第17章が含まれた4メートルもの『死者の書』のパピルス
第17章が含まれた4メートルもの『死者の書』のパピルス image by:Egyptian Antiquities Ministry
 古代エジプトの埋葬地サッカラで、紀元前2323年から2291年頃までエジプトを統治したエジプト第6王朝の初代ファラオ、テティ王の妻、ニアリット女王の埋葬殿の発掘作業が行われた。

 石で作られた神殿の南東には、3つの泥レンガ倉庫があり、そこには女王やファラオへの供物が保管されていた。

 その中には長さ4メートルにも及ぶ「死者の書」のパピルスも含まれており、専門家らは、サッカラの歴史を書き換える発見だと驚きを隠せないようだ。
広告

20以上の埋葬縦穴と50以上の木棺を発掘

 数年前、テティ王のピラミッドの近くで妻・ニアリット女王の埋葬殿の一部が発見された。今回その周辺の発掘を進めたところ、ニアリット女王の埋葬殿の付近で、埋葬用の縦穴を20以上発見し、内部から50以上もの木製の棺が出てきた。

 そこから第18王朝と第19王朝(紀元前1550〜1186年)時代の人たちの遺体が出てきた。

 どうやらこの墓は、テティ王の死後、結成された王の崇拝者たちのものだった可能性がある。この集団は、1000年以上活動を続けており、ファラオ(テティ王)のピラミッドの近くに埋葬されることを望んだようだ。 
New discovery in Giza | Archeologists found funerary temple of Queen Neit

長さ4メートルに及ぶ死者の書

 この縦穴から見つかったものの中でもっとも魅力的なのは、『死者の書』の第17章が含まれた4メートルもの長さのパピルスだ。

 『死者の書』は、死後の世界で死者を導くのを助ける古代エジプト人の書で、このパピルスの所有者であるPwkhaefの名が書かれている。木棺のひとつと、死後の世界で死者に仕えるシャブティという小立像4つにも同じ名前が見られる。

 現在、研究者たちが書かれている文章を分析している。これまで見つかっている第17章のほかの断片には、一連の質問と回答が含まれている。

 これは、死後の世界を通過しようとする人々のためのカンニングペーパーのようなものだ。今回見つかった第17章も、同じような問答形式なのかどうかはまだわからない。
ニアリット女王の埋葬殿付近で発見された死者の書

興味深い埋葬品の数々

 この埋葬縦穴の中で見つかったものはまだほかにもある。ファラオの戦車の監督官を務めていたKhaptahという名の男と、その妻Mwtemwiaのものだった石碑だ。

 石碑の上部には、エジプトの冥界の神、オシリス神に敬意を表するふたりの姿が描かれている。下部には、椅子に座るふたりの前に並ぶ6人の子どもたちの姿が刻まれている。娘3人は、座ってハスの花の香りをかいでいて、息子3人は立っている。
埋葬品の1つ、石碑
image by:Egyptian Antiquities Ministry
 Khaptahがどのファラオに仕えたのかはわからないが、紀元前1279年から1213年までエジプトを統治し、北方のシリアまで帝国を拡大したラムセス2世の可能性が高いという。

 石碑に刻まれた碑文は、Khaptahの息子ふたりは、ラムセス2世の家族の名にちなんで名づけられ、娘のひとりは、ラムセス2世の正妻と同じ名前のネフェルタリと名づけられている。息子のひとりは、ラムセス2世の息子のひとりと同じKhaemwesetという名だ。

 この縦穴からは、青銅の斧、ボードゲーム、オシリス像、いくつかのミイラも見つかっている。ミイラの中には、回帰熱や、腹部、関節、肺に炎症を引き起こす遺伝性疾患である、家族性地中海熱に罹っていたと思われる女性もいた。
2
 やはり冥界の神であるアヌビス神に捧げられた神殿も、その像と共に縦穴の近くから見つかっている。

 この発見をした発掘チームは、エジプト考古学省や、アレキサンドリア図書館のザヒ・ハワスエジプト学センターの考古学者たちで構成されている。

References:antiquities / livescience/ written by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
古代エジプトのパピルスが翻訳され、恐るべき「呪文の書」の内容が明らかに(イタリア研究)

噴火で炭化してしまった古代のパピルスの巻物を最新のAI技術で広げることなく解読する試み(英研究)

2500年以上前のミイラの木棺が59基発見され、その1つを開封する映像が公開される(エジプト)

美しい装飾の織物で包まれた古代エジプトのミイラの中身の謎をCTスキャンで解明

例外的な措置。聖職者カイレスの墓が王室のファラオたちが眠るピラミッド付近で発見される(エジプト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年01月23日 20:43
  • ID:74nlu.K80 #

これを人里離れた山小屋で開いて呪文を唱えるんだ!

2

2. 匿名処理班

  • 2021年01月23日 20:45
  • ID:CiBiN0Pd0 #

???「イムホーテップ!!イムホーテーップ!!」

3

3. 匿名処理班

  • 2021年01月23日 20:48
  • ID:r.xkT7sq0 #

死者の書と聞くとどうしてもハムナプトラを思い出してしまう
イ~ムホ~テ~ップ…

4

4. 匿名処理班

  • 2021年01月23日 21:29
  • ID:dD9AhYPl0 #

死者の書っていうキャッチーな名前だからえ!?て思うだけで日本で言う三途の川の渡し賃みたいなもんで
というかエジプトは多神教で自然宗教だから日本のに似てる部分が多いのが面白い

5

5. 匿名処理班

  • 2021年01月23日 23:06
  • ID:kaXwcQzg0 #

死者の書って要は冥府裁判での死者の弁護書だからね
亡くなったこの人はかれこれして素晴らしくかれこれなのできちんと死後の楽園に送られるだけの人物ですって
だからカンニングペーパーとは中々面白い

エジプトの死後は第二の世界での人生か、悪いならワニ頭の女神アメミットに心臓を食われて消滅のどちかだから

6

6. 匿名処理班

  • 2021年01月24日 06:50
  • ID:qQ3feHVu0 #

※5 
「うそをつくと舌を抜くぞ〜」って閻魔さま

7

7. 匿名処理班

  • 2021年01月24日 13:59
  • ID:rFvYljm.0 #

※1
クラートゥ…バラダ…ニ…ニ…ムゥウオホッホン(咳き込み辺りの様子を伺う)

8

8. 匿名処理班

  • 2021年01月27日 19:40
  • ID:Utg2NE3M0 #

※5
なるほどー
そうなのかー

それがやがて戒名みたいに集約されるようになっていったのかな?
さすがに長いと大変だよね・・・

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING