世界最小の牙の生えたカエルの新種を発見"
インドネシア・スラウェシ島で発見された世界最小の牙のあるカエル/Image credit: Sean Reilly

 多様な生物が生息するインドネシアのスラウェシ島では、とてもユニークなカエルの新種が発見されたそうだ。

 ぷよぷよと柔らかい体をしたカエルの多くは、かろうじて上アゴにしか歯が生えていない。ところが、その新種にはなんと立派な牙が生えているのだ。

 ユニークなのはそれだけではない。「Limnonectes phyllofolia」と名付けられたその新種は、牙のあるカエルとしては世界最小のボディを持っている。

 おまけにオスが卵を守るというカエルとしてはきわめて稀な習性まである、とんでもなく個性的なカエルなのだ。

世界最小の牙のあるカエルの新種を発見

 牙のあるカエルの新種は、インドネシアのスラウェシ島3カ所で発見された。

 牙をもつカエルなら、東南アジアに生息する「クールガエル属(Limnonectes)」の仲間70種ほどが知られている。

 一般にこの属の仲間は大きなカエルが多く、種によっては900gにも成長する。だが今回の新種は体長3cmの小さな体で、同グループのカエルの中ではもっとも小さい。

 米国フィールド自然史博物館のジェフ・フレデリック氏らがカエルを発見するきっかけとなったのは、その卵だ。

 このカエルは、葉っぱや苔むした岩に卵を産む。これにちなんで、ギリシャ語で「葉っぱと巣」(phyllofolia)という意味の、「Limnonectes phyllofolia」という学名が与えられた。
3
葉っぱの上に産まれた卵。卵が孵ると、その下にある小川に落ちる。なお学名「Limnonectes phyllofolia」の「phyllofolia」は、ギリシャ語で「葉っぱと巣」という意味だ / image credit:Sean Reilly

オスが卵を守る珍しい生態を持つカエルだった

 研究チームが小さなカエルを見かけるようになったのは、卵の発見からしばらくしてのことだ。

 L. phyllofoliaの巣をなん度も観察していると、葉の上にちょこんと座って小さな巣を抱いているカエルに出会ったのだ。
2
卵を守っているLimnonectes phyllofoliaのオス / image credit:Federick et al., PLOS One, 2023

 そうしたカエルたちは、小川や急斜面、あるいは水滴が垂れているような場所の1〜2メートル上に産み付けられた卵を守っていた。驚いたことに、そうしたカエルはどれもオスだった。

 フレデリック氏の説明によれば、「卵を守るオスは、まったく知られていないわけではありませんが、カエルでは珍しいこと」なのだそう。

 L. phyllofoliaが新種とされた根拠は、オスが卵を守る行動やキバのあるカエルとしては世界最小のボディサイズといった、いくつかの重要な特徴だ。

 そのほかにも、「アドバタイズメントコール」(オスがメスを惹きつけるために出す大きな鳴き声)もこのカエルに特有のもの。

 L. phyllofoliagに一番近い種「L. arathooni」は甲高い鳴き声が特徴だが、新種の鳴き声は連続した速いケロケロ声だ。またL. phyllofoliaは、同属のほかの仲間に比べて水かきが小さい。
1
オスが卵を守っているのは珍しい / image credit:Federick et al., PLOS One, 2023

知られざる新種は他にもいる可能性、生息地の保全が重要

 この新種の発見は、スラウェシ島にはまだ知られていないカエルがもっとたくさん隠れているだろうことを示唆している。

 そうした未知の種をすべて探し出し、彼らの生息地を守るためにも、今後さらなるフィールドワークが大切となる。

 フレデリック氏は次のように説明する。
私たちの発見は、この特別な熱帯の生息地を守ることの重要性を強調しています。スラウェシのような場所に生息する動物のほとんどはそこならではのものです。

彼らの生息地の破壊は、そこで見られる種の素晴らしい多様性を維持するうえで、これまでになかったほど切迫した問題となっています。

今回のカエルのように、地球上でそこにしかいない動物について学ぶことは、貴重な生態系を守る一助となります
 この研究は『PLOS ONE』(2023年12月20日付)に掲載された。

References:World’s smallest “fanged” frogs found in Indo | EurekAlert! / A new species of terrestrially-nesting fanged frog (Anura: Dicroglossidae) from Sulawesi Island, Indonesia | PLOS ONE / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
ちょっとかっこいいぞ!沖縄北部と石垣島で新種のゾウムシが発見される


モフモフが過ぎる!もはや別の生き物に見える新種のカニが発見される


猛禽パイセンに新たな仲間が加わった!アフリカの島でフクロウの新種が発見される


密売業者から押収されたセンザンコウがこれまで知られていない新種であることが判明、8種から9種へ


20本の腕を持つエイリアンのような新種の海洋生物が南極で発見される

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年12月24日 11:21
  • ID:DYAS1s4q0 #

牙の画像見たかったな

2

2. 匿名処理班

  • 2023年12月24日 12:41
  • ID:Sf7xuqCD0 #

>>1
学名の「Limnonectes phyllofolia」で検索すれば見つかるけど結構かわいいよ

3

3. 匿名処理班

  • 2023年12月24日 13:51
  • ID:99THoJh70 #

カエルって案外かわいいよね。
でも爬虫類とかと違ってあんまりペットとして飼育している人は少ないイメージ。
飼うのは難しいのかな?

4

4.

  • 2023年12月24日 17:59
  • ID:vOANS.kY0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2023年12月24日 20:12
  • ID:g8l3wZZ.0 #

>>2
検索してみたが、予想以上に可愛くてびっくりしたよ。

6

6. 匿名処理班

  • 2023年12月24日 20:14
  • ID:O7WkAiJd0 #

検索かけてみたけどAIイラストによる「汚染」すでに始まってるのね

7

7. 匿名処理班

  • 2023年12月24日 23:07
  • ID:DYAS1s4q0 #

>>2
鋭くはないけど思ったより長かった
確かにかわいいね
ありがとう

8

8. アユラ

  • 2023年12月25日 15:25
  • ID:OFb2iwMr0 #

>>3
国産の仔達では、特にアマガエルとかヒキガエルとか
トノサマガエル辺りは、大きい黒い眼が萌えますよね。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links