子猫がどんどん集まる家
子猫がどんどん集まる家 image credit:meggieslittlezoo/Instagram

 ここなら我が子をきちんと育ててくれるという確信があったのかもしれない。カナダのケベック州で子猫の救済・保護のボランティア活動をしている女性の自宅玄関先に、野良の母猫が3匹の子猫を置いたままどこかに姿を消した。
 
 その数か月後、母猫は新たに4匹の子猫を連れて来たのだ。女性はこの時4匹の子猫とともに母親も捕獲し、全員を保護した。

 親切な女性とそのパートナーの世話のおかげで子猫たちはすくすく元気に成長。今では7匹の子猫全員に、素晴らしい永遠の家が見つかったようだ。
スポンサードリンク

玄関開けたらポーチに3匹の子猫


 カナダのケベック州にある子猫救済施設『One Cat at a Time』でボランティア活動をしているメギーさんは、ある日自宅玄関前のポーチエリアで3匹の小さな子猫を発見した。野良の母猫が置いて行ったようだ。

 メギーさんの自宅には、保護した子猫たち用として暖かな毛布を敷いた箱が常備してあり、ひとまず3匹をその箱に入れ、母猫が戻ってきたときに一緒にいさせてあげた方がいいと、ポーチエリアに置いておいた。

 ところが、戻って来た母猫は、箱の中の2匹の子猫をどこかへ移動させ、1匹だけを残して去ってしまったようだ。

 メギーさんは、しばらく母猫が戻るのを待っていたが、その気配は一向になく、空腹で鳴き声をあげ続けていた残された子猫を自宅へと持ちこみ、ミルクを与え世話をした。

 その後、メギーさんのパートナーが庭で2匹の子猫を発見した。箱から移動された2匹は、メギーさんの庭の別の場所に母猫によって放置されていたのだ。

 メギーさんは、母猫が近くにいるのかと探してみたがおらず、子猫たちを迎えにくる様子もなかった。結局、その2匹も家の中へ入れたメギーさんは、先の1匹と再会させ、たっぷりミルクを与えて世話をした。

 その夜、3匹は居心地のいい暖かなベッドで眠ることができた。

1_e3

2か月後、母猫が更に4匹の子猫を連れてくる


 メギーさんは、3匹の子猫に2時間ごとに哺乳瓶でミルクを与え、24時間ケアを提供した。

 そのおかげで3匹は元気に成長。数週間経つと、それぞれ個性を発揮するようになり、やんちゃぶりも見えだした。子猫たちは、互いにしっかりと抱き合って眠るのが大好きなようで、愛情溢れるその姿はマギーさんをとても癒した。

4_e1

 しかし、子猫たちを世話している間も、マギーさんは母猫のことをずっと気にかけていた。いつか戻ってくるんじゃないかと...

 その2か月後、ついに母猫は戻って来たのだが自分だけではなかった。新たに4匹の子猫を連れてきたのだ。

2_e3

母猫がもっと子猫を生んでいるのではないかという推測はしていたので、母親を含め全員をなんとか迎え入れることができました。

私たちは子猫と母猫を獣医院へ連れて行き、適切な治療を受けさせて、その後母猫が余計なストレスや不安を感じることなく子育てに集中できるよう、静かな部屋に子猫たちを置いて見守りました。

3_e1

 メギーさんの猫への深い愛情は、母猫にも伝わったのだろう。メギーさんが隣に座っても受け入れる態度を示すようになった。だが、メギーさん以外の人間は決して近付かせようとしなかったという。


7匹の子猫たちの永遠の家が決まる


 トランクス、ランティ、サリアと名付けた先の3匹の子猫たちは、どんどん成長した。

 特にトランクスとランティの兄弟の絆はとても強く、またメギーさんの飼い犬にもとても懐いていた。

brothers_e

 メギーさんとパートナーも、この2匹を手放すことは考えられず、先住の保護猫や保護犬たちと一緒に飼うことに決めた。

 妹サリアにも永遠の家が見つかり、後から来た4匹の子猫たちも養子縁組ができるまでに成長して、それぞれ暖かな家庭に引き取られて行った。

5_e0

 避妊手術を受けた母猫は、世話をしてくれる人が見つかり、毎日餌を貰っているという。

6_e0

 現在、メギーさんはトランクスとランティが加わり、大家族になった。

7_e

 愛情をたっぷり受けながら元気に成長を続ける2匹を見て、この先新たな子猫を保護した時には、2匹の兄弟猫はきっと自分たちがされたように、愛情を持ってやさしく接してくれるようになるだろうとメギーさんは期待している。

 野良の母猫はここなら我が子をまかせても大丈夫という強い確信があったのかもしれないし、NNN(ねこねこネットワーク)の手引きがあったのかもしれない。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
NNNの暗躍か?人間に助けを求めて近づいてきた子猫、永遠の家を手に入れる(アメリカ)


NNN活動報告。妊娠中からロックオン、出産後4匹の子猫を連れて戻ってきた(アメリカ)


これもまたNNNのやり方か。飼い犬の散歩中に草むらの中に子猫を発見!その数10匹。みんなしっかりお持ち帰り。


迷子の子猫ちゃん、困ってしまってニャンニャンしていたところ警察官に保護され、そのまま飼われるというNNN事案


これがNNN(ねこねこネットワーク)のやり方か!飼い猫が散歩から帰ってきたら小さいのが1匹増殖してた


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
5850 points
車にぶつかり動けなくなった犬を一晩中励まし続けた仲間の犬、病院にも付き添い治療中もずっと離れず(ブラジル)

車にぶつかり動けなくなった犬を一晩中励まし続けた仲間の犬、病院にも付き添い治療中もずっと離れず(ブラジル)

2021年2月25日
2935540314
2位
5242 points
寒さで凍えている子犬たちを救うため、人間に助けを求めた母犬の物語(セルビア)

寒さで凍えている子犬たちを救うため、人間に助けを求めた母犬の物語(セルビア)

2021年2月23日
2804940319
3位
3293 points
猫が泣いてる!帰らなきゃ!帰省中涙を浮かべている猫の姿が監視カメラに映り予定を早めて帰宅した飼い主

猫が泣いてる!帰らなきゃ!帰省中涙を浮かべている猫の姿が監視カメラに映り予定を早めて帰宅した飼い主

2021年2月28日
4位
2748 points
トヨタが粋な計らい。130台の壮絶な玉突き事故に巻き込まれながらも人々を救った英雄に新車をプレゼント

トヨタが粋な計らい。130台の壮絶な玉突き事故に巻き込まれながらも人々を救った英雄に新車をプレゼント

2021年2月23日
1402580226
5位
2238 points
小さな尊い命が救われる瞬間。火事で心肺停止に陥った2匹の猫に小さな酸素マスクで救命措置(イギリス)

小さな尊い命が救われる瞬間。火事で心肺停止に陥った2匹の猫に小さな酸素マスクで救命措置(イギリス)

2021年2月22日
93213528
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 12:17
  • ID:d9N9pKrA0 #

あなたの子よ・・・

2

2. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 12:32
  • ID:KPe5UIYJ0 #

NNN
恐るべし・・・!!

3

3. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 12:44
  • ID:.UBg4SGv0 #

日テレは
ねこねこネットワークに改名するとよい。

4

4. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 13:52
  • ID:uzbeksOs0 #

「こちらNNN。ターゲットロックオン。玄関先に子猫を置いた後
しばらく放置せよ。OKならば残りの子猫とともに猫ダイブ決行。
肉球状況開始」

5

5. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 14:09
  • ID:tVEvk47K0 #

猫は2ヶ月あれば、妊娠・出産できるから、メス猫飼うなら避妊手術させないと、際限なく増えていくから注意。

6

6. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 14:51
  • ID:buj7RBMQ0 #

7匹はすごいなぁ
ウチなんて1匹拾うだけでも家族会議だったのに

7

7.

  • 2020年12月15日 15:11
  • ID:3AS.0lqV0 #
8

8.

  • 2020年12月15日 15:11
  • ID:SyGuJ33B0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 15:59
  • ID:VGbD.YOQ0 #

※5 アーンド知られてないのは「生後4ヶ月or体重2キロ超」
でメス子猫が妊娠する事。交尾してから排卵するので
受胎率100%、一晩の夜遊びでも懐妊の可能性大。

10

10. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 16:31
  • ID:98SUtpoQ0 #

懐の深いおうちだ…
これが余裕ってやつだな

11

11. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 16:50
  • ID:LIwUn1aV0 #

うちの庭でも猫さんが子供を産んだよ。
子猫は貰い手が見つかり、母猫はうちで余生を過ごしています。
同時に妻が出て行ったんだが、プラスマイナスゼロ!

ここは笑うところだぜ・・・

12

12. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 16:57
  • ID:uwXFEYD.0 #

実家の母がお盆の支度で納屋で色々準備していたら、たまにやってくる猫が一匹づつ子猫を咥えて母の前に置いていった。最終的に五匹いたけど、それを黙って見ていたという話を聞いて笑った事があるが、困るなぁ〜と言いつつ本当はもっといるのではないかと心配してましたよ。全員貰われていきましたけど。

13

13.

  • 2020年12月15日 16:57
  • ID:b4.FiG2I0 #
14

14. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 17:14
  • ID:ofs9TWrj0 #

>>5
最後4ヶ月で発情期が来るから実は相当な繁殖能力があるんだよね
多産だし油断して避妊手術とかしないとネズミ算的に増える

15

15.

  • 2020年12月15日 17:31
  • ID:syzle1E60 #
16

16. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 17:48
  • ID:64TbF6.t0 #

>>3
アンチ巨人的には風評被害は止めてクレメンス

17

17. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 18:02
  • ID:b7W6v6XH0 #

貰われていったのはいいことなんだろうけど家族一緒には暮らせないんだなあ

18

18. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 18:20
  • ID:8evP9Nst0 #

>>11
再婚したんだと思えば大丈夫まあまあ幸せさ

19

19. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 18:27
  • ID:8G..c6my0 #

>>14
猫がネズミ算かwww

20

20. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 19:38
  • ID:WUYf3fhe0 #

自分で面倒見てよぉ〜〜〜

21

21. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 19:43
  • ID:64TbF6.t0 #

育てる余力が無い猫は産み捨てるっていいますね

22

22. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 20:43
  • ID:VGbD.YOQ0 #

※17 野良猫の場合、半年を越えて親子で暮らすのはまれ。
子が成長すると親は面倒を見なくなり、離れる。
しかし人間が介入して豊富に食べ物があると、
子供の内の何匹かがずっと近くにいる事もある。
避妊去勢しないと、親兄弟関係なく交尾し
近親交配が進んで奇形(足が一本短い、四肢麻痺で
ちゃんと歩けないなど)の子猫が生まれる。

23

23. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 20:59
  • ID:mnHjJWHO0 #

One cat at a time(猫は一度に一匹)って言ってるのにw

24

24. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 21:22
  • ID:vSBHekKU0 #

うちも7匹置いて行かれたわw
5年経った今、4匹残ってる

25

25. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 21:43
  • ID:w7U79o2L0 #

この言い方だと母猫は飼われるようになったんじゃなく地域猫になったのかな?

26

26. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 21:44
  • ID:rxze89Jm0 #

いつもの事ながら
NNNの的確な人選は素晴らしい。
選ばれた方に沢山の幸福を!

27

27. 匿名処理班

  • 2020年12月15日 23:54
  • ID:H4v..oFt0 #

こういう偶然の出逢い憧れるなあ
長年ペット飼ってきたんだけど、先代が人間なら90歳代って年齢でお星様に…ペットロスで寂しい人間と暮らしてやってもいいよという動物の方、押しかけ歓迎だよ〜!

28

28. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 00:27
  • ID:.oeziAw40 #

>>27
何が来るかわからんから
ちゃんと動物の種類を指定しておけ

29

29. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 07:48
  • ID:VbRDUWQ30 #

※25 うん、たぶん地域猫だね。大事なのは
避妊手術して放すだけでないこと。
毎日食事をあげ、ちゃんと「片付け」もする。
「地域猫用トイレ」のつくり方も公開されてるので、
完璧とはいえないけど苦情も減らせる。

30

30.

  • 2020年12月16日 12:15
  • ID:v.I1.XI20 #
31

31. 匿名処理班

  • 2020年12月17日 00:56
  • ID:Vs1k94W60 #

>>11
NNN すげぇ.......
妻の座ゲット?!

32

32. 匿名処理班

  • 2020年12月17日 02:49
  • ID:Kwuvkf040 #

うちの先代の母猫もこのパターンだったそうな。
子供が生まれると優しい庭犬さんにごはんを分けてもらい、
じきに育った子供をその家に置いて姿を消してしまう。
家の人がびっくりして保護して育てていると
また次の出産で生まれた子を略
あれ、家の人があわてて捕まえて避妊手術しなかったらその後ずっと
「子猫押しつけて自分は男と遊び歩ける託児所(兄弟の毛色からして
彼女は恋多き女だったと推察)」扱いされ続けたんだろうと思う。

33

33.

  • 2020年12月18日 09:10
  • ID:xVrEbJqY0 #
34

34. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 13:29
  • ID:CN.6KfvP0 #

動物でも育児放棄があるんだから人間ももっとゆるくすればいいのにと思う。

預けるのが猫みたいに簡単になれば少子化も簡単に収まる。

自己責任にしすぎると自分ができる小さな範囲でしか選択できないよ。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク