オレゴンの海岸にカクレマンボウが打ち上げられる
image credit:Facebook
 6月3日、アメリカのオレゴン州北部の海岸に、巨大な海洋生物が打ち上げられた。体長はおよそ221cm。

 マンボウの一種と思われる巨大魚だったが、実は通常のマンボウとは少し違う「カクレマンボウ」という新種だったことが判明した。

砂浜に打ち上げられた不思議な魚

 この魚が打ち上げられたのは、オレゴン州シーサイド北部にあるギアハートビーチ。地元のシーサイド水族館Facebookが、写真付きで紹介している。
447796630_855343633299090_6211212718569457602_n_e
image credit:Facebook
当初、この大きくて奇妙な見た目の魚はSNSで大きな話題となり、荒天にもかかわらず、多くの人々が珍しい魚を一目見ようとビーチを訪れました
 散歩がてら訪れて、魚と記念写真を撮る住人さんたち。
7-foot hoodwinker sunfish washes ashore in Oregon

北半球では珍しいカクレマンボウであることが判明

 ニュースは海を越えてニュージーランドにいるマンボウの研究者、マリアンヌ・ナイエガードさんの耳に達した。彼女はすぐに、この生き物が通常のマンボウ(Mola mola)ではなく、別種のカクレマンボウ(Mola tecta)であると確信した。
写真を通して、彼女はこの魚がカクレマンボウであることを確認しました。今回の個体は、これまでに採取された中で最大の標本の可能性があります
 実はナイエガードさんは、日本を含めた各国の研究チームと共にカクレマンボウを新種として特定し、2017年に「隠れたマンボウ」を意味するMola tectaと命名した本人だった。



 カクレマンボウの特徴は、他のマンボウ類と比べて平べったくスリムな体形にある。体長は現在確認されているサイズで最大で2.4mだという。

 見た目だけでは通常のマンボウと区別がつきにくく、長い間「発見」されずにいた。そのため「隠れた(tecta)」マンボウと命名され、和名もカクレマンボウとなった経緯がある。
447685074_855343659965754_7618034838266346810_n_e
image credit:Facebook
 現在マンボウ属の仲間としては、マンボウ、カクレマンボウのほかに、ウシマンボウが見つかっており、日本の近海ではマンボウとウシマンボウが見られるそうだ。

 下の動画は、今まで知られていた通常のマンボウ、Mola molaだ。最大で333cmという記録があり、カクレマンボウよりやや大きめ。

南半球にしかいないと思われていたカクレマンボウ

 カクレマンボウはもともと南半球にしか生息していないと思われていたが、最近になってカリフォルニア沿岸や、中にはアラスカにまで漂着した個体も確認され、その定説は覆されつつある。

 ナイエガードさんはシーサイド水族館と連絡を取り、遺伝子サンプルの採取を依頼。水族館のスタッフもすぐに対応し、写真撮影や計測、組織サンプルの採取を行って彼女のもとへ送った。

 ナイエガードさんのもとでの分析の結果が出るのはこれからだが、まだ謎の多いカクレマンボウについて、その生態や生息地域についての研究が進むことが期待される。



 マンボウの皮は非常に硬いため、今回打ち上げられた個体も、他の生き物に食い荒らされる恐れは少ないそうだ。
このカクレマンボウの身体は、まだギアハート・ビーチにあります。おそらくは今後数週間はこのままでしょう。ぜひ現地を訪れて、自分の目でこの珍しい魚を見てほしい
 シーサイド水族館ではこのように反していたので、もし近くにお住まいの人、オレゴン州を訪れる予定のある人は、ぜひ実際にビーチに足を運んでみてはどうだろうか。

 さてところで、日本の沿岸にはカクレマンボウは今のところいないようだが、普通のマンボウが岸に打ち上げられることがある。

 そんなマンボウを解体してみた動画があるので、興味のある人は良かったらこちらも見てみてほしい(寄生虫試食注意なのだ)。
海岸にマンボウが落ちてたから寄生虫を頂く


追記(2024/06/12)カクレマンボウの最大のサイズを訂正して再送します。
References:Giant 7-foot sunfish found on Oregon beach turns out to be newly discovered species / written by ruichan/ edited by parumo

あわせて読みたい
さすが太陽の魚と呼ばれることはある。巨大なマンボウに遭遇したダイバーたちの記録映像


今度はうぅ〜、マンボウ!インドネシアで巨大なマンボウが打ち上げられる。


あらやだかわいい!巨大マンボウの稚魚は丸くて小さくて指先よりも小さかった


記録更新!2744kgのウシマンボウが発見され世界最重量の硬骨魚に君臨


アシカがマンボウを捕食している映像

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2024年06月12日 08:24
  • ID:i3X6IlMB0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2024年06月12日 09:05
  • ID:s51LNHp60 #

マンボウかと思いきや
首から下を食いちぎられた
マナガツオだったりして。

3

3. 匿名処理班

  • 2024年06月12日 10:15
  • ID:.qw0GBk80 #

>>2
専門家が凡ミスをして別の魚だったとして、マナガツオは最大60cmぐらいらしいので
下半身を食べられて221cmだったら大発見も大発見ですね。絶対に新種だ

4

4. 匿名処理班

  • 2024年06月12日 11:09
  • ID:TenJJ2Yx0 #

こないだ三重のほうでそれっぽいのが捕まったが大きすぎるのですぐ放流したらしい

5

5. 匿名処理班

  • 2024年06月12日 11:26
  • ID:.cMhLsiI0 #

ウー・マンボウ!

6

6. 匿名処理班

  • 2024年06月12日 11:28
  • ID:LlPpPF3J0 #

マンボウと言われると、「かわいい」についで「美味しそう…」が浮かんでしまう地域の民です。

おっきいなあ‼︎何人前だろう⁈(食べられる種類なのかな)

7

7.

  • 2024年06月12日 11:31
  • ID:QXAjTk130 #
8

8.

  • 2024年06月12日 11:48
  • ID:MOGD3JHO0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2024年06月12日 15:20
  • ID:uDUJbTJ90 #

マンボウに種類があったのか

10

10. 匿名処理班

  • 2024年06月12日 15:57
  • ID:Flv3HUDr0 #

海中でニンゲンよりも下方にニンゲンよりも大きな生き物がいる映像は、やはり根源的な恐怖を想起させてくれて実に良い…

11

11. 匿名処理班

  • 2024年06月12日 16:22
  • ID:JXWxIsin0 #

>>5
ウー・マンボウ‼
(part2)

12

12.

  • 2024年06月12日 17:53
  • ID:1QxH67.10 #
13

13.

  • 2024年06月12日 17:53
  • ID:1QxH67.10 #
14

14. 匿名処理班

  • 2024年06月12日 18:02
  • ID:A9NrKT0h0 #

寄生虫にやられたマンボウを・・食ってる・・(白眼)

15

15. 匿名処理班

  • 2024年06月12日 19:49
  • ID:QvPpfomJ0 #

マンボウを見ると某宇宙マンボウを思い出してしまうおじさん。

16

16. 匿名処理班

  • 2024年06月12日 20:21
  • ID:XA0CRT3X0 #

>>9
調べたところ「マンボウ科」に属する魚としては
マンボウ、ウシマンボウ(ゴウシュウマンボウ)、カクレマンボウ、
ヤリマンボウ、トガリヤリマンボウ(ヤリマンボウと同種説あり)、
クサビフグの5〜6種が知られているとのこと。

あまり研究が進んでないらしいのでまだまだ増えそう。

17

17.

  • 2024年06月13日 12:10
  • ID:qDeVZ0JF0 #
18

18.

  • 2024年06月13日 15:53
  • ID:g0cdWfgM0 #
19

19.

  • 2024年06月13日 16:54
  • ID:qDeVZ0JF0 #
20

20. 匿名処理班

  • 2024年06月13日 21:57
  • ID:xJ7eqUl.0 #

うー…

21

21.

  • 2024年06月14日 01:30
  • ID:uURx7UFm0 #
お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links