卒業式のために片道二時間半かけて歩いた14歳少年
 アメリカ・ミズーリ州の14歳の少年が、学校の卒業式に出席するために2時間半かけて、10キロの距離を歩くという快挙を成し遂げた。

 なんとしてでも卒業式に出たいという少年の熱意と、逆境に直面しても成功するという決意を持つ少年の強さは、卒業式に参加していた人たちに称賛された。

 それだけでなく、少年は、州立大学から奨学金を全額提供され、少年と同じ故郷出身のアメフトチーム『マイアミ・ドルフィンズ』の選手から、特別に車と電動自転車のサプライズギフトが贈られたという。
広告
Teen walks two hours for 8th grade graduation in St. Louis

卒業式の会場まで10キロの距離を歩いた14歳少年

 ミズーリ州セントルイス郡フロリサントに住むザビエル・ジョーンズ君(14歳)は、数年前に母親を亡くして以来、体の不自由な祖父のもとで6人のきょうだいと一緒に暮らしてきた。

 5月末、イェットマン中学校の卒業式に車で行く機会を逃したザビエル君は、恩師に教えられた教訓「欲しいなら、手に入れに行かなくちゃ(If I want it, I got to go get it)」という言葉を思い出し、どうしても卒業式に参加したいことを友人と兄弟に伝え、学校まで一緒に歩いてくれるよう頼んだ。

 若者たちは、セントルイスまで2時間半かけて、およそ10キロの距離をひたすら歩き続け、学校に到着した。
1_e0
image credit: youtube

少年の決意に教師ら感銘を受ける

 偶然にも、ザビエル君が卒業式に到着したとき、教訓を教えてくれたザビエル君の指導者ダレン・シールズ先生が式典で講演していた。

 ザビエル君が学校まで2時間半かけて歩いてきたことを聞いて、シールズ先生は驚き、聴衆に知らせた。
私は、スピーチを止めてザビエル君を講堂に呼び出し、「みんな、立ち上がってスタンディングオベーションをしてください」と言いました。

すると、講堂にいた全員が彼のために拍手を送りました。

みんな「ここまで歩いてきたのか!」と驚いていました。
 偶然にも、その日はハリス・ストウ州立大学の学長であるラトニア・コリンズ・スミス博士も出席していて、14歳のザビエル君が示した忍耐力と決意に感動したという。
1_e

大学の奨学金全額だけでなく車と電動自転車がサプライズ提供

 スミス博士は、ザビエル君の熱心な態度を今後の勉学にもぜひ向けてほしいと、ハリス・ストウ州立大学の学費と家賃や教科書を含む4年間の奨学金を全額提供した。



 また、このニュースを知った1人のアメフト選手が、ザビエル君にさらなるサプライズを提供した。

 ザビエル君と同じ故郷で育ったというマイアミ・ドルフィンズのテロン・アームステッド選手が、家族にミニバンと電動自転車を買って、サプライズプレゼントしたのだ。

 アームステッド選手は、このように話している。
私には、決してできないことを、彼は成し遂げました。2時間半、10キロの距離を歩くなんて…。素晴らしいとしか言葉がありません。

数年前に母親を亡くし、祖父に育てられたザビエル君が、学校に通い続けることは多くの試練や困難があったことでしょう。彼への援助を喜んで申し出たいと思いました。

彼のニュースは、謙虚な気持ちになれるし、やる気を出してくれるし、なによりインスピレーションを与えてくれるものです。
 アームステッド選手は、ザビエル君の母校でのバスケットボール試合中に、サプライズを提供できるよう手配した。

 そして6月2日、ザビエル君には5,000ドル(約70万円)のライアン・プリチャードの電動自転車が贈られた。

 また、彼の祖父には、ボマリート・オートモーティブ社のおかげで4 万ドル(約560万円)のミニバンが贈られた。

 あまりにも豪華なサプライズに、ザビエル君は「こんなことになるとは思ってもいなかった」と驚き、祖父は「何て言ったらいいのか分からない。本当に感謝しかない」と語った。

14歳の少年から大切なことを学んだ大人たち

 メディアの取材で、ザビエル君は「何かを成し遂げたいなら、自分で進んでやらなければならないと思った」と話しているが、それを実際に実行するには強い決意や勇気、熱意が必要となることだろう。

 卒業式に出席するために歩いたザビエル君の行為は、周りの大人たちに大切なことを学ぶいい機会を与えたようだ。

 ハリス・ストウ州立大学学長のラトニア・コリンズ・スミス博士は、次のように述べている。
ザビエル君の1件は、多くの学生が直面する困難を思い出させるものです。

私たちの学生の多くは、さまざまなストーリーを持ってやって来ます。また、多くの学生は環境の障壁を乗り越えてやって来ます。

私は、今回ザビエル君から多くのことを学びました。

どんなに最悪の日でも、前に進み続けてください。
References:STL teen who walked 6 miles to graduation gifted new bike, $40,000 family vehicle/ written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
毎朝4時に起きて数時間かけて通学していた学生、卒業式で心温まるサプライズ(アメリカ)


深夜にバイト先から10キロ走って帰る青年。そこにはこんなドラマがあった


3年間休まず、体に障害をのある友人をおんぶして高校に登下校していた男子学生(中国)


6年間、歩くことのできない病を抱えた同級生を背負い、学校に通い続けた小学生(中国)


体の不自由な孫娘をおぶって険しい山道を2時間かけて毎日学校に連れて行くおばあちゃん(中国)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 15:10
  • ID:k3zbKOX90 #

震災の時は帰宅するのに4時間位歩いたけどな

2

2.

  • 2023年06月08日 15:10
  • ID:WkeRX4GF0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 15:23
  • ID:Uq2SNEGI0 #

卒業式をサボったことがある自分としては耳が痛い

4

4. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 15:50
  • ID:AGL4JPfW0 #

自分も徒歩で長距離通学してたけど電動自転車なんて貰えなかったなぁ

5

5.

  • 2023年06月08日 15:57
  • ID:4mG2X.S70 #
6

6. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 16:07
  • ID:.8FhX2g.0 #

10kmってジョギングレベルの速度で1時間の距離でしかないんだけど…これが美談になって物もらえるの? アメリカさすがにひどすぎないか?
高給取りの選手が寄付して警察や消防や病院に配る税金増やしたほうが建設的じゃないか?

7

7. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 16:20
  • ID:tW.Ikqh80 #

>>4
おじさんの時代には電動自転車なんてなかったなぁ

8

8. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 16:26
  • ID:.TI9DdZB0 #

お爺ちゃんが健康のため毎日5km歩いてるけど…

9

9. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 16:40
  • ID:cOXMxmZT0 #

その後ザビエル君がどこでもドアを開発するのはまた別のおはなし

10

10. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 16:43
  • ID:EE7lpCV10 #

いんじゃねえ別にオレらが損するわけじゃなし

アメリカってかなりこ車社会でちょっと住宅街離れたら歩道なんてほとんどないとこ大半だから
行くたびに散歩もできなくて絶望する
じゃなきゃ未舗装の山道獣道とかになっちゃうし
誘拐もされずについてよかったな

11

11. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 17:04
  • ID:k9zlyGbA0 #

毎日通勤で自転車で片道12kmを走ってました(45分)
10年ぐらい続けました
で、たまにパンクすると押して2時間以上掛かる
最初の頃はパンク修理が出来なくて年に1.2回は押しました
その後パンク修理方法を覚えて、現場で15分で直せるようになりました
14歳って若さで凄いかもしれないけど、成人なら大したことないと思う

いや、俺が中学生の頃、猛吹雪の中(地吹雪で有名な北国)一時間ぐらい歩いて登校してたけど普通だったよ

あ、アメリカって子供が優遇されててスクールバスが無料で歩いて登校が虐待になるんだっけ、だからだろうね

12

12. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 17:08
  • ID:MdudlRXX0 #

いい話であるだろうに、なんかモヤっとなるのは
なんか色々と情報が欠落してるような気がするからか

13

13. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 17:08
  • ID:JQ3.DWYl0 #

>>6
アメリカだし途中で銃撃戦とかバッファローの襲撃とかあったんだろう。知らんけど

14

14. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 17:12
  • ID:gKpql1sr0 #

10km程度で大げさな

15

15.

  • 2023年06月08日 17:37
  • ID:WkeRX4GF0 #
16

16. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 17:41
  • ID:yX9jCLHI0 #

あっちは家の窓から学校が見える距離でさえ
危ないからと徒歩通学を禁じられてる所もあるそうだからな
他国とは感覚が違うんだろう
そういう社会で生まれ育って尚歩いてでも学校に行くという不屈は賞賛すべきだと思うよ

17

17. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 18:26
  • ID:X32MctuR0 #

いつもはどうやって通学してたの❓
卒業式の日だけ
通学バスに乗り遅れたの❓

18

18. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 18:27
  • ID:Fo7V0blt0 #

去年膝上の雪の中、家に帰るために7キロ歩きましたけど
殆ど車道歩きましたけどね

19

19. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 18:27
  • ID:xpFFYmBc0 #

10キロ歩けないアメフト選手……?大丈夫か?

毎日水汲みに何時間も歩いてる子らにも奨学金あげてちょうだい。

20

20.

  • 2023年06月08日 18:27
  • ID:Fo7V0blt0 #
21

21. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 18:32
  • ID:Fo7V0blt0 #

江戸時代は普通に毎日10キロくらい歩いていたんじゃない?
あるお侍さんの1日でそれくらい歩いていたような
40キロだったかも?

22

22.

  • 2023年06月08日 18:55
  • ID:4RHGiNNz0 #
23

23. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 19:09
  • ID:.53XKWYl0 #

これで楽する事を覚えるから落ちていくだけですね。
たかだか10kmなんてそこらを走ってるランナーが毎日やってることじゃないですか。
100kmならわかるけど讃えるハードル低すぎ

24

24. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 19:53
  • ID:zq2fgQfJ0 #

10キロ歩くのってニュースになるくらい凄いことか?

25

25. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 19:55
  • ID:8qEnodMt0 #

ワイなんか毎回JIMのトレッドミルで10劵薀鵐縫鵐阿笋辰討燭

26

26. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 20:02
  • ID:c2tiu7340 #

プレゼント、盗まれませんように

27

27. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 20:47
  • ID:mLCtne4M0 #

え、10kmで…?小学校が遠くて毎日合計4km歩いてたんだけど…
親戚の家がちょうど10km離れてて自転車で行ったことあったなぁ

28

28. 匿名処理班

  • 2023年06月08日 20:47
  • ID:12v9IehY0 #

アメリカの事情をよく知ってるアメリカ人が感動してプレゼントまでしてるんだからすごいことなんでしょ
日本人が日本の感覚で批判するのわけわからんわ
フロリダだっけ?ワニに襲われるところとか自分なら1キロも歩けない

29

29.

  • 2023年06月08日 21:12
  • ID:kEcPX0Ri0 #
30

30.

  • 2023年06月08日 21:47
  • ID:egMrYtLO0 #
31

31.

  • 2023年06月08日 23:02
  • ID:d03Xh2IS0 #
32

32.

  • 2023年06月09日 03:01
  • ID:oAcNFy0d0 #
33

33.

  • 2023年06月09日 05:59
  • ID:S9iffeni0 #
34

34. 匿名処理班

  • 2023年06月09日 11:10
  • ID:ATiQY0EK0 #

距離だけだと「(大変ではあるけど)行けそうな?」って思うかもしれないけど、アメリカと日本だと治安の点で差がありそうかな?友人や兄弟に「一緒に歩いて欲しい」というのも、子供一人で歩いてると誘拐や暴力に晒されるリスクが高い地域なのかも。
アメリカのスクールバスって単に移動手段ってよりも「子供を守る手段」として採用されてるらしいし。家の前の道路にバスが迎えにくるような所でも「大人や年上の兄弟が送迎」してるとかも聞くし……「大げさ」って思えるのはそれだけ日本が平和だということかもよ。

35

35. 匿名処理班

  • 2023年06月09日 11:27
  • ID:p1DwGADz0 #

竹山かと思ったら先生だった

36

36. 匿名処理班

  • 2023年06月09日 15:25
  • ID:U6dcnr920 #

>>4
自分も小学校の6年間4キロを徒歩だったし、高校は9キロを自転車だった。
田舎じゃ普通だったが、アメリカ人は歩かなさ過ぎて10キロでも表彰もんなんだな

37

37. 匿名処理班

  • 2023年06月11日 20:40
  • ID:FD5p5Bt10 #

日本で10km歩くのとアメリカで10km歩くのが同じなわけないだろう
このサイト見てるなら庭に猛獣が来る家とか、近所にワニがいる地域とか知ってるだろうに
治安を考えても未成年が安心して歩けない場所なんて数えきれないくらいある
自分は何キロ歩いたって書いてる人は銃と危険生物をかいくぐってその距離歩いたの?

38

38. 匿名処理班

  • 2023年06月12日 23:06
  • ID:Bb5whR0O0 #

ミズーリ州にワニがいるわけねーだろ

39

39. 匿名処理班

  • 2023年06月22日 23:48
  • ID:uQBhe2mp0 #

>>13 ロボコップみたいな世紀末世界なんかもなぁ
つかアメリカ普通に徒歩もチャリで移動や大学とかでもスケボー、ローラーブレード通学もあるんじゃが、6千円の自転車や2千円のローブレもなかったんか?
ってツッコミはともかく
周りが美談にしたかった気がしないでもない
SNSを使った拡散と宣伝効果のために誰かが奨学金とか貰えたならそれでいいじゃないという感じする
みんなウィンウィンさ

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links