崖に落ちた我が子に、上空から餌を与え続けていたハクトウワシの親
 アメリカ・カリフォルニア州のチャネル諸島の最南端に位置するサンクレメンテ島とその周辺には、多くの野生の鳥や動物が生息している。

 野生動物研究所では動物たちを保護するために観察カメラを設置し、モニタリングを続けている。

 ある日、スタッフの女性がハクトウワシの巣の映像をチェックしたところ、3羽いるうちのヒナの1羽がいなくなっていることに気が付いた。

 そこで様子を見に行くと、そのヒナは巣から落ち、滝近くの崖の途中の岩の上にいるところを発見。幸いにも大きな怪我もなく健康そうな様子だった。

 スタッフは、母鳥が落ちたヒナを生き延びさせようと、ヒナのいる場所に上から餌を落として与え続けていたことを知り、我が子を思う愛情の深さに感動したという。

ハクトウワシのヒナが巣から落ちる

 カリフォルニアにある非営利団体。野生動物研究所のプロジェクトマネジャーのニコール・デノワイエさんは、他のメンバーと交代でサンクレメンテ島近くにあるハクトウワシの巣カメラをチェックし、ヒナの成長の様子を見守っている。



 4月23日の土曜日の朝、ニコールさんは、カメラのライブ映像を見て異変に気付いた。前の晩、巣に3羽のヒナがいたのに、カメラには2羽しか映っていなかったのだ。

 ニコールさんは、すぐに3羽目のヒナが巣から落ちたのではないかと心配した。

 すぐに現場に駆け付けたかったが、あいにくサンクレメンテへの交通手段は非常に限られていた。

 週が明けるまで待つことを余儀なくされたニコールさんは、月曜の朝になると救助メンバーらと一緒に現場に向かった。

親鳥が巣から落ちたヒナに餌を与え見守っていた

 1時間に及ぶ困難なハイキングの後、ニコールさんはヒナの最悪の事態を恐れながら、巣の下にある近くの滝の上を恐る恐る覗いた。

 ヒナは、巣の下の渓谷の滝の崖の上に落ちたようだった。途中で枝にひっかかったのが幸いしたのだろう。幸運にも2〜3メートルある峡谷の底への転落は免れたことを知って、ニコールさんら救助メンバーは安堵した。

 そっとヒナを抱き上げて徹底的に検査を行ったところ、片方の膝部分に少量の乾いた血がついていた以外は、他に怪我の兆候はないことが判明した。健康状態も良かった。
1_e
 ヒナは、片足にちょうどいい大きさの魚を抱え、別の魚の上に横たわっていたという。それを見て、ニコールさんは母鳥が落ちたヒナのために必死に餌を与え続けていたことを知った。

 ヒナを助けている間もずっと、母ワシは上から見守っていた。

 ヒナが落ちた場所まで降りて助けることができなかった母ワシは、ヒナをなんとかして生き延びさせようと、上から餌を落とし続けていたのだ。

 そのおかげで、ヒナは動くことはできなかったが、飢えることなく過ごせていた。母親の愛情が、ヒナの命を救ったことにニコールさんは感動した。

ヒナは無事に巣に戻された

 その後、落ちたヒナを抱え、慎重に巣のある場所までたどり着いたニコールさんたちは、再びこのようなことが起こらないよう巣の安全性を確認し補強。

 そして、救助したヒナを他の2羽が眠っている巣の中へそっと戻した。

 無事に巣に戻ったヒナの写真を撮影したニコールさんは、後でその写真を見て、ヒナたちの元に急いで飛んで戻ろうとしている親ワシが写り込んでいることに気付いた。
2_e
 今後、3羽のヒナが巣のなかで元気に育っていくことをニコールさんは願っている。
References:Rescuers Stunned By Eagle Parents' Devotion To Baby Who Fell From Nest/ written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
今度こそきっと!孵らぬヒナの卵をあたため続ける健気なハクトウワシのカップルの姿に涙(アメリカ)


ハクトウワシのオスが、石を卵と思い込み、孵化させようと必死にあたためる


石を卵と間違えて温めていたハクトウワシのオスに託された孤児のヒナ、立派に成長していた!【続々報】


石を卵と思い込み温め続けていたハクトウワシのオスに孤児のヒナが託され、お世話をするように【続編】


夫婦仲良く子育て。雪に埋もれながら卵を守っていたハクトウワシのメスがオスとバトンタッチ

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2023年07月03日 12:52
  • ID:joSn2aK70 #
2

2. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 12:54
  • ID:kQuxYwgm0 #

ハクトウワシなら連れ帰れると思うんだけど、初めての子育てだったのかもね。

3

3.

  • 2023年07月03日 13:28
  • ID:kuP.giS70 #
4

4. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 13:28
  • ID:q6E.XhoY0 #

泣ける
巣に戻れてよかった

5

5. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 13:46
  • ID:uS6PZU1x0 #

人間が手出しをすると親は子育て放棄するとは言うがその辺はどうなったんだろ?

6

6. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 14:05
  • ID:YTYv0rAE0 #

落ちた雛がまるまるムチムチで全然痩せてない
お母さん頑張ったんだね

7

7. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 14:19
  • ID:lsVrHyIJ0 #

鳥はもっとドライなのかと思ってた

8

8. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 14:30
  • ID:P.LqFlOB0 #

こんな時のために遠隔操作可能なロボットハンド付の
救命用小型ドローンがあるといいかもしれませんね

9

9. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 15:24
  • ID:05MdAZLq0 #

いや、ダメだろ

10

10. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 15:34
  • ID:GdOGsUFY0 #

>>7
近づいた外敵から自分の子供を守るために怪我をしたふりをしながら飛び出して囮になる、という習性をもつ鳥すらいるのでけっこう子を守ろうとする本能の強い生き物なのかもしれない

飛ぶ訓練中で巣から降りてバタバタしてる雛たちの事も実はちゃんと見守っているので、地面に落ちてる雛を見つけても基本は触らず親鳥が救助不可能だとか危険が迫っているとか明らかに飛ぶ訓練じゃない羽も生えてないような子の時だけ手を貸すようにしたほうがいいらしい

11

11.

  • 2023年07月03日 16:13
  • ID:a66HJBmC0 #
12

12. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 16:18
  • ID:iRTCoEdV0 #

>>2
そう言われれば😲!なんでも掴めるからヒナも掴もうと思えば掴めるし。位置的に失敗したら危ない位置で、色々想定して安全を一番にしたのか、やっぱり子どもの事となると動転しちゃってたのか…?とにかくお母さんワシよく頑張った。

13

13. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 16:26
  • ID:eci58oOQ0 #

>>9
アメリカの国鳥だし、今でも保護対象だから問題ないで?
人間側のダブスタでしかないというならば、それはそう

14

14. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 16:30
  • ID:.aOIRya50 #

巣から落ちたんじゃなくて他の雛に落とされたんじゃないか?
より優秀なものが生き残るために他の子を陥れるなんてのは動物の本能で人間の子供でも同じだろ。

15

15. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 16:41
  • ID:STB8wMLf0 #

>>5
よくネットでは言われてるけど、実際にはどうなんだろうね。
食物連鎖下位の狩られる側の動物なら、他の動物の匂いがするのは親も襲われる可能性がある危険な状態なわけだけど、上位の動物なら(警戒はしても)育児放棄まではしないんじゃなかろうか。

16

16. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 17:44
  • ID:SVtgrJCH0 #

猛禽のヒナって兄弟蹴落として生き延びる話を聞いた事有った気がしたけど違ったっけ?
コレ巣に戻して生存競争リセットしてたりしないのかな
それとも猛禽と雖も今は数増やす方が優先かな

17

17. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 17:52
  • ID:aaSs42yt0 #

>>5
うちの祖父の家は田舎にあるんだけど台風とかでよく鳥のヒナが落ちてるんだよね
祖父ちゃん大丈夫だと思ったヒナを素手で拾って巣に返してるけど
ほとんどは育児放棄されずにちゃんと巣立ちまで育ててもらえてる
祖父ちゃんによると怪我してたり弱ってしまったヒナは返しても追い出されるけど
無傷である程度まで育ってたらちゃんと育ててもらえるそうだ
人の臭いよりそのヒナが健康で巣立つ見込みがあるかどうかで見分けてる感じがする

18

18. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 17:59
  • ID:HinCOHlI0 #

>>5
そもそも鳥類は嗅覚良くないから普通に触る程度なら全然気にしない
人間の臭いが着くと育てなくなると知ったかぶりで言う奴いるけど、それ以前に鳥類は人間の臭い程度で放棄することもまず無いのよ

19

19. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 18:22
  • ID:ktdlDSHS0 #

>>5
鳥類研究者によると人間が触ったぐらいでは放棄しないってさ。数えきれないほどの巣に触れたけど親鳥が雛を放棄するのは見たことがないそうだ。

20

20. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 18:23
  • ID:Ndmo7xi90 #

食物連鎖上位の生き物だからかな
なんとなく巣から落ちたら諦めたり興味を失うイメージだった

21

21. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 18:34
  • ID:hBalVO0K0 #

鳥なんだけどかーちゃんってのは本当に優しくて強いな

22

22. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 18:56
  • ID:cZglh2js0 #

>>14
親が見捨ててないなら違うんじゃない?

23

23. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 19:06
  • ID:jg..Ua4z0 #

計画性のない人間の親よりよっぽど愛があるわ

24

24. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 19:34
  • ID:nLXyXUh10 #

>>14
うっかり蹴落とすことはあっても鳥は実の兄弟間では無いんじゃないかな
カッコウなんかは本能で義理の弟妹たちを全部巣から落とすらしいけど

25

25. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 19:35
  • ID:Ki1jvPTE0 #

首伸ばして待ってる雛かわいいねー

26

26. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 19:50
  • ID:vqYBIXuo0 #

>>15
鳥は嗅覚の生き物じゃないからよっぽど大丈夫じゃないかな
ツバメとかカモとか子育て継続してたし

27

27. 匿名処理班

  • 2023年07月03日 22:07
  • ID:WVYGtuC40 #

>>14 ワシ・タカの兄弟殺しは有名だけど、
ハクトウワシの場合、エサが豊富だとしない事もあり、
2〜3羽が育つ事もあるらしい。

28

28. 匿名処理班

  • 2023年07月04日 03:41
  • ID:pcFsyjHb0 #

よく母鳥もあきらめずにここまで頑張ったね
よく聞く落ちた雛は見捨てるという例は実際の所どれくらいあるんだろう
鳥類の愛情の深さってものを見直さなくちゃいけないなあ

29

29. 匿名処理班

  • 2023年07月04日 06:34
  • ID:4uW2nTQj0 #

≫1
鷲の爪で摑まれたら死んじゃう……

それは抜きにしても、落ちちゃった雛に給餌する親は見るけど巣に戻したのは見たことないなあ
去年、別の超ベテランカップルの雛が親のうっかりで落ちちゃったけど救助は人がしたから経験は関係ないと思う

30

30. 匿名処理班

  • 2023年07月04日 08:21
  • ID:rjIWgZ8x0 #

>>2
彼らの足は殺しちゃいけないものを掴むようにできてないんじゃないかなあ
獲物は持ち運べるしたまに死なないで生きてる奴もいるけどけっこうグッサリ爪刺さってるよね、鋭い爪で傷つかないようにソフトに掴んで羽ばたいて目的地までっていけるんだろうか?

31

31. 匿名処理班

  • 2023年07月04日 10:06
  • ID:.HjWvzBH0 #

某道の駅でツバメの巣から落ちたらしき雛が、誰かが乗せたのか近くの小さな植木のてっぺんにちょこんと座ってて、親鳥はその子と巣の両方に餌を運んでいたっけ
かなり高い場所にある巣だったから従業員も戻してあげられなかったんだと思う

32

32. 匿名処理班

  • 2023年07月04日 10:33
  • ID:3OqJLbDI0 #

すくすく育つことを願います!

33

33. 匿名処理班

  • 2023年07月04日 13:01
  • ID:3dRNV0.90 #

>>30

できますよ。ライオンが口で赤ちゃん加えて移動したりするのと一緒です。
っていうか小鳥だって巣から落ちた雛を親鳥が連れ戻す時ありますよ。

34

34. 匿名処理班

  • 2023年07月04日 17:10
  • ID:FcQ0yvlh0 #

>>33
小鳥ってなんていう鳥ですか?
雀や燕はそもそも無理だし、落ちた場所に行って世話することが殆どって認識だった
初耳だから教えて欲しい

35

35. 匿名処理班

  • 2023年07月04日 22:37
  • ID:WjArDGOv0 #

>>5
落とされる雛ってもともと弱いやつ、小さいやつで生き延びられないってところから来たんじゃないかなぁ
他の雛が落とすこともあるから、戻してもまた落とされるんだよね

36

36. 匿名処理班

  • 2023年07月05日 08:37
  • ID:KPhlMSQF0 #

ツバメとかでも思うんだけど毎年懸命に子育てしてて偉いなってなる
そしてツバメの巣を作ることを許してる建物の持ち主も偉いなって思う
自分ちに巣作られたらは糞とか気になるから撤去しちゃうかも

37

37. 匿名処理班

  • 2023年07月05日 09:36
  • ID:4.1.p7c60 #

>>33
一緒ではないでしょ
部位が違うのに

38

38. 匿名処理班

  • 2023年07月07日 14:11
  • ID:RtceMjwf0 #

>>31
>親鳥はその子と巣の両方に餌を運んでいたっけ

毎年、家にツバメが来るのですが、巣立ちの時期、ちょっと早めに巣立った子と、まだ巣にいる子たち両方に親が餌を運んでいるのを見ますね。
そして巣立った子たちがあちこちに散らばっている時にも、親はちゃんと其々の子たちに餌をあげていて「けっこう大変そうだなあ」と思って見ています。

39

39. 匿名処理班

  • 2023年08月02日 15:53
  • ID:pGKRWhB.0 #

>>5
そこが危険と判断したらやめるかもしれんけど基本無いと思うよ

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links