世界最大の電気トラック「eDumper」
 スイスの採石場で働く世界最大のEV(電気自動車)の「eDumper」はただ単に巨大なだけではない。環境にやさしいゼロ エネルギー車両の期待をになうダンプカーだ。

 産業界も注目の「 eDumper (イーダンパー)」は現場の坂を上手に利用。必要なエネルギーのほとんどを自らのブレーキングシステムで生成するため最小限の充電で仕事をこなせるという。

 EV史上最大かつ最強のバッテリーで可能な限りの自給自足へ。大型の働くクルマの脱ディーゼル化を後押しする eDumper をみてみよう。
広告
eMining AG - eDumper

コマツのダンプカーを電動に。世界最大のEV「eDumper」

 世界最大のEVで知られる「eDumper」。この車両はかつて日本の産業機械メーカー、コマツ製のディーゼルダンプカーHD 605-7だった。それを改造し、エンジンを電気モーターと巨大なバッテリーに置き換えている。
3
 スイスの機械装置施工請負業者 eMining AG、スイス連邦材料試験研究所Empa、スイスのベルン応用科学大学などの合弁事業として始まったそのプロジェクトは18カ月もかかったが、2018 年にはスイスのベルン州の採石場で初の運転をお披露目できた。

 Empaによると、eDumperはEV史上最大となる重さ4.5トンのバッテリーを搭載。その重さは乗用車2台分の重量に相当する。


 なお車両自体の重量は58トン、最大積載量は65トン。石を限界まで積めば合わせて123トンという途方もない重量になるが、その重さのおかげで eDumper が発電ができるのだ。

採石場の下り坂で生じたエネルギーを変換して充電

 「こんなにでっかい作業車に燃料の持続可能性を問うなど無意味」という声もありそうだが、このプロジェクトの焦点の一つはまさにそこだった。
2
 世界最大のEVの設計に取り組んだチームは、初めから高所の採掘場から掘り出された石灰や泥灰岩を低所の加工場まで運搬する状況を想定していた。
4
 丘の上の採掘場で大量の石を積んだ時の位置エネルギーをブレーキを通じて変換し、坂を上るときのエネルギーに利用することを考えていたのだ。
6
 eDumperは荷物を積んで下るとき、回生ブレーキでエネルギーを生み出し、そのエネルギーを巨大なバッテリーに蓄える。
8
image credit:Empa
 重量が増せば増すほど発電量も増加し、最大123トンで採石場の斜面を上るのに十分なエネルギーを発電できる。

完全自給自足は困難。冬は毎日数時間の充電が必要

 Empaによると、この巨大EVダンプは年間30万トン以上の石を運搬し、10年間で1,300トンのCO2と50万リットルのガソリンを節約できる。

 一方で毎日使うエネルギーすべてを発電でまかなうのは難しいそうだ。

 当初から自給自足を目指していたeDumperだが、現実は理想どおりとはいかず、さすがに充電不要の域には達していない。

 特に冬場はバッテリー駆動にむかないため、短時間の充電を毎日行う必要がある。
7
 またコストの問題もある。実は eDumper 自体のコストはもともとのディーゼルのコマツ605-7 HDダンプトラックのおよそ2.5倍と高価で、投資目的なら割に合わないと考える企業も多そうだ。

 電動ダンプカーとしての費用対効果は決して高くない eDumper。だがこの車は採石場で働くような大型車両でもEV化が可能という証でもある。
5
 坂を行き来するお仕事ならではのエネルギー節約システム。にしてもこんな大きなダンプカーが電動でしかもほとんど充電しなくていいなんてほんとすごいや。

References:odditycentralなど /written by D/ edited by parumo
あわせて読みたい
電気自動車を10分以内で充電する方法を発見

寒い日に携帯のバッテリーが急激に消費されるのはなぜなのか?その対処法とは?

すごいだろ、これ消防車なんだぜ?世界最大のパワーを持つ兵器を魔改造した消防車

重機界のラスボス、重量と5600トンもの超巨大バケット・チェーン・エクスカベーターの迫力のタイムラプス映像

世界最長の車は全長約31メートル!プールからヘリポートまでついている

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年12月22日 15:16
  • ID:w799i15y0 #

採掘所が高所ならコンベアとかで流せばいいのでは?と思ってしまう。

2

2. 匿名処理班

  • 2022年12月22日 16:24
  • ID:MUGXqoHe0 #

>一方で毎日使うエネルギーすべてを発電でまかなうのは難しいそうだ。

それができたら永久機関なんよ

3

3.

  • 2022年12月22日 16:36
  • ID:a4DIAhtI0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2022年12月22日 16:59
  • ID:4JwH.ebG0 #

1日に何時間もバッテリーに充電しなきゃいけないのからわかるようにEVにしても全部無駄に熱になって放出されちゃうよ。
消費エネルギー減らしたいんならエレベーターみたいにトラックと同じ重さの重りをワイヤーでつなげて山頂の反対側に垂らして、トラックと引っ張り合わせて反対の動きをさせるしかないよ。

5

5. 匿名処理班

  • 2022年12月22日 17:22
  • ID:b3jVKriK0 #

高所で積み込みして位置エネルギーを利用するのだから全然永久機関じゃないし自給自足は可能でしょ

6

6. 匿名処理班

  • 2022年12月22日 17:39
  • ID:QCo.7Yxx0 #

完全自給自足は困難ってそりゃそうだろうなぁ
てかこの作業現場って電気自動車にとって結構な難所な気がするが本当に大丈夫なんだろうか

7

7. 匿名処理班

  • 2022年12月22日 19:28
  • ID:JDNdyNkI0 #

高低差があり長距離走行でないから使い物になるんか。

8

8. 匿名処理班

  • 2022年12月22日 23:43
  • ID:qa1r3nw70 #

石炭の運搬に使われるってのが一番面白いとこやね

9

9. 匿名処理班

  • 2022年12月23日 00:09
  • ID:HiTCeIkc0 #

こういったところのダンプは、架線敷いてトロリーダンプ化する例はよくみるが…
BEV化はなんか微妙感。

10

10.

  • 2022年12月23日 10:21
  • ID:6ivDG.Eh0 #
11

11. 匿名処理班

  • 2022年12月23日 13:28
  • ID:Nhp.cNhU0 #

※1
まぁ、いろいろ試してみるという試行錯誤の段階だから一台だけなのでしょうね。
上るときは空荷で、下りるときに満載なら重量物の位置エネルギーを電気に変換して往復するって考えですよね。実験としては面白いと思います。回生ブレーキの発電効率やバッテリの充電効率が良くなるとバッテリの性能の低くなる低温期すなわち冬でもいい感じに使えるようになるかもしれません。
原理上ディーゼルエンジンは大きさの制限がないので、大型のディーゼルエンジンを置き換えるという実験にもなるかもですね。大きなディーゼルエンジンとくると船ですけど、今回の実験でうまくいくとそれなりの大きさの船も電池+モーターに置き換えられる可能性が見えてきます。
ま、最初は高い・電池の持ちが悪いや、想像もしてないような障害が頻出すると思いますけど、ちょっとづつ進歩していくといいなと願っています。

12

12. 匿名処理班

  • 2022年12月23日 14:45
  • ID:q.Ll4KJU0 #

バイオディーゼルではあかんのやろか?

13

13. 匿名処理班

  • 2022年12月23日 16:31
  • ID:CkmZGPMI0 #

冬山の気温でバッテリー持つわきゃない、下手すら1シーズンでおじゃんだ
しかもディーゼルの経済性に勝る訳ない。まだまだ実験の域

14

14. 匿名処理班

  • 2022年12月23日 17:28
  • ID:xFaJs3FV0 #

>>2
なんで永久機関に例えるのか意味不明
満載の123トンで坂を下りながら発電・充電、帰りは空荷の58トンで坂を力走して登る
現場か設計が最適化されれば外部充電無しでも成立するっしょ?

15

15. 匿名処理班

  • 2022年12月23日 18:22
  • ID:2m9b.p7x0 #

冒頭の「環境にやさしいゼロ エネルギー車両」、ゼロエネルギーなら動かないんじゃないのかねぇ。
電動にしたんだよって事なら電気がエネルギーなのでは?

お名前
Advertisements
記事検索
月別アーカイブ
Advertisements
Advertisements