太陽嵐が磁気圏に穴を開けピンク色のオーロラが
image credit:Greenlander Tromso / Facebook

 11月3日(現地時間)、太陽嵐が地球の磁気圏を突き破り、穴を開けた。この穴から高エネルギー粒子が大気の奥深くまで侵入したおかげで、北極圏ではきわめて珍しい「ピンク色のオーロラ」が観測された。

 磁気圏の穴は、開いてから6時間後にふさがったそうだが、その間めったにお目に掛かれないピンク色の光のショーを目撃した、ノルウェー、トロムソで旅行ガイドを務めるマーカス・バリク氏が、素晴らしい写真を撮影した。
広告
  マーカス・バリク氏によると、午後6時(現地時間)ごろに鮮やかなピンク色のオーロラが出現し、2分間くらい続いたという。

 以下の写真は、バリク氏が撮影した、ノルウェー上空で観測されたピンク色のオーロラだ。

 「10年以上ガイドを務めてきましたが、これほど濃いピンク色のオーロラを目にしたのは初めてです。畏敬の念を抱かずにいられませんでした」とバリク氏。

太陽嵐が地球の磁気圏を突き破り穴を開けたことが原因

 一般的なオーロラは緑色だが、ピンク色はかなりレアだ。

 オーロラは、「太陽風」という高いエネルギーを帯びた荷電粒子(プラズマ)が「磁気圏」(天体の固有の磁場に支配されている領域)を通過したときに発生する。

 尚、大規模な太陽フレアが発生した際に「太陽風」が爆発的に放出され、地球上や人工衛星などに甚大な被害を及ぼす現象が「太陽嵐」だ。

 地球は磁場に包まれており、これが普段から私たちを宇宙線から守ってくれているが、北極と南極では磁場が弱い。

 そのため太陽風は100〜300キロの上空をかすめ飛んでいく。このとき太陽風が大気中の粒子に衝突することで発光し、夜空を輝かせる。

 だが一般的なオーロラは緑色だ。それは大気圏に含まれる「酸素原子」が励起してもとに戻るときに放たれる光が緑色だからだ。

 ところが今回に限っては、磁気圏に穴が空いたことで、太陽風は100キロよりさらに低いところまで侵入することができた。そこは窒素が豊富にあり、窒素原子が励起した。だからピンク色に輝いたのだ。

謎の青いリボンも出現

 磁気圏の穴は、開いてから6時間後にふさがったが、この間、もう1つ面白いものが観測されている。

 スウェーデン上空にリボンのような奇妙な青い光のリボンが出現し、30分ほどじっと静かに横たわっていたというのだ。以下の映像から見ることができる。



 この不可思議な現象が、磁気圏の穴が原因で発生した未知のオーロラなのか、それとも何か他の原因によるものなのか、はっきりとはわかっていない。

 青いリボンの正体は「ロシアのロケット燃料が凍ったもの」であると指摘する専門家もいるそうだ。ただしこのエリアではロケットは目撃されていない。

References:Solar storm smashes hole in Earth's magnetosphere, triggering extremely rare pink auroras | Live Science / Spaceweather.com Time Machine / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
史上初、宇宙台風が北極上空で観測される。直径1000キロもの巨大なプラズマが吹き荒れていた

オーロラのようでオーロラじゃない。謎の大気現象「スティーブ」に奇妙なヒゲを観測(NASA)

サウロンの目のようだ。太陽の黒点が史上最高の高解像度で撮影される

宇宙規模のかめはめ波。太陽に似た星からメガプラズマボールが噴出。大規模なコロナ質量放出

インターネット・アポカリプス。次に来る太陽嵐で世界中のネットが遮断される恐れがあると専門家が指摘

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1.

  • 2022年11月10日 20:05
  • ID:6DtXjWim0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2022年11月10日 21:02
  • ID:AFOfsWgS0 #

こういうのこそレア現象だろう
皆既月食なんか目じゃない

3

3. 匿名処理班

  • 2022年11月10日 21:28
  • ID:S.bHpLYd0 #

そんな高エネルギーの粒子が大気圏内に飛び込んできて
地上の生き物は大丈夫なのか?

4

4. 匿名処理班

  • 2022年11月10日 22:13
  • ID:j7Q5Dfdi0 #

おいしそうな色しやがって

5

5. 匿名処理班

  • 2022年11月10日 22:17
  • ID:8f.m5KAt0 #

綺麗だけど同時に恐怖を感じる

6

6. 匿名処理班

  • 2022年11月10日 22:54
  • ID:1nsA0taF0 #

この配色は…

紛うことなき
アンドロメダ瞬ではないか。

7

7. 匿名処理班

  • 2022年11月10日 23:35
  • ID:ILLeAhyS0 #

綺麗な色ではあるけど毒々しく感じてしまう
矢っ張り緑だよなオーロラは

8

8. 匿名処理班

  • 2022年11月11日 01:41
  • ID:jlaWU2ax0 #

北磁極がシベリアに向かって移動していて自転軸と並行化して偏ってきてるからなのか?

9

9. 匿名処理班

  • 2022年11月11日 11:22
  • ID:wmP73B.q0 #

平安時代に日本から赤いオーロラが見えたらしいけど、それとは違うようだ

10

10. 匿名処理班

  • 2022年11月11日 12:36
  • ID:T3YfTpdV0 #

これは間違いなくスイカ味

11

11. 匿名処理班

  • 2022年11月11日 12:37
  • ID:T3YfTpdV0 #

スイカ味だな

12

12. 匿名処理班

  • 2022年11月11日 15:18
  • ID:XaCNlNlu0 #

地球がもたん時が来ているのだ

13

13. 匿名処理班

  • 2022年11月11日 15:31
  • ID:yN.ycIL.0 #

この色合いはどこかで見た…と思ったら
ウォーターメロントルマリンの色だった

14

14. 匿名処理班

  • 2022年11月11日 16:36
  • ID:MpqbsQ9j0 #

※3
光っているってことは、遥か上空で大気にぶつかってせき止められているということなので大丈夫。

大気がなければ高エネルギーの太陽風が直撃するわけだ…

15

15. 匿名処理班

  • 2022年11月11日 18:23
  • ID:XpfGSDUa0 #

※13
あれ綺麗だよね

16

16. 匿名処理班

  • 2022年11月11日 18:53
  • ID:OWuly4Kb0 #

シールドが剥がれてる場所に留まっても平気なのかな?
普段遮られてる宇宙線浴び放題だとしたらちょっと怖い

17

17.

  • 2022年11月11日 19:17
  • ID:VKVCisMc0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2022年11月11日 19:35
  • ID:U5.7.0tY0 #

綺麗やけど、これアカンやつちゃうん?

19

19. 匿名処理班

  • 2022年11月11日 22:42
  • ID:JQelkpjK0 #

めっちゃかわいい〜

20

20. 匿名処理班

  • 2022年11月13日 02:08
  • ID:c1dVPfVF0 #

磁場は極域のが強いですよ。
なので記事の理屈だと赤道付近にオーロラが出現することになります。
ちゃんと調べた方が良いかと。

21

21. 匿名処理班

  • 2022年11月18日 14:45
  • ID:AK.p.T4L0 #

※9
赤いオーロラはオーロラの最上部にある
太陽の活動が活発なときに低緯度の空気が澄んだところで見られるオーロラがもっぱら赤いのはそこからでも高い場所のが見えるから。緑のエリアは死角になって見えない。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING