生命は宇宙の塵に乗って広がっているとする説
 新しい研究によると、どこかの惑星で誕生した原始的な生命は広大な宇宙へと旅に出て、銀河にあまねく拡散する可能性があるそうだ。

 地球の生命の始まりは、この宇宙にただよう生命の素であるという仮説を「パンスペルミア説」という。

 『arXiv』(2024年2月8日投稿)では、どこかの惑星で誕生した生命が宇宙に広まる可能性を検討し、その速度を計算した未査読論文が閲覧できる。

 それによると、生命は塵のような粒子に乗って高速で宇宙に拡散し、すでにこの天の川銀河全体を満たしていると考えられるという。

生命の起源は宇宙を漂う塵にあるとする説

 これまでの研究からは、地球には生命がかなり早くから存在していたらしいことがわかっている。

 地球の今の年齢はおよそ45億歳だ。そして単純な生命なら、少なくとも35億年前には存在していたようだ。それどころか、それよりもっと以前、地球の誕生から5億年後にはもういた可能性すらある。

 だが、それは生命が地上で誕生したということを必ずしも意味しない。一部の研究者たちは、そんな短期間で生命が”自然”に誕生するなどあり得ないだろうと考えている。

 生命が地球生まれでないのだとすれば、それはどこからやってきたのか?

 その答えはもしかしたら、宇宙かもしれない。宇宙には生命かその”素”がただよっており、それが地球に降り注ぎ、私たちの祖先となる最初の生命が誕生した。このような仮説を「パンスペルミア説」という。
4
地球の生命の始まりは、宇宙にあまねく存在する生命の素であるという仮説を「パンスペルミア説」という / image credit:NASA/Jenny Mottor

生命は微小な塵に乗って宇宙へと旅立つ

 だがここではもう少し具体的に、その生命(あるいは生命の素)は、地球以外の惑星で誕生したと考えよう。

 それがどうにかして故郷である惑星を脱出し、長い長い旅を経て地球にたどり着いた。

 グルジア、トビリシ自由大学の物理学者ザザ・Z・オスマノフ氏は、このような生命の旅がどのようなものか考察している。

 そもそもどこかの惑星で誕生した生命が、故郷を脱出して、宇宙へ旅立つことなどあり得るのだろうか?

 もちろん高度に発達した超文明ならたやすいかもしれない。だがここで想定しているのはもっと原始的な生命のことだ。

 これについてオスマノフ氏は、2017年の研究を参照している。

 この研究では、地球の大気上空をただよう塵が、超高速で動く宇宙の塵と相互作用し、強力な流れを作り出すダイナミズムについて解説している。

 この作用によって、地球の塵粒子の一部は、その重力から逃れられるくらいに加速することができる。

 ならば、どこかの惑星で誕生した生命は、塵粒子に乗って、故郷を脱出できるかもしれない。

 こうして塵粒子に乗って母なる惑星から脱出した生命は、今度は恒星が放つ電磁放射の圧力にさらされる。これによって、生命はその星系からも脱出し、広大な宇宙へと旅に出る。
2
始生代の地球はこのように紫色をしていたと考えられている。これほどの初期から生命は存在した / image credit:Oleg Kuznetsov

天の川銀河は生命の素で満ちている!?

 その後の長い長い旅路に生命がどうやって耐えるのかについては、ひとまず置いておこう(生命そのものには無理でも、複雑な分子のような生命の素なら可能かもしれない)。

 その上でオスマノフ氏は、生命を乗せた塵粒子がどれほどの速さで宇宙に広まるのか計算してみた。

 それによると、「50億年の間に、塵粒子は数百光年の距離を移動」するという。さらに「恒星の分布密度を考慮すると、惑星各々から放出される塵粒子は105の恒星系に到達する」と推定される。

 それがどれだけの速さかは、もう少し身近な宇宙で考えてみれば実感しやすい。

 たとえば、もしも最初の惑星が地球だったとすれば、そこから塵粒子が火星に到達するのに20日しかかからない。

 海王星なら14ヶ月だ。さらにケンタウルス座アルファ星なら9000年という速さだ(スペースXの大型ロケットならば10万年以上かかる)。

 これを踏まえると、もしこの宇宙に”十分な”生命を宿す惑星があるならば、直径10万光年の天の川銀河は生命の素であふれていることになる。

 ただし、その十分な数の惑星が問題だ。「ドレイクの方程式」に基づくと、この結論を導くためには、天の川銀河の中で生命が誕生した惑星の数が「3×10^7」、つまり3000万個も必要になる。

 それはごく自然な仮定かもしれないが、残念なことにその証拠はちっとも見つかっていない。

 確かに、これだけ広大な宇宙なのだから、地球以外の場所にも生命がいるように思える。

 だが、現実に生命が確認されているのはこの地球だけだ。そうである以上、オスマノフ氏の考察はただの机上の空論に過ぎない。

 それでも、この話にまったく意味がないわけではない。いつの日か、火星、木星の衛星エウロパ、あるいは土星の衛星エンケラドスなどで生命の痕跡が見つかることだってあるかもしれない。その時、この考察は大きく輝き出すことだろう。


追記:(2024/02/24)本文を一部訂正して再送します。
References:The possibility of panspermia in the deep cosmos by means of the planetary dustgrains / Cosmic Dust Could Spread Life from World to World Across the Galaxy - Universe Today / Life Could Spread Across The Galaxy On Cosmic Dust, Wild New Paper Suggests | IFLScience / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
小惑星リュウグウの粒子から生命に必要な構成要素を発見。地球誕生の謎の解明へ


地球人は宇宙からやって来た説が濃厚に。落下した隕石から生命の設計図を発見


地球に生命が誕生したのは、「猛毒」によってもたらされた可能性


隕石に生命の種が!地球外の有機物を保持した隕石が落下(アメリカ)


地球の生命はやはり宇宙から来ていたのか?細菌は宇宙空間で何年も生き続けられるという新たな証拠(JAXA)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年02月23日 20:36
  • ID:9cwwDxGD0 #

インフルエンザウイルスは宇宙からやって来て、地球の磁力線に捕らわれて北極地方に降り注ぎ、渡り鳥に感染して香港あたりにやってくる、という説はだいぶ昔に唱えられていたよね。

2

2. 匿名処理班

  • 2024年02月23日 20:45
  • ID:qHIPkcoq0 #

イデオン発動編

3

3. 匿名処理班

  • 2024年02月23日 20:46
  • ID:Xofqp9f90 #

では、我々はそもそも、地球外生命体ということなのか・・・?!

4

4. 匿名処理班

  • 2024年02月23日 20:50
  • ID:qLTf14x80 #

いやーSFでは半世紀以上前からこの説があって、それに沿ったSFシリーズも…

5

5. 匿名処理班

  • 2024年02月23日 22:55
  • ID:QgsVP4Ku0 #

ウイルスの中には遺伝情報がDNAではなくてRNAで構成されているものがある
このRNAは地球上でこそ分解されやすいが、宇宙空間のような環境だと返ってDNAよりも分解されにくい性質を持っているらしい

6

6. 匿名処理班

  • 2024年02月23日 23:19
  • ID:NZiJSV9x0 #

「パンスペルミア説」ってトンデモ学説と思ってたら、スノーボール・アースを提唱した教授とかもこの説取ってんのね。
初期地球の条件下ではDNA発生が難しいとか何とか。
本読んだけど難しくて理解できなかった。

7

7. 匿名処理班

  • 2024年02月23日 23:47
  • ID:lpSv1mF50 #

漂ってると言うか、惑星を形成する物質に生命の元に成り得る物が含まれてるだけなのでは
生命って物を特別視し過ぎの様な…

8

8. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 02:38
  • ID:tqmDNIsX0 #

フォースでもエーテルでも無いが、それは確かに宇宙に満ちていたと言うのか

9

9. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 02:53
  • ID:tqmDNIsX0 #

>>7
水素、炭素、窒素、酸素、リン。私たち地球生命はこれらの元素を主にして組み立てられている。
もちろんそれは宇宙にありふれた物質なので至る所に存在するぞ。
さてそれがどうして立って歩いて物を食べているのか?
元素の組み合わさり方、構造が肝であるようだ。
生命と呼べる構造の元素群、或いはその素となる構造の元素群は宇宙の塵と一緒に恒星間を漂い満ち満ちている可能性がある。
というのが今回のお話であるようだぞ。

10

10. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 03:07
  • ID:aoJPveVC0 #

生命って何なんだろう?

11

11. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 04:52
  • ID:MJtTgNzd0 #

俺がここで新たに提唱したいのは、
宇宙にはごく希薄な粘性があり、
それが宇宙空間の粗密を形成しとるという
「宇宙粘性論」や。

12

12. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 07:29
  • ID:OAi5mCeh0 #

命の母A

13

13. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 10:53
  • ID:OAi5mCeh0 #

千の風になって

14

14. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 11:59
  • ID:KrRLoOs30 #

>>11
数式でどうぞ

15

15.

  • 2024年02月24日 13:20
  • ID:OFBJIRkM0 #
16

16. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 16:59
  • ID:Iu2EbGL80 #

>>6
生命は地球だけに生まれたなんていう考え方もなかなかトンデモだと思う
そういう学説を信じる人達って、やたらと奇跡という言葉を使いたがるし
斉一性の原理を適用すれば、生命現象もまた宇宙にありふれていると考えるの自然だよ

17

17. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 18:53
  • ID:OAi5mCeh0 #

>>14
履かせが愛した葬式

18

18. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 21:59
  • ID:BgcQwOgm0 #

>>16
斉一性の原理自体がトンデモという考え方もできるけどな
斉一性は近代科学の礎になってる考え方だけど、「宇宙はどこまでいってもいま・ここと同じ」ってのはかなりトンデモで人間中心主義的な考え方だとも言える
斉一性の破れは確認されてないって言っても、それは観測理論自体が斉一性を前提に組み立てられているからという循環論法であるし

もうここまでくると常識/トンデモとは何なのかという哲学的な話になってくるが

19

19. 匿名処理班

  • 2024年02月25日 00:43
  • ID:6uhbaeKR0 #

そんなくだらないこと考えるより
とっととエンケラドゥスに行って来いよ!!
いつまで待たせるんだ

20

20. 匿名処理班

  • 2024年02月25日 05:38
  • ID:QY7iQhrL0 #

まず地球上でその生命の素ってのが見つけられてないのにそれはないわ。

21

21. 匿名処理班

  • 2024年02月25日 19:13
  • ID:D5APKAtd0 #

ゼロから1に進化するのと、1からそれ以上に進化するのでは正に天文学的な差があるわけだしなぁ
この理論って要はゼロ→1を0.00....01→1にするためのもので、いわゆる「都合のいい妖精を連れてくる」やり方なので気に入らんな

ヒッグス粒子の成功にあやかろうとするのはいいけど、基礎理論がしっかりしてないとトンデモ学説で終わるだけだぞ

22

22. 匿名処理班

  • 2024年02月26日 08:37
  • ID:pBJuVURR0 #

実際に国際宇宙ステーションでは外の窓に微生物がくっついている。宇宙生物ではなくて、地球の波しぶきが軌道上まで飛んでくるんだそうだ。火星程度なら地球の生物が飛んで行ってる可能性はある(その逆も)

23

23. 匿名処理班

  • 2024年03月02日 16:04
  • ID:oEg64hox0 #

>>18
斉一性の破れなどというのを認めたら、それこそ何でもあり、超能力だの魔術だのがあっても良いみたいな話になるぞ
基本的な物理法則は不変であるという前提があるからこそ自然科学が成り立つし、大陸移動説や恐竜絶滅の隕石起因説なども過去の定説を覆す仮説だったわけだけれど、そういう前提の上での提唱だったし後にしっかり実証されているわけだからな
生命の発生にしても、偶然の奇跡!みたいな事を言い出したら、神が創造した云々と唱える連中と大して変わらないんだよ

24

24. 匿名処理班

  • 2024年03月02日 16:10
  • ID:oEg64hox0 #

>>21
この話のどこにもヒッグス粒子がどうのとは書かれてないんだけど?
パンスペルミア説が「都合のいい妖精を連れてくる」だと言うんだったら、じゃあ地球単独の限られた環境で非常に低い確率の中から生物が発生すると考えるのはどうなんだ?奇跡だの偶然だのと考える方が「都合のいい妖精を連れてくる」のと変わらないと思うがね

25

25. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 17:49
  • ID:2HaRgJbq0 #

なんかトンデモとでも言っておけば、相手の意見を封殺できるとでも思ってる奴がチラホラいるんだな

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links