少年が手描きの本を図書館に忍ばせたところ大人気
 アメリカに住む8歳の少年が、自作の絵本を作り、地元の図書館の棚にこっそり置いた。自分の作った作品をみんなに見てもらいたかったようだ。

 その絵本に気付いた図書館員らは、少年の微笑ましい行動と作品に感動し、許可を得て図書館で貸出しすることに。

 するとたちまち大人気となり、今では55人もの順番待ちが発生しているという。
広告
Boise eight-year-old kid hides self-made book on library shelf

自作の絵本をこっそり図書館に置いた8歳少年

 アイダホ州ボイジーに住むディロン・ヘルビッヒ君(8歳)は、去年の11月中旬に、赤い表紙のノートに色鉛筆でイラストを描いた物語を完成させた。

 本のタイトルは、『ディロン・ヘルビッヒのクリスミスの冒険(The Adventures of Dillon Helbig’s Crismis)』だ。

 その内容は、クリスマスツリーにつけた星が爆発して、そこから起こる冒険の物語や、最初の感謝祭や北極にタイムトラベルした物語など全81ページに及び、表紙には「ディロン・ヒズ・セルフ(Dillon His Self)」と署名まで記されてある。
000_e
 描き終えた後、この物語をみんなにも読んでもらいたいと思ったディロン君は、いつもよく訪れる地域の図書館「エイダ・コミュニティ・ライブラリ」のヘーゼル湖支部へ祖母と行った時、思い切った行動に出た。

 本の表紙部分を手で隠し胸に抱え込むようにして、ディロン君は職員の目を盗んで物語の本が並ぶ本棚へと素早く移動。そして、並んである本の中に自作の本をこっそり滑り込ませると、黙って帰宅したのだ。
5

ディロン君の自作の本が図書館職員の目に留まり思わぬ展開に

 後日、ディロン君からこのことを打ち明けられた母のスーザンさん(41歳)は驚き、数日後に一緒に図書館へ出向いた。

 しかし、そこに置いたはずの本はなかった。そこで、スーザンさんが図書館職員に尋ねてみると、意外な返答があったという。

 図書館長のアレックス・ハートマンさんは、スーザンさんとのやり取りを後のメディア取材でこのように話している。
ディロン君のお母さんは、棚から消えていた息子の大切な本が、職員に発見され、忘れ物のコーナーに置かれたのではと思ったようです。

でも、そこになかったので、私たち職員が本を処分してしまったのではないかと、とても心配されていました。

しかし、彼の本は排除するにはあまりにも特別過ぎました。
4
 誰かの自作の本が棚に並べられていたことを知ったハートマンさんは、本を家に持ち帰って、6歳の息子に読み聞かせたそうだ。
私の息子は、今まで読んだ絵本の中で一番面白かったと答えました。

ディロン君は、自信に満ち溢れ、とても心優しい少年です。自己宣伝などではなく、純粋に誰かと物語を共有したかったことがわかりました。物語を他の人にも楽しんでもらいたかったのでしょう。

私たちは、彼の本が非公式であっても、読むのが楽しい作品であるという点で、図書館のコレクションの選択基準を十分に満たしていると思いました。

少年の本は公式に図書館で貸し出されることに

 図書館側は、本にバーコードを貼り付けて貸し出す許可をディロン君に求めた。もちろん、ディロン君は大喜びで承諾した。
息子は、いつも想像力がたくましく、私や夫を物語の話で楽しませてくれます。今回、息子がしたことが、結果的に良い方向に進んだことをとても嬉しく思います。(スーザンさん)
1

本は大人気となり順番待ちが発生

 その後、ディロン君の本は大人気となり、貸し出しの順番待ちが発生するほどになった。

 1月末の時点で、55人もの順番待ちがあることを知ったスーザンさんは、驚きを隠せない。

 通常、本の貸し出しにおいて、その本が人気で貸し出しの長い順番待ちが発生する場合は、図書館側はコピー本を購入するが、ディロン君の本は唯一無二のもので、それが不可能だ。

 そのため、現在図書館側は、スーザンさんとデジタルコピーの作成について話し合いを進めているという。
私たち職員は、子供たちが自分の物語を書き、それを他の人と共有するためのインスピレーションを見つけることを望んでいます。

他の子供たちとシェアすることは、いいデモンストレーションになるでしょう。(ハートマンさん)
 同図書館では、本の貸し出しは1人最大4週間可能ということだが、ディロン君の本においては長い順番待ちがあるため、「後に待っている人のことを考慮して頂けたら」と話している。

 なお、今回ディロン君は、図書館のフクロウのマスコットキャラクターにちなんで名付けられた最優秀若手小説家として、Whoodini賞を今回受賞した。
 文字通り、先鋭の最年少小説家は、既に次の物語作成に取り掛かっていることを明かしており、「今度は、グリンチからの訪問とか、僕の犬ラスティも出てくるんだ。幼稚園の時に起こった出来事からヒントを得て、上着を食べてしまうクローゼットの話なんかも書いているよ」と意欲満々に語っている。

References:'I always be sneaky': Boise eight-year-old hides book at library | ktvb.com / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
大好きなアメフトチームのTシャツを自作した少年がいじめられていることを知ったチーム、そのデザインを公式Tシャツに

偽札とわかっていながらもホームレスに7年間こころよく商品の麺を売り続ける屋台の店主

バットマンのバットモビール「タンブラー」を自作で作り上げた男性(ベトナム)

20歳の愛猫のために階段昇降機を自作した飼い主

祖父母とハグしたかった孫娘、自作のハグ・カーテン作り、ビニール越しで思う存分抱き合う(アメリカ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 15:03
  • ID:LynlO.PS0 #

超アナログな同人活動やな。ネットの魑魅魍魎の世界より微笑ましいや

2

2. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 15:10
  • ID:SWVg2uaD0 #

将来、ベストセラー作家誕生の瞬間として語られるかも。

3

3. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 15:11
  • ID:wYZP3OPf0 #

出版社にボツ食らったら発表する機会を永久に
失われる今までのシステムがおかしいんだよね。
発表さえすればそれなりの反響があったであろう
失われたボツ作品って結構あると思う。
作家の道を諦める時にきれいさっぱり捨てた人も
多いだろうから本当に勿体ないな。

4

4.

  • 2022年02月05日 15:17
  • ID:mfScgzVC0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 15:33
  • ID:sLED79Fz0 #

※3
明治時代からタイムスリップしてきた過去人かな?

21世紀ではインターネットが普及して誰でも発表する機会はあるんですよ

6

6. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 15:40
  • ID:J2EjZNgh0 #

これぞ私家版の極み
将来の大作家になるかもしれない頑張れ

7

7. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 15:41
  • ID:pWcSayzT0 #

行動力の化身

8

8. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 15:50
  • ID:LWaftZIx0 #

私は自費出版の制作をお手伝いする仕事をしています。(表紙のデザインなど)

子供であれ大人であれ、
何も無いところから作品を生み出せることをほんとうに尊敬します。
この子がこれからも沢山の作品を作ってくれたらいいな!

9

9. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 15:53
  • ID:DR4o5sa.0 #

まず「クリスマスツリーに付けた星が爆発」から始まる冒険って時点でキャッチーで良いよな。

10

10. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 15:55
  • ID:lmvOrzu80 #

すごい
その年にしてそこまで多くの人にウケる作品を書けるなんて羨ましい!

11

11. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 16:17
  • ID:PArTQppl0 #

将来有望!
コレを見て他の子供も参加したりできたら
いい影響の連鎖になるよね

12

12. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 16:24
  • ID:LgAFjLuW0 #

あらすじ読んだだけでもう読みたい。デジタル化したら電子書籍で売ってくれ。

13

13. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 16:30
  • ID:wYZP3OPf0 #

※5
それは誰でも知ってますよね。過去の話を
してるんですよね。目先の文章しか読めなさ過ぎ。
前後を補完する能力を養いましょう。
「今までのシステム」で読み取ってほしかったなあ。

14

14. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 16:39
  • ID:Mxklfe450 #

自主出版から一般に発売してヒットしたて例はアメリカのが多いわな
今のが発表する場所あるんだが子供らしいやり方がちょっと微笑ましい

15

15. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 16:49
  • ID:5JJS465Y0 #

図書館で借りた小説に読書感想文が挟まっていたなぁ

16

16.

  • 2022年02月05日 17:03
  • ID:lhZ.pm4c0 #
17

17. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 17:19
  • ID:5LVg.XYv0 #

※3
いつの時代の人…?今は個人でKindle出版できるし、Twitterで作品アップしてる人が山程いるし、出版社はもはや作家を育てるという仕事を放棄して、twitterでフォロワーの多い人に声をかけて片っ端から出版させてる。もう出版社の権威なんてないも等しい。

18

18. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 17:34
  • ID:9iWNhn820 #

めっちゃ読んでみたいんだが
星が爆発してそれからどうなるんだ

19

19. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 17:43
  • ID:Ilx5SlXr0 #

内容次第だけど、こんな専門コーナーが有って良いと思う

20

20. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 17:59
  • ID:FGgXZb2b0 #

マスにはまったく流通していない地域誌や個人製本された郷土史や記録などオンリーワンな品を伝え遺してていくのも重要な役割だろうから、図書館的にはごく当たり前な感覚という部分もありそうな
他の子供たちによる写本作りの集まり(翻案・新訳・仰天訳あり)なども面白そう

21

21. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 18:31
  • ID:7PRBv9Hs0 #

※13
言いたいことはわかるがシステムがおかしいというのは解せないなあ。
長い文明の進化の中で、ようやく一個人が世界中に発信できる時が来たというだけのこと。
幸運な時代だけど受け手も情報過多になるから、結局一握りの才能しか芽が出ないのは同じような気がする。

22

22. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 18:56
  • ID:pXYdpPVV0 #

8歳の子が自らの想像を文字に起こして
それを絵を含めて81ページ書いて、
ちゃんと完結させたと言うことがもう素晴らしい
大きくなって色々と経験が増えていくが
どうか執筆は続けて欲しい

23

23.

  • 2022年02月05日 18:57
  • ID:dG1R2mpq0 #
24

24. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 20:09
  • ID:8mo5fX610 #

小説家とかって書かずにいられない人じゃないと
成れないし続かないって聞いたな
衝動に突き動かされるのを止めるのは本人でも困難だから

25

25. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 20:14
  • ID:pN1GwL4C0 #

>>3
明治時代から同人誌は存在するんだぜ?
金があれば自費出版で書店の棚に潜り込ませることだってできる
ちなみに勇名なニュートンの万有引力の発表は、友人のハレーによる自費出版だったりする

発表したい、表現したいという情熱があれば方法はいくらでもある
それこそ公園のベンチに置いとくとかね。放置してゴミにするなよ
そして、出版など他人に金と時間を消費させたいなら、見合った価値が求められるのは当然
単なる君の甘えた考えだよ

26

26. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 20:27
  • ID:pN1GwL4C0 #

>>13
システムを利用したいなら作品の魅力など代価が必要
それなしに利用できないというのはシステムの問題ではなく、単にワガママだぜ

27

27. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 20:44
  • ID:pN1GwL4C0 #

>>3
有名どころでは

富野由悠季
映画作りたかったが就職先なし、質より量で実績を積んでガンダムの監督に選ばれ成功して有名に、そして肩書に小説家が追加された

日野晃博
妖怪ウォッチなどヒットメーカーだが、自分で脚本書きたいから独立して会社作ったと言われる

虚淵玄
まどかマギカや仮面ライダー鎧武などで有名。小説家になれなかったので18禁ゲーム会社を設立、10年かけて表舞台の脚本家になる


とまあ、出版業界に頼らなくても手はある
実力なしに広く読んでもらえる事はありえんし、熱意ある人たちはそんなことより継続し続けてるのだ

28

28.

  • 2022年02月05日 21:24
  • ID:6bzXB8bt0 #
29

29. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 22:07
  • ID:pN1GwL4C0 #

>>17
出版物の売上見ればわかるが、その権威は今も揺るがない
個人でも利益(出版数じゃないよ)を確保できるようになり、出版社と交渉できる時代になったんだよ

出版社にとって、育成は本業じゃないぜ

30

30. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 22:20
  • ID:pN1GwL4C0 #

>>24
他のコメに現れてるけど、してもらう、それが当然という発想の人が多いからね
自分から続けられるだけでも才能だが、成功するためには必要だと思うわ

31

31. 匿名処理班

  • 2022年02月05日 23:01
  • ID:Biu9sJcB0 #

日本語ローカライズ版ください…読みたい…

32

32. 匿名処理班

  • 2022年02月06日 00:13
  • ID:ow.rWuhx0 #

>こっそりと地元の図書館の棚にこっそり置いた。

こっそりが被ってる

33

33. 匿名処理班

  • 2022年02月06日 05:00
  • ID:.UJp6O3c0 #

いい話だけど、将来絶対に訪れるであろう「黒歴史」に感じる時期を、うまく乗り越えてほしいと切に願う。

34

34. 匿名処理班

  • 2022年02月06日 10:04
  • ID:Tp0VlBoZ0 #

子供が面白いと思うものは子供が一番わかるってね

35

35.

  • 2022年02月06日 10:46
  • ID:tO6grVqz0 #
36

36. 匿名処理班

  • 2022年02月06日 10:58
  • ID:5m7s4MA40 #

火星の人も最初ネットで公開していたら、いつの間にか出版され
映画化にもなった作品
日本でもオーバーロードのように海外で人気ある作品もあるし
ひょっとしたらこの作品が映画化になることも十分ある
ものすごく気になるぜ

37

37. 匿名処理班

  • 2022年02月06日 12:04
  • ID:zsktDlmd0 #

これは読みたい!

38

38. 匿名処理班

  • 2022年02月06日 12:26
  • ID:V9j4wkoE0 #

天才えりちゃんシリーズ思い出した
作者は今エリート街道突っ走ってるらしいね

39

39. 匿名処理班

  • 2022年02月07日 12:10
  • ID:ReFsQgjz0 #

今も昔も私生活の全てを犠牲にして言海を製作し続けた大槻氏ぐらいの熱量を注がないと成功するのは難しいよ
一時期のバズりで満足するならその必要はないけれど、継続的に創作で成功していくならその覚悟は必要

40

40. 匿名処理班

  • 2022年02月07日 15:59
  • ID:qWhwaL.e0 #

どうかずっと創作を続けて欲しい。

41

41. 匿名処理班

  • 2022年02月07日 22:41
  • ID:IuSJdU3j0 #

へぇ、いいね
読んでみたいな

42

42. 匿名処理班

  • 2022年02月07日 22:46
  • ID:IuSJdU3j0 #

>>3
俺の高校の同級生は自費出版した自著を図書館に寄贈してたよ
ボツ食らったら出版社に手伝って貰えないってだけで、割となんとかなるんじゃない?

43

43. 匿名処理班

  • 2022年02月07日 23:14
  • ID:kidBbaPr0 #

胸の奥底がくすぐったく愉快になった。まだ子供でも人の心をこうして動かせるパワーがあると証明できたから、大人になったら実利も得られる可能性大。エンタメかアートなどでムーブメントを起こす才能を大切に

44

44. 匿名処理班

  • 2022年02月10日 17:28
  • ID:No4goKck0 #

ただただ読んでみたい

45

45. 匿名処理班

  • 2022年02月11日 19:16
  • ID:H2xf3hyR0 #

>>3
すごく同意する。
出版社を介さずに作品を出せるのが当たり前な時代がもっと早くきていれば、すごい大名作が誕生していたかもしれないね。

こんなに素敵な記事だから、あたたかいコメントで溢れてて欲しいのに、なぜ※5みたいに人を馬鹿にしたり冷たい言葉を浴びせる人がいるんだろう。
コメント欄でときどき見かけるけど、何度遭遇してもとても不愉快になる。

46

46. 匿名処理班

  • 2022年02月12日 06:34
  • ID:uWA6PlKr0 #

>>44
それなー。
オリジナルの素晴らしさより劣るだろうけど、画像取り込んでPDFでネット上にアップしてくれないかなー。

47

47. 匿名処理班

  • 2022年02月14日 14:49
  • ID:sN3l1dEO0 #

自分も子供の頃コピー用紙に色鉛筆で絵本を描いてセロテープで製本したなぁ。
なぜ覚えてるかというと、祖母が大事に取っておいてくれたのを遺品整理の際に見つけたから。おばあちゃんありがとうね。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING