英国に住むアメリカ人が家の違いを説明
 誰しも自分の家が一番住み慣れているだろう。自宅以外の場所に滞在したとき違和感を感じることがあるのは、普段慣れ親しんだ電気器具や置き場所、使い勝手が異なるからで、それは国の習慣によっても違い、ときにカルチャーショックを受けることがある。

 TikTokにDIYやインテリア、リノベーションを投稿しているブリタニーさんは、イギリス・バーミンガム在住のアメリカ人だが、まさにそれをテーマにした2本の動画が注目を集めた。

 それは、アメリカ人がイギリスの家でまったく奇妙だと感じるところと、イギリス家庭の機能についてアメリカ人は真似るべきだと思えるところだ。

イギリスの住宅に関する6つの奇妙なこと

 「The Brick House Chronicles」プロジェクトの創始者ブリタニーさんは、あくまでも母国アメリカからの視点で「イギリスの家の変なところ」をいくつかTikTokでシェアした。
1_e
1つ目は、蛇口から出るのが1つは熱湯でもう1つは氷のように冷たいってこと。

バカみたいに手を振り回して、まともな温度になるように熱湯と水が適度な温度に混ぜられることを祈るしかないの。ありがたいことに、最近はこのようなことは少なくなったけど。
2_e
 イギリスの公認配管・暖房技術協会では、この点について次のように述べている。
これは相互接続による汚染を防ぐため、温水と冷水が別々に保管されていた時代にさかのぼります。

冷水は本管から供給され、飲料に適していましたが、温水はしばしばロフト(屋根裏部屋)に設置される貯水槽によって供給されていました。

これは圧力の不均衡を引き起こし、間違った蛇口やバルブが設置されると一方の水流が他方の水流に押し流されてしまうことを意味していたのです。
 ただし、築年数が新しかったりリフォームをしたりした家では、日本のように蛇口が1つになっているところもある。
2つ目はキッチンに洗濯機が置かれてあるってことよ。

なんで台所に置くのかがわからない。アメリカでは洗濯部屋っていうのがあったり、バスルームやクローゼットの中にあったりするわ。でもキッチン?いやいや、違うでしょ。
3_e
 ときに、イギリスでは洗濯機や乾燥機は地下室に配置されてある。イギリスでは1軒家は中古物件なので地下室はあまり手入れされていないことが多い。

 そのためむき出しになったコンクリートの暗い階段を上り下りして、洗濯機に辿り着く人もいるのだ。

 余談だが、洗濯ペースは週1度が一般的というイギリスでは、洗濯機や乾燥機は「毎日使用するものではない」という考えから地下室に収められているようだ。
3つ目は部屋にクローゼットがないことで、4つ目はバスルームにコンセントがないこと。

イギリスのホテルではシェーバーにしか使えないコンセントがあるのが一般的だけど、でも私はバスルームで髪をセットしたいの。

「安全衛生のため」らしいけど、バスルームで感電死した人の統計を調べてみたのよ。そしたらほとんどの人が浴室にコンセントを望んでいたわ。
4_e
5つ目は、シャワーパネルが水を防ぐのが目的なんだったら、お願い、イギリスよ、このガラスパネルをもっと長くしてちょーだい!
 シャワールームとバスタブが別になっている家もあるが、一緒の場合はバスタブの中にシャワーが設置されてあるイギリス。

 水がバスタブの外に飛び散らないようにシャワーカーテンを着ける場合もあるが、写真のように中途半端なガラスパネルが設置される場合もある。
5_e
 イギリスでは、静かにそっとシャワーを浴びる人が多いのかもしれない。
6つ目に、この国は夏は灼熱地獄になりうること、そして暑さをしのぐために建てられた建物にエアコンが必要であることを受け入れる必要があるわ。

昔は今みたいに暑くはなかったけれど、夏の短い期間は必要よ。私は引っ越ししてきて最初にエアコンを設置したけど、絶対に必要だったわ!
6_e
 イギリスでは、日本のようにエアコンが普及していないため、夏の暑い時期に建物内に入ればエアコンが効いて涼しいということはほとんどない。

 ブリタニーさんが言うように、近年の暑さ続きで店によってはエアコンを設置するところも出てきたが、各家庭では扇風機が一般的でエアコンは普及していない。

アメリカ人が真似すべきイギリス住宅のいいところ

 ブリタニーさんは、イギリス暮らしに文句ばかり言っているのではない。別の映像では、アメリカ人が真似すべきイギリスの住宅の長所を紹介している。
イギリスの家庭に必ずあるもので、アメリカでも必要だと思うもの。まずは電気ケトルよ。

紅茶にこだわるアメリカ人の中には、やかんを持っている人もいると思うけどやかんは決して一般的じゃないわ。

アメリカではお湯を沸かすなら鍋をコンロの火にかけるか電子レンジよ。やかんを何年も持っている今となっては、正直言って正気の沙汰とは思えない。
8_e
2つ目は、コンサバトリーね。コンサバトリーは裏庭に面した屋根や窓がガラス張りになった部屋のこと。

コンサバトリーを手に入れた人たちがどれほど喜んでいるか。だって温かな魔法の箱のようなものなんだもの。

私はフィアンセの実家のコンサバトリーで昼寝をするのが大好き。私の出身地であるフロリダにこんなものがあったら、中に入ったら暑くて卒倒しそうだけどね。
 イギリスの1軒家では一般的なこのコンサバトリーでは、テーブルや椅子を置いてダイニング代わりにする人もいればソファを置く人もいる。また物置のように使用する人もいて、いわゆる多目的スペースとして使用されている。
9_e
 最初からどの1軒家にもあるとは限らず、物件を購入後にコンサバトリーを建てる人もいる。
3つ目は、自分がハマるとは思ってもみなかったものなんだけど、イギリスの家はアメリカで人気のオープン・プラン・スタイルではなく、各部屋にドアがついているようなのよ。
10_e
4つ目は、玄関ドアに郵便受けがあるのもいいと思ったわ。

アメリカにも郵便ボックスはあるけれど、集合ポストになっているのよ。近所の郵便がそこに一緒に入ってるの。

それってすごく嫌だわ。子供のころ、郵便物を取りに行くのがとても嫌だったの。玄関ドアの郵便受け。これはアメリカでもぜひ真似てほしい!
11_e
5つ目は、トイレの水を流すボタンが大きいのと小さいのがあるってところ。これは天才的よ。

小をしたら小さいほうを押すの。大なら大きいほう。アメリカではすべてが大きいから、水がたくさん流れてしまう。これって浪費よ。小なら少しだけ流すだけでいいのよ。
12_e

どんな家も完璧ではなくそれぞれ長所・短所がある

 マイホームを持つことは、多くの人にとって夢のようなことだ。しかし、住む場所によっては、それは決して安くはない買い物だ。

 イギリスの不動産はうなぎ上りだ。決して広いとは言えない1軒家の平均住宅価格は、2023年6月の時点で28万8000ポンド(約5400万円)となっている。

 不動産が一番安いのは北アイルランドだ。続いてスコットランド、ウェールズ、イングランドとなっている。

 一方、アメリカの2023年9月の住宅価格の中央値は41万2000ドル(約6100万円))である。

 しかし、自分のDIY技術に頼ってリフォームをする覚悟があれば、いつでももう少し安い物件を手に入れることが可能だろう。
house-4304096_640
pixabay
 ブリタニーさんは、婚約者がイギリス人だったことからイギリスに移住して最初のころは、レンガ造りの建物にもカルチャーショックを感じたという。
レンガ造りの家はとても美しいと思ったわ。初めて来たときは、まるでおとぎ話に出てくるようだった。フロリダでは、レンガ造りの家はあまりないもの。
 ブリタニーさんは、アメリカ人から見たイギリス住宅の奇妙さだが、結局はどこの国でも「完璧」な家は存在しないだろう。

 だが、「風変わりな家」を受け入れ、欠点も個性や味わいとして見ることができれば、逆にDIYも楽しくなるかもしれないし、くつろぐことだって可能だ。

 ブリタニーさんのSNSアカウントは人気のようで、DIY、インテリア、リノベーション動画の更新に加え、アメリカとイギリスの文化の違いについての興味深い動画もシェアしている。 References:6 Things About British Houses That Make No Sense, And 5 That Americans Should Steal ASAP / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
アメリカの住宅事情。平均的なアメリカ人には、国内の7割の地域の家は高すぎて手が出ない


イギリスの不動産事情。人口にして約1%の貴族と企業が、イングランドの土地の約半分を所有していることが判明


実はこんな理由があった。イギリスの建物の窓の一部がレンガで覆われている理由


中世の古い家で見つかった魔術用隠し部屋(イギリス)


いちもつ形状の庭木が立ち並ぶ、一目見たら忘れられない庭付き物件が売り出し中

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年02月27日 17:38
  • ID:Q.fvQ7aE0 #

バスルームにコンセント?正気か

2

2. 匿名処理班

  • 2024年02月27日 17:45
  • ID:LlkWWNa60 #

クーラーはね…
イギリスに限らずヨーロッパの多くの国でかつては夏でも必要なかったけど、
温暖化の影響で毎年のように熱中症での死者が出るようになっちゃったからなあ

3

3. 匿名処理班

  • 2024年02月27日 17:54
  • ID:4OeeH5lK0 #

イギリスは地震も台風もほぼないので重力に全幅の信頼を置いた石やレンガの積み方で家を作ってるよね
屋外の塀だったらただ積んだだけで石と石を接着してないなんてよくあること
日本ではあり得ないというか数年で崩れる

4

4. 匿名処理班

  • 2024年02月27日 18:05
  • ID:rgMZuJpl0 #

ドイツの契約した家に入ってなんもねぇ〜〜設置に時間かかる間どうしようと悩むのとはまた違う感じの不便さ
ガラスパネルは怖いので絶対避けたい

5

5. 匿名処理班

  • 2024年02月27日 19:23
  • ID:NYdbqR0Z0 #

欧州のここ10年の夏のヤバさは如実に温暖化を反映してるな
クーラーなくてよく人が死んでる

6

6. 匿名処理班

  • 2024年02月27日 19:56
  • ID:rC.lbN.Y0 #

日本の1DKアパートに長年住んでいた身としては、どこであっても住めば都だな。一軒家に住むようになってもご近所トラブルがあると昔が懐かしかったりする。

7

7. 匿名処理班

  • 2024年02月27日 21:03
  • ID:8YLz31zS0 #

あちら産の古いホラー映画とかで、地下室に洗濯機とか置いてあるのなんか妙に感じてたが、あちらじゃ普通だったんだ。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年02月27日 21:39
  • ID:K9IobAlr0 #

>>イギリスのホテルではシェーバーにしか使えないコンセントがあるのが一般的だけど、でも私はバスルームで髪をセットしたいの。
「安全衛生のため」らしいけど、バスルームで感電死した人の統計を調べてみたのよ。そしたらほとんどの人が浴室にコンセントを望んでいたわ。

ここが一番理解不能だったわ
自分で答えゆうてるやんけ
それとも最悪感電死してもいいから、どうしても浴室で髪のセットがしたいんか?

9

9. 匿名処理班

  • 2024年02月27日 23:11
  • ID:8976pkws0 #

>バカみたいに手を振り回して、まともな温度になるように熱湯と水が適度な温度に混ぜられることを祈るしかないの。

水とお湯の蛇口が別立てのこのタイプは、
栓をして適度に混和した湯水を溜め
ボウル部分を洗面器として使用する仕様でしょう。

水道が普及する以前の時代、
従者が洗面器と水差しを部屋まで運んできて
化粧台の脇の天板に洗面器を嵌めて固定する穴が空いていたりした構造の名残り。

10

10. 匿名処理班

  • 2024年02月27日 23:41
  • ID:JVmwfZFG0 #

日本にもトイレは大小のコックあるけど、あれ、女性は関係ないからな
トイレットペーパー使う時点で全部大で流さないと流れていかない
一見流れたように見えても奥で詰まりかけてたりするので、マジで気をつけて!

11

11. 匿名処理班

  • 2024年02月27日 23:51
  • ID:srQlniG.0 #

そういや近頃はビルトインじゃない日本式のエアコンが欧州で結構売れてるって聞いたな
元々必要無かった地域の住宅に導入するには丁度いいもんね

12

12. 匿名処理班

  • 2024年02月27日 23:53
  • ID:8976pkws0 #

>>1
発言者がアメリカ人だから、
日本人的には「洗面所にはコンセントが欲しい」
と脳内変換した方が、要望が理解しやすいかと。

それが安全か危険かは、バスタブとの距離によりけりだけど。

13

13. 匿名処理班

  • 2024年02月28日 03:27
  • ID:VdXbYan60 #

アメリカではヤカンが一般的じゃないっていうのに一番驚いた。
この人の周りだけなのか、本当に一般的じゃないのか気になる。

14

14. 匿名処理班

  • 2024年02月28日 07:10
  • ID:FNRr9DNf0 #

>>10
えっあれ小だとトイペ流れきらないのか知らんかった
まぁ奥で詰まりかけてたりすると言っても、水でグズグズになってるだろうし、次の人が流すからヘーキヘーキ

15

15.

  • 2024年02月28日 07:11
  • ID:FNRr9DNf0 #
16

16. 匿名処理班

  • 2024年02月28日 09:11
  • ID:WaFyQbeN0 #

イギリスの家はキッチンとダイニングが別なんだよね
記事のいいところ3番目がそうなのかな
料理は家政婦がやるもの、の名残なんだろうけど
自分はいちいち料理持っていくは面倒だからいやだなw

17

17. 匿名処理班

  • 2024年02月28日 16:18
  • ID:5hCVhjuI0 #

>>10
日本のトイレでも新しめのやつだと小でトイペも流せるけど
ちょっと古いタイプだと小じゃトイペが流れないんだよね

18

18. 匿名処理班

  • 2024年02月28日 18:10
  • ID:pFdCWVkU0 #

お国柄は色々あろうと、鍋でお湯沸かすだけがガチで意味不明だった
なぜそんなことを…

19

19. 匿名処理班

  • 2024年02月28日 18:38
  • ID:6j8n.NRB0 #

>>8
「アメリカ バスルーム」で画像検索してみ。

20

20. 匿名処理班

  • 2024年02月28日 22:36
  • ID:fL53XEvf0 #

>>16
日本も、高度成長期〜昭和後期ぐらいに新しく建ったのは
台所+食堂(テーブル席)の板間と、居間とで分離しているけど、
それより前のサザエさんぐらいの頃だと、
台所は調理場オンリーで、茶の間が分離している形だね。

さらに古く、お竈(くど)が土間にあった時代だと
台所はむしろ玄関とズドーンと一続きで、
食事の場と分かれている理由がイギリスとは異なるけど。

21

21. 匿名処理班

  • 2024年02月28日 23:51
  • ID:6lRPTrSo0 #

サンルームは日本でもあったら嬉しいヤツだと思う
天体観測、理想的な植物の置き場所、部屋干し、焼き肉部屋と用途がマジで多様
難点は嵐に弱いから日本じゃ丈夫に作るしかない事ぐらい

22

22.

  • 2024年02月29日 07:32
  • ID:.p2aRJWR0 #
23

23.

  • 2024年02月29日 09:33
  • ID:Cg7H.IpS0 #
24

24. 匿名処理班

  • 2024年02月29日 09:35
  • ID:Cg7H.IpS0 #

>>3
更に降水量が少ないと火を通していない日干しレンガを積んだ家の国もある。
日本人としては怖くて住めない。

25

25. 匿名処理班

  • 2024年02月29日 09:37
  • ID:Cg7H.IpS0 #

>>4
せめてプラ板かアクリル板
シャワーカーテンのがマシ

26

26. 匿名処理班

  • 2024年02月29日 09:41
  • ID:Cg7H.IpS0 #

>>17
昭和生まれで和式メインから洋式メインに移り変わる時代を経験したが小で流れ切らない女子トイレにはめったに出くわさなかった。
いかに日本のトイレが優秀かしみじみとわかる。

27

27.

  • 2024年02月29日 09:43
  • ID:Cg7H.IpS0 #
28

28. 匿名処理班

  • 2024年02月29日 09:45
  • ID:Cg7H.IpS0 #

>>18
電子レンジで湯を沸かすにもびっくり仰天。

29

29. 匿名処理班

  • 2024年02月29日 11:44
  • ID:2ak4K3eI0 #

>>17
あーあれか!
でもあれトイペが流れきらないんじゃ便器内の水も置換されてないってことで、要するに小便も便器内に残ったままってことなんだよね

30

30. 匿名処理班

  • 2024年02月29日 18:01
  • ID:i4.VhrO00 #

>>21
あれたまに見るけど、日本じゃ流行らないよ

31

31. 匿名処理班

  • 2024年03月01日 00:23
  • ID:3hAspBF50 #

>>13
ついこの前の英米紅茶論争(塩を入れるとよいみたいな話に英国がとんでもねーと反応した)で
米国側が「俺らはお湯は電子レンジで沸かすもんね〜」みたいなことを言ってそれまた英国側にひんしゅくを買ってたから、
ヤカンがないのが一般的なのかも

32

32. 匿名処理班

  • 2024年03月01日 01:46
  • ID:.BGjYhKs0 #

>>30
どうかなぁ?
固定資産税の関係で廃れてしまったけど、
昔の日本家屋だと、広縁・濡れ縁や長庇スペースと
家の中とも外ともつかない空間が連続的に広がっているパターンは結構あった。

敷地面積が許される環境なら、
古い旅館の角部屋に付属したL字型の一面ガラス張り広縁みたいな
日本人の感覚にマッチしたサンルーム的設備を考える余地はありそうな気がする。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links