アメリカ最古の交霊村
 アメリカ、ニューヨーク州北部にある小さな田舎のコミュニティ「リリーデール」は、一見普通の住宅地となんら変わりがないように見える。

 だが、よく目をこらすと、「霊媒師 営業中」という看板が見えてきたり、「癒しの神殿」とか、ペット墓地が存在していたりと、ちょっと様子が違う。

 そう、ここはアメリカ最古の交霊村と言われており、多くの霊媒師たちが住んでいる村なのだ。
広告

交霊村「リリーデール」の成り立ち

 1879年、リリーデールは、降霊術師たちのサマーキャンプとして創設された。術師たちはここで、交霊会(霊媒者を介して死者とのコミュニケーションをはかるセッション)、口寄せ(霊を自分に降霊させ霊の意志などを語る術)、講義などを行った。

 19世紀後半、信者は100万人以上になり、スピリチュアリズムは大流行した。

 シャーロック・ホームズの生みの親であるアーサー・コナン・ドイルや、女優のメイ・ウェスト、噂によるとトーマス・エジソンまでもが交霊会に参加していたという。
2
photo by iStock
 ここの基本的な信条はこうだ。
生命は継続していくもので、言い換えれば、私たちは決して死ぬことはない。ただ存在の形態が変わるだけだ
 ひとつの科学として、スピリチュアリズムは、亡くなった人の霊と交信することで、生命の継続性を証明することを目的としている、とリリーデールの霊媒師、ジャニス・ドレシュマンは書いている。

 テントで始まった夏の交流が、今では定住者と半定住者で構成されるおよそ250人の小さな集落になり、その多くが霊媒師として登録されている。

 リリーデールの霊媒師は、30分間、およそ80〜100ドルで、亡くなった家族や友人からのメッセージを中継してくれるという。
Mystery in Lily Dale

リリーデール村の掟

 リリーデールの霊媒師は全員、世界中から集まった人たちで構成されるリリーデール集会のメンバーだ。

 全員がスピリチュアリストだが、必ずしも霊媒師というわけではない。

 リリーデールで生活し、仕事をしている者もいれば、そうでない者もいる。すべてのメンバーは、リリーデールの建造物やコミュニティ問題に関する決議、理事会の理事の選出について投票ができる。

 だが、誰もがここに移り住んできて、交霊会を行えるわけではない。すべての霊媒師は、厳しい試験にパスしなくては、自分の店をもつことができないのだ。

 現在、リリーデールには、36人の霊媒師が登録されている。多くは、ここに家を買って引っ越してきた人だが、ここでずっと育った人もいる。

 リリーデールの霊媒師たちは全員、自分のスキルを磨き、多くの試験に合格しなくてはならない。
そうして初めて、客のために交霊を行うことが許される。
iStock-505944892
photo by iStock
 19世紀後半から20世紀初頭のリリーデールが誕生したばかりの頃は、登録霊媒師になるには、スピリチュアルな能力がすべてだったという。

 死者と話すことができさえすれば、誰でもこのコミュニティに参加することができた。だが、今は霊媒師になるには、たくさんのボランティア的な活動が必要となる。

 リリーデールで提供されるたくさんの霊的プログラムは、コミュニティのメンバーたちが自らの時間を自発的に提供してくれているからこそ可能なのだ。

毎年夏季に行われる野外交霊会

 毎年、6月から9月の夏季には、リリーデールを訪れる人は3万人にもなる。癒しや精神的な導きを求める者もいれば、ただの興味本位や懐疑的な者、週末になにもやることのない者などさまざまだ。

 毎日、午後1時と5時半の2回、コンクリで覆われたスピリチュアルな木の切り株「インスイレーション・スタンプ」で、野外交霊会が行われる。
4
photo by iStock
 午後4時からは、1894年に建てられた白と緑のあずまや「フォレスト・テンプル」で、またべつの交霊会がある。

 霊媒師たちが小さなグループに分かれて口寄せを行う「マンデー・ナイト・サークル」は、毎週午後7時から始まる。

 こうしたイベントには、霊媒師たちの自発的な協力が欠かせない。これは、リリーデールが得たものを示し、その理念を遂行することをはっきりさせるための方法だ。
リリーデールのスピリチュアリストビレッジ

 口寄せでは、霊媒師は聴衆の前に立って、短い祈りや瞑想の後で、死者の声を聞き始める。「メアリーとつながっています。マリーかしら? たぶんメアリーおばさん? メアリーの知り合いの方はいらっしゃいますか?」一瞬、静寂。

 それから、聴衆の中から、メアリーは祖母ですと言って手を上げる者が出てくる(誰も挙手しない場合は、霊媒師は霊が近くの誰かのところに来たと判断して、すぐに次のあの世の訪問者へと切り替える)。

 霊媒師は、回線状態の悪い電話で相手の言っていいることに耳をこらそうとするかのように、考え込んでから言う。

 「メアリーは、あなたのことをいつも見守っていること、すぐ隣を歩いていることを知ってもらいたがっています。訪ねてきてくれてありがとう、メアリー」メアリーが去ると、霊媒師はあの世とこの世をつなぐ司会者としての役目を続ける。

 新入り霊媒師が舞台に上がるとき、よく経験豊富な古株の霊媒師がその手際を観察し、評価する。こうした評価は、すべて記録に残される

 新参者の霊媒師は、ひと夏かふた夏、こうしたボランティア活動をして過ごす。
4_e
1800年代に建てられたリリーデールの家 / image credit:Plazak / WIKI commons

リリーデールの霊媒師になるための試練

 労働者の日(9月の第一月曜日)が近づくと、そろそろリリーデールが静かになる時期だ。

 死者の声を聞きにくる観光客もいなくなり、日々の交霊会も行われなくなる。

 だが、登録を希望する霊媒師にとっては、最終テストの始まりだ。最後は、リリーデールの理事会メンバーの前で口寄せを披露するのだ。

 リリーデール理事会は、投票で選ばれた7人のボランティアたちで構成されている。彼らは、ここで長く貢献しているもっとも尊敬されているメンバーであることが多い。

 理事会は、建物の修繕から、構成員の管理まであらゆることを調整して、リリーデールを運営する。だが、理事会のもっとも大切な仕事は、新たに入ってくる霊媒師の試験だ。

 7人の理事が長いテーブルを囲み、希望者はその前で3分から6分ほどかかる7つの口寄せを披露する。

 その場で合否の結果はわからず、1〜2週間待たされることもある。

 登録霊媒師になるための条件は、時代とともに変化している。晴れて合格しても、毎年、自宅で交霊を行うための許可を更新する必要がある。

 霊媒師登録を希望する人の数は毎年変わる。3人から5人、もっといるときもあれば、ゼロという年もある。

人は死んだら終わりではなく、あの世へとつながっている

 1800年代以来、リリーデールでは多くのことが変化してきた。今では、霊媒師たちはズームを通して全世界を相手に交霊を行っている。

 しかし、リリーデールの目的は変わっていない。「すべては、死者との会話、それを伝えることだ。

 降霊術がアメリカの南北戦争や第一次世界大戦を背景に、全盛期を迎えたことは偶然ではないのかもしれない。降霊術は、人々の心の痛みから生まれた。そして、人々には苦しみの後の癒しが必要となった。

 交霊術と霊媒師の活動は、人生は死んだら終わりではなく、墓の向こうへと続いていることを証明しようとしている。

References:To Join This Community of People Who Speak to the Dead, Prepare to Be Tested - Atlas Obscura / Lily Dale, NY / written by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
怖すぎかよ。昔の人が全力でスピリチュアルを演出した15のヴィンテージ心霊写真(閲覧注意)

膝の皿を身に着けていれば悪霊を寄せ付けない!?フィリピン式スピリチュアル。膝の皿は墓場から調達(土葬文化)

偽物でも神秘体験を得たという人が続出。「神のヘルメット」実験で強力なプラセボ効果が証明される(オランダ研究)

元祖心霊写真家、偽心霊写真の父と呼ばれる、ウィリアム・マムラーの物語(アメリカ)

スピリチュアル・サービス会社に魔術で家出した妻を取り戻すよう依頼した男性。妻は帰らず会社を訴える(ロシア)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年12月28日 00:23
  • ID:MtclRSIO0 #

霊媒師に金出すようじゃ心配で成仏できねえよな

2

2. 匿名処理班

  • 2021年12月28日 06:32
  • ID:LFVCHDiH0 #

正直こういうの微塵も信じてないけどこういうので救われる人もいるから必要なんだろうな

3

3.

  • 2021年12月28日 06:45
  • ID:KyBuHNQ.0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2021年12月28日 07:17
  • ID:ad.AHTuD0 #

お婆さん世代に比較的よくありそうな名前を言って、名乗りがあればそれらしく当たり障りのない言葉を言う。いなければ関係ない霊として無視。ここに来る顧客はあらゆる詐欺師のいい鴨になりそう。

5

5. 匿名処理班

  • 2021年12月28日 07:35
  • ID:oSkQ0aVg0 #

イタコの伊太郎〜〜 ちょっと見なぁ〜れ〜ば〜〜♪

6

6. 匿名処理班

  • 2021年12月28日 08:56
  • ID:laq8b8E80 #

恐山みたいなのがアメリカにもあるってのが面白いな。

7

7. 匿名処理班

  • 2021年12月28日 10:43
  • ID:JGhjh5dh0 #

アメリカ人が逆裁やる時はこの村をイメージするのだろうか
(これしか思い浮かばなかった)

8

8. 匿名処理班

  • 2021年12月28日 12:27
  • ID:wXFaE1SW0 #

コロナ終わったら恐山行って温泉はしごするンゴ

9

9. 匿名処理班

  • 2021年12月28日 12:52
  • ID:dSYCymZO0 #

霊媒師や占い師は相談役、カウンセラー的な役割が大きいと思ってるし
その辺弁えてくれてるならインチキでもいいや

10

10. 匿名処理班

  • 2021年12月28日 17:13
  • ID:Qf.WDmsq0 #

オーバーソウルできる人が一人くらいはいるのか?

11

11. 匿名処理班

  • 2021年12月29日 01:50
  • ID:hvcZk2aZ0 #

自分にその感覚がないと他者の感覚も信じられないのは当たり前だし、偽物もいる分野だからこの記事を批判的に見るコメントばかりなのも肯ける。

けど、まぁ、霊感を持ってる身としては、素晴らしい誠実な村であり、取組だと思うので、この記事に感謝。

恐山みたいなものか。

12

12. 匿名処理班

  • 2021年12月29日 02:43
  • ID:4.PLTCK90 #

もう5G回線があると言うのに
天国は未だに手回しの有線電話なのか

13

13. 匿名処理班

  • 2021年12月29日 02:44
  • ID:4.PLTCK90 #

※4
まるでサウスパークの彷徨えるケニーの魂と宇宙最秀の浣腸野郎を見ている気分だ。

14

14. 匿名処理班

  • 2021年12月31日 21:30
  • ID:v.E4vhnn0 #

>>5
薄情そうな渡り鳥〜♪

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING