核爆弾で天然ガス産出
 1950年代後半、アメリカ政府は「プラウシェア作戦」という少々変わった核実験計画を発足させた。

 その目的は核爆弾の膨大なエネルギーを土木工事や採掘など平和的に利用することだ。当時、核エネルギーと言えば兵器のことだった。

 だが科学者はアラスカに新しい港を開くとか、パナマ地峡に運河を開くとか、核爆発を巨大な発破と捉え、平和的な利用法を見出したいと願っていた。そうした案の1つがガス田の開発だ。
広告

核爆発で天然ガスを抽出する「ガスバギー計画」

 平和利用核爆発水圧破砕させ、石油・ガス田の地下へ水や砂などを高圧で流し込み、岩石を破壊する。

 これによって原油や天然ガスの流れが良くなるので、生産効率が上がる(なお環境への影響が大きく、議論のある方法でもある)。

 原子力委員会のメンバーは、核爆発で大きな亀裂を作ることで、よりスムーズに天然ガスを抽出できると考えた。

 そこで原子力委員会は1967年、米国鉱山局とエルパソ天然ガス社と提携し、核爆弾が天然ガスの採掘に有効かどうか検証する実験を行うことにした。

 実験地として選ばれたのは、ニューメキシコ州デュルセから34キロ南西の地点と、ファミントンから87キロ東の地点の2ヶ所。

 砂岩に天然ガスが溜まっていることがすでに知られていたところだ。爆弾(「ガスバギー」と呼ばれた)は地下1.2キロに設置され、穴を埋めたのちに起爆された。

 キノコ雲は上がらなかった。だが付近の丘から見物しようと集まった野次馬の足元を盛大に揺さぶった。
2_e
核爆発装置「ガスバギー」を地下に埋設する科学者たち / Photo: U.S. Department of Energy

 地下での核爆発は岩石を蒸発させ、内壁が溶けたガラスで覆われた直径48メートル、高さ101メートルの空洞が出現。

 だが、科学者の予想とは裏腹に、周囲の岩石の圧力によって、ほんの数秒で崩れてしまった。それでも全方位に60メートルの亀裂が走り、そこから天然ガスが噴出した。

 「ガスバギー計画」はあくまで実証実験だった。ゆえに天然ガスが抽出されることはなかった。その役目は、続く「ルリソン計画」が担うことになる。

天然ガスの放射能汚染が確認された第二の実験「ルリソン計画」

 ルリソン計画はコロラド州ルリソンの田舎町で実施された。

 1969年9月10日、原子力委員会はオーストラル・オイル社とCERジオニュークリアー社と提携し、2.6キロの地下で核爆弾を起爆。その高温で大量の岩石が蒸発し、球状の空洞がポッカリと口を開けた。

 その上部の岩石には亀裂が入り、起爆後まもなく崩落。瓦礫が詰まった煙突が形成された。空洞まで掘り進み内部を調べてみると、期待通りの高濃度の天然ガスが検出された。

 ただしそれを一般に流通させるには放射性レベルが高く、最終的にガス田は廃棄された。
3_e
ルリソン計画 / image credit:U.S. Department of Energy

 ルリソンで核爆弾が起爆される前、計画に反対する活動家や環境保護主義者たちが現地に集まり、計画を阻止しようと立ち入り禁止地域に侵入したりしていた。

 だが、そんなことで怯む原子力委員会ではない。彼らが爆心地から3キロの地点にいたというのに、起爆を決行した。

 「衝撃波で15〜20センチは浮いたよ」とチェスター・マクエイリー氏は当時を述懐する。

 「あれは実験だったが、成功すればライフルからパラシュートまでの32キロの区間で、100か200回爆破してガス田を開発すると、連中は公然と話していた」

 放射性物質汚染にも関わらず、ルリソン計画は成功とみなされ、関係者は3回目にして最後となる実験「リオ・ブランコ計画」に自信をのぞかせた。
nuclear-fracking-2_e
ルリソン計画の実施現場/ image credit:Bronco925/Wikimedia

結局失敗に終わった核爆発によるガス田開発計画

 リオ・ブランコ計画は1973年5月17日、コロラド州リオ・ブランコで実施された。33キロトンの核爆弾3つが、1つの設置井のそれぞれ1779、1899、2039メートルに設置。ほぼ同時に起爆された。

 首尾よく行けば、ロッキー山脈西部のガス田で数百という核爆弾が使われるはずだった。だが前回、放射性物質汚染によって天然ガスは安全ではないだろうことが示されていた。
5_e
リオ・ブランコ計画の実施現場 / image credit:Bronco925/Wikimedia

 そして最後の実験では爆発による空洞がうまくつながらず、放射性レベルもまた許容できないものだった。

 1974年までに一連の実験には8200万ドルが投じられていた。更に、これによって開発されたガス田を25年間稼働させたとしても、投資額の15〜40%しか回収できないだろうと試算された。

 また家庭のガスコンロから微量の放射性物質が漏れ出てくるという恐怖も、世間には受け入れられなかった。かくして、放射性物質で汚染されたガスが一般に流通することはなかった。

 3度目のリオ・プランコ計画は、プラウシェア作戦最後の実験となった。

 計画に対する反対の声が大きくなったことを受け、プラウシェア作戦自体も1975年に中止された。それから程なく、米ソの間で「平和目的地下核爆発制限条約」が締結されることになる。

 実験が行われた現場は、現在もエネルギー省レガシー管理局の監督で後始末が行われている。それぞれには石碑が建立されており、かつてそこで何が起きたのか今に伝えている。
6_e
ガスバギー計画を今に伝える石碑 / image credit:Chubbles/Wikimedia
References:Natural Gas Extraction by Nuclear Explosion | Amusing Planet / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
1950年にアメリカで発売された世界一危険なおもちゃ。A.Cギルバート社の「子供用原子力研究セット」

アメリカの核実験映像が機密解除。その驚くべき実験内容が明らかに。

ロシアが世界最大の核爆発映像を公開

米ソ冷戦時代、アメリカ空軍はロケットで地球の自転を止めようとする計画を提案していた

夜を昼に変えた。宇宙での高高度核爆発実験の歴史

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1.

  • 2022年05月27日 22:03
  • ID:ziBoN1qo0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2022年05月27日 22:07
  • ID:Dz8zK8pI0 #

小松左京のSFでは、水爆による土木工事が普通に出てくる。

3

3. 匿名処理班

  • 2022年05月27日 22:27
  • ID:FdXB7hVB0 #

核爆発のfollout舐めすぎ

4

4. 匿名処理班

  • 2022年05月27日 22:43
  • ID:vRuMTTNU0 #

出てくる天然ガスが放射性物質汚染…
そりゃそうだろって思ってしまう

5

5.

  • 2022年05月27日 22:44
  • ID:X6WlQvLa0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2022年05月27日 22:54
  • ID:S9k8rPEt0 #

農業用の人造湖作った国もあったな。

7

7.

  • 2022年05月27日 23:23
  • ID:8QcInpWb0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2022年05月27日 23:41
  • ID:AVVF5xKU0 #

こいつらホントに核爆弾の放射線被害をなめてるよな。
広島長崎では直後に親戚知人を探しに行った人が漏れなく原爆症になって大勢が命を落とした。それも何年も後になってだ。
広島県人はそういう形で知り合いや親戚になんらか被害を受けた人が結構いるから核兵器アレルギーは強い。
だからといって反戦運動家市民活動家を支持しているわけではないぞ。田舎で保守的だから逆に嫌ってる人のほうがずっと多い

9

9. 匿名処理班

  • 2022年05月27日 23:43
  • ID:OCyDW37e0 #

良くも悪くも大雑把な国だな

10

10. 匿名処理班

  • 2022年05月28日 00:03
  • ID:.NEKBuMU0 #

※2
出来た亀裂が止まらなくなってさぁ大変って言う展開ね、懐かしいね。

11

11. 匿名処理班

  • 2022年05月28日 00:17
  • ID:fTPoO.V00 #

実験は大事だけれど
時には実験する前からわかりきっていることもある

12

12. 匿名処理班

  • 2022年05月28日 00:23
  • ID:HqN60NUF0 #

研究するにつれて学者たちは危険性に気付いたろう
されど委員会は全員がそういう専門の知識を持ってる人ではなかった
まあなんとかなる、してくれるだろうってね

13

13. 匿名処理班

  • 2022年05月28日 00:50
  • ID:7j22eYk80 #

外国人の多くは核=すごい威力の爆弾!ってだけの理解らしいな。
問題は撃ったなのに、言われてみりゃ海外で事後の議論あんま聞かないあたり近からず遠からずなのかね。

14

14. 匿名処理班

  • 2022年05月28日 01:10
  • ID:bzryPvaV0 #

農業用池はロシアのチャガン湖だったっけか
日本にも東京湾を水爆で埋め立てようって計画があったらしいね

15

15. 匿名処理班

  • 2022年05月28日 01:21
  • ID:iifRzTNH0 #

手段は違うけど、やってることはシェールガスのクラッキングと同じだね。

16

16. 匿名処理班

  • 2022年05月28日 02:13
  • ID:DEz8PXw90 #

核を動力源とした原子力飛行機を作ろうとしただけのことはある

17

17. 匿名処理班

  • 2022年05月28日 03:23
  • ID:HratjP.j0 #

人の英知が作ったものなら人を救ってみせろ!

18

18. じょん・すみす

  • 2022年05月28日 07:18
  • ID:E6dU22cn0 #

以前TVで爆発時の動画を見た事あるよ。
爆心の真上にある仮設のコントロール室が、冗談みたいに
上下に飛び跳ねてた記憶がある。

19

19. 匿名処理班

  • 2022年05月28日 07:54
  • ID:eO.7HgEe0 #

専門バカと言う

20

20. 匿名処理班

  • 2022年05月28日 09:12
  • ID:1B16JCuo0 #

「なんでもやってみよう。挑戦しよう。失敗したっていいじゃないか」の精神で突貫して、たまたま偶然上手くいった技術が、人類の文明の基になっている。

21

21. 匿名処理班

  • 2022年05月28日 11:35
  • ID:rh.izfdB0 #

ソ連だと思うんだけど、油田火災を核爆弾で鎮圧したっていう映画を、つべで見かけたことがある。ロシア語(?)わからんから詳細は説明できんのだけど。
でかい発破として使う発想は東西にあったんだろな。

核に限らず、50年代から70年代あたりの科学技術に対する信頼というか、楽観ムードはほんと、恐るべきものがあるよねえ。

22

22. 匿名処理班

  • 2022年05月28日 11:52
  • ID:tVaDFIfH0 #

核の平和利用はあり得ないってことかな。

23

23. 匿名処理班

  • 2022年05月28日 12:21
  • ID:Dudh.88w0 #

核爆弾の平和利用ってウズベキスタンの天然ガスの火災を消化するのに使われた以外、成功した事例ないよな?

24

24. 匿名処理班

  • 2022年05月28日 14:46
  • ID:QlhnHHSE0 #

後に残されたのは汚染された土地と巨額の負債か
ガスバギーっていうかガバガバスギーだな

25

25. 匿名処理班

  • 2022年05月28日 18:30
  • ID:MqaWmQ.30 #

つまりガス田ひとつ汚染して潰しただけか
普通に開発すれば資源にできたものを

26

26. 匿名処理班

  • 2022年05月29日 19:10
  • ID:3.iATeU.0 #

放射能汚染なんて考えなくても分かるのに
本当に核をでかい爆弾としか思ってないんだな

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING