tilly6_640
 爬虫類の一種であるリクガメは、よく「何を考えてるかわからない」とか「孤高の生き物」とか思われがちなんだけども、実はけっこう人懐っこくて、さびしん坊だったりするんだよね。

 今日はそんなリクガメと、小さな子犬の間に結ばれた絆の物語をお届けするよ。 
広告
Woman Brings A New Puppy Home To Her Tortoise And Watch What Happens Next! | The Dodo Odd Couples

 カリフォルニア州サンタモニカにあるこちらのお宅には、犬と猫、そしてケヅメリクガメのティリーG氏が暮らしていた。
tilly2_640
 そこへ去年の4月にやって来たのが、生後9週間の保護子犬、スキッピ―。やがて飼い主さんは、このちっちゃなスキッピ―を、お庭の主のティリーGさんに紹介することにした。

 もちろん飼い主さんたちは、最初はちょっとだけ顔を見せるだけのつもりだったんだ。でも2匹が出会った途端、そこには何らかの絆のようなものが結ばれてしまったらしい。

 スキッピ―はティリーGさんに近づくと、いきなりのキスでご挨拶。
tilly7_640
 それからというもの、ティリーGさんを慕って後をついて回るようになったスキッピ―。朝になると、まずはティリーGさんに「おはよう!」の挨拶をするために飛んでいく。
tilly5_640
 そしてティリーGさんのすることなら何でも真似したがるんだ。
tilly8_640
 実はこのティリーGさん自身も、もともとは保護亀だったんだそう。保護された当初は甲羅が割れ、呼吸器の感染症にかかり、身体もやせ細っていたらしい。

 献身的なお医者さんの手当を受け、こちらのお宅に引き取られてからは、すっかり元気になって体重も順調に増えているとのことだよ。

 今ではティリーGさんも、スキッピ―をとっても可愛がっているみたいだ。
 ティリーGさんとスキッピ―、そして同居犬と猫たちのお話をもっと見たいというお友だちは、彼らのインスタグラムにぜひ遊びに行ってみてね!

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。
あわせて読みたい
亀は意外と速かった!チワワを追いかけまわすリクガメの素早いこと


「それボクの!絶対に渡さないんだから!」リクガメと犬のボール大好き追いかけっこ


カメだってかまわれたい。カメを無視した犬に対する行動


ゆったりのっそり子育てしちゃうよ。リクガメと共に過ごす子犬たち


リアル「ウサギとカメ」の追いかけっこ。カメさん意外と速かった!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

    コメント

    1

    1. 匿名処理班

    • 2021年03月11日 22:40
    • ID:leLjo1zE0 #

    ティリー爺さん?

    2

    2. 匿名処理班

    • 2021年03月12日 00:36
    • ID:PDZ8jMOP0 #

    お互いの動きの速さに差がありすぎて笑える。
    これがこのまま寿命の差になっちまうんだよなぁ。
    同じ歩幅で歩くって難しいことだ。

    3

    3. 匿名処理班

    • 2021年03月12日 15:50
    • ID:mXVMYZUG0 #

    ケツメクリガメに見えた。
    酷い名前だなって思った。
    違った。

    お名前
    ADVERTISING
    記事検索
    月別アーカイブ
    ADVERTISING
    ADVERTISING