているとわかっているカラ類(シジュウカラ等)は、
異なる種の間でも互いの言語を理解している。

6

6. 匿名処理班

  • 2024年06月17日 23:48
  • ID:bpwUiWBQ0 #

強いて言うなら人間の言葉を伝えたい気がする
向こうが言わんとしてることはわかるし……

7

7. 匿名処理班

  • 2024年06月18日 03:03
  • ID:01MsRsmh0 #

庭で焼き芋とBBQしてると 家の中から犬が
「きゅう〜ん きゅうう〜ん」と泣くんだけど
何故だろう…
「火が危ないからお家の中に居てね」って
説明はしてあるんだけど…

8

8. 匿名処理班

  • 2024年06月18日 18:06
  • ID:B0IgA8eL0 #

「お前、そんな事思てんのか」とか(^_^;)

9

9. 匿名処理班

  • 2024年06月18日 22:47
  • ID:EvOSxUYB0 #

ステラちゃんがワンワン界初の犬と人の通訳犬になればいいんだよ

10

10. 匿名処理班

  • 2024年06月19日 09:04
  • ID:chR5RZb90 #

>>2
飼ってると何種類かは分かるようになるし、何なら獣語の方が早く伝わるのでうちは人間が鳴き真似することがある
嬉しい時の鳴き声を真似て合わせるとかなり喜ぶ

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links