apple-2605472_640
 プラセボ効果という言葉を耳にしたことはあるだろう。効くはずのない偽薬がなぜか効いてしまう現象のことだ。逆にノセボ効果とは、薬理的影響がないはずなのに、なぜか副作用や副反応が出てしまう現象のことである。

 ノセボ効果は、新型コロナのワクチン接種でも観察されているという。

 なぜそうなるのか?暗示のような心理的効果が働いていると言われているが、その仕組みはまだ解明されていない。

 だが実際に脳の神経活動には変化が起きているおり、「心や意識」は人間の根源であると考えれば不思議なことではないのかもしれない。

 『The Conversation』では、不可思議な偽薬の効果は、心や意識を説明する手がかりかもしれないと論じられている。
広告

新型コロナワクチンとノセボ効果

 新型コロナのワクチンを済ませた人の中には、副反応が起きた人もいるだろう。接種後の発熱や筋肉痛は、ワクチンに対する免疫反応によって引き起こされたものだが、中には心理的なものが原因だったというケースもあるかもしれない。

 思い込みのせいで病気や痛みが生じることがあるのだ。

 本当は副作用などない薬なのに、あると信じた結果実際に副作用が出てしまうことを「ノセボ効果(反偽薬効果)」という。

 まったく効果のない偽薬なのに本当に効いてしまう「プラセボ効果(偽薬効果)」と双子の兄弟のようなものだ。

 ノセボ効果は、新型コロナのワクチンでも観察されている。2020年に行われたファイザー社による最初の大規模な治験で、偽薬を与えられたかなりの人が、あるはずのない副反応を経験しているのだ。

 たとえば、偽薬を投与された4分の1から3分の1の被験者が疲労感を、同じ割合の人が頭痛を訴えている。また、およそ10%の被験者には筋肉痛が生じた。
iStock-1331071234
photo by iStock

うつ病から大腸炎まで、さまざまな病気に効くプラセボ効果

 ノセボ効果とは違い、すでによく知られたプラセボ効果には、それほど驚きがないかもしれないが、それは間違いなく奇妙なものだ。

 効果がないはずの偽薬は、ニキビ、てんかん、リウマチ、多発性硬化症、パーキンソン病、大腸炎、勃起不全など、さまざまな病気に効果を発揮する。

 うつ病にも有効だ。2008年の研究では、主要な抗うつ剤と偽薬を比較したところ、両者の効果にほとんど差が認められなかった。また2018年にも同様の実験が行われ、やはり偽薬の有効性が確認された。
iStock-1331071234
photo by iStock

心に問題を抱えていると神経活動に変化が起きる

 こうした効果は気のせいなどではなく、実際に客観的に観察することができる。

 偽薬を鎮痛剤として服用すれば、痛みに関係する神経活動が低下し、オピオイドを投与した時と同じような神経伝達物質や神経経路が働きだす。

 またパーキンソン病の治療薬として投与すれば、ドーパミンが放出され、病気の症状が緩和される。

 どうやらプラセボ効果には、患者の性格、治療への期待、患者と医師との関係といったものが関連しているようだ。しかしそれが起きる詳しい仕組みはまだ明らかになっていない。

 きわめて不思議な現象だが、別の視点からみると案外不思議でもなんでもないのかもしれない。

 今日の西洋文化では、「心や意識」は脳の神経活動によって発生する”影”のようなものだと考えられている。

 もし心に問題を抱えているのだとすれば、それは神経活動に何らかの乱れが生じたからだ。だから薬を使って神経を調整してやれば、治せるとされる。

 だが、そうした神経活動は脳だけでなく、体にまで作用するくらい強力なものなのだろうか?
00
photo by iStock

心や意識に関するもう1つの仮説

 実際、心を脳の作用だけで説明することは非常に難しい。そのため哲学者や科学者の中には、心や意識は脳の直接的な産物ではなく、質量や重力と同じく、根源的で普遍的なものであると考える者たちもいる。

 たとえば、デビッド・チャーマーズは、心が神経活動という物理法則から導かれるものだとはみなしていない。彼の考えでは、むしろ「それ以上還元することができない、根本的なもの」だ。

 トマス・ネーゲルによれば、心は「単なる後付けや偶然、あるいは付加物などではなく、自然の基本的な側面」と考えられるという。

 またクリストフ・コッホやフィリップ・ゴフは、意識は”物質粒子”に宿った基本的な性質なのではないかと推測する。

 こうした見解は主流なものではないし、それを裏付ける証拠もまだまだ足りない。
2
photo by Pixabay

意識の謎

 たとえば、意識が根本的なものなのだとすれば、そこからどのようにして私たちのような個々の意識的な存在が誕生するのだろうか?

 また意識が物質的な粒子に宿っているのならば、どのようにして組み合わさり、人間のようなより大きな意識的存在になるのだろうか?

 主流の科学者たちは、いつか心や意識を神経学的に説明できるようになり、プラセボ効果やノセボ効果といった不可解な現象も理解されるだろうと期待している。

 しかし心や意識は根本的なものであるという哲学的な見解を採用するのならば、それは脳や体よりもパワフルな存在で、それゆえに体に影響を与えるのだと考えられるかもしれない。

 だから、プラセボ効果やノセボ効果は発生する。意味のないはずの偽薬は、案外とても深遠な真実を指し示しているのかもしれない。

References:It's still not fully understood how placebos work – but an alternative theory of consciousness could hold some clues / written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
偽物なのになぜ効く?プラセボ効果は脳の複数の領域で鎮痛作用をもたらしていることが判明

プラセボ効果の不思議。偽薬とわかっていても効くので心の苦痛を緩和できる(米研究)

プラセボ(偽薬)は、心理的プラセボ(映像)であっても効果を発揮する。信頼関係と効果説明がカギ(スイス研究)

医師が信じている薬は効きやすい。プラセボ効果は医師から患者へと伝染する可能性(米研究)

プラセボ効果に関する面白い事実。それがプラセボ(偽)だと最初からわかっていても効果がある場合がある(米研究)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 08:11
  • ID:IguQj8Kg0 #

「病は気から」は、ある程度はあると思う
そりゃ末期癌が治る、
とかゆーことはないけどサ

2

2.

  • 2021年09月12日 08:57
  • ID:oW48hUE20 #
3

3. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 09:34
  • ID:6HaNOnam0 #

コロナワクチンレベルのプラセボ治験ってどうやってるんだろ?
本人は本当にコロナワクチンを打ってるつもりなんだとしたら、もしそれでもウイルスにかかって後遺症が出たり最悪命落としたりしたら・・・

後は有効率とか調べるのにワクチン打っても感染しましたって人の中にプラセボでしたって人は混じってたりしないのかなという疑問も

4

4. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 09:36
  • ID:W337kzu.0 #

コロナの後遺症と言われているのも、大半はこの部類。

5

5. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 09:46
  • ID:CIAcTPrx0 #

気の持ちようで病気が治るなら、気の持ちようをコントロールできる薬があればそれが「万能薬」になるね

6

6. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 09:58
  • ID:Ffl3.u6T0 #

幸か不幸かプラシボにかかりにくい日本人は無神論者が多い割に経済と治安は他のG7国より悪くないしスイスのような兵役も無い

7

7. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 10:08
  • ID:uxfPzIc60 #

まあ、あるだろうな。
検証してどう応用するか。
ノセボによる副反応が起きない工夫(やり方)を、実際のフローに。

8

8. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 10:17
  • ID:vn3zj.t30 #

最後まで騙し通せるなら嘘も嘘でなくなる

9

9. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 10:38
  • ID:uxfPzIc60 #

葛根湯医にみるプラシボ効果の実例

来る人来る人に漢方薬の一種である葛根湯を薦める医者がいた。
「頭が痛い? 頭痛ですか、それでは葛根湯をお飲みなさい。貴方は胃痛? ハイハイ葛根湯をお飲みなさい。今度は筋肉痛? 御辛いでしょ葛根湯をお飲みなさい。えーと次の方は…」
「先生、私は単なる付き添いですが。」
「付き添い? まあまあ御退屈でしょう、さあ葛根湯をお飲みなさい。足りなければ、もう一杯。」

10

10. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 10:43
  • ID:gTNlxy8t0 #

大手外資メーカー勤務ですが、ノセボ効果とは初めて聞きました。
かなり一般的では無い用語かと思いますので、皆さんは気をつけて御使用下さい。
自分の知識の浅さを強調することになるでしょう。

11

11. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 10:58
  • ID:5H9BNyzn0 #

多分生存に有利な能力なのだろう
ツバ付けとけば治るみたいな

12

12. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 11:16
  • ID:uXO1XUg10 #

>>3
日本のコロナワクチンの話で言えば、初期の治験では他の薬と同様にプラセボはやってたみたいだよ、きちんと効果があるのか測るのにも必要なので

ただ治験が進みつつある&更に感染者が爆発的に増えてる現在ではまさにあなたの懸念することをメーカー側も考えていて、初期の段階の治験までである程度効果も確立できて次の治験に入ってる所では偽薬を使ってないメーカーもあるんだそうです

13

13. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 11:30
  • ID:Fb9g6luv0 #

※4
科学的な根拠を示して下さい。
でなければ、陰謀論の流布と似たようなものですよ。

14

14. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 11:31
  • ID:fhMWcFip0 #

※10 なんの外資系なのかはわかりませんが、ノセボ効果(反偽薬効果)は論文も出ていて、研究も進められていますね。
The nocebo effect of drugs
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4804316/

15

15. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 11:33
  • ID:fhMWcFip0 #

※4 コロナ後遺症は実際にありますよ。世界各国で研究結果が報告されています。デルタ株に関してはまだ研究が追い付かない状態ですが。

新型コロナ後遺症 現時点で分かっていること
news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20210912-00257800

16

16. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 11:46
  • ID:NyFuAiCH0 #

※4
明白な根拠は?

具合の悪い人に軽々しく「それは精神的なもので、気のせいだよ」と言い放つのは、相手を傷つける罪深い行為です。

17

17. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 11:49
  • ID:DsXtVh2d0 #

>>5
もうそれマインドコントロール可能じゃね?
病気になる方がマシやわ

18

18. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 12:11
  • ID:U7.8aqkw0 #

医療が確立して無かった古代とか中世だと呪いとかのプラセボの方が主力だったんだろうなと想像してる
人間にも余計(ではないけど)な知識が無くて思い込む力が強そうだし、今よりプラセボ効果高かったかもね

19

19. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 12:33
  • ID:Rya1bu8I0 #

「のぼせ効果」に空目したのはわたしだけではないはずだ!

20

20. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 13:01
  • ID:xmBFfPXI0 #

目隠しして熱い棒だと思わせて
適当な棒押し付けるとそこにミミズ腫れができるみたいなやつあったな

21

21. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 13:39
  • ID:.cR2RH120 #

精神の力で最も進んでると思うのはヨガだと思う。寒い中川に入って修行したりする。普通なら体を壊すが、かえって元気になり病気も治るんだとか。

22

22. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 13:43
  • ID:W337kzu.0 #

※15 ※16
「大半は」が読めない日本人に絶望する。
無いとは言っていない。
後遺症と言われるのは3つに分類される。
"大半の”直接の関係がない思い込み(症状の実際の有無にかかわらず)
後遺症ではあるが、コロナ特有ではない。(味覚障害も血栓もサイトカインストームもインフルエンザ他でも起きる)
コロナ特有のもの

怖がっている人はがいっぱいると信じてるようだが、実際に症例見れば大半は,△任△襪海箸理解できるはず。

後遺症と言われる症状について、陽性者も陰性者も統計的な違いは無かったという論文が出ている。
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.05.11.21257037v1

後遺症に関わらず、過剰に怖がっている人たちは、
この記事の趣旨と同じく、関連付けて思い込んでる(思い込まされてる)だけなんだよ。

※13
掲示板の名無しのコメントに風説も何もあるかよ
真に受ける方がどうかしてるよw
他人が何を言っているかではなく、自分で考えろ。

23

23. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 13:57
  • ID:QSPWUIKO0 #

鎮痛剤、消炎剤が効かない体質です
今回コロナワクチンの副反応に備え解熱剤を「どーせ効かないのよね」といいながら購入しましたが
はい、やはり効きませんでした。数時間後にやっと二分下がったというのは薬のおかげではない
効かないという思い込みも薬の効果に影響するのだろうか

24

24. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 13:58
  • ID:ZNm612p90 #

>また、およそ10%の被験者には筋肉痛が生じた。

これって、全くのノセボ効果なんだろうか?
偽薬の比較群も、特段の成分は無いにしても
たぶん生理食塩水か何かは筋肉注射してるんだろうし、
物理的に圧迫とかで筋肉層の違和感が出た人はいないんだろうか?

25

25. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 14:26
  • ID:ZNm612p90 #

※3
治験のプラセボって、何も知らない人つかまえて来て
「ハイ、ワクチン打ってあげるから〜」と騙すんじゃなく、
事前に説明があり「本物と偽薬どちらに当たるか分からない」
という流れを理解した上で同意書にサインするから。

>ワクチン打っても感染しましたって人の中にプラセボでしたって人は混じってたりしないのかな

治験で本物と偽薬の人の結果はキッチリ分けて分析されるのに、
なんでそれが混在すると思うのか。
てか、混在するなら、検証としての体を成してないじゃん。

26

26. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 14:32
  • ID:i7dl7PzF0 #

ファイザーは4万人の追跡調査でプラセボとワクチン接種で重傷者と死亡者に違いなかったという結果が出ているが
なぜかここでは削除される

27

27. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 14:40
  • ID:ZNm612p90 #

※5
※1の人が言うように
末期癌がたちまち完治!みたいな万能性ではないにせよ、
ストレスが免疫力や自己治癒の細胞活性に与える影響を考えると、
前向きに効果に期待して治療に臨んでいる人と
「どうせ治らないんでしょ…」とマイナス思考な人とでは、
結構あらゆる病気や怪我で広く影響があるような気はする。

実際、気力のコントロールも意図して
お笑いの舞台や音楽会などのレクリエーションを
導入している長期入院施設の類は、ちょくちょく在るし。

28

28. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 14:49
  • ID:fhMWcFip0 #

※26 削除じゃなく割愛でしょ。知りたい人は論文にリンク張ってあるから確認できる。あと重傷者って何?重症者だよね?冷静に考えてからコメントしよう。
www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMoa2034577

29

29. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 16:38
  • ID:Rya1bu8I0 #

※26
ワクチンうったグループは死者数が少ないから統計的な差がでないだけ。この論文は「ワクチンに死亡率を高める有害な効果はない」という、ワクチンの安全性を示すもの。ノセボ効果とは全く関係ない話。

本格的な接種開始後は各国でワクチン接種者では死者率が減少しているという事実をあなたはは見ないんだね。

30

30. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 17:44
  • ID:S2aO7Zdo0 #

過敏性腸症候群の人は、この"プラセボ効果"が大きく役立つと思う。

31

31. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 17:46
  • ID:Rya1bu8I0 #

※22
紹介の論文「Mental health of Adolescents in the Pandemic: Long-COVID19 or Long-Pandemic Syndrome?」は、

・ドイツの中学生に体調不良を聞き取り
・血液検査でコロナ抗体の有無を確認
・感染群と非感染群で体調不良の訴えに差がなかった。

というものだね。コロナ禍の抑止的社会状況が、青少年の心理に与える影響を調べる調査。

後遺症って、病気感染後に感染以前にはなかった症状が現れることを言うんでないかい?
上記論文(論文と入ってもプレプリントでまだ雑誌にアクセプトされてない)は、中学生が抱える体調不良と心理的不安を調査するという意味では価値がないとは言わないけど、コロナ感染の後遺症に絡めるのは無理があるねぇ。

・抗体検査の日時が明示されていないので、感染後どのぐらい経ってからの症状かわからないから「long-covid」か否か判別できない。
・そもそも抗体検査で感染が判明したということは、無症状であると思われる。渋滞から回復した患者の後遺症と同列に並べるのは無理がある。

しかも、コロナの有名な後遺症の一つ、嗅覚や味覚の不全などは調べてないね。

繰り返すけど、この論文は患者の後遺症について論じるものではなく青少年にコロナ禍に対する漠然たる不安が蔓延していることを示すものであって、この結果をもって「後遺症が気のせい」というあなたの主張は詭弁すぎる。

32

32.

  • 2021年09月12日 17:46
  • ID:2XvAjNqo0 #
33

33. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 19:17
  • ID:ZlgfDabj0 #

※10
お先真っ暗な零細企業勤務ですが今後気をつけます。ここに入り浸っていれば何度か聞いた言葉ではありましたが。

34

34. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 19:46
  • ID:HiM4lpfx0 #

※22
1560名の学生(年齢中央値15歳)の集団で陰性者1365人にコロナ禍で精神的に影響を受けた子供が多数存在していることが証明されただけですね。
イコール新型コロナ後遺症を訴える子供の大半はコロナ禍の生活が原因、ましてや思い込みのせいということにはなりません。
自己申告の症状と病気の診断を同一視することはできません。
と、その論文に記されてる通りです。
これを元にさらに調査をしましょうというレベルの話なので”大半は”の根拠にはなりません。
思い込みもあるでしょうが、それがどのくらいかは不明です。

‘院を要さなかった新型コロナウイルス感染者73,435人は、回復後6カ月以内に死亡するリスクが対照群4,990,835人に比べ59%高いという質の高い論文が出ています。
https://www.nature.com/articles/s41586-021-03553-9
この超過死亡率は、患者1,000人あたり約8人の追加死亡に相当します。

⊃祁織灰蹈覆反巴任気譴心擬236,379人は年齢、性別、民族、健康状態でマッチさせた対照群に比べ、回復後6カ月以内に精神疾患や神経疾患を発症する確率が他の呼吸器系の病気に罹患した後よりも高く、インフルエンザから回復した人よりも44%高い。という論文も出ています。
https://www.thelancet.com/journals/lanpsy/article/PIIS2215-0366(21)00084-5/fulltext

恐がらない人、ワクチンを打たない人は勇気がある。

35

35. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 19:49
  • ID:i7dl7PzF0 #

※29
7月23日にイングランド公衆衛生局が発表した調査では、2月1日から7月19日までにデルタ株に感染した約23万人を
ワクチンの接種回数などで分類した。するとワクチンを2回接種しながら感染した人の死亡率(0.78%)が、
未接種の感染者の死亡率(0.14%)の5倍以上になった。

本当にワクチンで重症化と致死率が下がるのであれば有意な差が出るはずだがそれがない
実際に減ったというデータがないならプラセボかもね

36

36. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 20:25
  • ID:S2aO7Zdo0 #

"データ"での殴り合いは終わりましたか?

ただ「論文」は非常に重要。その「論文」がそもそも体を成しているかの検証もさらに重要。
何故かそのプロセスが疎かになっている印象。

37

37. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 20:47
  • ID:PKwQB31y0 #

インド哲学なんかは意識がベースだと言っているし
スピリチュアルの分野でもそういう報告は多い。

つまり内面的な反応要するに思考エネルギーが
物質レベルに反映されている。

科学者が意識の可能性を検討し始め
社会の利益になるなら喜ばしいことだな。

38

38. 匿名処理班

  • 2021年09月12日 21:30
  • ID:Rya1bu8I0 #

※35
そのデータは未見なんで判断ができませんが、
「分母」はどうなっているのかな?
感染者が分母だったらそういう事も起こりうるからね。

ワクチン接種によって大幅に感染率が下がることはいくつも報告されているとおり。
すなわち、感染者には基礎疾患持ちの方などリスク要因を抱えている方が「濃縮」されている可能性がある。
ワクチン接種者と非接種者で死亡率比較しないと意味がないと思われ。

なので判断のためにリンクを教えてくれるとありがたいです。

39

39. 匿名処理班

  • 2021年09月13日 04:57
  • ID:46Ea5LPn0 #

シンプルにストレスは万病のもと、というだけの可能性も
偽薬でも「これで治る」と思うことで病気のストレスが軽減される
それが免疫力や回復力を高めた結果という
問題はストレスが数値化できないことだな

40

40. 匿名処理班

  • 2021年09月13日 06:17
  • ID:JwIh8Xw60 #

1回目の後腕が発熱&筋肉痛で上がらなくて辛かった。もうすぐ2回目でどんな副反応が出るのか今から怖い。
多分怖がりすぎてるのもあるんだろうなと…大丈夫大丈夫!って思い込むよう頑張ろうと思う。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING