ジョー・バイデンの飼い犬に注目が集まる
ジョー・バイデンの飼い犬に注目が集まる image credit:Dr. Jill Biden/Twitter
 アメリカ大統領選挙は、民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)の当選が確実となった。このまま何も起こらなければ、ホワイトハウスにバイデン氏が新たなアメリカの大統領として引っ越す日もそう遠くないだろう。

 となると、同氏が飼っている2匹のジャーマン・シェパード犬も家族の一員としてホワイトハウスにやってくることとなる。トランプ大統領は犬を飼っていなかったので、歴代大統領たちが飼っていた「ファーストドッグ」が再び復活することになると、海外メディアでは注目を集めている。
スポンサードリンク
Dog Lovers Want Joe Biden in the White House | NowThis 

ホワイトハウスに「ファーストドッグ」復活か

 ホワイトハウスのペットの歴史は、アメリカの初代大統領ジョージ・ワシントンの時代にまで遡る。

 歴代の大統領たちは、犬だけでなく猫や馬、ロバ、牛、ヤギ、オウムに鶏、更にはアリゲーターやトラの子まで幅広いジャンルのペットを飼っていたようだ。

 中でも、犬は「ファーストドッグ」と称され、多くの歴代大統領と共にホワイトハウスで暮らしてきた。記憶に新しいのは、バラク・オバマ前大統領の犬“ボー”だろう。
Seth Puts A Camera On Obama’s Dog Bo

 大統領とペットは、メディアで写真映えがするだけでなく、時にコミュニケーションの窓口にもなる。小難しい話の途中でも、ちょっとペットが顔を見せることで相手が思わず笑顔になってしまうなんてこともあるかもしれない。

 しかし、トランプ大統領はホワイトハウスでペットを飼っていなかった。130年の歴史の中で、初めてホワイトハウスでペットを飼っていない大統領だったのだ。

 今回、当選確実となったジョー・バイデン前副大統領は、大の犬好きとして知られており、現在チャンプとメジャーという犬を2匹飼っている。  チャンプ(12歳)は2008年からバイデン氏一家の一員だが、メジャーは2018年に動物保護施設から一家のもとへやって来たという。

ファーストドッグの復活にネットユーザーら大興奮

 バイデン氏の勝利宣言がなされて間もなく、ネット上には「ファーストドッグ」の復活を喜ぶ祝福の声が相次いだ。
・またホワイトハウスに犬が暮らすようになるんだね!

・チャンプはホワイトハウスに来た経験があるけど、メジャーは初めてだからね。チャンプはきっとホワイトハウスを案内するのが待ちきれないと思うな。

・メジャーとチャンプ、ファーストドッグおめでとう!

・ファーストドッグの復活おめでとう!2匹がホワイトハウスにいるところを早く見たいわ。

・ウチの犬たちもチャンプとメジャーに祝福の声をあげているよ。
 ちなみに、ジョー・バイデン前副大統領が大統領に就任することにより、史上初の女性副大統領になるカマラ・ハリス上院議員(56)。

 彼女はペットを飼っていないが、少なくとも2019年のツイートによると犬好きのようで、「私の上院事務所では、犬はいつでも歓迎です」と当時事務所によく立ち寄る4本脚のアドバイザーたちの写真をシェアしていた。  なお、保護施設から引き取られた犬がホワイトハウスで暮らすのは初めてになるようだ。

written by Scarlet / edited by parumo

あわせて読みたい
ファーストキャットとなったクリントン元大統領の猫「ソックス」物語

あらやだイケメン。アメリカの大統領や大統領候補13人の、あの時君は若かった写真

トランプ大統領がコロナに感染したのは魔女の呪いが原因?アメリカで囁かれている陰謀論

ホワイトハウスの中ってどうなってるの?ストリートビューで巡るバーチャルホワイトハウスツアー

世界最強の料理人はホワイトハウスにいた!ムキムキの筋肉で腕を振るう(アメリカ)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7944 points
「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

2021年4月26日
2位
5078 points
猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

2021年4月29日
3位
5033 points
ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

2021年5月3日
4位
4835 points
母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

2021年5月1日
2684516546
5位
3989 points
小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

2021年4月29日
2663702318
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1.

  • 2020年11月09日 11:41
  • ID:JBUrU4Xc0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2020年11月09日 11:53
  • ID:0q8HV9..0 #

ファーストドッグのいない
前大統領がマッドドッグみたいだYO!

3

3.

  • 2020年11月09日 12:21
  • ID:A6jAtcfE0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2020年11月09日 12:29
  • ID:rZyelPFr0 #

トランプ氏は、ああ見えて極度の潔癖症で、動物を身近に近づけないのだそうですね。

それに、あれほどご自分で吠えまくっていたら、犬を飼う必要などなさそうです。
うっかり飼ってしまったら、ご主人の遠吠えを前にして、犬さんは深刻なアイデンティティーの危機に陥ってしまうことでしょう。

5

5. 匿名処理班

  • 2020年11月09日 12:47
  • ID:.PmoFdf50 #

バイデンさんらしい犬種だね。

6

6. 匿名処理班

  • 2020年11月09日 12:52
  • ID:ocJAMK.90 #

実家でシェパード飼ってた
写真の子たちもなかなか可愛い

7

7. 匿名処理班

  • 2020年11月09日 12:58
  • ID:.K9M6MIn0 #

いやあまたしばらくはホワイトハウスには犬は入らないんじゃないかなー。

8

8. 匿名処理班

  • 2020年11月09日 13:00
  • ID:jsHM2F8O0 #

この記事のカテゴリーは動物ではなく政治のようですね

9

9.

  • 2020年11月09日 13:23
  • ID:9OPBYQDx0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2020年11月09日 14:55
  • ID:VWV32vCG0 #

コロナこわいけどぉ、バイデンのイヌ見たら元気出た

11

11. 匿名処理班

  • 2020年11月09日 16:57
  • ID:gJEOLmVc0 #

※8 政治とみるか動物と見るかはその人の心次第。まさに自分の心の有様を試されている記事かも。

12

12. 匿名処理班

  • 2020年11月09日 16:57
  • ID:lwPeIexL0 #

やっぱり何か動物がいないとね
良かった良かった

13

13. 匿名処理班

  • 2020年11月09日 17:02
  • ID:lQVwTFJ10 #

知人の犬🐶を預かっていた事があるけど犬🐶は帰宅した🏠️👣時にしっぽを振って歓迎してくれます。前大統領が吠えていましたよね。ホワイトハウスに犬🐶が復活するなんて喜ばしいです。私は、フランス🇫🇷のマクロン大統領が好きです。

14

14. 匿名処理班

  • 2020年11月09日 17:21
  • ID:rZyelPFr0 #

ずいぶん前のことになるけれど、ホワイトハウスに入る前のオバマが記者会見でファーストドッグの予定について尋ねられ(それまで飼っていなかった)、その話題でアメリカのメディアがけっこう盛り上がったことがあるんですよね。
(結局は「ボー君」というワンちゃんに落ち着きました)

でもって、ABCのニュースで、「こんなワンちゃんはどうでしょう、あんなワンちゃんはどうでしょう」とひとしきりいろんな犬の映像を流した後に、最後の一言が
「でも、猛犬だけは止めた方がいいでしょう」

そして映し出されたのが、サラ・ペイリンの顔のアップでした。
(オバマと争った、マケインが選んでいた副大統領候補。攻撃的なキャラで有名になった)

15

15.

  • 2020年11月09日 17:37
  • ID:WVc4otDu0 #
16

16. 匿名処理班

  • 2020年11月09日 17:42
  • ID:cdjr6pWS0 #

バイデンは嫌いだが犬は別。

17

17. 匿名処理班

  • 2020年11月09日 17:45
  • ID:spOgcoNC0 #

※4
そうか。好感度ってそういうところもあるよね。怖そうとか、性格悪そうなのかなと思っても動物好きって判ると犬猫飼っている自分からは好感度上げて見てしまうよ。プーチン大統領もそんな感じ。

18

18.

  • 2020年11月09日 20:16
  • ID:ynWHYfQS0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2020年11月09日 20:34
  • ID:PO65QETW0 #

前大統領の死去以外で2期目でこけたの4人目らしいね
コリャネットジンクスでお犬様のいない大統領はこけるとでそうだね

犬は正義だ なんか文句るある?w

20

20. 匿名処理班

  • 2020年11月09日 22:13
  • ID:yLAxG8zz0 #

政治家ってのは、政策で評価するものであって犬を飼ってるとか犬種で評価するもんじゃないんだけどな
なんかさぁ必死になって政策から話題をそらそうとしてるよね
バイデンは、早速、年収4万ドル以上稼いでいる奴の連邦所得税率を62%以上にするって公言しちゃったね。

21

21.

  • 2020年11月09日 22:24
  • ID:yLAxG8zz0 #
22

22. 匿名処理班

  • 2020年11月09日 22:39
  • ID:QIgKbYZ70 #

バイデン氏! ファーストドック復活ありがとう! しかも初の保護犬とか何か癒されます
応援しています!

23

23. 匿名処理班

  • 2020年11月10日 01:10
  • ID:jRA1tjHy0 #

コメ欄でバイデン派が浮かれてる印象

24

24.

  • 2020年11月10日 02:03
  • ID:YEx1b1TD0 #
25

25. 匿名処理班

  • 2020年11月10日 06:54
  • ID:QWUJTCRQ0 #

飼い主がアレでもペットに罪はないからなぁ

26

26. 匿名処理班

  • 2020年11月10日 11:24
  • ID:QIRY.8Em0 #

ドッグミートォ!!久しぶりぃ!

27

27.

  • 2020年11月10日 21:36
  • ID:e9.e77VJ0 #
28

28.

  • 2020年11月10日 21:47
  • ID:M4QFASxs0 #
29

29. 匿名処理班

  • 2020年11月11日 00:57
  • ID:NeLefpos0 #

保護犬てのは好印象しかしかなりの老犬だねえ

30

30.

  • 2020年11月11日 02:15
  • ID:lzDnOYLs0 #
31

31. 匿名処理班

  • 2020年11月11日 03:25
  • ID:2gX2eo5i0 #

>>20
いい政策じゃん

32

32.

  • 2020年11月11日 11:21
  • ID:h44GXeIf0 #
33

33. 匿名処理班

  • 2020年11月11日 21:20
  • ID:BfJ0Ys7o0 #

バイデンお爺ちゃんに大統領は無理よ
自分のボスだったオバマのファーストネームすら忘れちゃってるんだもの・・・
バイデン陣営が勝手に当確発表しちゃっただけで、そもそも大統領選はまだ終わってないしね

34

34.

  • 2020年11月12日 13:10
  • ID:1TjroHCW0 #
35

35. 匿名処理班

  • 2020年11月20日 21:35
  • ID:XTmhflQp0 #

トランプ大好きさんの遠吠え・・・

36

36. 匿名処理班

  • 2020年11月20日 23:40
  • ID:IdTeT.5c0 #

バイデンガーみたいな人おるけどここのコメ欄って案外年齢層高いのかw

37

37. 匿名処理班

  • 2021年01月24日 06:34
  • ID:kfAq6duY0 #

どっちも好きじゃないけど
息子はトロフィーハンティング愛好家で沢山の動物殺してる事を黙認するトランプより
犬好きのバイデンの方が良いわ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク