1
アマゾンでの撮影中に偶然発見されたオオアナコンダは、じつは新種であることが判明したそうだ。

 新種の「キタオオアナコンダ(Eunectes akayima)」は、すでに知られていたオオアナコンダによく似ているが、遺伝的にはヒトとチンパンジー以上に違う別個の種だ。

 発見された種は、全長6.3mほど。だが先住民たちによれば、全長7.5m、体重500kgの個体が目撃されたこともある大蛇中の大蛇だ。

オオアナコンダは2種存在した

 電光石火のスピードで獲物に巻きついて窒息させ、丸呑みにする。そんな大蛇の象徴のような存在であるアナコンダの中でも、最大の種が「オオアナコンダ(Eunectes murinus)」だ。

 アミメニシキヘビに並び、世界最大のヘビであるオオアナコンダは、全長7m、体重250kgにも達する大蛇の中の大蛇である。

 陸上のヘビだが、水がある環境によく適応しており、アマゾン川・オリノコ川・エセキボ川など、南米の河川や湿地帯に身を潜めては、何も知らない獲物が近寄ってくるのを待っている。

 今回、そのオオアナコンダの遺伝子を調べたところ、すでに知られていた種とは完全に別の新種がいることが明らかになり、『Diversity』(2024年2月16日付)に報告された。
3
 新種の学名は「Eunectes akayima」と名付けられた。

 この新種の生息域が北寄りであることから、研究チームは「キタオオアナコンダ(Northern Green Anaconda)」とも呼んでいる。

 すでに知られていた”ミナミ”オオアナコンダ(Southern Green Anaconda)とキタオオアナコンダは、見た目こそよくに似ているが、1000万年前に枝分かれしており、遺伝的な違いは5.5%にもなる。

 ヒトとチンパンジーの違いが2%であることを考えれば、両者がどれほど違うかわかるだろう。
4

撮影中に偶然発見

 なおキタオオアナコンダは、ウィル・スミスが出演するナショナル・ジオグラフィックの『Pole to Pole』シリーズの撮影中に偶然発見された。

 このエピソードでは、アマゾンの川をカヌーで漕いでいる時に遭遇したキタオオアナコンダ数匹が記録されている。

 「私たちが遭遇したメスのキタオオアナコンダは、体長6.3メートルという驚異的な大きさでした」(クイーンズランド大学 ブライアン・フライ博士)
 だが先住民たちの話によると、長さ7.5mを超え、重さ500kgはあるだろうというキタオオアナコンダが目撃されたこともあるのだとか。

 この新種の発見は、頂点捕食者として生態系のバランスを保ってくれるアナコンダを保護するうえでとても大切なことだという。

  アナコンダの個体数が健全であるということは、その生態系には豊富なエサがあり、水もキレイということだ。その逆に、アナコンダが少なくなっているのなら、生息環境に問題があるということになる。

 だから、どの種のアナコンダが、どれだけいるのか把握するのはとても大切なことなのだそう。

 だが残念なことに、アナコンダを取り巻く環境は、農業による土地の細分化・森林火災・干ばつ、気候変動、さらには石油採掘による重金属汚染などによって、悪化の一途をたどっている。

References:Scientists shocked to discover new species of green anaconda, the world’s biggest snake / 26ft-long anaconda discovered in Amazon rainforest is the biggest snake species in the world | The Independent / written by hiroching / edited by / parumo

追記(2024/02/24)1000年前を1000万年前に訂正して再送します。
あわせて読みたい
世界最大級?重機で吊り上げられた超巨大なヘビ ※ヘビ出演中)


川岸から川岸まで届くレベル!体長10メートル以上と思われる巨大アナコンダ(ブラジル)


巨大アナコンダと格闘する漁師【ヘビ出演中】


排水溝の中にはアナコンダがぎゅうぎゅうに詰まっていた!(蛇出演中)


長すぎかよ!世界記録を更新か?全長8メートルの巨大ニシキヘビが捕獲される(マレーシア)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 20:13
  • ID:ZluF.NuU0 #

半ズボンにワイシャツでアマゾンに潜っている人間の方に目が行ってしまう

2

2. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 20:23
  • ID:e5QjzBrq0 #

>1000年前に枝分かれしており、遺伝的な違いは5.5%にもなる。

たった千年でそこまで進化に差が出るものなのか?
100万年とか1000万年の間違いと違う?

3

3. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 20:56
  • ID:5UGdORA90 #

>>2
We also identified the period in time where the green anaconda diverged into two species: almost 10 million years ago.

まさしく

4

4. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 21:06
  • ID:FiX8aJEY0 #

すごい神秘的だなぁ。彼らも一生懸命生きている。住処が汚染されても何もできずただ静かに耐えるしかない。アナコンダも安心して住める綺麗な環境維持が必要ですね。

5

5. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 21:23
  • ID:0uFKUsXZ0 #

よく並んで泳げるな…もし蛇の気が変わってガバっと来たらとか考えると絶対無理だ…
まぁそもそもアマゾン川で泳ぐって行為自体に恐怖を感じるけど
場所によっては危険のないとこもあるんだろうが

6

6. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 21:37
  • ID:aHJhJOqI0 #

雑コラみたいなのにコラじゃないのが面白いな。
鱗がボロボロでかっこいい。捕食されそうで見てて少し怖いけど。

7

7. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 21:40
  • ID:66GmSeGM0 #

なんでそんなに近づいて撮影できるのか・・・すごい勇気だ
ぱっとみ人くらい巻き殺されそう

8

8. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 21:56
  • ID:YhF7VQFh0 #

見た目ほとんど同じっぽいけど交雑種とかいるんだろうか

9

9. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 22:14
  • ID:ZqPFczW10 #

でっか これもうシーサーペントでしょ

10

10. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 22:28
  • ID:BfrpSdOI0 #

脱皮前とかで食欲がないんだろうか

11

11. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 23:17
  • ID:xRrS24D00 #

>>1
この番組見てないからなんでだろ?って考えたけど
アマゾン川だから着衣水泳なんかな
ピラニアとか、あとなんだっけ?息子スティックに
齧りつくんだか入り込むんだかするやついたよね?

12

12. 匿名処理班

  • 2024年02月25日 00:23
  • ID:0Z9LoBbc0 #

>>11
カンディルやね

13

13. 匿名処理班

  • 2024年02月25日 01:54
  • ID:63CKhjqk0 #

>>5
観光で行ったけど、泳げたよ。
泳いで良いって知らなかったので、ボートに水着を持って行ってなくて、泳げなかったのが残念だったけど。
とにかく広いので、そこら中が危険生物でいっぱいな訳じゃないよ。

14

14. 匿名処理班

  • 2024年02月25日 05:47
  • ID:cGb7ejK40 #

これと戦う巨大マングースはいますか?

15

15. 匿名処理班

  • 2024年02月25日 06:56
  • ID:B.iI9EJv0 #

>>12
それだ!

16

16. 匿名処理班

  • 2024年02月25日 09:20
  • ID:GlKZYiYj0 #

水中で大きな生き物見たら例え無害でも怖いよね

17

17. 匿名処理班

  • 2024年02月25日 09:53
  • ID:ssx9KXVp0 #

食料としてコオロギより有望だと思うけどな

18

18.

  • 2024年02月25日 10:04
  • ID:cQzgkTvY0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2024年02月25日 11:04
  • ID:EiWNRklG0 #

新種じゃ

20

20. 匿名処理班

  • 2024年02月25日 13:34
  • ID:shpRKStY0 #

>>8
5.5% も遺伝情報が違うなら、問題ないんじゃない? 2% 違いのチンパンジーと人間は交雑しないでしょ、きっと、たぶん、おそらく……試したことないけど

21

21. 匿名処理班

  • 2024年02月25日 13:53
  • ID:gOs.Hy7U0 #

>>5
地元民、普通に泳いでますね。大人も子供も服のままチャポンと入ってました。

22

22. 匿名処理班

  • 2024年02月25日 16:05
  • ID:Yj1IlSbB0 #

>>13
なるほどね。
TVで見るので危険なイメージあるけど、そこだけをフォーカスしてるからであって、広いアマゾンどこもかしこも大ワニ大ヘビうようよの、弱肉強食密林ジャングルってわけじゃないのか。

23

23. 匿名処理班

  • 2024年02月25日 20:04
  • ID:ZRhexUNW0 #

>>8
交尾さえできれば交配種は生まれるだろうけど、それがさらに子を産めるかというと試してみないと分からない。
DNAの違いが5%といっても、南北の亜種の両極端であってグレーっぽい個体はいるんじゃないかな。

24

24. 匿名処理班

  • 2024年02月25日 20:40
  • ID:k1fuR.zM0 #

>>23
これは亜種ではなく完全に別種だよ。
「ヒトに近いチンパンジーの個体」とか
「チンパンジーに近いヒトの個体」が居ないように、
このアナコンダもグレー個体というのはまずいないと思う。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links