新種の肉食恐竜がアルゼンチンで発見される
credit:Jorge Blanco.

 恐竜がまもなく絶滅しようとしていた白亜紀末期、ゴンドワナ大陸には恐ろしい恐竜が生きていた。

 アルゼンチン、パタゴニア北西部にある化石地帯ラ・インベルナーダのバホ・デ・ラ・カルパ層で発見された新種の肉食恐竜の化石は、「ルカルカン・アリオクラニアヌス(Llukalkan aliocranianus)」と名付けられている。

 ルカルカンはマプチェ語で「恐怖をもたらすもの」、アリオクラニアヌスはラテン語で「珍しい頭蓋骨」という意味だ。
スポンサードリンク

トサカやツノが生えた短い頭蓋骨を持つ肉食恐竜


 今から8000万年前、白亜紀末期に生息していたルカルカン・アリオクラニアヌス(以下L. アリオクラニアヌス)は、大型捕食恐竜アベリサウルス科の仲間で、その姿はあのティラノサウルスを思わせる。

 体長は5メートルでティラノサウルス(13メートル)に比べれば小さいが、極めて強力なアゴや鋭い歯、巨大な爪に鋭い嗅覚といった武器で武装していた。

 その名が示すとおり、特徴的な頭蓋骨をしており、トサカやツノがゴツゴツと生えている。生きていたときは、現代の一部の爬虫類にも似た、膨らんで目立つ頭部を持っていたようだ。

1_e1
頭蓋骨の再現図 credit:Gianechini et al., doi: 10.1080/02724634.2020.1877151.

ワニに匹敵する鋭い聴覚を持っていた可能性


 だがパタゴニア地質学・古生物学研究所の古生物学者アリエル・メンデス博士によると、最大の特徴は、中耳のあたりにある小さな空洞であるという。

 これは他のアベリサウルス科の仲間にはない特徴で、これのおかげでL. アリオクラニアヌスは現代のワニと同等か、それより優れた聴覚を持っていた可能性があるという。

アベリサウルス科の恐竜は強い捕食者


 L. アリオクラニアヌスの発掘現場のそばからは、同じくアベリサウルス科に属する「ヴィアヴェナトル・エクソニ(Viavenator exxoni)」も発掘されている。

Viavenator_e0

 このことは白亜紀後期において、アベリサウルス科の恐竜がパタゴニア地域の主要な捕食者だった可能性を示唆しているそうだ。

 この研究は『Journal of Vertebrate Paleontology』(3月30日付)で発表された。

References:New Species of Carnivorous Dinosaur Unearthed in Argentina | Paleontology | Sci-News.com/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
巣で卵をあたためていた恐竜と孵化する直前の卵の化石が発見される。


恐竜のお尻の穴の秘密が明らかに!プシッタコサウルスのお尻の詳細な復元に成功(英研究)


肩から針が突き出た新種の恐竜が発見される。その名は「神の槍」(ブラジル)


ジュラシック・パークで有名になった恐竜「ディロフォサウルス」はトカゲより鳥に近い(米研究)


南極で発見された謎の化石の正体がついに判明、巨大な卵であることが判明。


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
4231 points
前脚を失った犬は歩くことをあきらめなかった。自ら後ろ脚で歩くことを覚え、毎日を全力で楽しんでいる

前脚を失った犬は歩くことをあきらめなかった。自ら後ろ脚で歩くことを覚え、毎日を全力で楽しんでいる

2021年4月18日
1574048125
2位
4185 points
怪我をした野生の鳥を保護したところ、犬がそばに寄り添い続け、いつしか大親友に(オーストラリア)

怪我をした野生の鳥を保護したところ、犬がそばに寄り添い続け、いつしか大親友に(オーストラリア)

2021年4月15日
924068124
3位
3886 points
個性的な顔立ちが原因で引き取り手が現れず1年も避難所にいた元野良猫、ようやく永遠の家族に巡り合える(ドイツ)

個性的な顔立ちが原因で引き取り手が現れず1年も避難所にいた元野良猫、ようやく永遠の家族に巡り合える(ドイツ)

2021年4月13日
4位
3493 points
女性の半数近くが「ハゲた男性をセクシーと感じる」と回答(アメリカとイギリスの合同調査)

女性の半数近くが「ハゲた男性をセクシーと感じる」と回答(アメリカとイギリスの合同調査)

2021年4月17日
5位
2738 points
鎮まれ…俺の右手…!中二病を発症した猫のフィギュアがカプセルトイに登場「厨二猫(ちゅうにびょう)」

鎮まれ…俺の右手…!中二病を発症した猫のフィギュアがカプセルトイに登場「厨二猫(ちゅうにびょう)」

2021年4月19日
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年04月07日 09:07
  • ID:1zwG9iny0 #

恐竜なんてまだ全体の9割以上は未発見の新種

2

2. 匿名処理班

  • 2021年04月07日 12:08
  • ID:lrlp216I0 #

アベリサウルス科にはカルノタウルスのように角やらコブやらがあって面白い。
あと短い前足がかわいいw

3

3. 匿名処理班

  • 2021年04月07日 12:22
  • ID:KEV1XURb0 #

シャチ 「俺の骨を見て俺が想像できるか?」

4

4. 匿名処理班

  • 2021年04月07日 13:21
  • ID:rCNb4Haj0 #

イメージ図と違って案外クック先生みたいな見た目だったりしてな
シャチやカバの例があるだけに

5

5. 匿名処理班

  • 2021年04月07日 14:32
  • ID:oYTnApYi0 #

お辞儀するのだ!

6

6. 匿名処理班

  • 2021年04月07日 14:50
  • ID:W7XpqarC0 #

私にとって名前を覚えにくく言いにくい2大恐竜であった「パキケファロ・サウルス」「パラサウロロフス」は、両者とも頭の形に特徴があるが、なぜかこの記事の恐竜も同様だ

7

7. 匿名処理班

  • 2021年04月07日 17:31
  • ID:mF5z96YF0 #

↑殆どの哺乳類は骨格と肉付きの差が激しいものの、爬虫類に近い恐竜は差異は殆ど無いと思われます。理由はうろ覚えなのできっと誰かが解説してくれるはず…w
羽毛が生えている、非鳥類型恐竜の例もありますけど大体の姿は解剖学などから推測出来ると思います

8

8. 匿名処理班

  • 2021年04月08日 03:41
  • ID:T53P3e3X0 #

珍しい頭蓋骨を持った肉食恐竜。。。といっても、
それ程は変な造型をしているとも思えない。むしろ合理的だ
恐竜は、どこまで多様性が有る動物なんだか?
生息期間が長かったから、これからも新種は発見されるだろう

9

9. 匿名処理班

  • 2021年04月08日 08:19
  • ID:T53P3e3X0 #

※6
>パラサウロロフス

あの内部の鼻腔道が複雑に入り組んだ構造は不思議だよね。
生前の骨成分から共鳴具合を考慮して、鳴き声を再現できないかな?
なんて妄想を、昔良くしていた。今はPCシュミュレーターが有るから
鳴き声の再現も案外と可能かも知れない

10

10.

  • 2021年04月08日 20:19
  • ID:pl8mjPjW0 #
11

11. 匿名処理班

  • 2021年04月12日 21:34
  • ID:dH7htE8B0 #

>>1
化石で見つかってない大小の恐竜はたくさんいるだろうな。
特に小型羽毛恐竜なんか化石に残ってないだけ始祖鳥以前の羽毛恐竜や以後の原始鳥類の類いはたくさんいたと思うよ。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク