アメリカ大陸を渡った人類は犬を相棒として連れていた
アメリカ大陸を渡った人類は犬を相棒として連れていた image by:Ettore Mazza

 今や人間の親友となった犬だが、人間が犬(犬の先祖である狼)を飼い始めた時期は諸説あるが、後期旧石器時代にまでさかのぼる。

 『PNAS』(2月9日付)に掲載された新しい研究によると、ちょうど人類がアメリカ大陸に渡った1万5000年前に、犬もまたアメリカ大陸で急速に広まったらしいということだ。

 つまり初めてアメリカ大陸に到達した人類は、相棒として犬を一緒に連れていったということになる。
スポンサードリンク

犬の起源と人類のアメリカ大陸進出


 犬は2万7000年〜4万年前(後期旧石器時代)にオオカミの祖先から枝分かれし、それがさらに1万8000年〜3万年前にユーラシア大陸で家畜化されたと考えられているが、他にも様々な説があり、詳しいことは依然として謎に包まれたままだ。

 それと同じく、人類が最初にアメリカ大陸に進出した経緯についても諸説ある。しかし多くの学者が同意するのは、1万5000年以上前のベーリング海峡がまだ地続きだった氷河期に、シベリアからベーリング”地峡"を通って渡ったという説だ。

1_e2
iStock

シベリア人の祖先は犬を連れていた


 英ダラム大学をはじめとする研究グループは、シベリア、ベーリング海峡、北アメリカで見つかった古代人と犬の考古学的・遺伝学的調査を行った。

 その結果明らかになったのが、犬は2万3000年前にシベリアで家畜化され、1万5000年前に人間と一緒にアメリカ大陸に進出したらしいということだ。

 「彼らが新世界に足を踏み入れたときに連れていた犬たちは、彼らが携えていた石器と同じく、文化の一部だったかもしれません」と、米南メソジスト大学のデビッド・メルツァー氏は説明する。


2_e1
シベリア南端にあるアルタイ山脈、Razboinichya洞窟で発掘されたイヌ科の頭蓋骨、33,500年前のものと推測されている
image by:Nikolai D. Ovodov1、Susan J. Crockford2、Yaroslav V. Kuzmin3 *、Thomas FG Higham4、Gregory WL Hodgins5、Johannes van der Plicht6、7 / WIKI commons


アメリカ大陸の犬の祖先


 研究では、アメリカ大陸に存在した古代犬のすべてが、「A2b」という1万5000年以上前まで遡れるハプログループ(片親由来の遺伝子の配列の違いでまとめたグループ)に連なっていることが判明した。

 A2bがアメリカ大陸の外にほとんどいないことを考えると、シベリアの犬から分岐して、アメリカ大陸最初の犬になったのはこのグループだと考えられるという。

 犬の家畜化がアメリカ大陸で起きたわけではないことははっきりしている。そして今回の遺伝子の分析によって、犬は人間がアメリカ大陸に進出する以前からシベリアに存在したに違いないことが明らかになった。

 このことは人間と犬の関係の始まりを知るヒントになるという。


How Dogs (Eventually) Became Our Best Friends


人間と犬の友情はこうして始まった


 研究グループが示唆しているのは、両者に友情が芽生えたきっかけには、氷河期の厳しい気候が関係していた可能性があるということだ。

 この時期、食料や資源が乏しかったことから、人間とオオカミは同じ獲物を狙うようになった。ときにオオカミが殺した獲物のおこぼれを人間がもらい、反対に人間がオオカミに餌を与えることもあっただろう。

 「獲物の肉をお互いに食べることを通じて、オオカミは人間の野営地に引き寄せられ」、次第に両者の間で絆が育まれていった。

 犬たちはそれから2万年かけて人間との暮らしに適応し、やがて頼もしい番犬から、愛らしいペットに変化していったという。

References:PNAS / iflscience/ written by hiroching / edited by parumo
追記:(2021/1/29)タイトル・本文を一部訂正して再送します。
あわせて読みたい
更に古い仲だった!DNAの研究から犬が33,000年来の人類の友人であったことが判明(スウェーデン研究)


犬は古代から人類最良の友、1万1000年前から複数の犬種が存在し人と共に世界を旅していた(国際研究)


大昔から犬は人の友だった。古代ギリシャやローマの人が愛犬に捧げた9つの墓碑銘


犬が人類の親友である理由が遺伝子レベルで明らかに。そのうちの多くが人間の発達障害や自閉症と関連性(スウェーデン)


飼い主がストレスを感じると、犬も同様のストレスを感じていることが判明(スウェーデン研究)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
6928 points
車にぶつかり動けなくなった犬を一晩中励まし続けた仲間の犬、病院にも付き添い治療中もずっと離れず(ブラジル)

車にぶつかり動けなくなった犬を一晩中励まし続けた仲間の犬、病院にも付き添い治療中もずっと離れず(ブラジル)

2021年2月25日
2996612314
2位
5242 points
寒さで凍えている子犬たちを救うため、人間に助けを求めた母犬の物語(セルビア)

寒さで凍えている子犬たちを救うため、人間に助けを求めた母犬の物語(セルビア)

2021年2月23日
2804940319
3位
3904 points
猫が泣いてる!帰らなきゃ!帰省中涙を浮かべている猫の姿が監視カメラに映り予定を早めて帰宅した飼い主

猫が泣いてる!帰らなきゃ!帰省中涙を浮かべている猫の姿が監視カメラに映り予定を早めて帰宅した飼い主

2021年2月28日
4位
2748 points
トヨタが粋な計らい。130台の壮絶な玉突き事故に巻き込まれながらも人々を救った英雄に新車をプレゼント

トヨタが粋な計らい。130台の壮絶な玉突き事故に巻き込まれながらも人々を救った英雄に新車をプレゼント

2021年2月23日
1402580226
5位
2243 points
小さな尊い命が救われる瞬間。火事で心肺停止に陥った2匹の猫に小さな酸素マスクで救命措置(イギリス)

小さな尊い命が救われる瞬間。火事で心肺停止に陥った2匹の猫に小さな酸素マスクで救命措置(イギリス)

2021年2月22日
94213829
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年01月29日 09:42
  • ID:EEPjSHgt0 #

いつかは、犬と会話できる未来が来るだろうね

2

2. 匿名処理班

  • 2021年01月29日 10:09
  • ID:zOMHQfHe0 #

人は、
犬と、肉の獲得のために友となっていき、
猫と、穀物を守ってもらうために友となっていった。

食べ物を通じて、つまりは生きるために育まれた友情というわけですな。
自然の摂理にかなった友情ですな。

3

3. 匿名処理班

  • 2021年01月29日 11:20
  • ID:fqcp160i0 #

人の居住環境が野生動物にとっても魅力的だったって事かな
取り敢えずある程度でも雨風凌げるし、それなりに火を制御出来るのはデカそう

4

4. 匿名処理班

  • 2021年01月29日 11:28
  • ID:iikaK8TN0 #

イラストの原始人やたらイケメンさらさらヘアーだなあ

5

5. 匿名処理班

  • 2021年01月29日 11:45
  • ID:cpEZGMTW0 #

>>1
そうなったらもう仲良くできないかもね

6

6. 匿名処理班

  • 2021年01月29日 13:03
  • ID:EEPjSHgt0 #

そうか、犬猿の仲か

7

7. 匿名処理班

  • 2021年01月29日 13:21
  • ID:jaSHwflq0 #

割と最近だなあ

8

8. 匿名処理班

  • 2021年01月29日 14:39
  • ID:EEPjSHgt0 #

※5
あはは、犬と人間が揉める原因は?

9

9.

  • 2021年01月29日 15:54
  • ID:AgRD.F1q0 #
10

10.

  • 2021年01月29日 16:47
  • ID:MM5oQTge0 #
11

11. 匿名処理班

  • 2021年01月29日 17:14
  • ID:GImSvfYo0 #

※8
犬「あと3時間は散歩したい!」
人「ムリムリムリ!」

12

12. 匿名処理班

  • 2021年01月29日 19:11
  • ID:PBbtrsZt0 #

※1
自分が生きている間にそうなってほしい
犬が病気になった時、切実にそう感じた…

13

13.

  • 2021年01月29日 20:23
  • ID:Nm8u9Wth0 #
14

14. 匿名処理班

  • 2021年01月29日 21:19
  • ID:05kWiXVK0 #

この前、街中を歩いて移動中に子犬を散歩しているおじいさんに出会って、子犬の相手をさせてもらったけど、か、か、可愛い〜!本当にコロコロしていて、なおかつ結構筋肉質でゴツゴツなさわり心地、子犬もご主人様以外がかまってくれてるのが嬉しいのか興奮しまくり、可愛かったなぁ

15

15. 匿名処理班

  • 2021年01月29日 22:10
  • ID:ypVqmzmm0 #

亡き弟が飼っていた犬ちゃん(大きな女のコ)の世話をすることになり2ヶ月、立派な下僕と化しているような気がする。絆の深い犬ちゃんと見つめ合うとお互いにオキシトシン放出されるらしい。けどワイは大放出していると思うけど、この犬ちゃんはどうなんだろう? お互いにオキシトシン放出していると信じていいですよね? (時々、鋭い視線を目撃してしまい自信が揺らぐ!)きっと大昔の人も絶妙なパートナーシップから絆が派生したに違いない!きっとそう

16

16. 匿名処理班

  • 2021年01月29日 22:21
  • ID:cyRLzO1.0 #

自称愛犬家ほど、当の自身の愛犬をオモチャ扱いしてやがんだよな・・・・俺等みたいな猫派の視点からならばさ(苦笑

17

17. 匿名処理班

  • 2021年01月29日 22:45
  • ID:ypVqmzmm0 #

>>16
自称愛犬家が犬をオモチャにしているという言い方は失礼です!
それを言うなら猫も 「自称」な人に虐待されているのでは?

18

18. 匿名処理班

  • 2021年01月30日 00:13
  • ID:v4DRmOQr0 #

狼「ねぇねぇ、一緒に火にあたっていい❓
僕達を もふもふ出来るよ❓
羊さん達の中でぬくぬくしていい❓
羊さん達を守るよ❓」

19

19. 匿名処理班

  • 2021年01月30日 07:20
  • ID:ceFZvMln0 #

>>2
働かざるもの食うべからずという、自然界の厳しい掟にのっとった共存関係ですな。

20

20. 匿名処理班

  • 2021年01月30日 07:22
  • ID:ceFZvMln0 #

>>4
それ自分も思ったw何でこんな無駄にイケメンなんだ?w

21

21. 匿名処理班

  • 2021年01月30日 12:52
  • ID:fqIMkhF50 #

一万年と5000年前から愛してる〜
3000年前からすでに実はなかよくなーってた
1万年と5000年後も愛してる〜
君を知ったその日から人類のそばに友達は絶えない

22

22. 匿名処理班

  • 2021年01月30日 23:42
  • ID:5qf8mrPm0 #

わざわざアメリカに渡るのにイヌを連れてゆくくらいだから重要だったんだろうね

23

23. 匿名処理班

  • 2021年01月30日 23:57
  • ID:eUsE1XHe0 #

ヒト「よし。いくか」
イヌ「ワンッ!」
数万年前から繰り返されてた歴史か…

24

24. 匿名処理班

  • 2021年01月31日 00:00
  • ID:DHkzAk1O0 #

>>20
欧州ルーツだから。
ネアンデルタール人もそうだったよね。

25

25. 匿名処理班

  • 2021年02月01日 15:13
  • ID:KFaHB0ag0 #

※16
「俺ら猫派」とか勝手に猫派代表面されても嫌なんですが

26

26. 匿名処理班

  • 2021年02月04日 21:59
  • ID:W3jvfUrm0 #

犬が死んだ経験が辛過ぎてもう二度と飼えない。
身体の一部が欠損した様な耐え難い喪失感。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク