カンフーの極意「鉄の股間」
 「ハッ!!」 気合いと共に、コンクリートブロックさえ砕く重さ40キロの丸太を股間で受け止めるのは、中国洛陽市郊外にある軍屯村で暮らす武術家、王留太氏(65歳)だ。

 彼の技は「鉄の股間」といい、気功を駆使することで男性最大の弱点を鉄のように硬くし、蹴りやパンチの衝撃を防ぐ、ある意味究極の防御法だ。

 正しく受け止めれば股間にダメージはないのだそうだが、正しく受け止められなかった場合どうなっちゃうのか心配でならない。
広告
Fight to save ‘iron crotch’ kung fu moves online with unflinching martial arts masters in China

軍屯村に伝わるユニークな奥義

 軍屯村では、古くからユニークな奥義が考案されてきたそうで、鉄の股間のほかにも、鉄の喉、鉄の頭、鉄の胸、鉄の背中といった技がある。

 動画では、喉に槍を押し付ける子供たちや、体に剣山や刀を押しつけつつハンマーの一撃を受けたりする男性など、かなり過激な練習風景が紹介されている。

 そんな村でも鉄の股間の使い手はかなり珍しいらしく、これができるのはたった5人しかいないとのこと。最近では、後継者不足が悩みの種であるそうだ。
0_e9
RT

鉄の呼吸?やり方は門外不出

 鉄の股間の習得には厳しい鍛錬が必要になる。鍛錬は成人に達した者だけに許され、師の指導の下で行われる。自己流でやっても大怪我し、一生障害で苦しむことになるだろう。

 だが、この技を半世紀も続けてきた王氏は二児の父であることから、そうとうな使い手であるようだ。

 やり方は門外不出で、詳しいことは不明だ。しかし王氏によると、睾丸を下腹部に引っ込めているわけではなく、気功(呼吸法の一種)によって急所を硬くするのだそうだ。

 ちなみに澎湃新聞では、非常に興味深い技術としながらも、使い手が少ないのはあまり実践的ではないからではないかと述べている。

 武術は己を強く鍛え上げることができ、また運動としての効果も高いが、鉄の股間はただ股間が頑丈になるだけで、大きないちもつが与えられるわけではない。

written by hiroching / edited by parumo

追記:2020年12月の記事を再送してお届けします。
あわせて読みたい
何してくれはるん?少林カンフーのマスターの技を台無しにしてしまったテレビレポーターの怪力とかなのか?

システマだから痛くないのか?ロシアの武術「カドチニコフ・システマ」で階段を滑り降りる訓練

目にもとまらぬ速さ。明治時代の剣道の打ち合いの様子

霊長類ヒト科の運動能力が炸裂、スローモーションで見る少林寺

タフガイが指南する、首の骨を完璧に折る方法

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 16:36
  • ID:i0ua50uE0 #

「ちなみに澎湃新聞では、非常に興味深い技術としながらも、使い手が少ないのはあまり実践的ではないからではないかと述べている。」
これがすべてでは?w

2

2.

  • 2020年12月18日 16:38
  • ID:WCZZTjAq0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 16:50
  • ID:Ni9P51kD0 #

コッカケの亜種?

4

4. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 17:10
  • ID:QQKpHJBR0 #

昨日、振り向きざまに手すりにぶつけた俺に伝授してくれ・・・

5

5. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 17:22
  • ID:cGhu09DU0 #

ぐぅぁあああ��(゚Д゚; )

6

6. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 17:30
  • ID:21bGsVyk0 #

全然カッコ良くないところが泣ける。

7

7. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 17:37
  • ID:S0wZf8h90 #

鉄のコーガン

8

8. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 17:39
  • ID:PBHg63qW0 #

実は竿と玉がもう無かったりして。

9

9. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 17:47
  • ID:Ptq6m7ax0 #

30〜40年前は、こういう訳分からん系の武芸の達人とか
珍妙な雑技の見世物みたいなのも たまにTVで観たけど、
いろいろブッ飛んだハイテク技術の話題が増えた昨今の中国で
まだこういうのが生き残ってんだと思うと、なんかほっこりする。

10

10. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 18:02
  • ID:3WHfwoa80 #

実際はビミョーに横に当てる技術を磨いたんだと思われる
ストレートに当てたら死ぬだろうし
少なくとも中身が

11

11. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 18:03
  • ID:l3JXv2mf0 #

玉蹴りフェチの動画とかに出れば稼げるんじゃないのかね

12

12.

  • 2020年12月18日 18:08
  • ID:LCyJHxXr0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 18:09
  • ID:OT2uEFX90 #

>>最近では、後継者不足が悩みの種であるそうだ。

それってもう種がないから後継者を生み出せないんじゃ…(((;゚Д゚ )))

14

14. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 18:13
  • ID:K42u7TB80 #

斜めに切られてるからあんまり痛くなさそう。後ずさりで力逃してるし。

15

15. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 18:25
  • ID:eBG8uXOH0 #

イチモツはともかく骨盤にダメージ当てるのは悪手だろ

16

16. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 18:27
  • ID:PcX5ddxX0 #

実践的でないということはないと思う。
格闘競技だけ見てると忘れがちだけど、武術で金的狙うのは普通やからね。

中国武術の各流派が伝える型(套路)に掌で下を払うような所作があるけど、あれも金的打ちにつながる動きだったりするし。せやから、金的鍛えてその「普通」が通用しなくなれば、ぐんと有利になるよね。
べジータが尻尾を鍛えてたようなものやね。

まあ、鍛えにくい箇所だから適性がある人は少ないやろし、そこ鍛える時間つかって他の稽古したほうがコスパ的なあれで良いような気もする。
伝承者が絶えないか心配になるねえ。

ちなみに睾丸を腹にひっこめる技もどこかに伝わってたけど、どこだったか・・・中国かインドだったと思うんだけど・・・・・

17

17.

  • 2020年12月18日 18:36
  • ID:DzHQrQc00 #
18

18. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 18:42
  • ID:ba98peiL0 #

>>4
どんだけデカいんだよ…

19

19. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 18:46
  • ID:PkPUw52.0 #

まさにチン芸

20

20. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 18:53
  • ID:cleiHtem0 #

間違った使い方。使い物にならなくなるぞ!

21

21. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 18:57
  • ID:363MjOOj0 #

非常に興味深い。

22

22. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 19:00
  • ID:HKsfeM6Q0 #

>>14
そういう技術を含めた技なんじゃないのかね

あと、斜めだろうがなんだろうが痛いんだぞ
さてはぶつけたことがないな・・・?

痛いんだからな
竿だけならまだしも玉の方は完全に内臓なのでそれはもういっそ気を失った方が楽な位痛いんだぞ

女性の出産程長引かないが、痛みのショックで本当に死ぬ人が出る位には痛みがヤバい

ワイは小学生のころ片玉ダメになった経験者だからこの動画笑って観てられない

23

23. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 19:13
  • ID:IyCBkzl20 #

ものすごいチャウ・シンチー感

24

24. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 19:14
  • ID:94EIJfZV0 #

無問題(モーマンタイ)

25

25. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 19:26
  • ID:kzIIECLb0 #

最後の一行が...
さすがパルモ姐さん

26

26. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 19:28
  • ID:Ek4eQnOn0 #

極めると丸太が割れるんだろ?

27

27.

  • 2020年12月18日 19:51
  • ID:y642cbIr0 #
28

28.

  • 2020年12月18日 19:55
  • ID:6r50pmnX0 #
29

29. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 20:03
  • ID:YmW67y340 #

局部を打つことからこの修業に使われる木柱のことを魔羅打と言い、一説に柱状の木材を丸太と呼ぶのはこの魔羅打からの転訛だと言われている(太公望書林刊「鉄拳ー中国硬気功ー」より抜粋)

30

30. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 20:10
  • ID:3WHfwoa80 #

>>16
日本でも誰か使ってませんでしたっけ
上に引っ掛ける的な方法

31

31.

  • 2020年12月18日 20:15
  • ID:FvU4uzfb0 #
32

32. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 20:38
  • ID:jqNXfRWy0 #

>>8
実は無くても痛い。 女より

33

33. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 20:58
  • ID:3DCzhsV.0 #

※4
パンツ履きましょう

34

34. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 21:36
  • ID:nBLbCePY0 #

※11
実はそうゆう趣味の人だったりね?

35

35. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 21:49
  • ID:xExQ6AeQ0 #

股間にロープ結んでトラックを引っ張るなんて技術もテレビでやってたけど
PC筋が凄いんだろうか

36

36. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 23:05
  • ID:p0mw4Vqt0 #

・・・防御法?

37

37. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 23:09
  • ID:JQyyqomE0 #

後継者として名乗りを上げたいところですが、あいにくマシュマロで事足りておりますので・・・

38

38. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 00:00
  • ID:5kSRFO0w0 #

鋼の錬金術師

39

39. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 00:51
  • ID:oLtgtrOH0 #

これで鍛えたムスコ同士をぶつけたら…

40

40. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 05:31
  • ID:U9cvQ5310 #

ガキ使のチ○コマシーンも使ってみて欲しい

41

41. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 05:35
  • ID:U9cvQ5310 #

>>39
それは兜◯わせと呼ばれる技だね
それはそれは恐しい効力を発揮するよ

42

42. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 07:49
  • ID:VHajxp0h0 #

>>4
oh…

43

43. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 09:12
  • ID:vYB.L2Fg0 #

こんなんで貴重な人生を費やすソレの達人たちよ
ヒマなんだね…。

44

44. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 09:37
  • ID:tCfYX7Uy0 #

>>43
達人なんて皆そんなものよ

45

45. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 09:46
  • ID:psEXTWVb0 #

鉄の呼吸で腹筋にとどめ刺されたわ

46

46. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 16:39
  • ID:Kgltw9QS0 #

民明書房に載ってそう

47

47. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 19:51
  • ID:wLGMMSLc0 #

この胡散臭さたまらん

48

48. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 21:30
  • ID:CDJzNtWg0 #

昔、大槻ケンヂのラジオでスティックで俵をザクザク突きまくる映画の話が

49

49. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 23:50
  • ID:ekVJiew50 #

打撃・軋轢・砲撃を身体を張って耐えたり、台風時の岩や流木の落下する滝に打たれる「滝行」などの荒行の積み重ねにより、五体を金剛(ダイヤモンド)化するという「金剛拳」の鍛錬風景を見られるとは、興味深い・・・

50

50. 匿名処理班

  • 2020年12月20日 12:48
  • ID:T0N9F1Si0 #

人は彼を「ワンパタン」という。

51

51. 匿名処理班

  • 2020年12月20日 17:12
  • ID:jNxi4mJO0 #

痛そうで動画を見る勇気が出ないww

52

52. 匿名処理班

  • 2023年01月18日 18:03
  • ID:nyd.qwT80 #

世界は広いなw

53

53. 匿名処理班

  • 2023年01月18日 18:23
  • ID:D7Tn.lVJ0 #

痛みに耐えるより快感に変えられるマゾのほうが強いな

54

54. 匿名処理班

  • 2023年01月18日 18:56
  • ID:X5IJN8u40 #

>>35
実は息子スティックは結合組織の構造的には『張り付いている』状態なので
根こそぎちぎり取れる危険性があります

55

55.

  • 2023年01月18日 18:56
  • ID:lgjtB8.U0 #
56

56. 匿名処理班

  • 2023年01月18日 19:02
  • ID:jP6oDAYI0 #

昔の中国と言えばこういう芸の人達ってイメージだったなぁ

57

57. 匿名処理班

  • 2023年01月18日 19:14
  • ID:fvycyh510 #

※4
そりゃずいぶんデカい手すりだな

58

58. 匿名処理班

  • 2023年01月18日 19:19
  • ID:3YzF1r1r0 #

こんなコトしたって竿もタマも鍛えられるわけないだろ
こんなので鍛えられたら増大法で竿シバいてた人が報われとる

59

59. 匿名処理班

  • 2023年01月18日 20:31
  • ID:2rDFJQ0m0 #

格闘家の蹴りを、股間で
受けとめる名人、みたいな
アメリカの男はどうしてる
のだろう

60

60. 匿名処理班

  • 2023年01月18日 20:51
  • ID:xgc1MNh90 #

※16
※3にあるコツカケ(骨掛け)という空手の技らしいです。

61

61.

  • 2023年01月18日 21:00
  • ID:9rP5Pwy60 #
62

62. 匿名処理班

  • 2023年01月18日 23:05
  • ID:fmU8zECZ0 #

ここは、どういう村なの?古来より戦争や武術を生活の糧にして来た村なのかい?

63

63. 匿名処理班

  • 2023年01月18日 23:37
  • ID:229MFn250 #

鉄のように硬くなるならもっと生産性のあることできるんじゃないんですかねぇ・・・あ(察し

64

64. 匿名処理班

  • 2023年01月19日 00:06
  • ID:XVGZRDFG0 #

表情がおもしろい

65

65. 匿名処理班

  • 2023年01月19日 06:15
  • ID:9eIoOLC20 #

中国らしい。。

66

66. 匿名処理班

  • 2023年01月19日 06:41
  • ID:LIi458wq0 #

小さい頃のテレビでよく見かけた記憶があるw縄で括ってダンベルを持ち上げる人もいた
色んな意味で信じられなかった

67

67. 匿名処理班

  • 2023年01月19日 10:09
  • ID:LCnXrOMh0 #

「使い手が少ないのはあまり実践的ではないからではないかと述べている。」

実践性とか実用性とかを基準にすると、世の多くの伝統芸能とか美術工芸の超絶技巧とかも、なくてもよくね?無駄じゃね?ってなりかねないからそういう考え方は好きではないが、敢えて言いたい

この術、必要か?
この村の人達は障害負うリスク犯してまでこの一連の武術を習得して、使う機会ある(あった)の?

68

68. 匿名処理班

  • 2023年01月19日 10:34
  • ID:YaRTcfRa0 #

実はズボンの中に当てても大丈夫な装備がされていて、それが門外不出とか?

69

69. 匿名処理班

  • 2023年01月19日 12:05
  • ID:i7y8xJKK0 #

>>54
ひいぃ‼︎_:(´ཀ`」 ∠):

70

70. 匿名処理班

  • 2023年01月19日 14:54
  • ID:IbS0u0.u0 #

※32
女の場合、脛とか骨に近いところをぶつけた普通の打撲の感じに近いような
(小学校の頃、フェンスを跨いで飛び越えようとしてぶつけて出血・青タンになった経験あり)
男性の痛がり方をみているとたぶん種類の違う痛さじゃないかと思う

71

71. 匿名処理班

  • 2023年01月19日 15:02
  • ID:Hu9HdY0w0 #

※13
後継者って、別に身内だけの意味じゃないだろww
いいたいことはわかるけどさw

72

72. 匿名処理班

  • 2023年01月19日 18:00
  • ID:T2e.HiEv0 #

こ、これ三角木…おや?誰か来たようだ…

73

73. 匿名処理班

  • 2023年01月20日 02:56
  • ID:mIsaMAXM0 #

この武術ちょっと間違えたら色々な意味で再起不能になりかねないわけで、父や夫や息子がそうなったら家族が大変だよね…

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING