飼い主に取り残された犬を慰め続けていた野良猫
 飼い主夫婦が高齢者介護施設に移ったために、取り残されてしまった犬がいた。

 マンションの玄関先で飼い主が戻ってくるのを待ちながら孤独に過ごす犬を、いつも慰めて寄り添っていたのは、敷地内に住む野良猫だった。

 マンションの住人たちによく知られていた2匹はしばらく建物の周りにいてみんなにお世話されていたが、新しい飼い主のもとで幸せになってほしいという住人たちの希望で、処分されることのない動物保護団体に保護された。
"Don't Worry, Your Family Will Find You" Cat Comforts A Dog Who's Abandone

老夫婦に飼われていた犬が取り残される

 野良の犬猫を救済・保護し支援する韓国の動物保護団体「Kritter Klub(クリッター・クラブ)」は、2020年7月、あるマンション前で保護した犬と猫の動画をYouTubeに公開した。

 犬と猫は異なる種でありながら、マンション敷地内でいつも一緒に過ごしお互いを慰めあっていたという。

 実は犬には老夫婦の飼い主がいたが、高齢者介護施設に移ってしまったという。

 マンションの住人によると、介護施設ではペットの飼育が禁止されており、老夫婦は犬を引き取ってくれる場所を探すこともなく放置して行ったようだ。

 突然飼い主がいなくなり取り残された犬は、困惑し孤独に陥った。

 敷地内を歩き回っては、マンションの玄関先で飼い主が再び戻ってくるのを信じてじっと座って待ち続けた。
3_e
image credit: youtube
 犬は、来る日も来る日もマンションのドアの前を通り過ぎる住民を観察した。だが、飼い主が現れることはなかった。

 住民たちは犬の状況を見て気の毒に思い、建物の入り口の隅に毛布を持ってきて敷いた。

 犬は毛布の上に座って眠るようになり、住人たちは交代で犬に餌を与えるようになったが、犬は飼い主が再び現れることを信じて探し続けた。

野良の茶トラ猫と友達になる

 ある日、茶トラ猫がその建物にやって来た。猫はマンション周辺に住みついていた野良猫のようだった。

 犬と猫はすぐに意気投合し、毎日一緒に過ごすようになった。
4_e
image credit: youtube
 犬の孤独な事情を知るはずもないが、猫は犬のさみしさを感じ取ったのだろう。

 まるで犬を励ますように寄り添ったりじゃれついて遊んだりと、猫は犬を慰めるようにそばにい続けた。
1_e0
image credit: youtube
 犬は猫の愛情を受け入れ、2匹は仲間として互いに絆を育みあった。

 マンション前で毎日一緒に犬と猫が過ごしている光景を、住人らは微笑ましい気持ちで見ていた。

 猫は警戒心が強く住民が通りかかると素早く避けて隠れようとし、住民が立ち去ると再び犬のそばに現れた。

 人間には決して心を許していなかった猫だが、犬は特別で毛布の上で寄り添って眠った。2匹は互いに精神的な支えとなっていたようだ。
6_e
image credit: youtube
 心やさしい住民たちは2匹に食べ物を与え続け、雨や嵐から身を守るために犬小屋を2つ建てた。

 だが、犬は犬小屋の中で寝るよりも建物の入り口で眠り続けた。その姿はまだ飼い主を諦めていないというようにも見えた。

住民と保護団体が2匹の保護を試みる

 住人たちは2匹が幸せに暮らせるようにしかるべきところで保護してもらった方がいいと考えるようになった。

 冬が近づくと寒さに耐えられなくなることを心配した住人たちは、2匹を救出するために救済・保護団体の「Kritter Klub(クリッター・クラブ)」に連絡し助けを求めた。

 団体メンバーが到着すると、2匹を安全に保護するためにマンション入り口の階段に捕獲用の網を敷いた。

 住民が置いた餌におびき寄せられた猫は、網のある場所までやってきた。メンバーは網を上から引っ張り猫を捕獲することに成功した。
9_e
image credit: youtube
 網の中で暴れる猫を見た犬は驚き、恐怖を感じたようだ。すぐにその場から走り去った。
8_e
image credit: youtube
 数日間、犬は警戒してマンションに近寄ろうとはしなかったが、ついに姿を現したところを団体メンバーと住民たちが捕獲し、ケージに入れた。

 2匹が安全に保護されることになった。これまで餌をあげて見守って来た住民のなかには涙を流す者もいた。

2匹が永遠の家で幸せになれるよう願う住民

 2匹は施設メンバーによってすぐに動物病院で健康診断を受けた。幸いにも、2匹は健康状態が良好で寄生虫もいなかった。検査した獣医師は驚いたようだ。

 猫と再会した犬は同じケージに入れてもらった。
11_e
image credit: youtube
 現在この2匹がどうなっているのかはわからないが、処分されることのない施設だ。2匹にいい飼い主が見つかることを住民が願っていたように、今2匹が一緒に幸せをつかんでいるといいね。

あわせて読みたい
捨てられていた犬と猫、離すことが困難なほど深い絆で結ばれていた


犬+猫+ネズミ=絆が凄い。仲良しすぎて一緒に引き取り手を募集しなければならなかった異種3匹トリオ(アメリカ)


犬が猫がぴったりと身を寄せながら窓の外を見つめるやさしい世界(アメリカ)


仲良しの犬を失くした犬の心の隙間を埋めてくれたのは猫だった


メンバー構成は犬4、アヒル2、猫1。悲しい境遇を経てめぐり合えた仲良し動物ファミリー

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年10月11日 12:07
  • ID:tpWqOkpH0 #

酷い老夫婦だなぁ。手当てしないで施設に入ったのか。
ジゴクニ・・・(以下略

2

2. 匿名処理班

  • 2023年10月11日 12:23
  • ID:LVMKi1b20 #

猫には災難だっただろうけど、網で捕まるところでちょっと笑った。最後は犬と一緒に保護されて良かった。

3

3. 匿名処理班

  • 2023年10月11日 13:13
  • ID:2h4s.oIc0 #

老夫婦がどういう状況で施設に行ったのか・・・老々介護で共倒れになったとか、認知症で身の回りのことも分からなくなってたとか、親族とかによって強制的に望まない施設に入ったとか色々考えられる。
もちろん何かあったときのペットの行く先は考えておくべきだけど。

4

4.

  • 2023年10月11日 13:21
  • ID:5V8RbyBf0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2023年10月11日 13:55
  • ID:Nbe9XBgd0 #

認知症とかで犬の事を判断できないくらいになってたのかもしれん

6

6. 匿名処理班

  • 2023年10月11日 15:10
  • ID:oG86BaKV0 #

保護団体なら捕獲機持ってるはずなのに
こんな網で大捕り物するの初めて見た
パフォーマンスも入ってるのかな

7

7. 匿名処理班

  • 2023年10月11日 15:25
  • ID:FN0Cj1vg0 #

寂しからと飼う老人もいるけど、最後まで責任取れないなら飼うのはやめてほしい。
今回の事情はよくわからないけど、先行き長くないのを考えてほしいよ

8

8.

  • 2023年10月11日 16:11
  • ID:qukJ0gsu0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2023年10月11日 16:34
  • ID:70t12MjR0 #

車に隠れてる写真の露骨に嫌な顔してるのが不謹慎ながらもちょっと笑ってしまった
今度は最後まで共に歩んで行ける飼い主に出会うといいな
そこに猫も一緒だと最高だね

10

10.

  • 2023年10月11日 16:44
  • ID:34yuxB8t0 #
11

11. 匿名処理班

  • 2023年10月11日 16:44
  • ID:iB1JmJgh0 #

網での捕獲画が文の説明の想像よりもダイナミックだった。

12

12. 匿名処理班

  • 2023年10月11日 16:51
  • ID:tkqhlIOl0 #

老夫婦、無責任とは思うけど、何故施設に入る事になったのか、原因は書かれていないからなんともなあ。

13

13. 匿名処理班

  • 2023年10月11日 17:11
  • ID:7OAcpyoH0 #

良い話っぽく読んでたのに捕物の絵面で笑ってしまった
こんなビビらせた野良猫や野良犬が人に懐くんだろうか…?

14

14. 匿名処理班

  • 2023年10月11日 18:21
  • ID:yJMSTIU90 #

エリザベスカラーを付けられた猫の解せぬ表情が何ともw
2人に幸あれ。

15

15. 匿名処理班

  • 2023年10月11日 18:32
  • ID:ltYqg0EE0 #

別の動画でまだまだ元気な70代の猟師さんが最近可愛がっていた猟犬を亡くしてしまったけど自分はもう高齢になるから飼わない(意訳) 、と言っていたの思い出した
犬のことちゃんと考えてて立派だと思ったよ

16

16. 匿名処理班

  • 2023年10月11日 19:20
  • ID:mhqsJ0ht0 #

ご近所さんが優しい方々で良かった
そしてもっと優しい猫の友だちができて本当に良かった
犬を放置する結果になった老夫婦についてはこの記事だけだとなんとも言えんが
これだけいい人たちだったらどなたか頼めなかったのかなあ
ともあれ二匹は幸せになって欲しい


17

17. 匿名処理班

  • 2023年10月11日 21:56
  • ID:NwH2LX.O0 #

置いていった夫婦がいる施設はわかってるみたいだけど、責任取らせないあたり、老夫婦は二人とももう世話ができない状態と推定すべき?
犬を飼い始めた当初は夫婦とも元気だった<一人が介護がいる状態になる<続いてもう一人も介護がいる状態になる<二人とも施設へ<施設はペット禁止<夫婦とも認知症でていて犬のことはもうわからない<介護がいる状態だから保護団体もこの夫婦を責められない
こんな感じ?

18

18. 匿名処理班

  • 2023年10月11日 22:25
  • ID:rX0FnSvz0 #

2匹いっしょに引き取ってくれる良い飼い主さんが現れますように

19

19. 匿名処理班

  • 2023年10月11日 22:56
  • ID:a.UsvIRU0 #

>>7
まあそれもそうなんだけどさ…若くても人生何があるかわからないものなんだから、万が一に備えて引き取り手を決めておくのが大事だと思うの。
生き物の命を預かるなら責任を持たなきゃいけないよね。

20

20.

  • 2023年10月12日 08:54
  • ID:hCyz96.H0 #
21

21. 匿名処理班

  • 2023年10月12日 19:34
  • ID:FhYzpFBl0 #

イスラエルとパレスチナもこういう風になれたらなぁ

22

22. 匿名処理班

  • 2023年10月13日 18:56
  • ID:0OSA3Haq0 #

>>13
放浪犬(猫)の保護(捕獲)ってだいたいこんなもんですよ

動物には保護しなきゃいけない事情やらこちらが助けようとしている意図やらなんてわからないのが普通なんだから、
大人しく物分りよく捕獲させてくれる子たちばかりではない

23

23. 匿名処理班

  • 2023年10月19日 17:14
  • ID:fIxQLyIe0 #

殺処分される可能性もあるし大人しく捕まったら馬鹿でしょ

24

24. 匿名処理班

  • 2023年10月20日 18:15
  • ID:qbdgHhCw0 #

絵本にできそう

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links