古い時代から幽霊の存在を証明しようと奮闘する人々の歴史
photo by iStock
 幽霊をいると信じる人は多い。事実アメリカ人の45%が幽霊を信じていると回答しており、イギリスのエジンバラ大学には、幽霊、幽体離脱、サイコキネシスなどを本気で研究しているゴーストハンター養成コースがある。

 幽霊を見たという目撃情報は世界各国で報告されており、古代から幽霊にまつわる伝承は数多く残されている。人の魂は肉体の死後もべつの世界で生きていると信じる文化も世界中に存在する。

 人々は今も昔も幽霊を信じ、接触、交信を試みている。果たして人類は幽霊の存在を証明することはできるのか?ここでは、科学的見地も踏まえながら、幽霊探しに奮闘する人々の軌跡を見ていくことにしよう。
広告

死者の魂がこの世に「霊」として残るという考え方

 死者の魂がこの世に残っているという考え方は古くからある。聖書からシェークスピアの『マクベス』に至るまで、数多くの物話に登場していて、怪談という民俗学のジャンルまで確立されている。

 幽霊を信じることは、臨死体験や死後の生活、霊との交信など、関連する超常現象信仰の大きな流れの中のひとつだ。

 幽霊を信じることは、愛する故人がもう見守ってくれない、困ったときに一緒にいてくれないことを信じたくない人たちの慰めになるのかもしれない。
no title
photo by iStock

古くから行われていた幽霊探し

 昔から人は、霊と接触しようとしてきた、あるいは霊と交信したと主張してきた。例えば、ヴィクトリア時代のイギリスでは、上流階級の女性たちの間では、友人たちとお茶をした後、自宅の居間で降霊会をもよおすのがブームだった。



 ケンブリッジやオックスフォードなどの名門大学でも、幽霊の証拠を探すことを目的にしたゴーストクラブが作られた。

 1882年、もっとも有名な心霊現象研究協会が設立された。協会の調査員だったエレノア・シジウィックという女性がのちに会長になり、元祖女性ゴーストハンターと考えられている。

 1800年代後半のアメリカでは、多くの霊媒師が死者と話したと主張したが、のちにハリー・フーディーニのような懐疑的な調査員によって、詐欺であることが暴露されたりした。
fear-4440916_640
photo by Pixabay

テレビドラマがきっかけで誰もが幽霊を探す時代に

 こうした幽霊探しが世界的に広く注目されるようになったのは、わりと最近のことだ。これは、230のエピソードがオンエアされたリアリティテレビシリーズSyfyケーブルTVシリーズ「ゴーストハンター」の大ヒットによるところが大きいが、結局、幽霊の確固たる証拠は見つからなかった。
Ghost Hunters: Haunted Staircase Creaks at Night (Season 1) | A&E


 このシリーズは、多くのスピンオフ番組や類似番組を生み出した。なぜ、こうした番組の人気が出たのか、その理由は素人でも幽霊を探すことができることが前提だったからだ。

 一般人である主役のふたりが、霊の証拠を探すという内容だが、制作者側の意図は、幽霊を探すのに、専門家や科学者である必要はないということだ。

 必要なのは、自由になる時間、暗い場所、電気店で手に入れることのできるいくつかの小道具だけ。根気強く調査を続けていれば、原因不明の光や音がもしかしたら幽霊の証拠かもしれないというわけだ。
ruin-1837344_640
photo by Pixabay

説明のつかない現象であることが、逆に人々を惹きつける

 心霊現象が起こったと断定できる基準が曖昧なことが、死後の世界に関する神話がこれまで以上に人々にもてはやされる理由のひとつだろう。

 科学的に幽霊を評価するのが難しいのは、ドアが勝手に閉まる、あったはずの鍵がなくなる、廊下にやけに背筋が冷たくなるスポットがある、死んだ親戚の姿を見たといった、驚くほど多岐にわたる現象が幽霊の仕業とされているせいだ。

 社会学者のデニースとミシェル・ワスクルが、心霊体験者から聞き取りを行い、2016年に『Ghostly Encounters: The Hauntings of Everyday Life』(テンプル大学プレス)という本を出版した。

 この本にはこう書かれている。
インタビューした多くの人たちは、実は自分が本当に幽霊と遭遇したのか確信がなく、このような不思議な現象がありえるかどうかも不確かなままだということがわかった。

それは、幽霊だと言われている従来のイメージと近いものを見ていないだけのことだ。それでも、なにか日常とはかけ離れた、説明のできない、不気味で、謎めいた異様なことを、多くの人が体験したことだけは確かなのだ
window-5470985_640
photo by Pixabay

幽霊、心霊現象の定義は統一されていない

 このようにして、幽霊を見たと主張する多くの人たちは、従来、幽霊だと認識されているものを必ずしも見ているわけではない。

 実際には、それぞれがまったく違う体験をしているかもしれないが、唯一共通しているのは、それが簡単には説明できないものだったということだ。

 個人的な体験と、科学的な証拠はべつの問題だ。幽霊を調査することの難しさは、幽霊とはなにかという定義が統一されていないことも原因のひとつだ。

 幽霊とは、なんらかの理由であの世に行く途中で迷ってしまっている死者の魂であると言う人もいれば、人の心がこの世に投影されたテレパシーのような存在だという人もいる。

 ポルターガイスト、地縛霊、英霊、シャドーピープルといったさまざまな幽霊のタイプを独自のカテゴリーに分けて考える人もいる。

 もちろん、これは妖精やドラゴンなど違う種族を想像して作りあげられたもので、人がいて欲しいと望むのと同じだけ、幽霊の種類はたくさんある。
spooky-2580619_640
photo by Pixabay

そもそも幽霊とは?

 幽霊に関しては、もともと多くの矛盾がある。例えば、幽霊は物質なのか否か? 固い物体をするりと通り抜けられるとか、ドアを勢いよく閉めたり、部屋の向こうに物を投げたりできるのか?などなどだ。

 物理の論理や法則からすれば、それはどちらか一方でしかない。幽霊が人間の魂だというなら、なぜ彼らは服を着て、帽子や杖、ドレスといった魂などなさそうな無機物と共に現れるのか?幽霊列車、幽霊自動車、幽霊馬車などの話は言うまでもない。

 もし、幽霊が殺され恨みを晴らせなかった死者の魂なら、どうして未解決殺人があるのか? 幽霊が霊媒師と交信できるのなら、殺人者はすぐにわかるはずではないか?

 疑問は次から次へと出てくる。幽霊だというあらゆる主張には、それを疑う論理的な理由があるのだ。
ghost-1280683_640
photo by Pixabay

確実に幽霊であるという証拠は発見されていない

 ゴーストハンターは、多くの独創的な手段を使って、霊の存在をとらえようとし、その際に霊媒師もよく利用される。

 あらゆるゴーストハンターは、科学的に調査していると主張するが、ガイガーカウンター、電磁場(EMF)検出器、イオン検出器、赤外線カメラ、高感度マイクなど、ハイテク科学機器を使用するためにそう見えるだけかもしれない。

 しかし、こうした機器をもってしてもなお、実際にこれは絶対に幽霊という証拠を見つけたことはない。

 幽霊がいると炎が青くなると何世紀も信じられていたが、現在では、このような伝説を受け入れる人はほとんどいない。

 現在のゴーストハンターが幽霊の証拠だとしている兆候の多くは、今後数世紀たったら、同じように時代遅れの誤まったものとみなされることだろう。
ghost-5676447_640
photo by Pixabay

幽霊は科学的に検知、記録できない

 幽霊の存在が証明されていないのは、単に霊の世界をつきとめるための適切な技術がないからだという研究者もいる。

 しかし、この説もまた正しいとはいえない。幽霊が存在していて、私たちの普段の物理的な世界に現われ、写真、フィルム、ビデオ、録音機器などに記録されるか、そうでないかのどちらかなのだ。

 もし本当に幽霊がいて、科学的に検知、記録できるのなら、それは確実な証拠になるはずだが、いまだそれは実現していない。

 幽霊が存在しているのに、それが科学的に検知、記録できないのなら、幽霊の証拠だとされている写真、ビデオ、音声などの記録は、幽霊ではないのかもしれない。

 基本的に矛盾した数多くの説があり、科学的根拠も乏しいため、何十年にもわたって、ゴーストハンターが奮闘してきたにもかかわらず、幽霊の確証がひとつも見つかっていないのも驚くことではない。

 最近のスマホの"心霊アプリ"の発達のせいで、一見不気味に見える映像をでっちあげて、SNSでシェアすることがこれまで以上に簡単になった。そのため、心霊研究家が事実と虚構を見分けることがますます難しくなっているのも確かだ。
ghosts-2223229_640
photo by Pixabay

死を乗り越えた肉体的エネルギーは検出できない

 幽霊の存在を信じる人の多くは、個人的な体験から信じることが多い。例えば、育った家の中に愛想のいい霊が当たり前のように住みついていたり、ゴーストツアーや地元の幽霊スポットで、怖ろしい思いをしたといった体験だ。

 しかし、大半の人は幽霊の存在を裏づけるものは、現代の物理学と変わらないハードサイエンス(化学、物理学、生物学、天文学など)で見つけられると考えている。

 アルベルト・アインシュタインは、熱力学の第一法則に基づいて、幽霊の存在を示す科学的根拠を提唱したと広く言われている。

 エネルギーが作られず、破壊されることもなく、形が変わるだけだとしたら、死んだとき、私たちの体のエネルギーはどうなるのか? 幽霊のようなものになりうるのだろうか?

 一見、理にかなった仮定のように思えるが、基本的な物理学を掘り下げるまではそうではない。答えはしごく単純で、謎でもなんでもない。

 人は死んだら、その体内にあったエネルギーは、すべての生物の死後エネルギーと同じように、周囲へと放出される。

 エネルギーは熱という形で放たれ、残った肉体はほかの生物に食べられ(埋葬されずにそのまま放置されたら野生動物に、埋葬された場合はさまざまな虫やバクテリアなどに)、植物に吸収される。

 ゴーストハンターが使う幽霊探知器で見つけられるような、死を乗り越えた肉体的エネルギーは存在しないのだ。
00
photo by iStock

もし本当に幽霊がいても素人には探すことは不可能

 アマチュアのゴーストハンターたちは、心霊研究の最先端をいっていると思いたがるが、実際には、民族学者の言う"オステンション(事実が物語となりうるように、物語は事実となりえる)"や"伝説のつまづき"に関わっているだけなのかもしれない。

 これは基本的に、幽霊や超常現象要素などの伝説を人々が語る(演じる)という形だ。民族学者のビル・エリスは、2003年の著書『Aliens, Ghosts, and Cults: Legends We Live』の中でこう指摘している。
ゴーストハンター自身もたいていは、真剣に調査を行い、超自然的な存在にあえて挑み、意識的にドラマチックな形で立ち向かい、安全な場所に戻ってくる。

このような活動は娯楽のためではなく、現実世界との境界を試し、定義するための真摯な努力なのだ
 幽霊が本物で、まだ知られていないある種のエネルギーや存在物のようなものだとしたら、その存在は(ほかの科学的な発見と同じように)、専門家によるきちんと管理された実験で発見、実証されるはずで、週末深夜にゴーストハンターがカメラや懐中電灯を持って、廃屋を歩き回るといったことでは見つからない。

 結局、不鮮明な写真や音、映像が山のように存在するというのに、幽霊の証拠は100年前と同じで、まともなものはなにも出てきていない。

 ゴーストハンターが、幽霊の確固たる証拠を見つけられないのには、ふたつの理由が考えられる。

 ひとつは、幽霊は存在せず、幽霊証言は心理学、誤認、間違いやデマなどで説明できるというもの。

 もうひとつは、幽霊は存在するが、ゴーストハンターが科学ツールやそのための精神状態を備えていないために、立証するのに意味ある証拠を発見することができないから、というものだ。

 最終的に、ゴーストハンターにとっては証拠などはどうでもいいのかもしれない。証拠第一なら、 幽霊調査はとっくの昔に放棄されているはずだ。

 幽霊話で友人と盛り上がり、この世と未知のものとの境界を探る行為を楽しんでいるのだ。だがそれでも良い。とどのつまり、誰もが上質の幽霊話が大好きなのだから。

Top image:iStock / References:Are ghosts real? | Live Science / written by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
道路にいすぎ。運転中の幽霊目撃率が高いイギリス、ロンドンでは運転手の3分の1が遭遇したと報告

人間の脳は幽霊を見るようにできている。特に右脳を良く使う人は心霊現象を見やすいことが判明(スイス研究)

幽霊は脳が作り上げている。人工的に幽霊をつくり出す実験に成功(スイス研究)

エジンバラ大学には幽霊や超能力を調査するホンモノのゴーストバスター養成コースがある(スコットランド)

あなたの見たアレは本物のアレ?幽霊に関する6つの科学的説明

人は19Hz(18.9Hz)の音を聴くと幽霊が見える?低周波音と幽霊目撃の奇妙な関係

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

    コメント

    1

    1. 匿名処理班

    • 2021年07月31日 22:06
    • ID:IUMGNb2n0 #

    エリオット・オードネル(1872〜1965)の後継者が現れるのだろうか

    2

    2. 匿名処理班

    • 2021年07月31日 22:25
    • ID:Up.eVqTw0 #

    いたら捕まえて幽霊博物館作る奴が出てくる
    金儲けに使える
    なんらかのエネルギーで存在してるんだろうから
    それを利用して発電も出来るかもしれない
    でもいないから…

    3

    3.

    • 2021年07月31日 22:29
    • ID:HTU2wzxG0 #
    4

    4. 匿名処理班

    • 2021年07月31日 22:47
    • ID:8jbbQ3AC0 #

    自分一人だと見間違えとか幻覚とかの可能性が高いから二人以上で同時に同じもの見ないと信じられないよね
    だから俺は信じてる

    5

    5. 匿名処理班

    • 2021年07月31日 22:51
    • ID:Rq7.HAXH0 #

    死んだら万人が分かる事。

    6

    6. 匿名処理班

    • 2021年07月31日 23:07
    • ID:XbaA8Yk70 #

    服も幽霊なんですかねえ裸でいいじゃんねえ

    7

    7. 匿名処理班

    • 2021年07月31日 23:15
    • ID:x2PTiWgQ0 #

    警備員や博物館の監視カメラが写したものでは、説明できないのがいくつかあるね。

    8

    8. 匿名処理班

    • 2021年07月31日 23:21
    • ID:jzifQJdb0 #

    深夜の神社にしょっちゅうお参りに行くが、一度も幽霊は見たことはない。
    しかし賽銭泥棒には5回も遭遇した。

    9

    9. 匿名処理班

    • 2021年07月31日 23:34
    • ID:NgHQNv.b0 #

    >>6
    ふりちんのおっさんは嫌やろ?

    10

    10. 匿名処理班

    • 2021年08月01日 00:27
    • ID:p4m2VGdh0 #

    若い時は興味津々だったな。
    「アレは霊体験だったのかな」と思う体験も何度か遭った。
    親父の墓作って初めて墓参りして帰って寝てたら、金縛りらしいのに遭ったが、時間が経てば只の夢だったのかハッキリしない

    幽霊よりUFOの方が晴天の青空でハッキリ見た事有る。金属灰皿二つ合わせた様なモロなUFOが暫く角度微妙に変えながら浮かんでた。取り敢えず空を飛ぶ銀色の飛行体が存在する事は信じざる得なくなった。
    あと夜空に突拍子も無い動きで飛ぶ光も。

    11

    11. 匿名処理班

    • 2021年08月01日 01:16
    • ID:QnFVlLmx0 #

    自分は科学側に近いところにいるけど数回幽霊見たから否定できないんだよな
    うち一回は母親も全く同じの見てるから特に

    12

    12. 匿名処理班

    • 2021年08月01日 01:43
    • ID:VH0ARrgp0 #

    小説だが地獄の家に出てきた科学者夫婦が真面目に幽霊を観測しようとしてて好きだった

    13

    13. 匿名処理班

    • 2021年08月01日 01:44
    • ID:.1lQduEI0 #

    居ない事は証明できないだろうから、居ると思ってた方が楽しいと思う
    今の科学じゃ認知すらできない世界がすぐ側にあるかも知れない、
    って夢があるじゃん?

    14

    14. 匿名処理班

    • 2021年08月01日 03:43
    • ID:o.yDEXCk0 #

    科学的なアプローチはもっと有っても良いよね。自分は唯物論者だけど不思議な経験も有るから完全否定してない。そうなると未知の自然現象の解明というスタンスならしっくり来る。

    15

    15. 匿名処理班

    • 2021年08月01日 04:31
    • ID:geW8QFVu0 #

    金縛りにあったことあるし、明らかに霊障のようなものを数ヶ月食らったことある(一人だけの部屋で複数人の声が聞こえる、部屋の中で何かが通ったように風が起こる)とかはある
    幽霊が見えるって友達も何人かいる
    でも見たことはねえな

    16

    16. だんごむし

    • 2021年08月01日 06:10
    • ID:vDxzIejQ0 #

    昔からご先祖様の死ぬ瞬間?みたいのは夢で見たりするし、時々自分が死んでしまった事が解らないのか迷子の方々の道案内したりする事あるからこの世のものでない何かしらは信じてるのじゃあ。。。

    17

    17.

    • 2021年08月01日 07:19
    • ID:FSwdHu7Q0 #
    18

    18. 匿名処理班

    • 2021年08月01日 07:45
    • ID:a2d5.tWL0 #

    ※4
    もしかして:集団心理

    19

    19. 匿名処理班

    • 2021年08月01日 09:08
    • ID:UGHBE1520 #

    有ったらこわい〜 有ったらこわい〜〜 セレナ〜〜デ〜〜〜♪

    20

    20. 匿名処理班

    • 2021年08月01日 10:57
    • ID:8.qh.u3a0 #

    > エネルギーが作られず、破壊されることもなく、形が変わるだけだとしたら、死んだとき、>>私たちの体のエネルギーはどうなるのか? 幽霊のようなものになりうるのだろうか?


    電池は放電や酸化はあるだろうが勝手に他の物になったりしないし
    スマホが壊れても、壊れたスマホのままだよなぁ‥

    別に幽霊を否定したい訳じゃないけどこの理屈はおかしいw

    21

    21. 匿名処理班

    • 2021年08月01日 11:00
    • ID:UGHBE1520 #

    ※5
    そうです。一同、霊!

    22

    22. 匿名処理班

    • 2021年08月01日 12:40
    • ID:EkEae.nV0 #

    「何だこれミステリー」でたまにやる「ハッピーゴーストハンティング」大好き
    海外のいわくつきホテルとか、なかなか行けない所が見られて楽しいのよ

    23

    23. 匿名処理班

    • 2021年08月01日 12:45
    • ID:TFGbQR770 #

    いるわけないじゃんいたら地球上埋め尽くしてパンクしてるだろ
    見えるとか霊感あるってやつはかまってちゃんの嘘松

    24

    24. 匿名処理班

    • 2021年08月01日 13:23
    • ID:TrLtuJgo0 #

    こういうのって結局死んでからのお楽しみよ。

    あれば、死後の世界で色々する。
    なければ意識ないままそのまま。

    25

    25. 匿名処理班

    • 2021年08月01日 13:33
    • ID:.AUdRo5J0 #

    目に見えないエネルギーである電気(例外的に雷などで見える)が発見されてない世界では、電気だって幽霊のような扱いをされるだろう。
    幽霊を構成するエネルギーも、雷のように濃いエネルギーなら五感で感知できるんじゃないだろうか。人によって幽霊を感知できる出来ないがあるのは、受容器官の精度の差だと思ってる。物質を観る肉眼の視力だって1.5の人と0.1の人じゃ見える見えないあるんだし。
    殺人事件の被害者が犯人の前に幽霊として出るかどうかも、幽霊のエネルギー量の差で出るに出られないこともあるんじゃないか。
    科学の信奉者は科学で解明出来ないから信じないと言うが、今の科学じゃダークマターの正体もわからないし、霊のエネルギーも利用したり感知する術が無いだけだと思う。
    だから俺は現在の科学で解明できないものでも、幽霊の実在を信じている。トーマスエジソンが考えてた霊界テレビのように、霊と会話できる装置がいつか作られて欲しい。

    26

    26. 匿名処理班

    • 2021年08月01日 14:18
    • ID:bMI1ytqD0 #

    「幽霊が存在する」ってなんか面白い言葉だな

    27

    27. 匿名処理班

    • 2021年08月01日 15:35
    • ID:2gGNlfnV0 #

    幽霊 ( 霊者 ) は存在するけど " 元人 " ではない。

    28

    28. 匿名処理班

    • 2021年08月01日 15:36
    • ID:eRgpHqtg0 #

    なおアメリカ人の50%は神も宗教も信じていない

    29

    29. 匿名処理班

    • 2021年08月01日 17:24
    • ID:s5oCzHLW0 #

    ※25

    科学が霊の存在を頭ごなしに否定しているわけじゃないんですよ。今の所、あまりに論拠が乏しすぎて肯定的に扱えないだけです。

    例えば光(光子)も一見不思議なふるまいをします。ときに波のように見え、またあるときは粒子のように見えます。しかこれは条件さえ整えれば必ず再現できるものです。

    ダークマターも仮説上のものですが、銀河にある物質の質量をすべて見積もっても不足分があり、その割合は理論的に導き出せます。観測するすべがない理由も、我々の知る物質と相互作用しないから、ということがわかっています。(幽霊のように、たまーにレンズに写ってくれれば説得力も増すんでしょうが)

    本文にある「立証するのに意味ある証拠」という例が再現性と論理性で、条件を揃えれば幽霊を観測できる、またはそれを観測するために何が欠けているか、を明確に示すことができれば、科学として成立します。

    よく言われることですが、科学とは疑うことです。納得させうる証拠が揃わない限りそれは仮説の域を出ない。幽霊もまったく同じです。だからダークマターだって、今は幽霊より少しはマシだって程度です。

    自分も「これは霊の仕業かな?」と思える出来事が全くないわけではありませんが、近年は体力と感受性も衰えてきて、霊から相手にされなくなっています。

    30

    30. 匿名処理班

    • 2021年08月01日 17:57
    • ID:zcdAcTMU0 #

    死ねば分かります。信じようと信じまいと答えは明確に出ます。

    31

    31. 匿名処理班

    • 2021年08月02日 02:21
    • ID:AX496gtE0 #

    居ないです。その証拠に昔ほど心霊番組がありません。

    32

    32. 匿名処理班

    • 2021年08月02日 04:30
    • ID:DCvk1uYA0 #

    ※30
    確かに死んだらわかるけど、
    結果を生きてる人に伝える手段がないんじゃあ
    意味がないと思うんだ…

    だから自分は「幽霊=脳の誤作動(見間違い・聞き間違い)」派

    33

    33. 匿名処理班

    • 2021年08月02日 06:35
    • ID:tlnxKfWQ0 #

    >>29
    自分も科学自体が幽霊を否定してるとは思ってません。
    光子や量子のような何通りもの振る舞いをする物質(物体では無いのでそう呼んでいいのかわかりませんが)が存在する以上、幽霊の元となる物質が人間の精神となるならさらに気まぐれに作用しそうですし、解明されるとしても先の話だと思ってます。
    「現在の科学」で幽霊を頭ごなしに否定する意見に何か言いたくなってコメントをしてしまいました。言葉足らずでしたが、科学自体が否定してる訳では無いことはわかっています。でも、再度理解できました。
    返信ありがとうございます。

    34

    34. 匿名処理班

    • 2021年08月02日 22:04
    • ID:q3lA3uVp0 #

    科学で解明されている事なんてほんの僅かであって、世の中の殆どの事を人間は理解していない。
    自分の体、人体の事ですら殆ど解明されていないのが現実なんだから、数多の“ワカラナイ”の中で幽霊だけ否定するというのも変な話だよね。
    幽霊を否定するなら幽霊以外のワカラナイも全部否定しなくちゃ正当ではない

    35

    35. 匿名処理班

    • 2021年08月03日 23:35
    • ID:mWzrHlzc0 #

    端から存在しないと決めつけるのは、科学者とはとうていいえない。
    100年前の観測機器と現在の観測機器がどれほど違っていることか。
    100年後の観測機器も当然まったく違っている。
    まあ100年後にこの文明が残っているのか、という問題はあるが。。

    36

    36. 匿名処理班

    • 2021年08月06日 21:11
    • ID:OZ3TcMBl0 #

    「幽霊」の存在よりも、なぜ「宇宙」が存在し、「私」が存在するのか? のほうがよほど不思議だと思うのだが。。

    37

    37. 2021mg

    • 2021年08月06日 22:06
    • ID:fSPCSSKo0 #

    いることを前提として考えるといるという事になる いないことを前提にすればいないことになります これは幽霊に限らず あらゆる分野に適用出来ますよね 世の中 まだわからないことが多すぎて どっちか一つに決めるというのは難しいかもしれませんが あなたの好きな方に決めたらいいと思います 私ですか・・・私は幽霊はいると思いますよ 昔 身の毛がよだつような 怖い経験をしたことがありますので・・・

    38

    38. 匿名処理班

    • 2021年08月07日 17:03
    • ID:hQzWMcd80 #

    ※34
    どのような現象にも「ほぼわかっている」「ほとんどわかっていない」の間にグラデーションがあるでしょう?人体でいえば、脳機能などは未解明な部分も多いが、腸内細菌のような「手にとって分析できる」ものは解明が進んでいます。あくまで「ここまではわかっている」というもので、否定と肯定の2つしか答えがないような単純なものではありません。

    ※35
    端からといいますが、CERNのように素粒子まで捉えれるほど観測機器が発達した現在でさえ、それらしい霊現象の兆候がみられない、ということは、現象としてそれらが存在するかというレベルで怪しいと判断することに、私は違和感がありません。

    ちなみに人類は100年どころか紀元前から、光を含めた電磁波でものごとを観測してきています。おそらくあと100年程度ではそこは変わらない。これですらキャッチできない情報を捉えるには、人類にとっては知の大転換とも呼べるようなブレイクスルーが起きない限り難しいと思われます。

    なのでぜひとも霊現象を始めとした超常現象を定量的に提示できる手法を、その存在を説く誰かが率先して構築することを願います。ノーベル賞どころではない価値観の大逆転をもたらすこと間違いなしですよ。

    39

    39. 匿名処理班

    • 2021年08月23日 22:18
    • ID:CbfmFHjF0 #

    見えたんです、って言っても、カメラにも映らない本人の証言だけということになると、それはほとんど存在しないも同然
    階段になにか音?振動?がしたのなら、それがどこから発生・なぜ発生しているのかまで科学的に解明しないと意味がない
    ここなら絶対カメラに写る、幽霊が見れるという場所があれば行ってみたい
    高く売れるでしょw
    儲かるならゴーストハンターやりたい

    40

    40.

    • 2021年08月26日 15:29
    • ID:NMFGHWVg0 #
    お名前
    ADVERTISING
    記事検索
    月別アーカイブ
    ADVERTISING
    ADVERTISING