犬型ロボット「スポット」がフランスで軍事訓練に参加
image credit:twitter
 ロボットが戦場で活躍する未来を描いた映画やアニメは無数にあるが、それがフィクションでなくなる日は案外近いのかもしれない。

 今月2日、フランス軍が実施した軍事演習にボストンダイナミクスのスポットが使用されたというニュースが話題となっている。

 現地メディアによると、この演習は未来の戦場でのロボットの有用性の評価を意図したもので、参加したスポットは士官学生のテスト用ロボの一つだという。

 これまで自社製品の武装を否定し、スポットの武器化も禁じているボストンダイナミクスは軍事に関与するスポットをどう判断するのか。その見解も気になるところだ。
スポンサードリンク

フランス軍の演習にスポットが!課された任務は偵察?

 今月2日、フランス軍が実施した軍事演習にボストンダイナミクス社の犬型ロボットスポットが兵士と共に登場した。  演習でスポットに課された任務は偵察とみられるが、海外メディアは将来的な用途について懸念を示している。

 この光景はフランスの代表的な士官学校のサン・シール陸軍士官学校がツイッターでシェアしたもの。この演習は「将来の課題に対する学生の意識を高める」ためのもので「戦場のロボット化」はその一部だという。

軍学校のテスト用の機体。ボストンダイナミクスも使用を認識

 フランスの新聞社Ouest-Franceによると、本演習でのスポットの登用は将来の戦場におけるロボットの有用性の評価のためで、使用機体はサンシール陸軍士官学校と拠点を同じくする諸兵科連合軍学校の学生がテストに使う多数のロボットのうちの一つだった。
1_e
image credit:lignesdedefense
 この件についてボストンダイナミクスの事業開発担当バイスプレジデントであるマイケル・ペリーは、そのロボットはヨーロッパの販売業者シャークロボティクスが供給したもので、アメリカの企業はこのような特定の使用に関する通知を受けていない、と述べている。
それについては我々も皆さんと同様に学んでいます。この取り組みの正確な範囲は明確ではありません
 さらに同社は、フランス政府が軍事を含む形で自社製のロボットを使用している件は認識していると述べた。

ロボットに救われた兵士。スポットの充電切れアクシデントも

 Ouest-Franceは、2日にわたる演習中に兵士が交差点を占領する形の攻撃作戦のほか、昼と夜の防御作戦、市街戦のテストなど多くのシナリオが実行されたと報じている。

 各シナリオではまず人のみを使用し、次に人とロボットを一緒に使用することでロボットの影響を確認した。

 メディア情報によるとその結果、ロボットは作戦を遅延させたものの軍隊の安全確保に役立ったとのことで、ある兵士がこう述べていたという。
ロボット無しの市街戦の途中で私は死にました。でも最初にロボットに偵察させるシナリオでは死にませんでした
 また兵士たちは、問題の1つに充電が必要なスポットの充電池寿命を付け加え、演習中に動けなくなったスポットを運び出すはめになったと語った。
5_e
image credit:lignesdedefense
 電池が尽きればただのお荷物になり、充電時間を要する点がネックとなったスポットが実際どのような役を担っていたかは不明だが、Ouest-Franceは偵察に使用されたと推測している。

 およそ30kgのスポットは搭載カメラで遠隔操作が可能。また4本の足で他のロボットには困難な地形もナビゲートできる。その特長はこれまでも建設現場や鉱山など、多様な環境での遠隔調査に役立ってきた。

他のハイテクマシンも試験に登用。スポットは軍用ロボに?

 演習ではスポットのみならず他のマシンの試験も行われた。  エストニアの自動運搬車メーカー、ミルレムロボティクス社製の遠隔制御車両「OPTIO-X20」や、フランスの国営軍事会社Nexter製の装備運搬用ロボット「ULTRO」など陸上に特化したマシンが軍事経験をもつ学生たちが計画したシナリオに沿ってその機能を披露した。

ULTROと機関砲を備えた装軌車両OPTIO-X20
2_e
image credit:lignesdedefense
ULTROは荷物を運ぶラバにちなみロボットラバの愛称をもつ
3_e
image credit:lignesdedefense
 実戦ではないものの、スポットがこのような場に持ち込まれた現実をめぐり、あの犬型ロボットがいずれ戦場のどこかに配備されるのではないか?との声が広がるのは当然のことだ。

 ボストンダイナミクスは米軍向けロボットの開発に長らく携わってきた。しかし商業市場への移行に伴い、軍事関係から距離を置くようになったという。

 スポットはアメリカの警察の運用試験を受けてるが、ボストンダイナミクスは常に自社の製品が武装することは断じてないと強調してきた。その点についてペリーも以下のように述べている。
我々は顧客がロボットで人に危害を加えることなど決して望んでません

検討中のボストンダイナミクス。人に危害を加えるか否かが焦点

 スポットの利用規約は「危害を加えるため、または人や動物を威嚇する目的で武器または武器のように使用すること」を禁じている。

 だがこんな規約では軍も兵士の偵察を手伝うロボットはその規約に反してない、と主張できそうだ。むしろ軍事的関与の言い訳とみなす人もいるかもしれない。
4_e
image credit:lignesdedefense
 ペリーは海外メディアThe Vergeのインタビューに対し、ボストンダイナミクスはサプライヤーや顧客によるロボットの兵器化を禁ずる明確な方針を掲げていたが、軍の顧客による兵器ではない形での運用禁止については「現在検討中」と答えている。
軍隊がロボット工学を使って人を危害から遠ざける限り、その方法はテクノロジーの有効活用として非の打ち所がないものと考えます。現在議論に上がっている前方展開モデルについては、人に危害を加えるために積極的に使用してるか否かの判断が必要なため、そこをよく理解しなければなりません
 
 研究者を含むさまざまな人々からの反対や懸念をよそに、世界中の軍隊が戦場にロボットを押し出している。
1
image credit:lignesdedefense
 近年最も重要な展開は遠隔操作ができるドローンの投入だが、今は偵察用やパトロール用ロボットの試験も進んでいる。

 The Vergeによると、現在米軍は固定監視カメラの代替品として、ボストンダイナミクスのライバル企業のゴーストロボティクスが開発した四足歩行ロボットの試験を行っているという。 ロボットが移動式の監視カメラとして十分に使えるとなれば戦場に導入される日も近そうだ。
 
 てことでこのままだとロボット同士が戦う未来も絵空事ではないのかも。昔ときめいたSFの世界が現実味を帯びるなんてあの頃は考えもしなかったけどな。

References:theverge / lignesdedefenseなど /written by D/ edited by parumo
あわせて読みたい
犬型ロボット「スポット」をリードで繋いで散歩する女性が職質される事案(アメリカ)

犬型ロボット「スポット」がチェルノブイリで運用テスト開始、放射線量の高い立ち入り禁止区域を調査

犬っぽいけど犬じゃない!偶然ばったり犬型ロボット「スポット」に遭遇した人の反応

アルゴリズムによる死。キラーロボットの出現は思う以上に速いのかもしれない

殺人ロボットの開発は来てるところまで来ている。もはや制御不能(米研究)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
5446 points
これと交換してください。女性からナッツをもらうために毎回必ず木の殻を持ってくるリス

これと交換してください。女性からナッツをもらうために毎回必ず木の殻を持ってくるリス

2021年5月9日
7714619452
2位
5069 points
ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

2021年5月3日
3位
4473 points
野生のロバが砂漠に穴を掘り、野生生物たちに水を与えていたことが判明(オーストラリア)

野生のロバが砂漠に穴を掘り、野生生物たちに水を与えていたことが判明(オーストラリア)

2021年5月5日
4523987331
4位
4339 points
これは甘い放送事故。アイルランド大統領が記者会見中、愛犬が手を甘噛みしまくっている件

これは甘い放送事故。アイルランド大統領が記者会見中、愛犬が手を甘噛みしまくっている件

2021年5月6日
3813927526
5位
2033 points
南アフリカで現金輸送車襲撃事件が発生。見事なドライビングテクニックで弾丸をかわしながらの脱出するまでの衝撃映像

南アフリカで現金輸送車襲撃事件が発生。見事なドライビングテクニックで弾丸をかわしながらの脱出するまでの衝撃映像

2021年5月4日
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 14:43
  • ID:EqCJusZu0 #

軍の犬め!

2

2. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 14:43
  • ID:zpyLucn40 #

迷彩柄や軍用塗装のスポットも見てみたい!

3

3. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 14:53
  • ID:x8mHC4rV0 #

10年くらい前から開発中のビッグドック?とかワイルドキャット?はどうなの?
従軍して荷物運ぶのはスポットに置き換わるんだろうか?

4

4. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 14:54
  • ID:XCODoVwe0 #

規制するにしても一度実戦投入してからのほうが
じゃないとつまらないだろ
禁止されるにしても実際に使われたっていう歴史が欲しい

5

5. yakisobang

  • 2021年04月19日 15:10
  • ID:AzVsgQj50 #

軍事用ということなので、ザクの肩についている盾的なものの装着を一瞬期待したがいつものワンワンロボでしょぼーん(´・ω・`)

6

6. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 15:11
  • ID:VQztjbPU0 #

ドアや壁の爆破には使えそうだけど、問題は作動音か

7

7. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 15:14
  • ID:VPT12Zwk0 #

スポット「犬死にはしない!」

8

8.

  • 2021年04月19日 15:29
  • ID:6RXURoTV0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 15:32
  • ID:ffl44V7D0 #

戦場であんなのが迫ってきて攻撃してきたらたまらんな

10

10. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 15:34
  • ID:.2woPPEj0 #

>>3
その辺の技術の集大成がスポット
ビッグドッグは一度米軍スポンサー時代に演習に参加してるけど
音がうるさすぎるってことで米軍からの評価は散々だった模様

11

11. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 15:48
  • ID:fhZEK9.D0 #

アシモフはかせ「ばっかもーん ! ! 」

12

12. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 15:49
  • ID:I58SjQZo0 #

フランス軍は人間改良の話もニューズになっていなかった?
ハイテク(?)、好きなのかしら??

13

13. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 16:10
  • ID:r207NVJI0 #

こいつに4発入りロケットランチャー×2とLMG2丁くっつけようぜ!

14

14. ほえほえ

  • 2021年04月19日 16:25
  • ID:McQo4Py00 #

ちなみに自動運転の軍用車のコンペも毎年やってるからそのうち無人車で機関銃を撃ちまくるのが出るだろうな。

15

15. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 16:55
  • ID:xtuIizTr0 #

ゴ○ゴ13「背後に回って転がせ」

16

16. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 18:04
  • ID:DJOg223k0 #

以前動画で見て、
とにかく動きがキモかったという印象しかない

17

17. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 18:05
  • ID:4ubDyIo50 #

有脚戦闘車は荒唐無稽でもないってことか
飛行ドローンと組み合わせて合体分離とか夢も広がる

18

18. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 19:10
  • ID:lanmmsGt0 #

映画だと「人間を殺してはいけない」というリミットがないロボットが反逆するな

19

19. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 19:30
  • ID:uIPqeW8r0 #

中華人民共和国の中国共産党人民解放軍もやってたよな

20

20. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 19:32
  • ID:bwLZYRHw0 #

兵士より安価なリスクで先行偵察できる存在ってだけで十分利用価値あるもんなぁ

21

21. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 20:26
  • ID:3rnvSPVl0 #

>現在米軍は固定監視カメラの代替品として、ボストンダイナミクスのライバル企業のゴーストロボティクスが開発した四足歩行ロボットの試験を行っているという
あのフェンスとかよじ登れるキモカワロボットの会社か

22

22. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 21:16
  • ID:uIPqeW8r0 #

戦場を見渡せる位置で監視していた、向こうから定期的にギアが回転するモーター音が聞こえてきた、人の気配はなく、モーター音だけだ。
その音は徐々に大きくなり、監視活動している相方は手を震わせながら擲弾筒を構えた
その時、ふとモーター音が聞こえなくなった
ハッと気づいて俺は咄嗟に相方を倒すと直ぐにしゃがみこんだ、その瞬間、ブフブブッと鈍い音と同時に壁一面が粉々に砕け飛んだ、23mm弾の集中砲火だ、転んだ拍子に上空を見ると音もなく飛んでいるドローンが!、ああ、母さん、俺はもう帰れないや、ごめん、帰れなくて

23

23. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 21:21
  • ID:uIPqeW8r0 #

>>12
いや、ハイテクはどこの国もやってる
報道陣への情報公開と報道側の報道の仕方だよ
まさかと思うけど、アメリカ、イギリス、ロシア、中華人民共和国の世界での武器輸出大国が指を咥えて羨望の眼差しで見てるだけーとか思ってる?

24

24. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 21:27
  • ID:uIPqeW8r0 #

>>20
しかも、訓練が必要ない

そのへんの若いガキが兵士になる過程は、軍服や戦闘服を着せれば終わりじゃない。
新兵訓練他の時間が必要になる。
だけどロボットの場合、まさに梱包を解いて電源を入れセットアップを済ませれば、そのまま戦場へ行ける、これは大きい

25

25. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 22:03
  • ID:wKponcVM0 #

最近はブラックホーネットっていう手のひらサイズのヘリコプタードローンが急ピッチで軍に採用されてるみたいね
偵察任務はこういうタイプが主流になる気がする
すると、この犬型ロボットはドローンが使えない悪天候時だとか、ドローンで入れない閉所とかに使われる感じなのかな?

26

26. 匿名処理班

  • 2021年04月19日 22:09
  • ID:XC7V6lq30 #

スポットとドローンがいれば、兵士の命を犠牲にする事なく接近が可能。

硝煙たなびく瓦礫の街を徘徊する、何機ものスポットとドローン……

27

27. 匿名処理班

  • 2021年04月20日 00:46
  • ID:XkNqNfYK0 #

作動音で隠密行動は今は無理だろうけど武装させた数十機を降下させてドローン含め全機連携取りつつエリア殲滅目的出来たら十分な戦力になりそう。

28

28. 匿名処理班

  • 2021年04月20日 01:58
  • ID:D.nB.YCa0 #

原発の廃炉に使えないかな。

29

29. 匿名処理班

  • 2021年04月20日 07:44
  • ID:UtzmC1MJ0 #

両手で操縦しなきゃいけないから武器持てなくて、スポットの近くをついていかなきゃならない(写真でもスポットのすぐ後ろを走っている)のがね。あのコントローラーサイズでは銃器のレールにくっつけるわけにもいくまい…ロマンっちゃロマンですが。
ハンドラーの護衛にひとり割り振らなきゃならないでしょうから、それもスポット(スポットミニ)の場合は課題でしょうか。
今回のはたたき台としての試用でしょうけれどボストンダイナミクスとしては渋い顔でしょう。イリーガルやミリタリー使用の感知で自己killできるAIが組み込まれそう。

30

30. 匿名処理班

  • 2021年04月20日 10:10
  • ID:S230GrJH0 #

小型EMP兵器の実用化が望まれます。

31

31. 匿名処理班

  • 2021年04月21日 02:40
  • ID:cHosxfrY0 #

後のLQ-84iである

32

32. 匿名処理班

  • 2021年04月22日 02:12
  • ID:wgesYpWr0 #

軍用として散々開発費用をもらっておきながら何を今更

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク