パプアニューギニア人にデニソワ人から受け継いだ変異遺伝子を発見
 パプアニューギニアの人たちは、同じ民族でありながら高地と低地に分かれて住んでいたため、何千年も遺伝的に分離されてきた。

 マラリアなどの感染症と闘うのに役立つ遺伝子をもつ低地人、低酸素症を軽減するのに役立つ遺伝子を持つ高地人とに分かれているのだ。

 その遺伝子のいくつかは、絶滅したデニソワ人が持っていたものだという。

パプアニューギニア人に受け継がれたデニソワ人の遺伝子

 南太平洋にあるパプアニューギニアは、元々あったパプアとニューギニアが合併してできた国である。パプアニューギニアには多様な環境があり、そこに住む人々に異なる適応性を身に着けた。

 「パプアニューギニアの人々は、5万年以上前にアフリカからこの島国に定住してきましたが、遺伝的にとてもユニークな民族なのです」と語るのはフランス国立科学研究センター(CNRS)の生物人類学者のフランソワ=ザビエル・リコー氏だ。

 パプアニューギニアは山岳地帯が多く、高地では酸素の少ない過酷な生活を強いられる。

 一方、低地ではマラリアなどの病原体がはびこり、40%が感染症で亡くなる。住民たちは高地と低地で大きく異なる環境に適応するため、それぞれ異なる突然変異を起こして進化してきた。

 彼らはもっと古くから何万年もアジアに住んでいたデニソワ人と交雑した。その結果、パプアニューギニア人のゲノム中には最大5%のデニソワ人のDNAがあるのだという。
1
photo by iStock

住む環境に応じて異なる遺伝子の突然変異

 新たな研究では、海抜2300〜2700メートルのウィルヘルム山に住む54人と、海抜100メートル未満のダル島に住む74人のゲノムを分析した

 すると、デニソワ人から受け継がれたと思われる低地人の突然変異が、血中の免疫細胞の数を増やしていることがわかった。

 一方、高地人には低酸素症の軽減に役立つ赤血球の数を増加させる突然変異が起こった。こうした突然変異現象は、ほかの高地環境に住む人たちにも起こっていて、珍しいことではない。

 デニソワ人の遺伝子変異体が、マラリアを引き起こす寄生虫など、低地でのみ見られる病原体と闘うのを助けるGBP2というタンパク質の機能に影響を与えている可能性がある。

 これら遺伝子は、病原体がはびこる低地で人々が感染症と闘うのを助けるために、進化の過程で選択された可能性があるという。
5
photo by iStock

 今後、こうした突然変異がパプアニューギニアの人たちの血液にどのような変化をもたらすのか、明らかにしていきたいという。

 そのためには、これら変異が見つかった遺伝子の活性にどのような影響を与えるかを調べる必要があるそうだ。

 この研究は『Nature Communications』(2024年4月30日付)に掲載された。

References:Papua New Guineans, genetically isolated for 50,000 years, carry Denisovan genes that help their immune system, study suggests | Live Science / written by konohazuku / edited by / parumo / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
ネアンデルタール人とデニソワ人。ふたつの違う古代人類から生まれた子供の骨が発見される


高地で生きるチベット人は、絶滅した人類から”サバイバル遺伝子”を受け継いでいる可能性(米研究)


イヌイットが氷河期を生き残った理由は、デニソワ人の遺伝子が受け継がれていたという研究結果


南米でネアンデルタール人とデニソワ人のDNAを発見。大陸最古の人類の遺伝的祖先が明らかに


チベットの洞窟から発見されたデニソワ人のDNAがアジア初期の人類の歴史を変えるかもしれない

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年05月16日 22:37
  • ID:HmcdQLsZ0 #

えぇ!?パプアニューギニアってパプアとニューギニアなの!?そんなオムライス焼きそばみたいな安直な感じなの!?!?オムそばみたいにパプギニアあたりで落ち着く案はなかったの?????(???)

2

2. 匿名処理班

  • 2024年05月16日 22:37
  • ID:VszqYRIf0 #

この類の記事を読むと毎回思うんだ
自分が興味のある分野に、おめー狂ってんのかくらいのめり込める世界ってすごく憧れだなあって
僕の脳みそが学に秀でていたら研究者を志望してた
羨ましいぞ研究者!
いろんなことを解き明かしてくれ!楽しみにしてる!

3

3. 匿名処理班

  • 2024年05月17日 00:43
  • ID:bcPgoKMQ0 #

>>1
ボスニアヘルツェゴビナとかセルビアモンテネグロとかわりとそのままくっついてる名前ありますね。そしてそのまま分割したりも。

4

4. 匿名処理班

  • 2024年05月17日 00:55
  • ID:aEN6Gph00 #

>>1
チェコスロバキアはチェコとスロバキアに分かれたね

5

5. 匿名処理班

  • 2024年05月17日 07:06
  • ID:wyawjCj10 #

ニューギニア高地の人って、サツマイモ主食でも筋肉を維持できるような腸内細菌を持っているらしいな。
研究者が現地に行って同じ食生活を送るとタンパク質不足でおかしくなるとか。

6

6. 匿名処理班

  • 2024年05月17日 07:14
  • ID:ljnwwkBG0 #

ワシもそうかなぁ、子供の頃からソワソワと落ち着きがないと言われておった。

7

7. 匿名処理班

  • 2024年05月17日 08:27
  • ID:uW8Ji9xo0 #

突然変異種が環境に適応しやすいから結果として残るのか
環境が突然変異を引き起こすのか

8

8. 匿名処理班

  • 2024年05月17日 09:36
  • ID:sOQ9W9uz0 #

>>1
東京と大阪を合併するとして、単なる東坂になるのはいやだから両方残したとか、原地的ななんらか理由あるのかもね

9

9. 匿名処理班

  • 2024年05月17日 09:39
  • ID:sOQ9W9uz0 #

>>1
東京と大阪を合併するとして、単なる東坂になるのはいやだから両方残したとか、原地的ななんらか理由あるのかもね

>>5
戦時中に現地の低地人と仲良く共同生活していた水木しげるの著者にも、タロ芋ばっかり食わされて困った(しかもめちゃまずい)とあったね笑 現地人は筋骨隆々なのすごいね

10

10.

  • 2024年05月17日 10:16
  • ID:19..uG.10 #
11

11. 匿名処理班

  • 2024年05月17日 10:23
  • ID:VJGjQZ4p0 #

>>1
こういう思考回路は日本的な文化背景に基づいているってのも学問の一つになる

>>7
双方。近年では遺伝と環境の相互作用としる考えが主流なので
この話だと単に耐性を持つ個体が子孫を多く残せた結果
その遺伝子を継承する人達が多くなっただけの話かと

あと「突然変異」という単語は遺伝継承の話だと気軽に使える単語ではないかなと
大体において間違えて使用される事が多いので…

12

12. 匿名処理班

  • 2024年05月17日 11:26
  • ID:DJujkSZj0 #

以前、日本のTVがこの国を取材してるのを観たけど
高地と低地、それぞれのガイドを雇っていて、その二人がまったく反りが合わない
最初、飯とか観光では低地人が役立つけど、高地人は全く…
後半、密林に行くと高地人が通訳として活躍、彼がもう一人高地人を勧誘して取材が続けられる

といった感じだった

13

13.

  • 2024年05月17日 11:49
  • ID:IubwA53q0 #
14

14. 匿名処理班

  • 2024年05月18日 07:29
  • ID:tMgLqOP10 #

>>7
アンデス高地では純白人の新生児は酸素分圧が低すぎて保育器導入以前は生存できなかった(胎児は母親が個体適応した増量赤血球のおかげで発育できる)から現在のペルーでは混血のメスティーソが多数派になったとか

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links