no title
 先日、ブラジルの浜辺を大量のワニが占領している動画がSNSに投稿され、ワニの侵略により地元の人々がパニックになっているという噂が拡散し、瞬く間に憶測が広がった。

 映像には確かに数えきれないほどのワニが浜辺を占拠しているように見える。ワニが陸地を侵略しにやってくることなどありえるのだろうか?

 それについて、ある動物学者が真相をツイートした。
広告

Crocodile Invasion on Brazil Beach

ワニの侵略か?ワニの大群が海岸に結集

 9月15日、アメリカのラジオ司会者がツイッターに投稿した動画は、多くのユーザーらを驚かせた。
ブラジルでは、ワニ(クロコダイル)の侵入により浜辺の 1 つが数百、さらには数千匹であふれ、地元住民はパニックに陥っています。
 この映像は瞬く間に拡散し、「ワニが人間を攻めにやってきた!」「クロコダイルの侵略だ!」という憶測がSNS上で飛び交った。

 果たしてその真相は?

ここは海ではなく湿地。多くのワニが集まるスポットだった

 同日カナダの動物学者がこの映像についてツイートし、真相を明かした。
これは侵略ではありません。また、地元住民はパニックにもなっていません。

この場所は、世界最大の熱帯湿地「パンタナル」にある巨大な沼地の沿岸で、多くの自然が残された場所です。

それから、これらはワニはクロコダイルではなく、ヤカレカイマンです。
 ヤカレカイマン(パラグアイカイマンとも呼ばれる)は、アリゲーター科カイマン亜科に属するワニで、アルゼンチン、ボリビア、 ブラジル、パラグアイの湖、川、湿地に生息する。

 体の色は茶色く黒い斑点で覆われている。体長はオスが2〜3メートル、メスが1.4メートルほど。

 1980年代にワニ皮のために大量に捕獲され、個体数が大幅に減少した。ほぼ絶滅する寸前までいったという。

 だが、1992年、野生のワニ皮の取引が世界的に禁止となり、徐々に個体数が戻り、現在「パンタナル」には1千万匹以上が生息する、世界で最もワニが集中している場所となった。

 また、別のユーザーもこのようにツイートした。
これは海のビーチではなく侵略でもありません。 パンタナル湿地の真ん中にあるMS-195道路から見たナビレケ川の自然の生息地にいるカイマンの美しい光景です。

地元の人口: 0
パニック状態: LA のラジオ司会者1人(笑)
 つまりは、この動画は人間の観光客が訪れるようなブラジルの海の浜辺などではなく、パンタナルの湿地に集うワニたちの自然の姿だったのだ。

 パンタナルは自然保護地域であり世界遺産となっている。

 最後に、動物学者は「オンラインで話す時には、事実と内容を調べてからにしてください」と締めくくった。

References:Truth behind the 'crocodile invasion' of beach in Brazil/ written by Scarlet / edited by / parumo
あわせて読みたい
最強のボディーガードはワニだった。20年以上ワニと暮らすおじさん(タイ)

子供たちの目の前でワニが調教師に噛みつくというアクシデント。観客が助けに入りデスロールを防ぐ

古代ワニの最後の晩餐は恐竜だった。化石からその捕食行動が明らかに

ペットのワニを連れて公園で遊ぶ少女にびっくり!セラピーアニマルだった

ワニを神として崇拝。ワニと人が仲良く暮らす西アフリカの村

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年09月20日 22:04
  • ID:NIDDWF2J0 #

学者ってワニの種類を間違えたら必ずキレるな

2

2. 匿名処理班

  • 2022年09月20日 22:32
  • ID:ZiOMG9FY0 #

ヤカレカイマン用のヌーディストビーチだ

3

3. 匿名処理班

  • 2022年09月20日 22:36
  • ID:rvXMX.Gt0 #

これの左右反転した動画が某動画サイトに「危険なビーチ」として上がってたな
司会者が投稿した動画の方がオリジナルの方なのか分からないけど、こんな人を不安にさせることして何が面白いんだろね?

4

4. 匿名処理班

  • 2022年09月20日 23:28
  • ID:gr.Xn9mn0 #

普通に真実を紹介したって十分インパクトある動画なのに何故自分でケチ付けちゃうのかなぁ
浅薄としか思えん

5

5. 匿名処理班

  • 2022年09月20日 23:38
  • ID:60J24iXN0 #

これがホントのワニワニ……
やっぱやめとこう

6

6. 匿名処理班

  • 2022年09月20日 23:42
  • ID:JJ.bSkFe0 #

イルカが攻めてきたぞっ

7

7. 匿名処理班

  • 2022年09月20日 23:51
  • ID:upvOgYKQ0 #

※3
それでなくとも動物動画って無断転載されまくりだよね
人を主体としてない分肖像権とかも緩そうだし

8

8. 匿名処理班

  • 2022年09月21日 00:00
  • ID:bfEDm51f0 #

ワニって気温で性別が決まるんだが温暖化のせいでオスかメスか忘れたがどっちかばっかりになってしまっているそうな

9

9. 匿名処理班

  • 2022年09月21日 00:06
  • ID:NL.sVGrO0 #

ユーモアを込めての投稿なら判るんだけど、それを明確にせずに投稿すると、必ず真に受ける人が出てしまう=フェイクニュースになるんだよね。この司会者が何を思って投稿したのかは不明だけどもね。本気だったら、ガチのフェイクニュースな訳だけどw

もし本気だったとして、不思議なのは、こんな一見すると異常に見える映像を見て、どうして真相を調べようと思わずに拡散しようと思えるのか?だよね。

以前の、地震の時のライオンの画像もそうだけど、「!?」と思ったら、普通は調べるよね?と思うんだけどねぇ。

10

10. 匿名処理班

  • 2022年09月21日 00:08
  • ID:erZwHE0F0 #

うらにわにはにわにわにはにわわにがいる

11

11. 匿名処理班

  • 2022年09月21日 00:11
  • ID:IVTrZLbZ0 #

もともとワニの庭だったのか。

12

12. 匿名処理班

  • 2022年09月21日 00:12
  • ID:DvlfcqkM0 #

※5
にわにわとりがいるですね

13

13. 匿名処理班

  • 2022年09月21日 02:01
  • ID:1CZjdkHw0 #

爬虫類飼いの俺にはのんびり日向ぼっこしてるように見えた(実際は不明)

14

14. 匿名処理班

  • 2022年09月21日 03:14
  • ID:f.WG5SxP0 #

動きは遅いし、水辺からそう遠くは離れないし、
Gに比べればまし

15

15. 匿名処理班

  • 2022年09月21日 06:29
  • ID:Ca24WLqA0 #

因幡の白ウサギ「お、これならいけるやん?」

16

16. ちむどんどん

  • 2022年09月21日 08:57
  • ID:pPHS9EzR0 #


 沖縄のビーチがこういうふうだったら?(汗)

17

17.

  • 2022年09月21日 09:29
  • ID:sQJIBG2m0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2022年09月21日 10:20
  • ID:N4IWdore0 #

ワニは噛む力は強いけど口を開く力は弱いから
背中から口を抱える様に羽交い絞めすれば制圧できる、これ豆な
あとは転がられても離さない根性

19

19. 匿名処理班

  • 2022年09月21日 11:07
  • ID:po7BY39r0 #

絶滅寸前から復活して1千万匹以上って、ワニは繁殖率高いんだね
ワニに幸あれ

20

20. 匿名処理班

  • 2022年09月21日 11:44
  • ID:t.woIokl0 #

こうやってマスコミによってデマがたれ流されるんやな。

21

21. 匿名処理班

  • 2022年09月21日 12:13
  • ID:FdldakLk0 #

明らかにネタやろとわかるが
わざわざコレはネタですとかルビを振って注意書きせないかん世界になったのかね

22

22. 匿名処理班

  • 2022年09月21日 13:13
  • ID:hUfdqp8b0 #

100日後に忘れられるワニ

23

23. 匿名処理班

  • 2022年09月21日 19:36
  • ID:iTwHCo2F0 #

イルカが攻めてきたんじゃないのか…

24

24. 匿名処理班

  • 2022年09月21日 21:32
  • ID:TynnJbUj0 #

※15
最後にかじられないようにせにゃ

25

25. 匿名処理班

  • 2022年09月21日 23:47
  • ID:2tRtkt8.0 #

>>21
流石にこれはわかるだろというような内容でもよっぽどあからさまじゃなけりゃ真にうける人が絶対に一定数出てくるのがネットというもの。
そんなのとっくにわかりきってたことでしょうに
今時それを予測できない方が驚き

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING