0_e7

 1970年、18時間麻酔で眠り続けたサルの瞼がピクッと動いた。そばに立つ手術チームは心配そうだ。医師や看護師たちは固唾を飲んで、難手術が成功したことを示すサインを待っている。

 外科医ロバート・ホワイトは、鉗子を手にしたまま、サルの鼻を軽く叩いた。はっと意識を取り戻したオナガザルの仲間マカクは、噛みつこうとでもするかのように口をパクッとさせた。

 これは世界で初めて、霊長類の頭部移植手術が成功した瞬間のことだ。ホワイト医師は、生きたマカクの頭部を別のマカクの体に移植して、新たに1匹のサルを作り出したのである。

 彼はなぜこのような実験をしたのか?彼には究極の目標があった。それは脳に宿った人間の魂を、もとの体が失われた後も生かし続けることだ。ホワイト医師は、脳にこそ魂が宿ると信じていたのだ。
スポンサードリンク

脳にこそ魂が宿る、猿の頭部移植に成功


 これは世界で初めて、霊長類の頭部移植手術が成功した瞬間のことだ。ホワイト医師は、生きたマカクの首を別のマカクの体に移植して、新たに1匹のサルを作り出したのである。

 「危険かつ好戦的で、きわめて不機嫌1970年、ホワイト医師はそのサルの態度をこう記している。無理もない。もともと健康だったのに、この手術のおかげで体は麻痺し、あと数時間しか生きられなくなってしまったのだから。

 彼の人生について『Mr. Humble & Dr. Butcher』という本にまとめたブランディ・シラス氏によれば、頭部移植を受けた5匹のサルはいずれも、ホワイト医師に好意を示すことはなかったという。

 だが、少なくともホワイト医師にとっては、脳こそが人格の容器であり、そこに魂が宿るのだということを確認することができた大事な瞬間だった。

2_e8


究極の目標は達成できず


 傑出した業績を残したホワイト医師であったが、彼の究極の目標が達成されることはなかった。それは脳に宿った人間の魂を、オリジナルの体が失われた後も生かし続けることだ。

 1976年、ホワイト医師は手に脳を乗せながら、こう語ったという。「香水だったが、今はもう空っぽのビンだ。それでも残り香はまだある」

 その時点で、彼にはすでに損傷した脳と脊椎の機能を保存する算段がついていた。あとは実際にそれを行なって命を救ってみせるだけだ。彼の手法は「低体温かん流法」というもので、そのやり方は今日でも怪我人や心肺停止した患者の治療に使われている。

 だが、それから40年間、人体の胴体移植(と彼は呼んだ)は実現することなく、ホワイト医師は2010年に死去した。

5_e2


フランケンシュタイン博士と揶揄されたホワイト医師


 1990年台後半には移植の候補者まで見つかっていた。臓器不全のために余命いくばくもないクレイグ・ベトビッツという四肢麻痺の男性と、胴体のドナーとなる脳死の男性だ。

 だがホワイト医師には、インチキ療法を行う医師という批判が浴びせられていた。タブロイド紙には、「フランケンシュタイン博士とその忠実な怪物」という酷い中傷まで掲載されるようになった。

 シラス氏によれば、衝撃的なことにいつまでも慣れようとしない大衆に、彼は不満を抱いていたという。

 その一方で、フランケンシュタイン博士と書かれた医師カバンを携えて出かけることもあった。彼にはそんな二面性があったのだ。


彼はマッドサイエンティストだったのか?


 世間の批判とは裏腹に、ホワイト医師は科学技術を追求したいだけの、いわゆるマッドサイエンティストなどではなかった。

 それどころか敬虔なカトリックの信者で、神父として2人のローマ教皇と友情まで育んでいた。

1_e10

 パウロ6世とヨハネ・パウロ2世が彼に寄せる信頼は、バチカンの生命倫理委員会に参加し、死とは具体的にどの瞬間のことを意味するのかなど、現代医療の矛盾に取り組むよう要請されるほどに厚かった。

 ホワイト医師は神の一団に所属していると感じていたようだ。「手術をするとき、私の手は神の導きにしたがっている」と述べており、自分が正しいことを行なっているとの揺るぎない信念があったという。

 だが胴体移植によって人を救うという彼の計画が、ローマ教皇から祝福されることはなかった。ベトビッツの手術が実施されることもなかった。そのための資金を集めることができなかったからだ。

 人命はあらゆる犠牲を払ってでも救う価値があるとホワイト医師は感じていた、とシラス氏は話す。だが彼の信念が実現することはなかった。もしかしたら、それもまた神の思し召しだったのかもしれない。

 以下はホワイト医師の生前のドキュメンタリー映像である。猿の手術映像などが含まれているので閲覧には注意が必要だ。


A Monkey Head Transplant (Part 1/2)


A Monkey Head Transplant (Part 2/2)
References:Doctor tried to surgically save the human soul — after death/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
科学の名の元にとは言うものの...後にマッドサイエンティストと呼ばれた10人の科学者とその研究内容


ついになのか!?世界初となる人間の遺体を使った人体頭部移植に成功したと公式発表


人間の知恵をつかさどる遺伝子をサルに移植した結果、脳が成長しヒト化が進む(日・独共同研究)


人間の脳細胞をラットに移植。ラットの脳機能のダメージ修復に成功(スウェーデン研究)


そう遠くない未来に、メッシュ型の脳インプラントで脳の病気や依存症が治療できる時代に(米研究)


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
3124 points
「人間のお医者さん、助けてください!」母猫が我が子を口にくわえ病院にやってきて治療をお願いする(トルコ)

「人間のお医者さん、助けてください!」母猫が我が子を口にくわえ病院にやってきて治療をお願いする(トルコ)

2021年4月3日
2352858427
2位
2974 points
何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

2021年4月5日
7002239233
3位
2432 points
宇宙に数か月滞在すると心臓の大きさが4分の1以上も縮むという衝撃の事実が発覚

宇宙に数か月滞在すると心臓の大きさが4分の1以上も縮むという衝撃の事実が発覚

2021年4月2日
5661834329
4位
2022 points
目の見えない犬の帰宅を誰よりも待ち望んでいたのは大親友の猫だった

目の見えない犬の帰宅を誰よりも待ち望んでいたのは大親友の猫だった

2021年3月31日
1521845322
5位
1990 points
毎日同じ時間にサンドウィッチ屋に餌をもらいに来る野良犬。地域住民が協力しあってお世話(アメリカ)

毎日同じ時間にサンドウィッチ屋に餌をもらいに来る野良犬。地域住民が協力しあってお世話(アメリカ)

2021年3月29日
761890321
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年03月11日 22:44
  • ID:b1HlGoz30 #

そら神経繋がないなら出来るっしょ

2

2. 匿名処理班

  • 2021年03月11日 23:09
  • ID:.QKoDv900 #

頭部が移植出来て成功しても
腸なども記憶があるらしいから
最初は頭部の人だろうけどそのうち体の記憶も交じって
似てはいるけど別の人になるんじゃないかな

3

3. 匿名処理班

  • 2021年03月11日 23:10
  • ID:u6smuMkO0 #

薬で全神経や血管を自然にくっつき、その後自分の細胞と同じように
作り変えるSF医療技術なきゃ現在あぼーんした脳移植なんて不可能
そこまでできるようになるには、iPS細胞で臓器作るまであと50年後
最低でもそこまで待たんことには無理っす

4

4. 匿名処理班

  • 2021年03月11日 23:17
  • ID:8VKwh1gD0 #

仮に成功したとしても、別個体同士の組織をつなげようものなら拒絶反応は免れないだろうし、その拒絶反応を止めるために死ぬまで免疫抑制をし続けなければならないという未来が待っているのか。

5

5. 匿名処理班

  • 2021年03月11日 23:18
  • ID:vAGC1YMk0 #

大昔に素晴らしき世界旅行っていうテレビ番組があったんだけど、それでこの話をやってた。
今から40年くらい前だろうか、サルの首を切り取って別のサルの胴体にくっつけて両方のサルはすぐに死んでしまうっていう映像に驚愕した覚えがある。当時はモザイク処理なんてものは無い。よくそんなモノを放送してたもんだなあ。

6

6. 匿名処理班

  • 2021年03月11日 23:29
  • ID:zl8kPph80 #

神経が繋がれば電気信号は通る、しかし生命ある一個体の肉体として安定してその後も機能するかはまた別の話である。
と同時に、やはりキリスト教圏だと人格の主役はあくまで頭で、首から下は器に過ぎないんだなぁと感じる。日本だとちょっと捉え方違うね。東洋医学は魂の在処をどう定義してるんだったか……

7

7. 匿名処理班

  • 2021年03月11日 23:32
  • ID:zXdYNi4m0 #

これは昔とある書物で読んだ、しかもイヌの場合の話なんだが、いったん切断された脊髄はたとえ自己組織であっても再縫合しても結局は周囲から結合組織が張り出してきて狭窄されてそこから下が機能マヒしてしまうので、結果的には繋がらんのと変わらんことになってしまうのだそうな
なぜそうなのかは(たぶん未だに)不明らしいが、それも含めてこの手の手術は絶望的らしいな

8

8. 匿名処理班

  • 2021年03月11日 23:36
  • ID:mFzx3Yfr0 #

脳の損傷から
脳が補う形で変形し
他の手足が発達した事例があるだろうよ。

厳密に言えば
指先の神経まで
脳が繋がっていると何故理解出来ないのか。

身体の方が繊細で
この医師が単細胞だったって
話かな。

9

9. 匿名処理班

  • 2021年03月11日 23:39
  • ID:zzrWDep40 #

敬虔なクリスチャンだというのが意外。
脳の停止=魂の消滅だと考えてるからこういう研究に没頭したのかと思ってた

10

10. 匿名処理班

  • 2021年03月11日 23:47
  • ID:KOoLQSjD0 #

頭部移植とか、何か生産性あるの??

11

11. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 00:17
  • ID:8.9PzHeI0 #

確かに他人の体とつなげるのは免疫その他で問題が大きいが、そのうちクローニング技術が発達し、自身の体の予備を作れるようになったしたらどうなるんだろうな?

12

12. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 00:34
  • ID:JJWAiXSM0 #

これ成功したとしてその人間は頭部の人間なのか?胴体なのか?

13

13. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 00:41
  • ID:hPu7.vUq0 #

義体に脳を積み替える発想があるから倫理は置いといてこういう実験は科学者や研究者はしたいものだと思う
動物だけど表立ってやったのがこの人だけであってほかの人もやってるだろ
それに戦時中は人間使ってこっそりやってたり…な

14

14. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 00:57
  • ID:M3.3Lbu20 #

クローンが僅かながら成功してる今、なぜコレを行わないかわからない。
もちろん推奨してないし、動物実験は少ないほうがいいのは当たり前だが。
中国とか発表して無いだけかも、IPSとかで神経まで繋いでいたりして。

15

15. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 01:25
  • ID:H26mK9zM0 #

※11
この実験見ると神経系の接続に障害があるから、頭部・脳の移植だけでは上手く行かないと思う
メモリーみたいに記憶の継承くらいが限界じゃないかな

16

16. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 01:43
  • ID:8gf.gOVO0 #

最近脳に心があるのかというか意識?魂?と言うものがあるのか疑問に思ってる。たまにニュースであるんだけど頭を事故とかで検査したら大脳がほとんどなくてそれでも意識もIQもチャンとあるなんてニュースを耳にしたことがある

あと臓器にも心があるとか大量の情報処理もしてるとか植物にも思考し感情があるとか、もう言い出すとキリがないくらい出てくるこれだとAIだって作れないんじゃないかと思う。心・意思・魂と言うべきもの本当は脳にあるとかじゃないのかもしれない




17

17. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 02:19
  • ID:VbLN7zjS0 #

ハーバート・ウェストかと思ったらちょっと違った

18

18. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 02:20
  • ID:inwoTklO0 #

※15
幹細胞をうまく全身注射してホルモンとかコントロールしながら全身の細胞をジワジワ置き換えちゃうとかある気はするな。
理論的にはそんなことできんのかしら。

19

19. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 04:08
  • ID:eaWEZA4S0 #

再生医療が究極化して技術的問題が解決すると首から下全部交換とか
脳以外全部交換とか実例としては出てくるかもね
それでも脳自体の寿命があるし
不老が実現しないとこの人の目標は達成できないかな

20

20. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 04:29
  • ID:MEi46ymE0 #

どうやら脳は上司ではあっても支配者ではなさそうだ

21

21.

  • 2021年03月12日 06:25
  • ID:.JZg0z.50 #
22

22. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 07:16
  • ID:LhBhlU3R0 #

神の名の下ならこんな事も正当化できる宗教という概念が1番恐ろしいわ

23

23. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 07:21
  • ID:SH2a4Trw0 #

>>9
むしろツーアウトでは?
崇高な決意と信念をもってそう

24

24. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 07:52
  • ID:zHrYHcHv0 #

手探りの中仕組みの解明に貢献したのに
今の技術と価値観で比較して批判するのはズレてないか?

25

25. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 08:17
  • ID:vLmW1.TH0 #

結局なにもかも脳で考えてることだからな。
魂なんてそのへんよくわからない部分を後付けで言い出しただけで。

26

26. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 09:31
  • ID:mLnO1FG40 #

もし胴体移植が可能な時代が来たとして、
お医者さんから「胴体移植すればあなたは助かります」って言われたら
たぶん私は「いや、断る」って言う。

27

27. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 10:49
  • ID:haxp07cm0 #

細胞そのもののポテンシャル(老化や能力も含めて)別のところにうつされると、細胞レベルでパニックになって、急激に劣化したり、無駄に働きだして寿命が縮んだりとかしないのかね?

28

28. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 12:12
  • ID:TX6wwYaz0 #

脳の情報処理機能部分はソフトウェア、感覚器はハードウェア
皮膚は刺激を受信してるだけだから脳で処理しないと何も感じない
仮に上手くいったとしてもPCで言うドライバが違うと思う
数十年生きていれば痛みに強い人や弱い人で個人個人で最適化された感覚がある
数年経過すれば最適化されていく可能性はゼロではないが
頭部移植は接続した瞬間から激痛の場合だってあると思う

29

29. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 12:18
  • ID:6dLTAoTl0 #

未来の蘇りを目的として人体の冷凍保存で,頭部だけってあったような...。

30

30. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 12:21
  • ID:oIvC.sEb0 #

こういったぶっ飛んだことした人がいるから分かることもあるし進歩することもあるからな

31

31. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 13:12
  • ID:ow914t6X0 #

これ仮に成功したとして、DNAはどうなるんだ?
頭と胴でDNA違うわけだけど、ずっと違ったままなのか?
それとも徐々にどっちかのDNAに統一されていくのか?

32

32. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 14:11
  • ID:CDcft7GT0 #

※11
そういう話が映画「アイランド」という……
なかなか興味深い話でした

33

33. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 14:13
  • ID:nxdQLcMG0 #

最後の一文がいいですね、できないのも神の思し召しっていうのが。無理なら無理で命の尊さを改めて実感させられますね

34

34. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 14:19
  • ID:RqXAVKV60 #

※31
ジョジョの奇妙なDNA

35

35. 匿名処理班

  • 2021年03月12日 18:22
  • ID:6pIIODeH0 #

脳の形と、内臓の形
よく見たら一緒なのよ、だから体全体で脳だと俺は思う。
首から下は食べ物が通り、脳みそは地が通る違いだけだろ

36

36. 匿名処理班

  • 2021年03月13日 02:30
  • ID:SxxHXgKH0 #

包帯を巻き、体にメスを入れ、移植手術をする。
どれも時代を巻き戻れば、「悪魔的」と言われていた所業だ。
(今現在でさえ、宗教が違うと悪魔的と言われさえする)

医学の道を開拓してしまった以上、個人の倫理でどうこう語らう分野ではないんだろうなぁ。
やりたい人はやり、やりたくない人はやらなけりゃ良い。
それもまた医療の選択。

37

37. 匿名処理班

  • 2021年03月13日 02:48
  • ID:MsRWLP7G0 #

敬虔なカトリックだからマッドじゃ無い理論怖っ。

38

38. 匿名処理班

  • 2021年03月13日 08:07
  • ID:suTCvFd10 #

屍者の帝国

39

39. 匿名処理班

  • 2021年03月13日 10:35
  • ID:9dKUi8ei0 #

※34
ボディ・・・来たか・・・

40

40. 匿名処理班

  • 2021年03月13日 10:41
  • ID:9dKUi8ei0 #

切断したカニやトカゲの手足が再生するシステムを解明して、培養液の中で脳だけの状態から全身を完全再生させることができるようになれば、移植手術しなくても済むのになぁ。この方式なら他人の肉体も自分のクローン体も犠牲にしなくて済む。ついでにお肌もピチピチ、髪もフサフサ・・・

41

41. 匿名処理班

  • 2021年03月13日 12:36
  • ID:xALKM4Z90 #

銃夢のマカクってこれがネーミングの元ネタかな

42

42. 匿名処理班

  • 2021年03月13日 15:11
  • ID:TH1h1x3h0 #

>>22
宗教はどちらかというと、こーゆーのを否定する。

キリスト教も遺伝子工学や幹細胞には否定的だし

43

43. 匿名処理班

  • 2021年03月13日 16:50
  • ID:0jheDMrc0 #

言うても別人になりたい願望なんて普遍だし
技術的な障壁さえ超えればすんなり受け入れられるかもね
ほら、なんとか転生とか流行ってるし
俺も女児として生きたい

44

44. 匿名処理班

  • 2021年03月13日 22:44
  • ID:fhDtvHLO0 #

現代の知識で過去を出来事を詰る
そうはなりたくないね

45

45. 匿名処理班

  • 2021年03月14日 05:51
  • ID:isxu92I90 #

ゴセシケの話かと思ったら違った

46

46. 匿名処理班

  • 2021年03月17日 12:42
  • ID:XjCkTojo0 #

人間には踏み込んではいけない領域ってあるよね

47

47. 匿名処理班

  • 2021年03月22日 19:46
  • ID:AZzQ02RZ0 #

女の子に移植されてみたい
女体の感覚ってのが気になる

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク