ギガントピテクスが絶滅した理由が明らかに
 今から約200万年〜30万年前、 体長約3m、体重が300kg以上にもなる地球史上最大の霊長類が「ギガントピテクス(Gigantopithecus blacki)」が存在した。

 余談だが2005年版の映画、キングコングは、ギガントピテクスから進化した大型類人猿という設定になっている。

 話を戻そう。大型類人猿である彼らはなぜ絶滅してしまったのか?最新の研究結果によると、環境の変化に適応できなかったからだという。

 森の暮らしに特化していたとされるギガントピテクスだが、それが仇となる。

 70万〜60万年ほど前に森の様子が変わり始めると、栄養価の高い食べ物が手に入らなくなり、だんだんと地上から姿を消していったそうだ。

巨大なギガントピテクスはなぜ絶滅したのか?

 中国南部など、主にアジアで化石が発掘されている「ギガントピテクス(Gigantopithecus blacki)」は、史上最大の霊長類でありヒト上科動物だ。

 もし現在も生きていたとすれば、ビッグフットやイエティのようなUMAを思わせたかもしれない。ゆえに、こうした未確認動物の正体だとする説もある。

 いずれにせよ、見る者を畏怖させただろうギガントピテクスは約30万年前に絶滅してしまった。そしてその理由は謎に包まれていた。

 というのもこの時代、他の霊長類はきちんと生き延びているのだ。

 なのに強大なギガントピテクスは生き残れなかったのはなぜなのだろう?
1
ギガントピテクス・ブラッキー(G.blacki)を身長180cmの人間の男性。比較のために二足立ちになっているが、実際は四足歩行だったという / image credit:Discott / Wikimedia Commons

ギガントピテクスが生きていた時代の環境を再現

 その謎を解くために、中国科学院古脊椎動物古人類学研究所をはじめとする国際研究チームは、ギガントピテクスの化石が現れ始める200万年前と、絶滅した30万前の環境を再現してみることにした。

 手がかりとなったのは、中国南部、広西チワン族自治区にある洞窟22ヶ所で発見された化石と堆積物サンプルだ。これはギガントピテクスが生息していた全地域を網羅する最大級のコレクションである。
 化石だけで、その生き物が絶滅した理由を特定することはできないが、それでも姿を消した時期が正確にわかれば、当時の状況をより詳しく知ることができる。

 そして今回の研究では、いくつかの年代測定法から示された157の放射年代に基づき、ギガントピテクスの絶滅は29万5000年〜21万5000年前だろうと推定された。

 また花粉の分析からは、ギガントピテクスの絶滅に先立ち、中国南部の森林が大きく変化していたらしいことが明らかになった。

 もともと彼らが暮らしていたのは、木々が鬱蒼としげり、水や果物がたっぷりあった森林だ。

 ところが70万〜60万年ほど前から季節の変化が大きくなり、森の様子が変わり始めたのだ。乾燥が進み、森が開けていく一方、火事が起こりやすい草原が広がっていった。
5_e
ギガントピテクスの化石が発見された洞窟のある森 / image credit: Yingqi Zhang (IVPP-CAS)

ギガントピテクスは環境の変化に適応できなかった

 ギガントピテクスの破滅を招いたのは、このような気候の変化であるようだ。その証拠は彼らの歯に残されていた。

 ギガントピテクスの歯を一番近い親戚である「チャイニーズオランウータン(Pongo weidenreichi)」と比べてみたところ、彼らが環境の変化にうまく対応できなかったらしい痕跡が見つかったのだ。

 その歯からは、絶滅に近づくほど慢性的なストレスの形跡が色濃くなっていることがうかがえた。

 どうやら森林が開けて乾燥するほどに、食事はより栄養価が低く、しかも単調になっていったようだ。こうしてギガントピテクスはだんだんと数を減らし、生息範囲も狭まっていった。

 一方、オランウータンは、環境の変化に合わせて体格・行動・生息地を変えていった。
4
ギガントピテクスの下顎骨の化石標本(ミラノ市立自然史博物館所蔵) / image credit:Wilson44691 / WIKI commons

6回目の大量絶滅に備えて

 当時起きた環境の変化は、ギガントピテクスとオランウータンの明暗を分けることになった。

 研究チームによれば、こうした類人猿の絶滅と生存の物語からは、学ぶべきことがたくさんあるという。

 「6回目の大量絶滅が迫っている今、なぜ種が絶滅するのかを理解することが急務です」とオーストラリア、マッコーリー大学のキラ・ウェスタウェイ助教は語る。

 「過去の絶滅の理由を知ることは、霊長類の回復力と、過去そして未来に待ち構えるほかの大型動物の運命を理解する、良い出発点となります」

 この研究は『Nature』(2024年1月10日付)誌に掲載された。

References:The extinction of the giant ape: A long-standing mystery solved / What Wiped Out The Largest Ape Ever to Roam Earth? We May Finally Have an Answer / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
リアル・ビッグフット?謎の巨大類人猿「ギガントピテクス」はオランウータンの親戚だった可能性(デンマーク研究)


現世で会いたかった!先史時代に実在した5種のイカした哺乳類


先史時代の人類が戦ったであろう恐るべき10の動物


ギガントピテクス・マンモス・タスマニアタイガーなど、近年解き明かされた7つの歴史的ミステリー


やはり6度目の大量絶滅は始まっているようだ。特に島と淡水で進行している

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 08:19
  • ID:UOKhkm3K0 #

昔の絵なら、もっと原始人みたいな感じだったが
普通の類人猿だったんだな

2

2. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 08:51
  • ID:H354RxTD0 #

天敵に滅ぼされたとか巨大隕石の衝突による寒冷化とか捕食者がいなくなって全滅とか、言ってしまえば全部環境によるものじゃん?
種の絶滅の理由って「環境に適応できなかった為」以外にある?

3

3. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 09:07
  • ID:YHv8TZHJ0 #

巨人族か

4

4. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 09:49
  • ID:TZ5h.ING0 #

そっからどうやって現代に続く人類が?
都市伝説的に言うと宇宙人が何かの生物をイジったか

5

5. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 10:47
  • ID:h.kCidcR0 #

>>4
わかんない事を神だの宇宙人だのの仕業にしちゃうのは思考の放棄に他ならないんよ

6

6. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 11:15
  • ID:bKydYpO40 #

今存在してても共存できないね

7

7. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 11:46
  • ID:.cT2NQMh0 #

人間よりずっと長期間生息してた霊長類が知能が発達することなく絶滅してて、人間て何なんだろなって考えさせられる。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 12:15
  • ID:5DBq0mdw0 #

一説によるとジャイアントパンダとの生存競争に負けたって説がある。

9

9. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 12:20
  • ID:yXWLR5o40 #

進化や適応が追いつかないほどの速さで変化されちゃうと
結局絶滅しちゃうのよね

10

10. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 13:23
  • ID:LM.OILRx0 #

こういった大型の生き物は生きて存在するだけでテンション上がる
実物見てみたい

11

11. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 14:24
  • ID:5ZyiPd2H0 #

>>8
キュン死したのか

12

12. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 14:57
  • ID:sMsqDJ820 #

今の所、見つかっている化石は下顎とかごく一部だから全体像が分かりづらいのよ。

13

13. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 14:58
  • ID:o0ahrqJx0 #

>>11
ジャイアントパンダは熊なのでかなり凶悪だよ。
熊に負けたと考えるといいんじゃない。

14

14. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 16:18
  • ID:C.FrpEz50 #

>>13
エサが豊富だった時代に笹の奪い合いで絶滅しないよ。
パンダは熊とはいえ生存競争に敗れて笹しか食うモノが無い山奥に追い込まれた弱者。
ギガントピテクスは栄養価の高いエサの減少と共に衰退した訳で、最期に笹すら食った個体がいたにしても弱いパンダとの競争で絶滅した訳ではない。
パンダの数倍という巨体を笹で養うこと自体が無理な話なんだから。

15

15. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 17:43
  • ID:.fgM4c.U0 #

プロレスラージャイアント馬場は
元野球選手で所属は 巨人 だった。

16

16. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 18:07
  • ID:jwl2ls5x0 #

ホモ・サピエンスがここまで大繁栄できた理由の一つが,恐るべき雑食生物だったことかもしれませんね。
地球上のどこに進出しても、そこに適応して、そこで食べられるものは何でも食べてきましたからね。

17

17.

  • 2024年01月13日 18:29
  • ID:qmL6KUPW0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 19:22
  • ID:ylTQ1qX10 #

巨人伝説が世界各地にあるのもこの頃の記憶が人類に刻まれてるからだったりして・・・
恐怖は遺伝するって記事あったし

19

19. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 19:57
  • ID:hHDIOK.D0 #

「ギガントピテクス」という響きが何かロマンを感じさせて子供の頃から気になってた
小ぶりの象ぐらいのオランウータンって凄いな

20

20. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 22:21
  • ID:H354RxTD0 #

>>14
パンダってあんまり笹を好き好んで食わないんだって
笹は栄養少ないしね
じゃあなんでパンダが笹を四六時中食ってるイメージがあるのかなんだけど、動物園では基本的に笹しか与えてないから
だってパンダが笹食わなきゃ面白くないし、しょうがないね

21

21. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 22:35
  • ID:AEmluMdT0 #

ギガントピテクスに限らず動物は大型化すると
環境変化に弱くなって絶滅し易くなるんじゃないかな。
大型化するとより多くの餌が必要になるし
個体数も減る傾向にあるから。

22

22. 匿名処理班

  • 2024年01月13日 23:43
  • ID:5ZyiPd2H0 #

>>15
ジャイアント馬場の指2本分サイズ、2列ボタンのケータイを覚えてる人いるかな

23

23. 匿名処理班

  • 2024年01月14日 09:18
  • ID:YlpJkczP0 #

>>6
ギャートルズでは共存してたぞ。

24

24. 匿名処理班

  • 2024年01月14日 17:26
  • ID:7QBx4k5g0 #

ネフィリムか、ゴリアテか

25

25. 匿名処理班

  • 2024年01月14日 17:26
  • ID:pXDgneqW0 #

>>23
あれはオリバー君や

26

26. 匿名処理班

  • 2024年01月15日 11:10
  • ID:gRkFktXq0 #

しょこたん「ギガントバッカルコーン!」

27

27. ..

  • 2024年01月28日 22:57
  • ID:N8AyUX3Z0 #

エデンの檻に出てたやつ?

28

28. 匿名処理班

  • 2024年02月06日 16:07
  • ID:6pjBR64y0 #

>>14
パンダは竹や笹以外も普通に食うぞ。生息地が竹ばっかの環境なんで餌の9割が笹なのは結果論であり、実はパンダの胃腸は笹を食うに適していない。
笹を食えるのは餌にできるものの種類が増えれば生存に有利ってだけで、しかも他の生き物が食わないから競合相手が居ないんで餌の確保に困らないって生態になったに過ぎない。(コアラがユーカリを食べたり、人間がネギやタマネギなど他の生物に有毒な植物も食べられるのと同じ)
なので他の生物が居ない奥地も住処にできたわけで、別に競合に負けてそうなった訳ではない。むしろ生存域を拡大したんである。
そもそも野生のパンダは普通の熊と同様に人里に下りて人間を襲う事例がある。
ていうか平均体重100kg前後になる雑食性の生物が弱いわけない。こんなん襲えるの虎ぐらいしか居ない。
あと>>20もちょっと語弊がある。
お客さんのいる前では笹を与えてるだけで飼育には普通に笹以外も与えてるぞ。

という訳で、お二人とも間違いです。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links