カッコウの托卵が新種を生み出す理由
 生物の進化は様々なプロセスを辿りながら、遺伝的形質が変化していく。では新しい種はどのようにして生まれるのか?なぜ地球上にはこれほど多くの種が存在するのか?

 その理由の1つとして、食う者と食われる者、利用する者と利用される者との生存戦略がある。カッコウは他の種の鳥を利用し、巣に卵を産んでヒナを世話してもらう「托卵」をすることで知られているが、ここにもその生存戦略がある。

 カッコウのヒナは、仮親となる鳥のヒナそっくりに姿を変える。そしてまた利用される側の鳥も、カッコウを見破れるようヒナの姿が変化していく。

 こうして、カッコウも、仮親になる鳥も、次々と新種や亜種が誕生しているのだ。

カッコウが新種の発生を促すプロセスを研究

 オーストラリア国立大学のナオミ・ラングモア教授らの研究チームでは、托卵というユニークな習性のあるカッコウを事例に、新種が誕生するプロセスに迫っている。

 カッコウは自分の卵を別種の鳥の巣に産みつけ、その鳥(仮親)にヒナを育てさせる「托卵」をすることで知られている。

 一方、カッコウにヒナを押し付けられる鳥は、都合よく利用されないよう、カッコウのヒナを見分けやすいよう対抗手段を身につける。

 するとカッコウも負けじと、利用する鳥そっくりに擬態できるヒナを生み出す。その末に誕生するのが新種だ。

 たとえばオーストラリアなどに生息する「ブロンズカッコウ」は、ルリオーストラリアムシクイやGerygoneなど小型の鳴禽類の巣に卵を産む。

 カッコウの卵は孵化するとすぐに巣から卵やヒナを追い出し、巣の唯一の住人になる。親鳥は自分の子供をすべて失うだけでなく、カッコウを育てるのに数週間を費やす。

 カッコウは最終的に親鳥の約2倍の大きさに成長する。これは利用される鳥にとっては大きな負担となる。

 この負担の大きさゆえに、利用される側の鳥は、偽物のヒナを見分けて追い出す”審美眼”を進化させた。
no title
カッコウのヒナを巣から追い出そうとするハシブトセンニョムシクイ / image credit:Hee-Jin Noh

 一方、赤の他鳥を利用するカッコウのヒナはますます”演技力”を磨いた。
1
左がカッコウのヒナ、右が托卵される鳥のヒナ。どちらもそっくりで簡単には見分けがつかない / image credit:Naomi Langmore

仮親となる鳥のヒナにそっくりになるよう、種がさらに亜種へと分岐

 このようなカッコウの擬態は、さらに精妙な適応をすることになる。驚いたことに、同じブロンズカッコウでも、利用できる鳥によってヒナの姿が違うのだ。

 例えば、リトル・ブロンズカッコウとシャイニング・ブロンズカッコウの場合、托卵に利用する鳥がそれぞれ異なっており、ヒナは仮親のヒナによく似ている。

 そして、こうした姿の違いのために、両種はさらに亜種に分類されることになった。

 こうした種の分岐は、ひとつの地域に利用できる鳥が2種いても起こる。

 オーストラリア、クイーンズランド州北部に生息するリトル・ブロンズカッコウは、ハシブトセンニョムシクイとノドグロセンニョムシクイに卵を預けるが、その結果として2つの亜種が生まれた。つまり亜種が誕生したのは、生息域の違いが原因ではないということだ。
2
リトル・ブロンズカッコウ(A・B・C)とシャイニング・ブロンズカッコウ(D・E・F)の亜種。それぞれのヒナ(上段)はそこで利用できる鳥のヒナ(下段)にそっくりだ / image credit:Naomi Langmore, Hee-Jin Noh, Rose Thorogood, Alfredo Attisano

仮親となる鳥も新種が誕生しやすくなる

 オーストラリア国立大学の研究チームは、非破壊的な方法でカッコウの卵からDNAを収集してきた。

 そこから明らかになったのは、カッコウによるダメージが大きいほど(例えば、ヒナがすべて殺されるなど)、仮親となる鳥は新種が誕生しやすくなるということだ。

 するとカッコウもまたそれに対抗しようとして、カッコウと利用される鳥との間で「進化の軍拡競争」が起こる。カッコウは欺くスキルを磨き、利用される鳥は真実を見抜くスキルを磨くのだ。

 さらに進化モデルを利用した分析では、このことがあらゆるカッコウの種で裏付けられたという。カッコウのヒナが養親のヒナと共存する場合(負担が小さい)、新種は誕生しにくいが、共存しない場合では、より頻繁に新種に分岐する。
3
博物館にあるカッコウ卵の標本。元々あった小さな穴(ブローホール)と、DNAを抽出するために拡張された部分を示す / image credit:Naomi Langmore

生存戦略による相互作用が新種を誕生させている

 こうしたことから研究チームは、利用する側とされる側の生存戦略による相互作用が、さまざまな種を生み出す原動力のひとつなのだろうと推測する。

 このことは、カッコウの托卵だけでなく、寄生虫と宿主、捕食者と被捕食者のような関係でも起こる可能性があるという。

 望むと望まぬと結ばれた濃密な関係こそが、地球上に無数に存在するきわめて特殊でユニークな種が誕生した理由さえ説明できるかもしれないそうだ。

 この研究は『Science』(2024年5月30日付)に掲載された。

References:What’s that in my nest? How the evolutionary arms race between cuckoos and hosts creates new species / written by hiroching / edited by / parumo

追記(2024/06/05)本文を一部修正して再送します。
あわせて読みたい
気候変動を乗り切るため、野生動物たちの体に変化が現れている


トマトはなぜ赤くなったのか?進化の理由は動物の好みにあった


魚界の托卵はえぐい。無関係の魚の卵とは知らず、口の中で育て続けるかわいそうなオスが発見される


なぜ動物は血のつながらない子供を養子にするのか?


フクロウ母さんとカモのヒナ赤ちゃんが、本物の親子のように仲良く1つの巣箱に!いったい何が起きている?(アメリカ)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 08:28
  • ID:reVbDg9D0 #

自分で育てる方向への進化をしなくて草

2

2. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 08:58
  • ID:E6XO22da0 #

カッコウって自分の托卵行動をどういう風に理解してるんだろう。
少なくとも育ててもらってる間は自分が別種だとは思って無いような気がする。

3

3. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 09:41
  • ID:VXdON.GN0 #

自分で育てるという進化、というか変化には至らないんですねー。
ここは絶対に他人任せ!という負の信念を感じる。

4

4. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 09:57
  • ID:SpTeuuVg0 #

面白いなこの説
被害大きいと進化が早まるって訳か
厳しい環境が必要なんだ

5

5.

  • 2024年06月05日 10:12
  • ID:1qK39B320 #
6

6. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 11:32
  • ID:UQ2fCW1e0 #

生殖の目的が「自分の遺伝子を次世代以降に伝えるため」なら、子孫が別種になってしまったら「失敗」ではないの
目的のほうが違う(あるいは無い)と考えるのが妥当か

7

7. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 11:36
  • ID:S0YmtjHD0 #

>>4
淘汰圧が強い方が、サバイバルに適した者を残しやすいのかもしれない
抗生物質に耐えた菌が薬剤耐性菌として蔓延する、みたいな

8

8. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 11:56
  • ID:hdDQPjkn0 #

シャイニング・ブロンズ・カッコー!!

9

9. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 12:21
  • ID:.0yeVhmV0 #

>生物の進化は自然選択によってのみ起こるわけではない。
チョトマテw自然選択の好例じゃないですかこの記事の内容は

10

10. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 12:37
  • ID:dj5.t3jI0 #

>>1
ここまで努力するなら、自分で育てたほうがw

11

11. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 12:53
  • ID:M2TuGbEp0 #

「赤の他鳥」w

12

12. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 12:56
  • ID:dgYVke2u0 #

>>1
それをして今に至る鳥もいるかも知れない。
祖先が托卵をしていたとしても
人間がそれを知るのはかなり難しいと思うし。

13

13. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 13:04
  • ID:dgYVke2u0 #

>>4
厳しくないと淘汰が起き難いからね。
変異していない者も同じように生き残る環境では
必然的に進化のペースは遅くなる。

14

14. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 13:08
  • ID:RI9b4f8h0 #

学者にとってはカッコウの研究材料ってわけだ

15

15. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 13:14
  • ID:79nRVd3n0 #

托卵は有名だけどここまで精巧な擬態をしてるとは知らなかった

16

16. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 13:15
  • ID:rC65i60H0 #

今日も何処かでカッコウは
托濫を企んどるのだ

17

17. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 13:18
  • ID:V8oeslsP0 #

>>7
だね
生存競争や環境変化それらが圧に
滅びに押されるか変化に押されるかだ

18

18. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 13:27
  • ID:8JK.z0mY0 #

カッコウが、恰好のカモの格好を真似

19

19.

  • 2024年06月05日 13:59
  • ID:tlFDy12g0 #
20

20. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 14:03
  • ID:dgYVke2u0 #

仮親に見抜かれた場合、カッコウのヒナの立場からすると
生みの親にも育ての親にも捨てられたみたいでちょっと不憫。

21

21. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 14:15
  • ID:8JK.z0mY0 #

托卵を企んだ

22

22. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 14:34
  • ID:dWgdi6L20 #

>>1
ここまで頑ななのは子育てに何か致命的な欠陥があるのではないだろうか
カッコウって確か変温性よね?
体温落ちちゃって満足に卵を温められないとかかな

23

23. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 16:42
  • ID:zf6szp600 #

カッコウ以外の托卵する鳥は皆体温変動が大きい傾向にある
自力で温めるより体温の安定している鳥に育ててもらった方が生存率が安定するから托卵する…という説が有力らしい
そうすると何故体温の安定を獲得する方に進化しないの?って話になるが…

24

24.

  • 2024年06月05日 17:06
  • ID:8CFwR6AS0 #
25

25. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 17:06
  • ID:4i0WJR0t0 #

托卵はまだいいとして孵ったばかりのカッコウの雛が他の卵や雛を巣の外に追い出して殺すのに邪悪さを感じる
無力そうな雛でも托卵に特化すれば簡単に他の雛を殺すんだから

26

26. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 17:47
  • ID:M2TuGbEp0 #

実家は多摩地区で、緑が多かった頃は春に鳴き声が聞こえた。
アルプスにでもいるような気分になったのを覚えてるけど、当時はこんなえげつない生態の鳥とは夢にも思わなかった。
カッコー時計も流行ってたなー。(買ってもらえなかったけどw)

27

27. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 17:52
  • ID:sLW3g58h0 #

進化に信念とか意地とか関係ないんじゃねーの

28

28.

  • 2024年06月05日 19:50
  • ID:5l7YE5cb0 #
29

29. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 21:01
  • ID:BFQ2qVQ20 #

仮親とカッコウは卵の段階ですでに戦っている。
仮親は卵についた斑点のパターンで自分の卵を識別し、合致しない卵を拒絶するようになった。
するとカッコウは仮親となるべく同じような斑点を自分の卵に付けるようになったので、さらに仮親は卵の斑点のパターンを変化させ、それにカッコウが追随するという戦いがいまでも続いている。

30

30. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 21:39
  • ID:2GZl5c6a0 #

万葉集のころから日本人は托卵の生態を知っていたけれども声を聴くためにウグイスの巣の近くに張り込んでホトトギスが出入りするのを観察したんだろうな

31

31. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 06:40
  • ID:Pwu.Xs0d0 #

そもそも托卵なんてしてる意識がない可能性
生まれた時から別種の元で育ったんだから自分もその種だと思ってて
同じように自分の仲間のところに卵産んじゃうだけみたいな

32

32. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 08:49
  • ID:66eoaopy0 #

カッコウも必死で生きてるの分かるけど、給餌のシーンは相変わらずおぞましいな
はたから見ると明らか違う種、しかも我が子を転落死させた仇の子を疑いもせずせっせと育てる親鳥・・・

33

33.

