難産を乗り越えて我が子のみならず他の子にも愛情を示す母猫
catmum_perth/Instagram
 オーストラリアでの出来事だ。出産に問題をかかえた母猫が大きなストレスを抱え、心身が衰弱してしまい、生まれたばかりの子猫の面倒を見ることができない状態に陥っていた。

 そこで、地元の動物救済施設が母猫と子猫を保護し、母猫の代わりに子猫を熱心に世話をした。母猫は健康を回復すると我が子に愛情を注ぎ始めた。

 我が子だけではない。別の母猫から生まれた子猫たちへも深い愛情を示し、我が子同様に面倒をみはじめたという。
広告

出産に困難を抱えた母猫を預かった動物救済施設

 オーストラリア、パースにある動物救済施設『The Mad Catters Inc.』の創設者ターラさんは、難産で生まれた子猫についての連絡を受けた。

 生後1日目の子猫の母親は、出産に問題を抱えており、お乳が出ない状態だった。ターラさんが母猫を獣医院へ連れて行くと、もう1匹の子猫がお腹にいることが判明した。そこで急遽緊急帝王切開手術が行われ、2匹目が取り出された。

 母猫にティファニー、子猫たちにはパールとダイヤモンドと名付けたターラさんは、3匹を引き取り24時間体制で数日間ケアを行った。
 しかし、ティファニーの出産後のストレスが大きく心身ともにダメージを受けていた。帝王切開で生まれたパールだが、悲しくも数日後に旅立ってしまった。

 残されたダイヤモンドは必死に生き延びようとしていることがターラさんにも見てわかった。
 やがて、時間の経過とともに健康状態が回復し、落ち着きを取り戻したティファニーは、これまでの分を取り戻すかのように、我が子に対し、深く愛情を示すようになっていった。
 ターラさんは、ダイヤモンドの体重が増えて元気に育ってくれるようにと、子育てするティファニーを支えながら哺乳瓶でミルクを捕捉し続けた。
ティファニーは人間に対しとても警戒心を持っていましたが、気配りをしながらたった1匹残った我が子を無償の愛で育てています。

私は、幸いにもティファニーの信頼を得ることができたので、一緒にダイヤモンドの面倒を見続けました。(ターラさん)
 ちょうどその頃、別の母猫から早産で生まれた子猫2匹の世話の依頼が入った。

ティファニー、2匹の子猫の母親代わりに

 とある民家の庭で発見された2匹の子猫は、早産で生まれたためにとても小さく低体重だった。

 ターラさんの施設に緊急ケアが必要だということで運ばれたボルトとドッティと名付けられた子猫たちは、ターラさんによって特別な栄養補給ミルクを与えられ、呼吸を助けるための酸素療法が施された。

 特にドッティはボルトよりも小さく、あまりの弱々しい姿にターラさんは「生き延びることができないのでは」と心配したほどだった。
 しかし、小さな2匹は懸命に鳴き声をあげて、ターラさんが与える哺乳瓶からミルクを飲んだ。その様子をじっと見ていたティファニーの心が動いた。

 母性本能が刺激されたのか、2匹を世話しているターラさんの近くに近づいてきたのだ。

 そこで、ターラさんは試しにボルトとドッティをティファニーに近づけてみたところ、ティファニーはまるで我が子のように愛情を注ぎ始めた。
 ティファニーは、我が子としてこの2匹を受け入れたのだ。そして信頼するターラさんにも、子猫たちの面倒を見ることを許した。

3匹の子猫、元気に成長中!

 ティファニーとターラさんの愛情あふれるケアのおかげで、ダイヤモンドは元気にすくすくと育っている。ドッティもボルトもティファニーを母親のように慕い、元気になった。

 十分な母乳が出なくても、今やティファニーは立派な3匹の母猫だ。ティファニーはこれが最後の子育てになるだろうとターラさんは話している。
 弱々しかった3匹の子猫たちは、現在食欲も旺盛ですくすくと元気に育っており、やんちゃぶりを発揮しているそうだ。
 難産で苦労し、我が子を1匹失ってしまったティファニーだが、今では3匹の愛すべき子猫たちがいる。そして子猫たちにも愛すべき母猫がいる。

 彼女たちの日常は、ターラさんのインスタグラム『catmum_perth』から閲覧できる。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
子育て中の母猫の懐に忍び込み、子供のふりをした孤独な子猫、愛と幸せを手に入れる(インドネシア)

子猫を失くしたばかりの母猫が捨てられた5匹の子猫と対面。母性炸裂、我が子同然に子育て開始(アメリカ)

我が子を失った母猫に、孤児となった子猫を引き合わせたところ、鳴き声を聞いた瞬間母性が溢れる(アメリカ)

助けてください、ここ病院ですよね?人間の病院に助けを求めにやってきた妊婦猫(トルコ)

未熟児で生まれ捨てられていた小さな小さな瀕死の子猫。保護して看護していたら母親が子猫を連れてやってきた

人間を親友認定した野良猫の母さん。出産後、我が子の異変に気が付きその人間に助けを求める。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年02月12日 12:22
  • ID:6zy4g5TB0 #

5匹いる・・・
これはNNN

2

2. 匿名処理班

  • 2021年02月12日 12:31
  • ID:Q5ygnNDs0 #

動画には子猫が5匹居るような

3

3. 匿名処理班

  • 2021年02月12日 13:02
  • ID:7RIUKo9B0 #

どいてくれない猫鍋を
ガステーブルに載せてみる。
やっぱり動かない・・

4

4. 匿名処理班

  • 2021年02月12日 13:34
  • ID:zTz8dmLc0 #

母猫が居るのと居ないのとでは生存率は段違い
パールが助からなかったのは悲しいけど、ボルトとドッティが良いお母さんに会えて良かったね

5

5. 匿名処理班

  • 2021年02月12日 17:18
  • ID:RvRqlujQ0 #

猫飼ってないけど、読んでるだけで涙がでる。

6

6. 匿名処理班

  • 2021年02月12日 17:29
  • ID:ltzdxlG20 #

がんばったね、ティファニー

7

7. 匿名処理班

  • 2021年02月13日 07:44
  • ID:RrWO.BPX0 #

もうティファニーの眼差しがね、慈愛のかたまりなのね、なんでか涙が止まらないのね

8

8. 匿名処理班

  • 2021年02月13日 21:04
  • ID:U3hCLZBa0 #

妊婦猫は人になつき、頼るようになる傾向にある気がする。
家の庭に現れる恐ろしく気の強い三毛猫(メス)は、
フードをのせた手を差し出すと、爪出しパンチでたたき落とした。
痛いのなんの。。。ところがお腹が大きくなって来ると、
すり寄るように。
(そのお産のあと保護団体さんの協力を得て避妊手術し、
自分が面倒を見る責任で地域猫になってもらった。子猫たちも
信頼できる里親さん宅へ。)
また公園でやはり妊婦猫らしき子が、鳴きながらずっと後を
ついて来て、困った。普段よりお腹がすくのだろう。

9

9. 匿名処理班

  • 2021年02月14日 10:03
  • ID:VTf92pfd0 #

猫科は動物の中でも、1,2を争うぐらい母性本能が強いと言われているだけあるね。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING