捨てられたハスキー犬、盲目のチワワとウサギに母性愛を示す
 アメリカ・ミネソタ州の路上で、凍てつく冬の日にハスキー犬と盲目のチワワが保護された。

 繁殖のためだけにブリーダーに飼育されていたハスキーと盲目のチワワは、なんとかその環境から逃れようと脱出したのだ。

 ハスキーは外の寒さから必死でチワワを守ろうとしていたという。動物保護団体のボランティア女性は、2匹の里親になった。

 出産したばかりで捨てられたハスキーは、まるで我が子に愛情を注ぐかのようにチワワを守り、さらには、新たに迎え入れられた家にいたウサギたちにも母性愛を示すようになったという。
Dog separated from her pups keeps comforting other babies

繁殖目的で飼育されていたハスキーとチワワが保護される

 ミネソタ州で、メスのハスキー“ベル”と盲目のチワワ“ウィンストン”が、地元の動物管理局に保護されたのは、寒さが厳しい冬の日のことだった。

 発見された時、ベルは身を丸めて小さなウィンストンを懐の中に入れ、寒さから守ろうとしていたという。

 実は、この2匹が管理局に保護されるのは初めてのことではなかった。

 これまでに少なくとも2回、ベルとウィンストンは、繁殖目的で2匹を飼っているブリーダーの施設から逃げ出していたのだ。

 今回、ブリーダーは逃げた2匹を取り戻そうとはしなかったようだ。
belle1_e
image credit: youtube

仮里親のもとに迎えられた2匹

 保護された2匹は、犬の救助組織『No Dog Left Behind (NDLB)』のボランティアのもとに預けられることになった。

 2匹の狩り里親になったのは、ステファニー・イーズリーさんだ。

 ステファニーさんは、出産したばかりのベルが、我が子と離れ離れにさせられてとても落ち込み、悲しんでいることに気付いた。

 そして、人間が近付こうとすると、うなり声をあげて威嚇するベルに対し、時間をかけてゆっくりと接していくことに決めた。

 ベルが里親の環境に慣れるまで、ステファニーさんと夫は子供たちをベルに近付かせないようにし、子供たちが眠った後ベルに接することを試みた。

 ベルのスペースを尊重しながら、少しずつ距離を縮めていったステファニーさんは、やがてベルの気持ちがほぐれ、自ら近寄って愛情を示してくれるようになったことに喜びを感じた。
belle4_e
image credit: youtube

仮里親から正式な飼い主に。ウサギに対するベルの母性本能が開花

 ステファニーさんの子供たちにもすっかり慣れたベルとウィンストンを、一家は養子にすることに決めた。

 そして、里親として預かった数匹のウサギを紹介すると、ベルはすぐに母性本能を発揮し始めた。

 本来なら、産んだ我が子に向けられるはずの母性本能を、ベルはウサギに向けるようになり、小さな動物にめいっぱいの愛情を注ぐようになった。

 ベルは、複数のウサギを我が子のようにかわいがった。ステファニーさんにさえ、ウサギを触らせようとはせず、我が子を守るようにうなり声をあげるようになったという。
belle5_e
image credit: youtube
 ウサギたちは、大きなベルにとても懐き、ベルは小さなウサギを守るために、いつも危険から守るようにして、そばに寄り添った。もちろんそこにはウィンストンもいる。
belle2_e
image credit: youtube
 劣悪だった環境から救済されたベルとウィンストンは、悲しい経験を繰り返してきたが、今ステファニーさんのもとで、ようやく第2の幸せに巡り合ったようだ。

References:Husky’s depressed after losing babies so owner introduces her to new ‘tiny animals’ to care for/ written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
ちょっ、まっ!保護されたハスキーとチワワ、大親友であることに気が付かずシェルターで隔離していたところ・・・


施設で出会った歩けないチワワと飛べない鳩がベストフレンドになるまでの物語(アメリカ)


とっても大好き、ゴールデンレトリバーとウサギは1つのおやつを分け合って食べる仲


ウサギさん、はじめまして!ゴールデンのベイリーくん、新入りウサギに挨拶をする


妹を失い、悲しみに暮れるチワワを気遣うゴールデンレトリバーのやさしさに涙

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年05月19日 12:11
  • ID:T7jzNdDv0 #

ハスキーめっちゃイケメンやな

2

2. 匿名処理班

  • 2023年05月19日 12:11
  • ID:cFf4u0UZ0 #

ベル「小さい子たちは私が守るハス!」

3

3. 匿名処理班

  • 2023年05月19日 13:07
  • ID:iUVpMHnQ0 #

金儲け主義のブリーダーは
全員地獄に堕ちろ

4

4. 匿名処理班

  • 2023年05月19日 13:08
  • ID:J.pY.mzY0 #

良い枕だな

5

5. 匿名処理班

  • 2023年05月19日 13:36
  • ID:bfwveJfw0 #

泣けますね

6

6. 匿名処理班

  • 2023年05月19日 14:15
  • ID:o6IJjKuc0 #

保護されたのが早くてよかった

7

7. 匿名処理班

  • 2023年05月19日 14:25
  • ID:iaiCGkYj0 #

白くて綺麗なハスキーさん

8

8. 匿名処理班

  • 2023年05月19日 14:36
  • ID:aZEl6ExN0 #

🐶チワワ涙目(いつも)

9

9. 匿名処理班

  • 2023年05月19日 16:23
  • ID:Q8NnELlk0 #

切ねえ(涙)
幸せにしてくれてありがとう。

>狩り里親
なんか勇ましいw

10

10. 匿名処理班

  • 2023年05月19日 18:32
  • ID:XsUVMmWY0 #

優しい目をしているなあ

ブリード目的で飼育されてたら子を産んでは人間に奪われるの繰り返しだっただろうから子供だと思ってるウサギにヒトが近づいたら唸るのはしょうがないんだろう
でもウサギは奪われないしずっと一緒だ、よかったね

11

11. 匿名処理班

  • 2023年05月19日 19:26
  • ID:oY.tByEU0 #

泣いた
他の逃げ出したい子たちも救われて欲しい

12

12. 匿名処理班

  • 2023年05月19日 19:33
  • ID:rtafDfSH0 #

カラパイアで動物引きとって、家に元から飼っていた動物と仲良くなったエピソードを読むたびに、そんなに動物を飼える環境をうらやましいと思ってしまう。
犬2・ウサギ2なんて、大変だろうけど毎日楽しそう。

13

13. 匿名処理班

  • 2023年05月20日 07:51
  • ID:j0ikZge20 #

アメリカも州によってはブリーダーの許可基準が違うのかな。それとも逃げ出した動物を返すしかないほど悪知恵が働くのか。どちらにせよ人間用の檻で、虐待された動物の気持ちを思い知ってほしいもんだ。

14

14. 匿名処理班

  • 2023年05月22日 07:22
  • ID:GG..jZS00 #

優しいワンコだ。
真似しちゃ駄目だよ。
普通はこうならないから。

15

15. 匿名処理班

  • 2024年01月28日 20:38
  • ID:OHpYugMY0 #

かわよ

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links