no title
iStock
 中国江西省南部にあるカン州市で発掘されたおよそ7000万年前の恐竜は、ちょうど巣の上で化石になっており、卵の中には孵化する直前の子供が入っていた。

 その恐竜は、オヴィラプトロサウリア(オヴィラプトロサウルス類)で、卵を温めている最中に命を落とし、卵と共に化石となったようだ。
広告

卵を温めていた状態で命を落としたオヴィラプトロサウリア

 中国、雲南大学などのグループが発見したのは、おそらくは大人だと考えられる「オヴィラプトロサウリア」の不完全な骨格と、その下にあった少なくとも24個の卵の化石だ。見つかった卵のうち7個には、胎児の骨も残されていたという。
3_e0
 鳥のような姿をしたオヴィラプトロサウリアは、中生代白亜紀のローデシア大陸に生息していた獣脚類の仲間だ。

 大人の化石がすぐそばにあったことや、過去に巣の上で死んだらしきオヴィラプトロサウリアの化石がいくつか発見されていることから、卵を温めている最中に命を落としただろうことがうかがえるようだ。

 また酸素同位体の分析からは、卵が鳥の体温に近い温度で温められていたことが示されており、やはり親が卵を温めていただろうことが示唆されている。

 この点において、オヴィラプトロサウリアは現代の鳥の仲間に似ており、卵を温めず、ただそばにいて守るだけのワニとは習性が違うことが分かる。
オヴィラプトロサウリア
オヴィラプトロサウリア credit:ZHAO CHUANG

卵には孵化する直前の胎児が入っていた

 発見された卵は孵化する直前だったようだ。胎児は発達の後期段階にあり、みな発育が良かったが、中にはとりわけ成長しているものもいた。このことから、卵が孵化するタイミングには、若干のバラツキがあった可能性があるとのこと。

 これは「非同期孵化」という現象で、現代の鳥の仲間にも見られる。同じ特徴がオヴィラプトロサウリアと鳥とで別々に進化したようだ。
1_e2
青っぽく見えるものが卵 credit:Shundong Bi, Indiana University of Pennsylvania

オヴィラプトロサウリアは石を飲み込んで消化を促進させていた

 今回の化石でもう1つ面白いのが、大人のオヴィラプトロサウリアのお腹のあたりでいくつか小石が見つかっていることだ。ほぼ間違いなく消化を助けるために飲み込まれた「胃石」であるとのこと。

 オヴィラプトロサウリアで確実に胃石と考えられるものが見つかったのは初のことで、この分析から食生活などについても貴重な洞察を得られるかもしれないそうだ。

 この研究は『Science Bulletin』(20年12月16日付)に掲載された。

追記(2021/03/16):オヴィラプトロサウルスをオヴィラプトロサウリアと変更して再送します

References:eurekalert / scitechdaily/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
恐竜のお尻の穴の秘密が明らかに!プシッタコサウルスのお尻の詳細な復元に成功(英研究)

オーストラリアで初めて発見された珍恐竜「エラフロサウルス」は肉食から草食へと変化する

ティラノサウルスの脚を分析。短距離走よりも長距離走に適したタイプだったことが判明(米研究)

肩から針が突き出た新種の恐竜が発見される。その名は「神の槍」(ブラジル)

ジュラシック・パークで有名になった恐竜「ディロフォサウルス」はトカゲより鳥に近い(米研究)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. ナパチャット

  • 2021年03月16日 08:57
  • ID:iPGEhNCI0 #

捕食されたなら卵も残らないよね
土砂災害かなぁ?とか思う

2

2. 匿名処理班

  • 2021年03月16日 08:57
  • ID:CEuJR.980 #

オビラプトルにサウルスは付けないと思いますよ。

3

3. 匿名処理班

  • 2021年03月16日 09:15
  • ID:dtqbfedv0 #

恐竜ってデカい鳥だよね。
ヒクイドリとか化石で出てきたら恐竜に分類されそうだし。

4

4. 匿名処理班

  • 2021年03月16日 09:28
  • ID:tPQRpDVt0 #

発見自体はすごいことなんだけど、親子共々この状態で命を落としたと思うと切ないな...

5

5. 匿名処理班

  • 2021年03月16日 10:02
  • ID:qtg.n7fE0 #

酢で卵を温めていると柔らかくなるの。

6

6. 匿名処理班

  • 2021年03月16日 10:16
  • ID:qmxuqoWF0 #

何かの瞬間まで逃げずに抱卵してたのが何とも言えないな

7

7. 匿名処理班

  • 2021年03月16日 10:22
  • ID:EHE.n7qa0 #

※3
鳥が小さい恐竜というか

8

8. 匿名処理班

  • 2021年03月16日 10:46
  • ID:uBe.puYA0 #

今回のケースもそうだが、糞とかクラゲとかの化石も存在するわけで、一体全体何が起きたらそんなものの化石が残るというのか…?

9

9. 匿名処理班

  • 2021年03月16日 11:03
  • ID:6.6f8elt0 #

ドードーとか大きな鳥さんが動いてるの見てみたいなあ
ダチョウさんでもかなり大きいけど

10

10. 匿名処理班

  • 2021年03月16日 11:06
  • ID:qtg.n7fE0 #

※7
身の程知らずのカモが凶暴性をもって向かって来るの。

11

11. 匿名処理班

  • 2021年03月16日 12:54
  • ID:Comd1k460 #

その絵だと卵が全然温まらないと思うんだけど、卵を見せるためにわざとそんな風に描かれてるのかな

12

12. 匿名処理班

  • 2021年03月16日 12:58
  • ID:MdJkbydC0 #

オヴィラプトロサウルスはオヴィラプトルとその近縁種をまとめた言い回し。
オヴィラプトル形類やオビラプトロサウスリアと言った方がより正確。
(論文の題ではOviraptoridae・オヴィラプトル科となってるね)
抱卵状態とおぼしき化石は同形類で他に2例あったと思う

13

13. 匿名処理班

  • 2021年03月16日 13:13
  • ID:zUFb33MO0 #

※3、※7
前にこども科学電話相談で
鳥の先生と恐竜の先生の出演が被ったときは
お互いに主張しあってたわw

14

14. 匿名処理班

  • 2021年03月16日 13:15
  • ID:zUFb33MO0 #

卵を温めていたということは
親恐竜の実物はモフっと毛に類するものが生えてたんだろうなあ

15

15. 匿名処理班

  • 2021年03月16日 15:49
  • ID:squGJzLa0 #

化石の出来方、土中に埋まった死骸が朽ちてできた空間に、
周囲からミネラルが入り込んで固まって化石になる。
と説明されても未だにピンときません。
人間の体内でも歯石とか結石とか石が出来がちだけど。

16

16. 匿名処理班

  • 2021年03月16日 17:53
  • ID:AoUZX1kU0 #

つまり死ぬ直前まで平穏に生きてたわけだよね
逃げる間もなく一瞬で、体制を崩すことなく死ぬ自体とは
一体、恐竜達は何を体験したんだろう

17

17. 匿名処理班

  • 2021年03月16日 19:30
  • ID:Jo3xc2sh0 #

※16
同じオヴィラプトル類でキチパチと呼ばれる恐竜の抱卵化石は、砂嵐で死んだのが埋まったか、崩れた砂丘により生き埋めになったのではと言われてる

18

18. 匿名処理班

  • 2021年03月16日 19:31
  • ID:VV2jWssn0 #

卵を温めていたということは、恐竜の中にも恒温動物への進化途上の種が生まれ、それが鳥の先祖になった・・・のかな?

19

19. 匿名処理班

  • 2021年03月16日 20:38
  • ID:DmDRahyt0 #

卵の中の胚のことって胎児って呼ぶんだっけか

20

20. 匿名処理班

  • 2021年03月16日 21:50
  • ID:lf9BKpG40 #

我々と同じ感情があったかはわからないが、我が子を待ちわびていた直前
身体が埋まっても卵だけは守りたかったのかも

関係ないが成体がオスかメスか気になる。つがいで抱卵してたのかメスだけが抱卵してたのか

21

21. 匿名処理班

  • 2021年03月17日 05:05
  • ID:vXUF7.JU0 #

鳥もワニも育児するしやな

22

22. 匿名処理班

  • 2021年03月18日 20:25
  • ID:zFZyZihw0 #

卵と一緒におったから卵泥棒っていう不名誉な名前つけられてしまった人

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING