メタバースが世界を変える10の方法
 現実世界とは異なる架空の仮想空間サービス「メタバース」はとにかく注目を集めている。その概念は新しいものだ。

 実際にメタバースが何なのかを理解している人は少ないだろう。事実その共通認識はまだ曖昧で、明確な定義もこれから作られていく感じだ。

 さまざまな企業がメタバースの方向性を探っている段階だが、ここではメタバースの本質が何で、現実世界はどのように変わっていくのかを見ていこう。
広告

メタバースとは?

 そもそもメタバースとはどういう意味か? これは「超越(メタ:meta)」と「宇宙(ユニバース:universe)」を組み合わせた造語である。

 「次の世界」、「世界の向こう側」といった意味で、これは仮想現実(VR)で作り上げたバーチャルの世界を意味する。

 ニール・スティーブンソンは1992年に発表したSF小説「スノウ・クラッシュ」で、メタバースについて「あらゆるものを内包したデジタル世界」と説明している。

 それは物理世界で営まれるものとまったく同じ暮らしが営まれる、デジタルのパラレルワールドだ。
iStock-1360939358
photo by iStock
 メタバースを理解するには、日頃お世話になっているインターネットを想像するのもいい。ただし3Dで、だ。

 そこは自分のアバターでダイブして、他者とコミュニケーションを交わすことができるデジタルの世界だ。

 好むと好まざると、メタバースはやってくる。そして、私たちの暮らしのあらゆる部分に影響を与える。そこから逃げ回っている時間などない。

 メタバースはもうSFのコンセプトではない。エンターテイメントから仕事まで、現実世界に入り込んで様々なものが変わっていくのだ。
iStock-1365132621
photo by iStock

10. デジタルリアリティからの誘い

 VRゴーグルを装着して、自分が設計したデジタルワールドにダイブすれば、理想の世界で生きられるようになる。非常にリアルで、もはや物理世界に戻りたくなくなるほどだ。

 現実の暮らしと違い、メタバースの世界は選択肢とチャンスの宝庫で、己の思い通りに生きることができる。

 そうした個々の独立したデジタルワールドは、やがて互いにつながり合うようになるだろう。だが、そもそもデジタル世界の主権は誰にあるのだろうか?

 つまりメタバースを管理し、さまざまなパラメーターを設定する役目は誰が担うべきかということだ。

 最近Facebookは社名をMetaに変更。ある意味、マーク・ザッカーバーグはメタバースに自分の旗を立てたことになる。

 これは南極や北極の冒険家が自分の旗を立て、その所有権を主張したのと似ている。Google、Microsoft、Appleもまたメタバースの覇権を狙っている。

 そのために大切なポイントは、より上質のユーザー体験をデザインし、ユーザーを惹きつけることだ。
1
photo by iStock

9. メタバースと旅行

 旅行好きにメタバースはピッタリだ。どこにでも行けて、新しい出会いを見つけられる。その土地ならでは文化を体験し、地元の人と交流することだってできる。

 もはや時間と空間に縛られることはない。旅費やサービス料が発生することもあるが、それはビットコインなどの暗号資産で支払う。

 仕事で出張したいなら、メタバースでは別の部屋に移動するだけで、シンガポールからオーストラリア、そこからロンドンといった具合に世界を飛び回ることができる。

 お望みなら世界各地に友達を作って、日本にいながらアメリカやフランスの友達とカフェでおしゃべりするのもいい。

 もちろん恋が芽生えることだってあるだろう。Zoom、Skype、Tinderといったアプリとはさよならだ。君にはメタバースがある。

8. グローバル経済の再構築

 メタバースの市場価値は、2025年までに8000億ドル(100兆円)になると推定されている。メタバースの信奉者は、近いうちに世界の富の大半を占めるようになると予測し、すでに投資を始めている。

 メタバースに投資をする1つの方法としては、デジタルワールドの土地購入がある。

 これまでにも、値上がりを期待して人気の出そうなドメイン名を買う人たちがいたが、メタバースの土地購入はこれに似ている。初期に土地を購入しておけば、それだけ大儲けできるチャンスも高まる。

7. 新しいエンターテイメント

 新型コロナのおかげで、エンタメ業界は大打撃を受けた。ライブや演劇など、人が集まる催し物はことごとく中止を余儀なくされた。

 だがメタバースが新しいステージを用意してくれた。ラッパーのトラヴィス・スコットはメタバース・ライブを開催し、2700万人のファンがアバターの姿で押し寄せた。

 この動員人数は、史上最大級のコンサート20回分よりも多い。メタバース・ライブでは、そこでしか手に入らないスキンやグッズを購入することもできる。

 おかげでトラヴィス・スコットはたった1度のライブで、2000万ドル(26億円)も稼いだという。

 メタバースのエンタメは音楽だけではない。ほかにも動物園でかわいい動物たちをじっくり観察したり、テーマパークでジェットコースターに乗ったりと、思う存分楽しむがいい。

6. 2Dインターネットに終止符

 2Dで描かれたインターネットは、やがて3Dに変貌すると言われている。それまでとは比べ物にならない没入感を体験できる、デジタル世界のインターネットだ。

 1995年に2Dのインターネットが登場した時と同じく、メタバースは学び方、稼ぎ方、他者とのつながり方を変えるだろう。

 メタバースによって、ゲームも変わる。フォートナイト(Fortnite)はわずか3年で3億5000万人ものゲーマーを魅了した。

 こうしたゲーマーは毎月、仮想現実世界で30億時間も過ごしている。メタバースの発展を促しているのはこうしたユーザーで、その力強さはまるで機関車のエンジンのようだ。

5. メタバースでお買い物

 買い物もメタバースで行われるようになるだろう。気になるアイテムがあれば、自分そっくりのアバターで試着してから購入。

 しばらくすれば現実世界のあなたの部屋に届けられる。最高におしゃれなのに、キツくて入らないなどと、もう試着室で情けない思いをしなくていいのだ。

 自宅に家具やインテリアを買ってみてもいい。もちろんメタバースなのだから、まずはデジタル化された自宅に試し置きして、どんな風に見えるのか事前にチェックできる。

 実際に買うのは、部屋にマッチするのを確認してから。あとはまったく同じものが届くのを待つだけだ。

4. デジタル通貨時代へ

 暗号資産によって、資産のデジタル送金が可能になった。100%バーチャルだが、他のあらゆるタイプのお金に取って代わる可能性がある。

 メタバースではデジタル通貨が使われ、従来の物理的な通貨はおろか、クレジットカードすら使われない。

 暗号資産は、物やサービスを購入する際の価値の媒体として、史上もっとも便利なものになるだろう。

 デジタル通貨を裏付ける金・銀・紙幣などはない。デジタル世界での買い物や取引はすべて、暗号資産のシステムによって記録されるからだ。

 ブロックチェーン技術のおかげで、暗号資産の利用者はごまかすことができず、システムを騙すこともほぼ不可能だ。あらゆる取引は、オープンに行われ、いつでも追跡できる。

 暗号資産の大きな利点の1つは、分散されていることだ。取引はかならずデジタル帳簿に記録され、誰もがその帳簿を閲覧できる。

 これは銀行のような中間業者が不要であることを意味する。銀行では時間がかかる国際的な支払いであっても、瞬時に完了。暗号資産のウォレットに送金できる額に制限はないし、為替も、利子すらない。

 暗号資産には、お金と価値の創造に革命を起こす可能性が秘められている。トークンは物理的なグッズからデジタルグッズまで、あらゆるものを表せる。まさに次世代の世界通貨なのだ。

3. 教育

 教育もがらりと変わるだろう。わざわざ学校の教室に行く必要はない。メタバースの仮想教室に行けばいいのだから。

 たとえば、あなたはローマ帝国について勉強しているとしよう。メタバース内の教室では、歴史をまさに実体験できる。

 ローマ帝国時代にタイムスリップし、当時そこにあった物や出来事を目撃できるのだ。これから生まれてくる子供たちはラッキーだ。もう、椅子にじっと座って退屈な授業を聞く必要などない。

 あるいは一般相対性理論を学んでみたいだろうか?

 ならばアルバート・アインシュタイン本人が教鞭をとる授業を受けてみてはどうだろう。メタバースではそれができる。

2. 仕事

 メタバースが仕事に与える影響の1つは、オフィスに世界各国の人々が集まってくることだ。もちろん肉体は離れたところにある。

 だが、どんなに遠く離れていても、メタバースを通じて同じデジタルオフィスに集まれるのだ。そうした場でのコミュニケーションは、2Dのインターネットに比べて、ずっと親しみやすく、緊密なものだ。

 つまりは気まずいZoom会議で、無駄に時間を過ごす必要はないということだ。

 また社内の上下関係もなくなるだろう。

 メタバースでは、社内の地位など関係なく、誰もが対等の立場で、それぞれの才能を存分に発揮することができる。人の創造性をずっと簡単に引き出せるからだ。

 まさに企業の境界を崩すプラットフォームであり、クリエイティブで革新的な問題解決チームが次々と誕生することだろう。

1. スポーツ・運動

 物理世界のエアロバイクをPCに接続し、メタバースにダイブ! 誰もがツール・ド・フランスに参加できるようになる。

 あるいはオリンピックで、ウサイン・ボルトと競争してもいい。仮想世界でスポーツができるのならば、現実の運動場からは人が消えるだろうか? 神のみぞ知る、だ。

 あるいはパーソナルトレーナーとエクササイズに励んではどうだろう。メタバースでアポをとり、メタバースで指導してもらう。

 そのためにわざわざ現実のジムに足を運ぶ必要はない。ジムで余計な人間関係にわずわらしい思いをすることもない。自宅にいながら、思う存分エクササイズに没頭するといい。
References:10 Ways the Metaverse Will Change the World - Listverse / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
転生したら仮想現実だった。死後もメタバース空間で永遠に生きられるサービスが実装予定

ついにVRの世界に触覚が!キスの感触を味わえる仮想現実デバイスが登場

亡くなった娘とVR(仮想現実)で再会した母親、涙が止まらず。

亡き妻とVR(仮想現実)で再会した夫、泣きながら思い出のワルツを踊る

バーチャルリアリティがさらに進化。触れるホログラムが登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年05月06日 20:08
  • ID:pqG5O9li0 #

注目集めてんの?
セカンドライフとか全然だめだったじゃん

2

2. 匿名処理班

  • 2022年05月06日 20:18
  • ID:1dPbvkva0 #

どちらかと言えばメタバースを潰す悪の存在になりたい

3

3. 匿名処理班

  • 2022年05月06日 20:20
  • ID:QVFv94gI0 #

大衆を魅了するにはまだまだクオリティ低いよ

4

4. 匿名処理班

  • 2022年05月06日 20:28
  • ID:QdkQq27A0 #

マトリックスぐらいの没入感ないと流行らんと思うよ

5

5. 匿名処理班

  • 2022年05月06日 20:32
  • ID:a0tNLgcP0 #

メタバースは早晩コケると思う
初代PS並みのしょっぱいグラフィックなのがもうね
しょっぱいアバターでしょっぱいデジタルオフィスで会議?
どこに需要があるのやら

6

6. 匿名処理班

  • 2022年05月06日 20:35
  • ID:fcBs3Dq00 #

注目してんのは一部の企業くらいで、本場のアメリカの若者が全く興味ねえって話よな。

7

7.

  • 2022年05月06日 20:43
  • ID:JnJLG2qe0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2022年05月06日 20:50
  • ID:Hhsp7Bih0 #

アメーバピグとかFFのオンラインとかそういうのが、教育とか仕事とか行政とかもやれるようになるだけだろ?
現地いったほうが早いけど、行かなくてもいいのは楽よね

9

9. 匿名処理班

  • 2022年05月06日 20:53
  • ID:X1ua.Qtx0 #

逆にリアルの価値と重要性の再認識につながるのでは

10

10.

  • 2022年05月06日 21:03
  • ID:GbBivQvb0 #
11

11. 匿名処理班

  • 2022年05月06日 21:35
  • ID:VaLa62fy0 #

だから電脳メガネの実用化をだな・・・

12

12. 匿名処理班

  • 2022年05月06日 21:39
  • ID:Q0C.Kywh0 #

なんだろうか、文章読んでると、まるでメタバースで繋がれば人間が素晴らしくなるみたいな文章だが、リアルでも、ネットでも、メタバースでも人間は人間のような気がする。

13

13.

  • 2022年05月06日 22:00
  • ID:Sn9LR6t40 #
14

14. 匿名処理班

  • 2022年05月06日 22:14
  • ID:7hHlOovG0 #

現状のレベルではまだまだだね
SAO並の技術レベルの世界になってある程度は浸透するのが限界だろうな

15

15. 匿名処理班

  • 2022年05月06日 22:16
  • ID:Ves1gHsk0 #

10個の提案のうち、使いものになりそうなものが何一つない

VRは解像度が低すぎる
VRは重すぎる
VR酔いで長時間使用できない
VRは目に悪い
つまり普及しない

コンタクトで同じ機能ができる100年後までお預けだ

16

16. 匿名処理班

  • 2022年05月06日 22:55
  • ID:2YrGw.nO0 #

そういえば3Dテレビって知らんうちに消えてたなぁ

17

17. 匿名処理班

  • 2022年05月06日 23:13
  • ID:.RxMzR3O0 #

初めてやった3D仮想空間は「まちこ」だった。時代の先を行き過ぎて当時のPCでは
重すぎて実用的じゃなかったな。あれから四半世紀ようやく技術が追い付いてきた。

18

18. 匿名処理班

  • 2022年05月06日 23:31
  • ID:xh38HIjX0 #

ゴーグルつけてると結構痛くなってくるんだよな…
顔と首が

19

19. 匿名処理班

  • 2022年05月06日 23:31
  • ID:LbC9LelN0 #

メガネかける程度の気軽さで使えるものにならないと普及は難しいだろうね

20

20. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 00:02
  • ID:kD.Z5fGC0 #

重すぎるし、酔う。目が痛い。
激しい動きだと首折れそう。
体動かす系は三十分と使ってられん。吐きそうになる。
早くも家族は誰も使わない。
脳内電脳チップ埋め込みとか、せめてメガネぐらいのサイズじゃなければ普及はしない。
そしてここはとても重要なことだが、企業が考えてるほど人間は誰しもゲームに夢中ではないし景色が見たいわけでもないってこと。
ましてやデジタルアイテムに興味を持っているの人間は取引の1割のみだ。
ほとんどは投資家が金銭目的で売り買いしてるだけだ。
そもそも世界の景色が見たけりゃ別にYouTubeでいいしグーグルアースでもいい。
旅行が好きなのは女性であり、男はそれにくっついているだけ。
女性がバーチャルの旅行で満足すると思ってるのなら、メタはまず旅行会社を買収してデータを洗い直す必要がある。

21

21. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 00:46
  • ID:bQGRsXgM0 #

変なアバターを身につけユーモア溢れる面白げな仮想世界を巡るというネタバースの時代がきっと来るよ。

22

22. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 02:05
  • ID:18Cm81Qc0 #

メタバースってあたかも新しい技術みたいに呼んでるけど、過去にもたくさんあったアバター空間のサービスの一つだし、記事にあるサービスも誰でも考えつく既存技術の組み合わせなのにメタバースだからできるように言われる事が多いことに違和感

23

23. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 02:11
  • ID:XErLpqP70 #

インターネット黎明期だってこんなに普及するとは思ってなかったし、メタバースもいずれ普及するのかもしれないが
普及した結果インターネットが今どうなってるかを考えれば、メタバースが普及してもロクなことにならん気がするよ

インターネットもメタバースも、要するに悪者がウソをつきやすくなっただけの第二の現実
社会がメタバースに依存するほど、サイバー犯罪のもたらす実害が今よりも深刻になり
今よりも悪質で巧妙な荒らしと詐欺とステマ業者まみれになるのが目に見えてる

でも儲け話に目が眩んだ大企業が本気で金を注ぎ込み始めたら、もう誰にも止められないんだろうなぁ…

24

24. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 02:32
  • ID:mn3Z5RTM0 #

これとNFTは絶対コケると思ってる

25

25.

  • 2022年05月07日 04:07
  • ID:jak.I4Ek0 #
26

26. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 06:01
  • ID:W9W2X0tO0 #

そもそもメタバース言ってる連中が金儲けのことしか頭になくて、それが実際どういうものかの明確なイメージ持ってないでしょ
加えてそういう連中は一番設けられる運営に一枚噛もうとするけど開発には投資渋るから、紙に餅を描くことすらできずに終わるんじゃないかな。絵描きだけ集めて画材がなく、何もできずに赤字出すだけになりそう

27

27. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 06:23
  • ID:uKKq.MG10 #

旅行って景観だけじゃないんだよ…
娯楽系が代替品でどうにかなると思ってるのは
そもそも興味ない人よね

28

28. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 07:01
  • ID:O8g6yoVq0 #

VRがSAOレベルに進歩しない限りこんなことにはならないよ

29

29. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 07:16
  • ID:JsLQwlI00 #

メタバースを実現するには技術が100年足りてなさそう

30

30. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 08:38
  • ID:omXdyej80 #

正直概念としては新しいどころか漫画やライトノベルで散々こすられて陳腐化してるレベルだと思うんだが…
まあなんだかんだ将来的には間違いなく構築される世界だとは思うけど、今のVRレベルじゃまだまだ程遠いのが現実
VR好きだけど、生活に溶け込むレベルになるのは数十年単位の時間が必要かなと

31

31. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 10:34
  • ID:3IaRAAHN0 #

とりあえず現状がどうか分からんのだけど、自分はマトリックスとか攻殻みたいに脳に直接ってのでもない限りVRにハマらんかな?と思う。結局、VRを楽しむのに肉体(特に眼)は必要ってことだし。

32

32. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 11:31
  • ID:Xz8LazfM0 #

>>20
旅行と言う言葉に乗っかって僕も一つ言いたい
メシどうすんの!?景色だけって寂しいぞ

33

33. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 11:39
  • ID:J5q.q5LD0 #

正直発想自体古く感じる
セカンドライフとの違いはエンジンとかの性能向上以外にあるのかな
無ければ同じ道を辿りそう
と言うか何もかも一纏めにする事ほど何か有った時のダメージはデカいんだぜ

34

34. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 12:10
  • ID:yxphDwI20 #

既にコメントでも指摘されているようにセカンドライフと同じ轍を踏むだけでは?
現状だと理想に技術が追い付いてないよ

35

35. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 13:15
  • ID:LetZxmF80 #

セカンドライフに例えるのは失礼な気がする、ちゃんと箱は用意したのだから
メタバースはまだ概念だけで箱も何もないでしょ、マシンパワーやインターフェイスが整えばこういう世界になるだろう。でその基礎研究やってますよー程度のものだよね

36

36. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 13:46
  • ID:w3zMhq2C0 #

ふわっふわしとる

あと、半導体ありきの世界にはそれほど夢を持てないわ。
半導体価格が高騰してる現状を見てると、技術以前の問題がでかすぎる。
実現したとしても、金持ちだけの世界やろねえ。

37

37. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 14:23
  • ID:m.tSzpkH0 #

メタバース内の仮想通貨牛耳りたい出資者連中が無理矢理流行らそうとしているだけだからな
グラフィックだけが進化してネカマおじさん同士でチャHする場となる未来が見えるわ

38

38. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 14:32
  • ID:mxkOZAhI0 #

今ティッシュ欲しいんだが
メタバースでどうするの?
風呂掃除はどうしたらいいの?

39

39. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 14:50
  • ID:.gJX75nP0 #

最新なのに時代遅れ感がある不思議

40

40. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 15:00
  • ID:faaLelY10 #

目で見る概念のままではセカンドライフと変わらんだろ
神経と接続して直接体感したりするレベルにならない限り、ただのMMOゲームと変わらんよ。

41

41. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 15:43
  • ID:xWjRzK8T0 #

だいぶ前にquest2買ったけど精々動画とゲームにしか使えないし装着していちいちガーディアン設定して…とめんどくさいから全然使ってないなぁ
産業用途や障害者向けには良いと思うけど、まだまだ一般人にはおもちゃの域を出ないと思った
3D観光動画も自分じゃ動けなくて、まるで生首を持ち歩かれてるみたい
一見自由で凄そうなんだけど、やれることは想像以上に少ないというか…

42

42. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 16:03
  • ID:6fJyldeo0 #

※39
発想自体は昔からあるからねぇ…
それこそVRだけなら戦前にスタンリイ・G・ワインボウムが作品の中に登場させてるし
実物も少なくとも80年代にはNASAが作ってた
メタバース的発想も30年前にはルーカスフィルムのHabitatとかあったし…
ようは技術が発想に追いついてきたといういつものパターンでしかないので新鮮味が無いのはあたりまえ

43

43. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 16:43
  • ID:Punp5yIz0 #

>>1
当時とは状況が異なる。以上。

44

44. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 19:22
  • ID:1CUiUcm.0 #

各種メタバースの説明を読むと自分の拙いイメージだけど、1つの大きなサービス、それこそmmoのような印象を受ける。どこかの企業が運営する場所、もしくは様々な運営サービスのハブ?セキュリティと没入感て相反しませんか?どんなツールも使う人次第、よくある新製品の商品説明と似てるような…

45

45. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 22:50
  • ID:BAUaYEMD0 #

※32
飯もだけど匂いも空気も感じられないよね
写真や映画観てるのと変わらない

結局現実に勝る現実なんてない

46

46. 匿名処理班

  • 2022年05月07日 23:28
  • ID:4.2F4sSq0 #

実際、セカンドライフと何がどう違うのかサッパリ分からん

47

47. 匿名処理班

  • 2022年05月08日 00:05
  • ID:niaq9lVs0 #

セカンドライフの頃と状況は何も変わってないよ
インターフェースデバイスのブレークスルーが起きない限りは無理
脳に直接コードつなげるぐらいにならないと

48

48. 匿名処理班

  • 2022年05月08日 01:39
  • ID:haOnsQvl0 #

セカンドライフの頃は具体的な話があっただけマシ
今のメタバースはタイトルもプラットフォームもリリース日時も誰一人知らない
たまに出てくる「開発中の画像」はプレステサターンレベルの地獄
メタバースっていう単語を最近リバイバルさせたのが誰なのかを考えると
「絵に描いてない餅」なんだって分かる

ちなみにセカンドライフは現在の「メタバース」の定義からハブられてるよ
興行主にしてみればあれを忘れてもらった上でもう一度騙されて下さいってこと

49

49.

  • 2022年05月08日 01:53
  • ID:8Y5rSDEr0 #
50

50. 匿名処理班

  • 2022年05月08日 09:53
  • ID:1C.K1OSl0 #

フェイスブックは加入者減少
頼みの仮想通貨発行もアカン
メタ社が残りの力を振り絞って宣伝宣伝っと

51

51. 匿名処理班

  • 2022年05月08日 17:19
  • ID:84.FPPJP0 #

※32
ハイテクに負けない最強職業は料理人なのか・・・

52

52. はち

  • 2022年05月09日 10:24
  • ID:k43SO4eB0 #

レディープレイヤー1って映画がこんなカンジだったなー

空間内で高額課金者がバトルに負けて
現実世界で発狂したり ビルから飛び降りようとしたりってシーンがあった。
メタ内でも身の丈にあった行動しないと破滅しちゃいそう。

53

53. 匿名処理班

  • 2022年05月09日 20:31
  • ID:VlDMRpd00 #

※51
料理人もそうだけど、もっと広く対応できるハイパー家政婦とかスペシャル執事だと思われる

54

54. 匿名処理班

  • 2022年05月10日 10:03
  • ID:.Ao6auI90 #

NFTクリエイターだけど、ゲームで稼ぐ人も増えてきた印象。私はゲームやらないからあれだけど、世界の遠く離れた人にも絵を売れるってなかなか楽しいよ。そして、VRはもう少し先の話かなーって思う。今はまだね。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING