1
 これまで見つかった中でも一番のご近所さん。地球からわずか40光年の先で、地球に似た温帯の惑星が見つかった。

 「グリーゼ12b」と名付けられたこの太陽系外惑星は、日本のアストロバイオロジーセンターと東京大学のチームが発見したもので、その大きさは地球と金星の中間くらいだという。

 こうした特徴からグリーゼ12bは、惑星に生命を育む環境が作られる条件を知る貴重な手がかりと考えられている。

新たに発見された太陽系外惑星「グリーセ12b」

 NASAが運用する宇宙望遠鏡「TESS」は、空の広い範囲を見渡し、20秒から30分の間隔で何万もの星々の明るさがどう変化するのか観察している。

 星の前を何らかの物体が通過すれば、光が遮られて、地球からは暗く見える。だから定期的に暗くなる星は、その周囲を惑星が公転している可能性が高い。

 このような惑星発見法を「トランジット法」という。

 この方法で新たに発見されたのが、魚座の方角へ40光年離れた先にある赤色矮星「グリーゼ 12」の周りを回る惑星だ。

 「グリーゼ12b」と命名されたその惑星は、12.8日周期でグリーゼ 12を公転している。
no title
 地球の直径は約12,742kmで、金星の直径は約12,104kmだ。グリーゼ12bはちょうどその間くらいの大きさだ。地球と同じくらいともいえるし、金星と同じくらいともいえる。

 アストロバイオロジーセンター特任助教の葛原昌幸氏はこう述べた。
この惑星に大気があるかどうかまだ不明ですが、太陽系の金星と同程度の大きさで、恒星から受けるエネルギーも同じくらいだと考えています(葛原特任助教)
 赤色矮星であるグリーゼ 12は、太陽の27%ほどの大きさで、表面温度は太陽の約60%だ。

 このようにグリーゼ 12が小さいことも、それほど大きくない惑星を見つけるのに都合が良かった。

 小さい星は前を天体が通過すればそれだけ暗くなりやすいし、質量が小さいために公転する惑星に揺すられやすい。そのおかげで、金星くらいの小さな惑星でも見つけやすいのだ。

 また恒星があまり明るくないということは、「ハビタブルゾーン」(地球と似た生命が存在できる天文学上の領域)が恒星に近いということでもある。

 そのためグリーゼ 12のような赤色矮星は、もっと明るくハビタブルゾーンが離れている恒星よりも、ハビタブルゾーン内の惑星を見つけやすい。

 グリーゼ 12からグリーゼ 12 bまでの距離は、地球と太陽の距離のわずか0.07倍と非常に近い。にもかかわらず、グリーゼ 12 bが浴びているエネルギーは、地球が太陽から受ける量の1.6倍と金星と同レベルだ。

 こうしたことを踏まえると、グリーゼ 12 bに大気がないとするなら、その表面温度は42度と推定される。地球と金星の中間くらいの温度である。
4
グリーゼ 12 bのイメージ図 / image credit:NASA/JPL-Caltech/R. Hurt (Caltech-IPAC)

惑星に生命が宿る環境ができる条件とは?

 こうした特徴のおかげでグリーゼ 12 bは、惑星に生命が育まれる環境が出来上がるための条件や、私たちが暮らす太陽系の進化を調べるうえで格好のターゲットとなっている。

 もう1つの研究チームに参加したサザンクイーンズランド大学のシシル・ドラキア氏は次のように語る。
グリーゼ 12 bは、冷たい恒星を公転する地球サイズの惑星に大気があるかどうかを知るための格好のターゲットで、天の川銀河にある惑星の居住可能性を理解するうえで重要な手がかりです(ドラキア氏)
 地球と金星の場合、最初にそれを覆っていた大気は剥ぎ取られたが、その後の火山の噴火や太陽系の物質の衝突によって回復したと考えられている。

 その一方、地球は生命豊かな惑星となったが、金星からは水が完全に失われ、生き物が住むことのできない惑星になった。

 では地球と金星の中間くらいの温度であるグリーゼ 12 bはどうだろう?

  現時点でこの惑星に大気があるかどうかは不明だ。だがジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡などの強力な望遠鏡なら、それを直接観測できるだろうという。

 グリーゼ 12 bが恒星の前を通過するとき、恒星の光は惑星の大気を通過する。だからその光を分析すれば、その大気がどのような成分でできており、水蒸気・酸素・二酸化炭素といった生命と関係のある成分があるかどうかわかるのだ。

 なお惑星が大気と維持するうえで重要となるのが、それが公転している恒星の嵐の強さだ。一般に赤色矮星は磁気的に活発で、強力なX線フレアが頻発する。

 だが今のところ、グリーゼ 12が荒れ狂っている兆候は観察されていないとのことだ。
 葛原氏らの研究は『The Astrophysical Journal Letters』(2024年5月23日付)に、ドラキア氏らの研究は『Monthly Notices of the Royal Astronomical Society』(2024年5月23日付)に掲載された。


追記:(2024/05/31)本文を一部訂正して再送します。
References:TESS finds intriguing world sized between Earth and Venus / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
太陽系近くの恒星のハビタブルゾーンで、地球型惑星がまたしても発見される


生命が存在可能なスーパーアース「グリーゼ357d」が発見される(国際研究)


太陽系近くにあるハビタブルゾーンで地球型惑星を2個発見。生命体存在に期待


な、なんだってー!これまで発見された中で一番地球に似た太陽系外惑星を発見(NASA)


未知との遭遇に期待度アップ。わずか11光年先でスーパーアースを発見(ドイツ研究)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 20:12
  • ID:PgHqFOAI0 #

>地球の直径は約12,742kmで、金星の直径は約12,104kmだ。グリーゼ12bはちょうどその間くらいの大きさだ

40光年先の星のサイズをそこまで正確に観測できるんか。

2

2. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 21:20
  • ID:mvOItfrF0 #

浪漫があるなあ

3

3. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 22:12
  • ID:ATBFejBA0 #

金星と地球ですらこんなに違うんだから
赤色矮星の周りを回る星は大気剥ぎ取られて荒廃してそう

4

4. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 22:27
  • ID:4jF.vbU60 #

残念だがシールド防壁と次元航行できる航宙船が実現したら浪漫に溢れる話だ!

5

5. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 22:57
  • ID:PgHqFOAI0 #

>>3
赤色矮星はむしろ活動が大人しいから
そこまで激しく大気剥ぎ取ったりはしないんじゃ?
よほど至近距離を周る惑星でも無ければ。

6

6. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 23:09
  • ID:fLVb279y0 #

遥か彼方のお話し

7

7. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 23:50
  • ID:.6sIaYmu0 #

「わずか」とは言っても40光年だからなぁ
もし移住可能な惑星だったとしても先ずは移動手段確保しないと
精々が月まで一回こっ切りの状況ですし

8

8.

  • 2024年05月31日 02:04
  • ID:comxc1B40 #
9

9. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 02:13
  • ID:KAkfH9eg0 #

後のS-1星である

10

10. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 04:26
  • ID:M5xLNoNo0 #

地球と太陽が1.5僂竜離だとするとこのグリーゼ12bは40キロ先にあるようなイメージです。

11

11.

  • 2024年05月31日 07:45
  • ID:x.wPChaD0 #
12

12. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 09:25
  • ID:U06CJF5t0 #

人類の文明があるうちに50光日・100光日いければいいほう。
1光日ですら約259億km
一番遠いボイジャー1号が243億km(まっすぐ進んだ訳では無いが43年)

13

13. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 09:28
  • ID:.ZqFXOFe0 #

仮に電波で通信できても返事は80年後か…人生は短すぎる!

14

14. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 12:21
  • ID:9PGlQAtI0 #

近いっちゃ近いけど皮下の速さで40年だしな
実質、手の届かない星だろうよ

15

15. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 12:23
  • ID:07yvAVRv0 #

金星に似ていると言うだけで絶望感

16

16. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 13:08
  • ID:wB6cy5X90 #

今生きている人が地球外生命を目撃できるとしたら
太陽系内の天体しかないだろうなあ。
エウロパとかエンケラドゥスとか、あの辺の探査に力入れてほしい。

17

17.

  • 2024年05月31日 18:50
  • ID:kd1MgjjQ0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 19:31
  • ID:kZQEccOm0 #

>>14
でも観測は多分すごくやりやすそうな近さ

19

19. 匿名処理班

  • 2024年06月01日 05:20
  • ID:sVuugDdW0 #

>>15
やはりいるのかキングギドラ

20

20. 匿名処理班

  • 2024年06月01日 14:01
  • ID:2lJqyJA60 #

わずか40光年と言っても太陽に一番近いと言われているケンタウロス座のプロキシマ( αケンタウリ)までの距離が4.3光年だが、今の人類の科学技術のロケットのスピードでは7万年かかると言われ、40光年だと65万年もかかる事になる。ワープ航法が発見されない限りたどり着く事は不可能であろう。

21

21. 匿名処理班

  • 2024年06月02日 00:12
  • ID:qnNoIfUO0 #

>>20
今より65万年後迄に技術が進歩してる可能性。

全然進歩しなくても65万年かければ
たどり着けるって事じゃん?

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links