太陽系外から来た可能性のある火球がブラジルで観測される
 5月30日(現地時間)、ブラジルの南の夜空で、光の線を描く美しい火球が観測された。この火球は、いわゆる「アースグレイジング火球」と呼ばれるもの。浅い角度で地球の大気に進入して、再び出ていくタイプの火球だ。

 この火球は太陽系外からやってきた可能性があるという。
広告
Earthgrazer - Rio Grande do Sul - 30/05/2021

太陽系外で発生した隕石である可能性

 火球は流星の中でも特に明るいもので、大気中で蒸発したものも、隕石となって地表に落下したものもどちらも含まれる。

 ブラジル流星観測ネットワーク(Bramon)の映像によると、現地時間の5月30日23:02、この火球は地上に対して6.1°の角度で地球の大気圏に突入し、カパン・コンプリドの南162.7kmの高度で光り始めた。

 時速23万kmで北上し、243.6kmを3.8秒で進み、カルロス・バルボサの東、高度137.0kmで消息を絶ったという。

 Bramonは「予備的な分析では、隕石が太陽系の外で発生したことが示されている」と発表し、今回の火球が恒星間天体である可能性を伝えている。
mapa3d001_e
image by:Bramon

恒星間天体なのか?

 史上初めて恒星間天体と認定されたのは、2017年に観測された「オウムアムア」だ。この葉巻のような天体は、発見以来議論の的となってきた。

 その起源が珍しいということもあるが、ハーバード大学の高名な天文学者アヴィ・ローブ教授が、オウムアムアは地球外文明によってつくられた宇宙船であると繰り返し主張しているからだ。

 同教授は今回のように地球をかすめた隕石が地球の生命を金星に運んだという、かなりエキセントリックな説も発表している。

Top image:photo by Pixabay /References:Earthgrazer no RS pode ter origem interestelar – BRAMON/ written by hiroching / edited by parumo
追記:(2021/06/10)本文を一部訂正して再送します。
あわせて読みたい
グリーンランド上空で爆発した火球が地球を揺らしていた。地震が発生したことが確認される(グリーンランド)

隕石に生命の種が!地球外の有機物を保持した隕石が落下(アメリカ)

恒星間天体「オウムアムア」の正体に新たな説。それは冥王星に似た惑星の欠片かもしれない

オウムアウア以前に恒星間天体が地球に衝突していた!?(ハーバード大学研究者)

異星人が4年前に地球を訪問していた!?ハーバード大学の天文学者が主張

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年06月09日 22:46
  • ID:HJE8hcEz0 #

燃え尽きちゃったのね。
ほんのちょっとでいいから物質として残ってほしかったな。

2

2. 匿名処理班

  • 2021年06月09日 23:29
  • ID:ssxHyMzU0 #

消えてよかったウィルス怖い

3

3. 匿名処理班

  • 2021年06月09日 23:34
  • ID:0JSiexIY0 #

なんだかセーラームーンを思い出した

4

4. 匿名処理班

  • 2021年06月09日 23:48
  • ID:Abq0ph680 #

ロマンだなぁ
地球をかすめて次はどこに行くんだろう
人間では想像もつかない大きなスパンで旅をしているのかな

5

5. 匿名処理班

  • 2021年06月10日 00:15
  • ID:rbbtIJXf0 #

ブルービームだろブルービーム

6

6. 匿名処理班

  • 2021年06月10日 00:25
  • ID:U3Sh4HaP0 #

>>4
お茶でも飲んで、ゆっくりしてから出発しなはれ〜

7

7.

  • 2021年06月10日 03:53
  • ID:3wpbh22q0 #
8

8.

  • 2021年06月10日 05:42
  • ID:GR2UDAQa0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2021年06月10日 05:56
  • ID:Paegx3z20 #

サイヤ人やろな
俺が行ったるわ

10

10. 匿名処理班

  • 2021年06月10日 06:27
  • ID:xY.4M2X.0 #

宇宙という極限環境で生き延びた微生物がこれによって地球に飛来し、静かに活動を始めたのだ……という想像は俺だけじゃないはず。

11

11. 匿名処理班

  • 2021年06月10日 09:02
  • ID:7MpNmeHm0 #

時速230.7キロって隕石にしてはやたら遅いなと思ったら、原文は「230.7mil km/h」とあった。
「243.6kmを3.8秒で通過」とあるので、243.6km/3.8sec=64.1km/sec→230,779km/hだから、計算が合う。
時速23万キロですね。

※1
アースグレイジング火球は、燃え尽きも落ちもせずにそのまま宇宙へ飛び去るタイプの隕石ですよー。

12

12. 匿名処理班

  • 2021年06月10日 09:53
  • ID:GjsOxIjs0 #

※2
いや、ばら撒かれてるだろ

13

13. 匿名処理班

  • 2021年06月10日 12:25
  • ID:9VO5BnAz0 #

賢い科学者って、ときどき僕でもわかるような間違いをおかすよね。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING