top
 2年間でここまで進んでいたとは... 2022年に「銃を背負った中国のロボット犬がドローンから降り立つ映像」を紹介したが、あのディストピアな世界が現実味を帯びてしまった。先日、中国の軍事部門がついに銃を装備したロボット犬の実際の映像を公開したのだ。

 海外メディアによると、これらのロボット犬は、今年行われた中国とカンボジアとの軍事演習で披露されたもので、遠隔操作はもちろん、偵察や敵の特定および攻撃もできるという。

 先端技術につきものの一面とはいえ、人間の友である犬似のロボットが、軍事活用される映像はSNSでも物議をかもし、これがロボット犬に期待されてた未来だったの?と動揺する声も上がっている。
Robot Dog Highlighted at China-Cambodia Joint Military Exercise

中国の軍事部門が武装したロボット犬を公開

 中国の軍事部門が今月、カンボジアとの共同軍事演習の際に、ライフルを装備したロボット犬を披露した。
6
 これら四足歩行のロボット犬はリモコン操作が可能で、敵情を探る偵察や監視、戦闘への参加など、多様な用途に応じるよう設計されている。

数タイプのロボット犬が演習に参加

 メディアによると、今回演習に参加したロボット犬は数タイプあったとのことで、エリアや目的ごとにそれぞれ投入されたもよう。
1
 そのうちの1種は、重さおよそ15kgのモデル。4D超広角センシングシステムを搭載し、一度の充電で最大4時間稼働する。いわば偵察向けの小型タイプらしい。
3
 目的地を設定すれば、自動でルート調整しながら到着できるだけでなく、途中にあった障害物の情報を送信するなど、リアルタイムのデータ送信が可能と見られている。
2
 また今回銃を背負っていたロボット犬は重さ50kgの大型で、建物の内部にテロリストが潜伏中という想定の模擬訓練で95式自動小銃を背負い、攻撃の先頭に立ったという。
5

人間の代わりになる新たな隊員

 こうしたロボット犬について兵士はこのように語っている。
このロボット犬は、市街地の戦闘において、人間の隊員の代わりに偵察や敵を識別し、標的を攻撃します。新たな隊員の役割を果たせるんです
 ただ現時点での利用は軍事演習のみらしく、建物内の探索や敵への攻撃に役立っているという。
7
 これまでの情報からすると、これらロボット犬はまだリモコン操作が基本のようだが、使い分けることでかなりの軍事行動を任せられるもよう。まあ実戦も当然視野に入れてるだろう。

「まさか現実になるなんて」「犬が攻撃なんて怖い」の声

 ショッキングな映像に騒然としたユーザーからはこんなコメントが寄せられた。
・まさか現実になるなんてね…
・ロボットだけで戦争するならまだ理解できるけど実際はそうじゃないよな
・保証やメンテナンスはどうなるんだ?
・ドラマの「ブラック・ミラー」がまさにこんな感じだった
・驚異的だね。でも使いかたは慎重にしないとならない
・次世代の戦争ってわけ?
・戦争のルールをもう一度定義し直す必要があるんじゃないか?
・ロボット犬が敵を攻撃するなんて怖いよ…

国際的なルール作りが急務か

 というか以前から犬型ロボットの軍事利用の情報はちらほらあった。2021年にはフランス軍がボストンダイナミクスのスポットを演習に使用したというニュースもあったし、つい先日もアメリカの海兵隊の特殊部隊がライフルを搭載した犬型ロボットの試験運用を明かしている。
8
image credit:clashreport/X
 だが、前進後退はもちろん、ジャンプしたりしゃがんだりもするロボット犬が、銃を背にして兵士にぴたりと体を寄せ、お散歩のように歩く絵面にはなんとなくやるせないものを感じてしまう。  先端技術に積極的な中国では、ロボット犬とともにAI搭載ドローンの軍事利用も推し進められている。一方日本を含む多国間条約である、特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)を結ぶ各国の間では、近年議論が活発化しているそうだ。
9
 CCWでは、人命を奪う自律型軍事ロボットのような自律型致死兵器システム(LAWS)、つまり『人間の関与なしに自律的に攻撃目標を設定することができ、致死性を有する「完全自律型兵器」を指すと言われているもの』への定義も議論中とのこと。(引用元・参考リンク:外務省HPより 令和5年5月25日付 自律型致死兵器システム(LAWS)について

 いやほんと、こんな絵面を目の当たりにすると、国際的なルール作りがますますもって急務なんじゃないかって気がするよ。

References:boingboing / youtube / ndtv / X / globaltimesなど /written by D/ edited by parumo
あわせて読みたい
背中にライフルを搭載した犬型ロボットが米海兵隊の特殊部隊で訓練中


火炎放射器搭載の犬型ロボット「サーモネーター」がついに一般販売


犬型ロボットが本物の犬と遭遇!お腹を見せて友好を示す


銃を持ったロボット犬がドローンから降り立つ。ディストピアな未来を暗示する映像が話題に


あの犬型ロボット「スポット」がフランスで軍事訓練を開始

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2024年05月30日 22:20
  • ID:N4vZ54530 #
2

2. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 22:25
  • ID:1ERFuyaR0 #

中国は同盟国じゃないから怖いけど、それを除けば個人的には長年の間、米軍が戦地に置き去りにして使い捨てにしてきた軍用犬とか軍用イルカよりは人道的だと思う
生きたイルカに兵器をつんで突撃させるよりはいい


3

3.

  • 2024年05月30日 22:34
  • ID:w6LArJSA0 #
4

4.

  • 2024年05月30日 22:43
  • ID:wForDl8Y0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2024年05月30日 22:45
  • ID:9G5tJTTG0 #

アメリカのやつは一応は、人間がリモートで引き金を引くという設定なんでしょ?
まあそれも、成り行き次第じゃどうなるかは分からないけどね。

6

6.

  • 2024年05月30日 23:09
  • ID:YrMscyqK0 #
7

7.

  • 2024年05月30日 23:11
  • ID:BzSIPJba0 #
8

8.

  • 2024年05月30日 23:53
  • ID:oOsWmBkZ0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 00:16
  • ID:Yw7W6N8r0 #

偏見でしかないけど、簡単にデータ盗まれて通信遮断やら乗っ取りやらされそう

10

10. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 00:45
  • ID:j81uMUaV0 #

ルールを守って戦争する理性があるなら戦争しなきゃいいと思うんだけど、おじさんたちの考えてることはさっぱりわかんない。電車の中で急に暴れだすような人が政治やってるみたい。
介護とか人を助ける方に技術を使って欲しいね。

11

11.

  • 2024年05月31日 00:49
  • ID:lsZZ2fBN0 #
12

12. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 01:07
  • ID:6gZxeA9l0 #

リモコン操作だから敵味方の識別は当然人か。これがAIが敵味方識別するようになったら怖いね

13

13. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 01:11
  • ID:FjaKHO.r0 #

これの派生でAIによる自立制御で敵拠点を探索〜侵入して味方へ座標を送信し、受け取った座標に航空ドローンやミサイルなどで攻撃を加えるといった、陸と空の連携戦術も目下実験中のようですよ

14

14. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 01:30
  • ID:QdINcVfF0 #

搭載する銃は95式自動歩槍だから30発入りの箱型弾倉か95発入りの円形回転式弾倉。この画像では30発入りの箱型弾倉だな。撃ち尽くしたらおしまい。おそらく市街戦での最初の突撃用だな。

15

15. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 01:39
  • ID:KAkfH9eg0 #

(どうして足部分にキャタピラーをつけないんだ…(バクゥをイメージしながら))

16

16. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 01:47
  • ID:bqgNjFNu0 #

アメリカがやってるんだから中国もやるわよね、そりゃあね

戦争の本質は陣取りゲーム。無人機は、敵に与える精神的衝撃が弱くて地域制圧への効果は低い、って話もあるから、こうした兵器の有効性はまだ未知数だったりするけれど…

ときどき、地域住民の殲滅を目指すっていう、最高に狂った目標を掲げる例が戦争にはある。
この場合、標的は味方の他全部、になるから最低限の命令で運用できるし、有用かも。

そうでなくてもロシアがやってるみたいな、低錬度の部隊の無限投入で敵を根負けさせるやり方なら、こうした機械の有効性はむしろかなり上がりそうでもある。銃火器+αの価格は、即席兵士一人分の値段より安くなりそうだし。

戦争のエスカレーション抑制のためにも規制は必要だと思うけど、人海戦術に馴染みあるロシアや中国にとっては、魅力的な戦力になりそうな気もするなあ…

17

17.

  • 2024年05月31日 04:24
  • ID:NE0So.Ct0 #
18

18.

  • 2024年05月31日 04:54
  • ID:4M77iDoC0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 07:09
  • ID:x.wPChaD0 #

大国の操縦兵は遠隔で戦闘、定時帰宅後は敵兵の死傷者の事も考える事も無く、家族と談笑ながら夕食を楽しむ。 すぐそこに来ている将来

20

20. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 07:43
  • ID:B2FHMOoq0 #

兵士=人間というのは技術力の問題に過ぎないからね。
昔は武装した人間同士でぶつかり合うしか技術的に
不可能だったからその伝統が暗黙のルールとして残っているだけ。
攻撃と侵略のコマを進めるのに兵士=人間が介在する理由はない。
戦争する状況で「非人道的」なんて言葉はギャグにしかならない。

21

21. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 08:39
  • ID:LxgqNC180 #

人民解放軍を抱えていて人口が世界で最も多い国が兵士の損耗を減らす技術に力を入れているってのもなかなか皮肉が効いているというか。彼らにだって人は財産なんだなと

22

22. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 09:08
  • ID:mclJKUrr0 #

ディビジョン2のウォーハウンド部隊や、、、

23

23.

  • 2024年05月31日 10:22
  • ID:xlgpBXff0 #
24

24. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 11:02
  • ID:b3afQdsx0 #

ロシアなんて対戦車用の自爆犬を1996年まで訓練してましたよ。割と最近。
あれよりはまだ人道的っていって良いのかな?殺傷兵器に人道もクソも無いと思うけど...

25

25. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 11:09
  • ID:JPgpbPki0 #

ワイ>>16、自己レス

中露限定な物言いをしてしまったけど、この問題は兵士不足に悩む欧米日にとっても他人事ではないかもしれない。規制は政治的な理由でキャンセルされそうな気がしてきた。つらい。

以下ついでに

>>10
おっしゃることはもっともですが、女性がこの問題の埒外にあると簡単に信じてしまえるのはなぜか、今の僕には理解できません。
おじさんもおばさんもそれなりに一生懸命考えた結果が今なので、政治ってむつかしいですよね。

>>20
戦争にルールを持ち込もうという考え方は、戦争の地獄の中から生まれた。
人類の本質に絶望し、その手足に枷をはめようとした先人たちが残した「人道性」という言葉は、なるほど、滑稽ではあるかもしれないが、ワイはそれを嗤うことはできない。
人間同士の戦いに絶対的な強者は存在し得ない以上、人道性を失えば、我々は温暖化よりも寒冷化よりも早く滅びるだろう。

26

26. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 11:57
  • ID:uXXx5Ck90 #

AI「民族が消えても当局は一切関知しない。自己責任で」

27

27. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 12:51
  • ID:CUlsnB8q0 #

>>15
ガイアガンダムには無いしな…

28

28. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 12:53
  • ID:G76.vEC60 #

機銃なんてほぼ意味がない
メインは偵察、囮、監視
何か撃てても、催涙、閃光
頑張って麻酔銃だろ

というかただの小規模兵器なのに戦場で制定するルールなんてある?

29

29. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 13:24
  • ID:x.wPChaD0 #

犬銃やがな 中国語で何とかくんやろな

30

30. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 14:24
  • ID:foD1qIfH0 #

今の段階なら、網で絡めとればいいんじゃない?

31

31. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 16:22
  • ID:.g.O97Np0 #

T-1000レベルのロボットが出てこなければ怖くないよ。T-800でも結局素人女子大生に壊されちゃったし。

32

32.

  • 2024年05月31日 18:37
  • ID:h0uFqEJD0 #
33

33. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 20:17
  • ID:cmmShXjK0 #

ポケットの付いたねこ型ロボットで応戦だ

34

34. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 20:25
  • ID:A.18.nUz0 #

敵がロボット兵に反撃する事で敵の潜伏場所の特定や部屋の突入に使うのだからあくまでもサポートで戦場に人間兵が居なくなるのでは無のよね。

35

35. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 21:24
  • ID:1t9a5V2A0 #

倫理的にどうよ?はともかく
こういうものを頑張って開発する意思の強さは認めざるを得ない

36

36. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 23:23
  • ID:k7SY7IR.0 #

いずれか将来、沖縄にも攻めてきそうな

民間人でもできる一撃必殺対策を知りたい
濃硫酸のビン投げつける?
速乾セメント(モルタル)液を噴射する?
エタノールとか有機溶媒系を染み込ませて狂わせる?
ガソリン投げつけて火つける?

僕らの7日間戦争状態、リアルではやだな
備蓄しとかないと

37

37. 匿名処理班

  • 2024年05月31日 23:40
  • ID:KGspq6S90 #

俺には第三次世界大戦でも始める気かとしか思えないけどね

38

38. 匿名処理班

  • 2024年06月01日 08:04
  • ID:i2rxDZV30 #

SF映画に出てきたAMEEも犬型だったけれど、遙かに怖かった。

39

39. 匿名処理班

  • 2024年06月01日 09:29
  • ID:ulqDicvc0 #

中国よりもはるかに兵士が少ない日本がなぜやらないのか?
危機意識が足りなすぎる

自国の兵士を危険から守るこのロボットは、歩兵部隊を危険にさらすよりは遥かによい

戦争なんだから、他国のことより自国の国民を優先するのは当然

40

40. 匿名処理班

  • 2024年06月01日 10:38
  • ID:6bN7L.Xn0 #

UOのテイマーみたいで楽しそう
AIだったら意思疎通もできるしな
日本もタチコマ作ってほしい

41

41. 匿名処理班

  • 2024年06月01日 13:43
  • ID:jVc.w2eg0 #

何年か前にアメリカがやってなかった?
屋内だろうと意識が無かろうと、あらゆる生物の中から人間だけを見つけて攻撃するドローンなんて怖い案もあるし、人間の意思が介在しない戦争は人間性を失った人間より恐ろしいことになりそう
リモート操作が主流ということは今のところ攻撃自体は容易だけど非攻撃対象の識別が課題なんだろうね

42

42. 匿名処理班

  • 2024年06月01日 20:33
  • ID:dtkQVyPm0 #

>>12
すでに敵味方の識別をAIで自動化するのはイスラエルが「ラベンダー」ってシステムでやらかしてるんだよね・・・

個別の条件はもう揃ってしまっていて、あとはそれらが組み合わされるのを待ってるだけの段階だという

43

43. 匿名処理班

  • 2024年06月01日 20:34
  • ID:dtkQVyPm0 #

>>36
現実に戦争になったらまず長距離ミサイルの飽和攻撃で都市部を壊滅させてから
僅かに生き残った生存者を歩兵とかこの犬型兵器とかが狩り立てる形になるので
残念ながら民間人にできることはほとんどありません

44

44. 匿名処理班

  • 2024年06月01日 20:35
  • ID:dtkQVyPm0 #

>>39
そもそも資源の大部分を中国含め他国からの輸入に頼ってる日本は
経済封鎖されるだけで詰むから
武装の改善とかロボットの導入とか小手先のことやったって焼け石に水なんだよ
武器で国民が守れるとか思ってる方が危機意識が足りなさすぎる

45

45.

  • 2024年06月02日 16:51
  • ID:LHYhVdhB0 #
46

46. 匿名処理班

  • 2024年06月02日 19:42
  • ID:04zQ1Rif0 #

>>43
民間人は非力だね、こわいよ。
やっぱり山奥や北部で洞窟とかに逃げ込むしかなくて、かの80年前と全く変わりありせん。むしろ悪化してないか、人類

47

47. 匿名処理班

  • 2024年06月02日 21:27
  • ID:NluFgMm10 #

あれ?これ、この前ロンドンの街中を飼い主なしで散歩してたロボ犬じゃない?

やっぱりこうなっちゃうのね…

48

48. 匿名処理班

  • 2024年06月02日 23:42
  • ID:0EHLxXZ20 #

>>15
キャタピラだと階段が登れないからだよ。

49

49. 匿名処理班

  • 2024年06月03日 09:18
  • ID:PDnJzXAW0 #

>>15
「キャタピラ」は商標登録されているから中国で使用禁止なの。

50

50. 匿名処理班

  • 2024年06月09日 08:56
  • ID:hukr8.8d0 #

>>46
いえいえ、悪意は進化しとります

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links