  • 2024年06月06日 11:57
  • ID:8q1FMc7z0 #
34

34. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 12:58
  • ID:twdp3lUG0 #

>>23
適度な体温の喪失と托卵の習性の獲得とでは
後者の方が先と考えた方が自然な気がする。
前者が先だと後者を獲得する前に絶滅しそう。

35

35. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 13:35
  • ID:vW8n3AJb0 #

なぜそうまでして托卵する必要があるんだろう
仮親が絶滅したらそれはカッコウだって困るのに、仮親のほうには全くメリットがない関係だし、どうしてこんな一方的なのに続けていけるのか不思議だ…

36

36. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 13:59
  • ID:zgzjSNUm0 #

>>31
托卵系統はある程度固定されているとはいえ、
同じ個体でも、托卵相手が複数種に及ぶためそれは無い。
また、宿主と渡りの時期も異なる点を留意。

37

37. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 21:33
  • ID:FUwsTOcR0 #

タンガニーカ湖の口内保育魚も托卵魚の托卵対象になり
自前の受精卵や稚魚を托卵魚のエサとして提供するケースがあるという。
自分の口の中の様子は親自身に見えないがそこでベビーの死闘が行われている。
習性のアナが利用されている。例えば、受精卵をいっぺん吐き出して吟味する習性が進化すればマシなのだろう(される側の立場では)。

38

38. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 21:51
  • ID:JYl3Mqy80 #

>>6
「種」なんてのは人が勝手に分けてるだけで、子供が増えるのならそんなのどうでもいいんですよ。

39

39. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 22:01
  • ID:JYl3Mqy80 #

>>36
最近の研究は知らないんですが、日本やイギリスのカッコウは、メスは自分の育ての親と同種に托卵するのでミトコンドリアハプロタイプでは宿主で分類でき「隠蔽種」として分化してる、って研究がありましたね。信州大の中村先生とイギリスのグループの共同研究。

40

40. 2

  • 2024年06月07日 07:56
  • ID:WbRAyj.l0 #

進化って「こうしてみようかな」と思うことで出来ちゃうものなのかもしれない。人間には想像もつかない技なだけで、生物界隈では割と普通なのかも。
自分の産む卵から出てくるヒナの姿を相手に合わせるとか、どうしたって無理な気がする。
擬態の類も明らかに狙って姿を変えてるし。

41

41. 匿名処理班

  • 2024年06月08日 00:13
  • ID:JXRjCf200 #

カッコウとかいうクソムカつく生態の鳥

42

42. 匿名処理班

  • 2024年06月08日 10:49
  • ID:3Po.dItd0 #

>>2
なんかどっかで、カッコウはお母さんのぬくもりを求めて自分を育ててくれたのと同じ種類の鳥の所に卵を産みにいくんだよって読んだ事がある。

43

43. 匿名処理班

  • 2024年06月08日 11:03
  • ID:VWwlzJbh0 #

養親が気の毒過ぎる

44

44. 匿名処理班

  • 2024年06月08日 17:12
  • ID:xunkoR0M0 #

>>25
カッコウ身体大きいからね…
確かカッコウの仲間で托卵した先がたまたまデカい鳥で
巣から他の雛落とせなくてそのままの

45

45. 匿名処理班

  • 2024年06月08日 17:13
  • ID:xunkoR0M0 #

>>25
途中送信してしまったorz
巣から他の雛を落とせなくて
そのまま同居状態だったカッコウの雛もいた

46

46. 匿名処理班

  • 2024年06月09日 20:36
  • ID:TU09x32Z0 #

>>40
進化のプロセスを理解した上での話なら良し、と思ったけど
擬態のくだりで「あ〜解ってない方だ〜」と思ったw

47

47. 匿名処理班

  • 2024年06月13日 12:36
  • ID:I3is1Jv30 #

>>46
>>40 の名誉の為に言っておくが、擬態だってその進化のプロセスは未だ事実上仮説の状態だよ。
どんな進化生物学者も擬態をはじめとする進化についての「正解」はわかってない。
単純に「ダーウィニズム的な今までのパラダイム」から「あくまで偶発的な淘汰によって生まれた」と仮説を立ててるだけで、「解ってない」と断じるのは些か安直で権威主義的すぎる。

48

48. 匿名処理班

  • 2024年06月16日 14:12
  • ID:c8fRgjMo0 #

自分で育てるように進化(変化)はしないのだな、カッコウはw

49

49. 匿名処理班

  • 2024年06月16日 14:38
  • ID:OoLSTXjE0 #

托卵なんて奇抜な習性がどうやって始まったのか興味がある。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links