顔認証でターゲットを追跡して逃さないAIドローンを開発
 このドローンに狙われたら否応なく地獄のサバイバルゲームに巻き込まれることとなる。顔認証技術でターゲットに指定されると、上空から忍び寄り、気が付いた時にはさっくりと暗殺されてしまうのだから。

 そんな凄腕のアサシンのようなAIドローンが、あるエンジニアによってわずか数時間で開発された。

 その人物は、このような恐ろしいドローンでも、専門知識があれば簡単に作れてしまうという事実を伝えるために実験的に作り、この脅威を未然に防ぐ対策が社会でほぼなされていないことに警告を鳴らしている。

狙った人物を追跡し暗殺可能なドローンを数時間で開発

 起業家でエンジニアのルイス・ウェヌス氏は、あくまでも実験(お遊び)とした上で、特定の人を追跡する人工知能(AI)を小型ドローンに組み込んだと、3月2日にX(旧ツイッター)に投稿した。

 それはおもちゃのように小さなドローンだが、ちょっと手を加えれば、簡単に爆発物を搭載できることができる。

 そこでウェヌス氏は、やはりエンジニアであるロバート・ルコスコ氏と協力し、ドローンに物体検出モデルや顔認証モデルを組み込み、10m以内にいる特定の人物を見つけ、その人に接近できるようにした。

 つまりは、その気になれば、このドローンで特定の人物や標的を攻撃できるということだ。しかも、開発にかかったのはほんの数時間だけだ。
文字通り、ほんの数時間で組み立てた。その恐ろしさにびびったよ

これに少量の爆薬を抱えさせて、100機飛び回らせることだってわけない。イベントや公共の場では爆弾や銃がチェックされるが、ドローンについては何も対策されていない(ウェヌス氏)
1

オープンソース主義だがこのコードは公表しない

 ウェヌス氏は「オープンソース絶対主義者」を自称しており、コードやソフトウェアをオープンソースで共有することを信条としている。

 また「技術的加速主義者」も自認する。これは、例えデメリットがあったとしても、メリットはそれを必ず上回るため、AI研究を進めるべきだという考え方だ。

 そんな彼でも今回のAIドローンに関連するコードは、一切公開するつもりがないという。

危険なAIドローン対策が早急に必要

 ウェヌス氏は、近い将来、この類の技術でテロ攻撃が行われる恐れがあると警鐘を鳴らしている。

 実際のところ、こうしたシステムを開発するには、専門的な知識が必要だ。それでもAIがプログラミングを補助してくれるおかげで、そのハードルはどんどん下がっていると指摘する。

 ウェヌス氏の実験は、公共の場に集まる人々を危険なドローンから守るため、社会は早急に対策を練る必要があることを示している。

 鳥やドローンのレーダーシステムを開発するRobin Radar社によれば、ただ公共の場を飛行するドローンを検出するだけなら、カメラ・音響センサー・レーダーなどを利用すればいいという。

 だが実際にドローンの飛行を防ぐには、電波ジャマー・GPSスプーファー・ネットガン・高エネルギーレーザーといった民間ではあまり一般的ではないシステムが必要になる。

 ドローンが兵器として優秀であることなら、ロシア・ウクライナ戦争など、すでに実際に戦場で証明されている。

 それが、なんの備えもない私たちの生活の場で使われたら? その恐ろしさはすぐに想像できるはずだ。

References:AI drone that could hunt and kill people built in just hours by scientist 'for a game' | Live Science / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
人間は1人で何機のドローンをコントロールできるのか?100機以上を指揮できることが判明


AIドローンがシミュレーション実験で人間の操縦者を殺害した疑惑が浮上、米空軍はこれを否定


AIが操縦する自律型ドローンが人間のチャンピオンが操縦するドローンに勝利


AIドローンがシミュレーション実験で人間の操縦者を殺害した疑惑が浮上、米空軍はこれを否定


史上初、リビア内戦で自爆ドローンが対人攻撃をした可能性が高いと国連が発表

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年03月12日 20:38
  • ID:2fAsOjLG0 #

狙われるのは知名度のある人間ばかりだから

権力者や犯罪者、技術者などが狙われて権力の空白期間が訪れるかもしれない

それはある意味では革命的なことだが

2

2. 匿名処理班

  • 2024年03月12日 20:47
  • ID:hlWsLoVc0 #

いずれ簡単に民間でもある程度のお金を積めば利用できるようになるのかと思うとゾッとする

3

3. 匿名処理班

  • 2024年03月12日 20:53
  • ID:HJ8j1POk0 #

政治家のポスターに突撃しそう

4

4. 匿名処理班

  • 2024年03月12日 21:20
  • ID:oGmPQ6VE0 #

この開発者そのうち鉄仮面かぶってラフレシアに乗って
ガンダムF91と戦うんじゃね。

5

5. 匿名処理班

  • 2024年03月12日 21:30
  • ID:dXbYMcVr0 #

ジャイアンを暗殺しようとしたら顔をハチに刺されて自分の顔がジャイアンそっくりになるヤツだ

6

6. 匿名処理班

  • 2024年03月12日 22:09
  • ID:nLcP6rCf0 #

>>2
それを受けて
攻撃ドローンから守ってくれる警備ドローンの民間サービスが登場するかも?

7

7. 匿名処理班

  • 2024年03月12日 22:33
  • ID:ilEuNctA0 #

未来警察、というマイナーなSF映画で似たアイディアがあったね。アサルトライフルぐらいの銃から打ち出す小型ミサイルで、ターゲットの人間の赤外線パターンを記憶していて追いかけてくる設定だった。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年03月12日 22:53
  • ID:lxhINz.T0 #

銃だと反動とかどうなんだろうか? 武器をボーガンタイプとかにした方が反動や命中率が変わりそうな気がする

9

9.

  • 2024年03月12日 23:18
  • ID:MQcnDUwt0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2024年03月12日 23:26
  • ID:8x3Rh0lj0 #

コード非公開は良い判断だと思うけど作れた事実を公表したら買い手が現れるだろうな
この人自身が応じなかったとしても作れると判れば挑戦する技術者も現れる
世に放たれたのと余り変わらない結果に成りそう

11

11. 匿名処理班

  • 2024年03月12日 23:40
  • ID:6L4UXG.d0 #

ガバガバ認証で無関係な人を狙う未来しかみえない

12

12. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 00:03
  • ID:BCQP7VYV0 #

>>1
金がなければ使う事も出来ないから、むしろ権力者側が気に入らない奴を暗殺するのに使うのでは?
ドローン自体がありふれた物でありそれを作ったのが誰か特定するのも困難になれば殺害の罪自体を他の誰かに押し付けて一石二鳥も狙えるぞ

13

13. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 00:12
  • ID:ZbTORH6U0 #

これに加えてバッテリーの技術革新で航続距離伸びたら本当に手がつけられなくなるね
国境越しに犯行が可能
あとハエサイズのドローンの全身に毒薬塗って、標的のコーヒカップに落とすとか

14

14. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 00:42
  • ID:jMjumJWX0 #

なんだか殺伐としてきたな。
むかし、戦場カメラマンだったかが「なぜ人が人を殺してはいけないか?」の問いに「絶滅してしまうから」と答えたのが忘れられない。
どんなに「いい人」でも妬まれたり逆恨みされたりで殺されちゃう。今のネット情勢とかみてると殺される人よりも殺す人に問題があるようで怖い。

15

15. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 01:14
  • ID:20Rs9x8g0 #

>>8
サイガ社製のMK-107に代表されるような発射と同時にカウンターウェイトを前方に振り出す事で反動を相殺する「バランスド・アクション」機構を採用した無反動銃というものがあります

16

16. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 05:09
  • ID:dEvbBH010 #

少し前に写真からネット上にある自分の画像を検索してくれるサイトみたいなのが紹介されてて、サーチしたら全くの他人が出てきたという人も多かったはず
現在のAIの人間の認識能力がその程度であるならば謝って他人を殺してしまうというケースも相当な確率で発生すると思う
暗殺なんかする側はターゲットさえ殺せれば他が何人死んでも構わないのだろうけど、殺される側はたまったものではないよね

17

17. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 05:57
  • ID:Qxqs7YiQ0 #

数時間で正確性の検証ができるわけがないので、おそらく政治的暗殺などターゲットの取り違えが許されないような場面で使われることはなく、使うとしたらもっぱら誰が死んでもかまわないテロリストになるんじゃないだろうか。

18

18. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 06:43
  • ID:tQCVK9DZ0 #

核開発みたい。
今回の開発者のように皆思い留まればいいのにね。

19

19. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 07:40
  • ID:uuhZCSam0 #

まんじゅうにて、あ・ん・さ・つ

20

20. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 07:53
  • ID:Eamxad.Z0 #

大したことはない

追跡システムとカメラ認識システムのサブセットがあれば、その専門家ならだれでも簡単に開発できそう

21

21.

  • 2024年03月13日 09:01
  • ID:eu1N4NtP0 #
22

22.

  • 2024年03月13日 11:07
  • ID:EpcQwsNz0 #
23

23. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 12:16
  • ID:GAxpz2ot0 #

顔認証を防ぐために隈取メイクが流行る未来・・・

24

24. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 14:04
  • ID:cYIP.HXn0 #

これをロシアに放ったら、首謀者がいなくなれば戦争終わるかな?
早く戦争終わってほしい

25

25. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 15:22
  • ID:EpcQwsNz0 #

>>20
俺もそう思う。顔認証なんて10年以上まえから日本でもソフトで売られてる。それも高精度のが。

26

26. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 19:37
  • ID:C5AbrCFm0 #

次はいかに暗殺ドローンに殺されないよう備えるかという技術や手法の開発研究が盛んになるだろう
対暗殺ドローン用の調査・迎撃・ジャミングのためね機器やシステム、暗殺ドローン用の武器などの技術開発が盛んになるだろうし
暗殺ドローンに対処するためのノウハウの研究もされるはず

27

27. 匿名処理班

  • 2024年03月13日 21:27
  • ID:aCCeZSAz0 #

>>26
現状そういう対抗技術を研究・開発する社会的意欲が低いってのがこの開発者の問題視していることでは
ドローンの危険性がまだ十分に認知されていないから対抗技術の開発にも大幅な遅れが生じてる

もちろん今後、何か大きな事件が起こればそういう状況も変わるかもしれないが、
真に問題なのは各国で社会不安が増大してる現状でその「何か」が起こったら取り返しのつかない社会秩序の崩壊にも繋がりかねないって事
それこそドローンへの対抗ノウハウの研究なんか悠長にやってられない事態にもなりかねない

28

28. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 00:15
  • ID:NCrqUwfM0 #

混雑したイベント会場などでの迷子探し、災害時の人探しで活躍しそう。

29

29. 匿名処理班

  • 2024年03月14日 10:58
  • ID:Bdn.AdNk0 #

ドローンは平和目的に利用されるはずだったのに今や戦争では欠かせない存在に
人間は愚かな生き物である

30

30.

  • 2024年03月14日 17:28
  • ID:7GI03MY.0 #
お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links