angel-4372989_640_e
● / Pixabay
 オランダ政府は、数ヶ月渡る与党内の議論の末、12歳未満の不治かつ末期の病を抱えた子どもに対しても安楽死を認める法案をまとめた。

 保健省のヒューゴ・デ・ヨンゲ大臣は、絶望的かつ耐えがたい苦しみをともなう不治の病に冒された末期の子どもを救うには、法規の変更が必要だとした。

 この新たな法律が成立した場合、適用される可能性がある子供は、年間5〜10人ほどになると政府は見積もっている。
広告

苦痛を抱えた不治の病に苦しむ子供たちを救うため

 12歳未満の子供の安楽死を最初に許可したのはお隣の国、ベルギーで2014年のこと。ベルギーでは9歳と11歳の子どもが、それぞれ2016年と2017年に初めて法にのっとって安楽死した。

 オランダでは既に、12歳以上なら患者本人とその両親の同意が得られれば、死を選ぶ権利が認められている。この新しい法案が成立すると、1歳未満の赤ん坊でも親の同意があれば、安楽死が適用されることになる。

 現在、治る見込みのない病で、耐えがたい苦しみを抱える末期症状の子供たちは、緩和ケアを受けるか、苦痛から解放させるため、死期を早めるよう栄養を制限するといった対策がとられているが、医師が直接命を終わらせるために別の手段を使うことができなかった。

 緩和ケアにせよ、死期を早めるにせよ、子供たちは苦痛から完全に逃れることはできず、それを目の当たりにしている医師からは法律の改正を望む声が上がっていた。
安楽死・尊厳死
iStock

反対の声があがるも、厳格な基準により適応

 非常に難しい問題のため、法改正をするにあたって、連立を組む4つの与党内内で激しい議論が繰り広げられた。

 デ・ヨンゲ大臣は、この問題についてオープンに話し合おうとしたが、とくに、キリスト教系の保守的な政党から大反対を受けた。

 だが、政府の意図を発表したオランダ議会へ宛てられた手紙の中で、ヨンゲは法改正を圧倒的に支持する医師たちの報告を引用した。
研究は、死が予見できる不治の病に冒され、絶望的かつ耐えがたい苦しみに苛まれている子どもたちのために、主治医や両親が自発的に死をもたらす必要性があることを示しています
 もちろん、安楽死が認められるには両親の同意が必ず必要で、患者自身が"終わりのない絶え難い苦しみ"に苛まれていること、さらに、少なくとも2人以上の医師がこの処置に同意することが条件だ。
子供の安楽死問題
iStock

オランダにおける安楽死

 オランダでは、2002年から12歳以上の安楽死は認められている。これは、病状の改善に見込みがなく、代替治療もなく、耐えがたい苦痛を伴い、あくまでも本人が熟考した結果の自発的な要求とみなされる場合のみ、という条件だった。

 2016年には、高齢者に限り、人生に疲れ、自らそれを終わらせたいと望む場合には、安楽死を認めるべきだとする法案が提出された。(あくまで提出である)

 2020年4月には、認知症患者が事前に書面で安楽死に合意していた場合に限り、医師が死の幇助を行っても罪に問われないこととなった。

 昨年は、オランダ国内で安楽死した人は6361人、総死亡数の4%になる。このうち91%が末期的な病状の患者だった。

 オランダには、尊厳死を望む患者の手助けをする専門組織も存在する。

 重篤な精神疾患を抱え、慢性的な自殺願望を持っていたオーレリア・ブローエルズ(29)は、2018年に死を決意した。ブローエルズの主治医は彼女の安楽死に手を貸さなかった為、南ホラント州ハーグにある「Levenseindekliniek(エンド・オブ・ライフ・クリニック)」という財団が、彼女の最期の望みをかなえた。

 オランダのテレビ局がブローエルズの特集を組み、彼女が自分の葬儀のために選んだ火葬場を訪れるなど、死の前の2週間が撮影され、当時大きな議論となった。

 Levenseindekliniekは、2012年に設立されたオランダの財団で、自殺願望を抱える患者たちを救うために活動を行っている。

References:theguardian/ written by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
オランダ政府、安楽死を「人生が終わったと感じている人」にも適用させる法案を提出

安楽死の合法化発表を受け、1分で苦痛なく安らかな死につけるハイテク自殺幇助マシンが発表される(オーストラリア)

安楽死問題:フランスで末期患者を”死ぬまで眠らせておく”施術容認の法案が可決される

人は死ぬ権利があるのか?世界的に波紋を呼んだ9つの安楽死

合法?違法?安楽死、自殺幇助に対する10か国のスタンス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 09:12
  • ID:HhLl8VRh0 #

安楽死の是非は別にして、
今までは治る見込みもなく苦しんでる姿を見守る事しかできなかった医者も両親も、選択肢が増えること自体はいいことなんじゃないかなあ

大抵の場合は苦渋の決断の上でやるかやらないかを決める事になるだろうし

2

2. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 09:18
  • ID:Sfucyvk.0 #

これは決断する親が一番つらいだろう
法律が施行されたら絶対に情報が漏れない仕組みを整備して欲しい

「○○病院で子供が安楽死」みたく面白おかしくニュースで取り上げられたり
SNSとかに拡散して諸外国から心無い親みたいな風評被害受け続けたらいたたまれない

3

3. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 09:27
  • ID:50aQW5h30 #

我が子が苦しんでる姿は、親にとっては耐え難いものが想像できるので賛成

4

4.

  • 2020年10月22日 09:27
  • ID:.bXAL4J10 #
5

5.

  • 2020年10月22日 09:28
  • ID:l5aSv4sj0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 09:48
  • ID:HPGC8NP.0 #

本人だって治したいと思うはず。
家族だって早く良くなってほしいと思うはず。
ただ苦しんでる姿を見守ってることしか出来ないならせめて楽にさせてあけたいと私なら思う。

どれが正解か否かは分からないけど
苦しみから解放してあげることを患者も家族も望んでいるなら、双方の気持ちを汲んで寄り添ってあげる事が最大の心の緩和になるんじゃないかと思う。

7

7. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 09:49
  • ID:RiOYdXTa0 #

生きる権利と死ぬ権利か
単なる自殺幇助でないなら当然認められるべき

8

8. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 09:50
  • ID:UfEUZphd0 #

こういう面では日本はだいぶ遅れてるなと思う。
果てしない苦しみにある人達にとって、安楽死は大事な権利だと思う。
生きる権利と同じくらいに。

9

9.

  • 2020年10月22日 09:52
  • ID:kiWigFVm0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 10:04
  • ID:gxh43BwL0 #

治る見込みもなくひたすら苦しいだけの状態で生きるくらいなら、早く楽にしてあげられるのは良いことだと思う

11

11. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 10:06
  • ID:9NWxsjsG0 #

日本は同調圧力で死にたくないのに死ぬことになるからダメという謎理論で反対する人たちがいるせいで安楽死が認められない
不治の病で死を待つだけの病人にしか認められない法律にすればいいだけの話なのに

12

12. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 10:06
  • ID:kFp87VHK0 #

命に対して真剣に考えている証拠だと思う。
日本の場合は、「よくわからんから生かしておけw」って感じ

13

13. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 10:07
  • ID:.T5nPaxq0 #

折れも生まれる前から難病決定で現在でも治療法はないが
透析で維持は可能
不治の病でも維持出来りゃいいが、小児がんみたいに治療厳しく
痛みだけは超一人前の病だとそりゃ安楽死も考えたくなるし
許さないという奴は同じ苦しみ味わってから言えやといいたい

14

14. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 10:14
  • ID:8D75.lYp0 #

強制というわけでもないんだし、反対ならその人達は利用しなければいいだけだと思う
いざとなればそういう逃げ込む道もあると思えばかえって頑張って生きようと思う事もあるのかもしれない
日本もせめて高齢者だけでも、苦しんででも長生きするのが正しいみたいな風潮が見直される事を願います
動けない父親を見ていると常々そう思います

15

15.

  • 2020年10月22日 10:32
  • ID:HjNyrSGx0 #
16

16. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 10:33
  • ID:87vMY.WK0 #

「おたくのお子さんはいつ安楽死させてあげるの?」
↑こういうことを言う人が一人でもいる限り反対

17

17. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 10:35
  • ID:38a7NkYM0 #

本人:やりたいことがある、まだ死にたくない
周囲:・・・(安楽死はよ)

これが怖い

18

18. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 10:37
  • ID:BHYCfBDA0 #

安楽死を勧めた医師と決断した両親へのサポートとプライバシーの保護がしっかりしてるなら日本でもやるべきだと思う
その辺は制化された国ではどうなってるのかな

19

19. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 10:39
  • ID:qGXmrAig0 #

安楽死はまだまだ世界中で論議されてる最中の医療行為。宗教とも関係して来るので何も日本だけが立ち遅れてる訳じゃない。

20

20.

  • 2020年10月22日 10:43
  • ID:knQHMlJq0 #
21

21. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 10:45
  • ID:laSzdB7G0 #

安楽死に限らず法的に選択肢を増やすってのは正しい
選ぶのは自由だからね
特にこの議論を尽くしても答えが出ない超絶繊細で現実的な問題の責任の所在をはっきりと国に置いたのは素晴らしい

22

22. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 11:07
  • ID:8D75.lYp0 #

※16
子供はいませんが、うちの父親に対してこれを言われたら…うーん、難しいですね。
とりあえずその方とはもう口を利かないと思います。

23

23.

  • 2020年10月22日 11:07
  • ID:.Qtuqk7n0 #
24

24.

  • 2020年10月22日 11:17
  • ID:JC1Wenrs0 #
25

25. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 11:32
  • ID:zO8vcFdJ0 #

安易に安楽死を求めないように年齢制限を設定しているようだが
不治の病で激痛の伴う病気というと年齢などは関係ない。
病気など無縁のお役所のお偉方の都合次第というのが解せない。
生きているとは形だけの、苦痛からの開放されない人は多い。
そこをもう一度考慮してほしい。
極端な話。許可されないことによる犯罪の可能性もあるのだから。

26

26. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 12:03
  • ID:wFSjeF110 #

死ぬまで痛みに耐え続けるしかないなら死は救いだよね。

でも、死ぬまで金を集め続けなきゃいけないっていう経済の苦しみはどうだろうか。

安楽死は、病気に限るって厳格な法の遵守のもとでのみ認められて然るべきかもね。

たださぁ、見込みなかったのに何度も治っちゃった経験がある私は生きてる今に感謝してるよ。

27

27. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 12:17
  • ID:UbV8x0000 #

LGBTも、この安楽死にしてもオランダは凄い。それだけ生に対してきちんと議論して考えて許容している。良し悪しや制度の悪用もあるだろうけれど、私は賛成。

28

28.

  • 2020年10月22日 12:35
  • ID:grvYGVEy0 #
29

29.

  • 2020年10月22日 12:51
  • ID:8D75.lYp0 #
30

30.

  • 2020年10月22日 12:57
  • ID:50aQW5h30 #
31

31.

  • 2020年10月22日 12:58
  • ID:50aQW5h30 #
32

32. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 12:59
  • ID:eTJpI88j0 #

年間5〜10人もそんな子供がいるのか。
本人はもちろんのこと、親御さんはどれほど辛いことだろう。
安楽死を選べることが救いになる状況、
その選択をする親の気持ちは想像するのも辛いな。

33

33.

  • 2020年10月22日 13:00
  • ID:50aQW5h30 #
34

34. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 14:24
  • ID:N.vimHGH0 #

もう後は死ぬのを待つだけっていう状態でも、病院にいる限り治療行為をしないといけないから、呼吸器つけたりと生命維持装置を付けることになる。
もし心拍数が!ってなったら病院側はどうしても対応しないといけない。だから本当だったらもうとっくに亡くなっているレベルなのに、「生かした」から「まだ生きてる」って状態になり、それをダラダラ続けて苦しみ意識も朦朧として本人も家族もみんな疲弊しきっていく。
どうも日本だと「残された時間を精一杯生きてもらいたい」という考えが強くて、わかるんだけど、それがいつでも通じるわけじゃないじゃん。なんか忍耐と根性の精神論で美化して誤魔化してる気がするんだよね。
相手のためって言いながら自分が傷つきたくないだけじゃんって思う時ある。

35

35. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 14:33
  • ID:.3qom8uW0 #

身体的な「痛み」があるって条件に限るなら賛成かな。死より拷問の方が辛いってのは容易に想像できるし
ただ、自殺願望の強さ……いわば精神的なものを判断の軸にしちゃうと、じゃあ認知症や知的・精神障碍者はとっとと「処分」しようって方向に転げていくのは歴史が証明してるからなぁ(ナチスのT4作戦)
それに安楽死が人生における選択肢の一つになっちゃうと、生存コストやケアの手間暇のかかる健常者以外を「選ばざるを得ない」状況に追い詰めてリソースを節約する、ってのが功利的な在り方として成立しちゃう
そうなると、人間のために成り立ってる社会というものが瓦解し、社会を維持するために人間が蔑ろにされるという、手段と目的が完全に入れ替わっちゃうパターンに陥るわけだな

36

36. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 14:45
  • ID:XHDv6j0j0 #

>>16
この発言者は患者の親でも関係する医師でもないと思われますが、この発言者に患者の安楽死の決定権は与えられないと思いますし、この発言者への忖度も不要だと思います。他の方のコメントにあるように患者と関係者のプライバシー保護もあわせて重要だと思います。

37

37. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 15:53
  • ID:B1UTrkIJ0 #

年齢関係なく選択肢は多くあるべきだと思う

38

38. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 16:34
  • ID:eBy6r4tn0 #

日本なんか年間3万人も自殺者が出てるんだぜ。
自殺なんて途轍もない苦痛と、精神的負担がかかるし、万が一失敗したらお先真っ暗だ。
難病に限らず安楽死は権利として認められるべき。
なんにせよインフォームド・コンセントは必須なんだから悪用されることもないし。
難病による耐え難い苦痛と、自殺する程の精神的苦痛、その間にいったいなんの差があるっていうんだい?

39

39. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 16:38
  • ID:v0OEGxad0 #

>>14
従兄が先天性の腎不全で移植が難しい程に衰弱したのを見たときには「尊厳死もアリでは」と考えさせられた。

40

40. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 16:38
  • ID:g22YoA.d0 #

※11
日本での安楽死拡大の是非に関するネット記事等で
コメント欄に湧く賛成派やコメントへの賛同ボタンを見ると、
まともに末期患者の苦痛緩和を考えている人より
「ホントそう思う! 俺みたいな、恋人も友達もいなくて
生きてる意味がない非正規低所得の人間でも
首吊りや飛び降りは怖いから仕方なく生きてるが、
苦痛なく死ねる方法をもっと広く解放すべき!」みたいな
どう考えても安楽死要件には該当しない勘違い自殺志願者や、
「認知症老人とか、生きててもしょうがない奴を生かしてるから
日本の医療費が圧迫されるんだ! とっとと安楽死処分しろ!」
みたいな優生思想殺人者が上位を占めていたりする。

本当に必要な人から安楽死を遠ざけているのは、
そういう無理解な賛成論を振りかざす輩だと思う。

41

41. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 17:28
  • ID:7rq8iiwG0 #

しんのすけ「このパンツだれんだ?」

42

42.

  • 2020年10月22日 18:12
  • ID:5MfAsoQm0 #
43

43. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 19:07
  • ID:ECe90NcC0 #

安楽死が認められたと仮定して…。それでも、やっぱり、日本人は、自殺する人が多い気がしますね。不治の病の為の安楽死は、賛成派です。

44

44. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 19:09
  • ID:8MwXPm.l0 #

>>40
このサイトは比較的まともなほうだと思うし
この先もそうあってほしいと思うけど
ネットの意見なんてそんなもんじゃない?

インターネットの中にある情報は
コメントも含めてコミュニケーションのためのネタでしかなくて、
発信するほうも受け取るほうも本気にしてないのが普通だと思ってるんだけど
違うのかな?

45

45. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 19:23
  • ID:MEIzRMhm0 #

英断だと思う。
死に掛けとか本人も周囲の人間も蝕んでいくもの
痛みのあまり自分自身の人格が保てなくなる恐怖とか同じ立場にならないと分からない
ならせめて選択肢を増やしてあげるのも大事なケアだと思う

46

46. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 21:00
  • ID:bPgYsoHt0 #

まあ、前提としては、安楽死の意味を理解できて意思表明のできる子供には、子供自身に意思決定を委ねるという手続きが必須。(当たり前か)
その機会に、「親を悲しませたくない」という一心で、より長く苦痛を伴う闘病を続ける子供も存在しそうで、そういった場合には只々哀れというしかない。

47

47. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 21:31
  • ID:dU9hj0Al0 #

12歳未満のこどもって、自分で決断できるのだろうか。
親が自分の世話にかかって経済的にもほかの家族にかける時間も迷惑をかけてしまうから、死にたいって言うこどもが出てきてしまうんじゃないかと心配です。

48

48.

  • 2020年10月22日 21:48
  • ID:ajLMVC.U0 #
49

49. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 22:15
  • ID:Cgq7Kdhe0 #

オランダだっけ、国王?が重傷の怪我を負ったけど国内に手術のノウハウがないから国外へ手術行った話を聞いたな

50

50.

  • 2020年10月22日 22:36
  • ID:iHmlf3IC0 #
51

51. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 22:37
  • ID:wFSjeF110 #

>>38
経済的に豊かなら自殺しようと思わないはずなのよ。大抵の問題はお金でどうにかなるんだから。
健康で豊かであれば生きたいのだ。

精神的苦痛を理由にしてしまうのは…

もう治らない痛みの中にあって病気が不可逆的ならば安楽死もありでしょうけど、精神的苦痛に関しては時や経済が解決するものが多いし、死ぬ前にやれるだけのことをやる機会を奪ってはならないような気がする。

52

52. 匿名処理班

  • 2020年10月22日 22:48
  • ID:wFSjeF110 #

>>43
耕作放棄地を若者に無償で与えて、自給自足出来るようにして、住まいと食べ物の心配をなくし、自然の中で誰もがゆったり暮らせる自由が与えられたら、そういう苦しむ人が減ると思う。

今の制度は5000年前から仕組まれた不自然なもので、多くの人が搾取されている。人間はもっと幸せに生きられるように出来ている。

死ぬ前に、社会がおかしいんだって叫び、死ぬ前に農地を耕してみて、死ぬ前に自然の中で愛を叫んでみれば何かが変わるんだ!

53

53.

  • 2020年10月22日 22:59
  • ID:TNiB5G630 #
54

54. 匿名処理班

  • 2020年10月23日 02:38
  • ID:ZOE5r9MT0 #

12歳未満の子供だけじゃなくて全年齢で不治の病に苦しむ人に安楽死の権利を与えるべき。
海外でも、生涯熱心な十字教の信者だったおばあさんが、病気のために苦しみ続けて最後には
神を呪って生涯を終えたことがあった。
そんだけ苦しい思いをしてただ生きながらえるだけなんて誰もしたくないわ。

55

55. 匿名処理班

  • 2020年10月23日 04:14
  • ID:nIDYVagy0 #

>>47
両親の同意が必要だそうですよ

56

56. 匿名処理班

  • 2020年10月23日 04:15
  • ID:ncCjBifs0 #

どんなに苦しい病気にかかっても生かす方、そして治療に全力だったけど。こうして生きる選択があるのはいいことだと思う。本人も家族もすごく辛いからね。今私の娘も重い病気で産まれてからずっと入院しているけど…本人の今後を考えたらって思ってしまった。

57

57. 匿名処理班

  • 2020年10月23日 04:56
  • ID:ctuc38pU0 #

※17
どんな法律も所詮人間が作るものだからこういう弊害は出てきちゃうよね。
しょうがないんだけど。
「子ども本人の希望と親の同意」これが対等の意見になりうるかの不安。
子どもは親の思いをくみ取ってしまうからね、そんなことしなくていいと分かる年齢になる前に決断しないといけないのはなかなか見ていてきつい。

それより子供を虐待した親への厳罰化を進めてほしい。

58

58. 匿名処理班

  • 2020年10月23日 07:09
  • ID:wqTT.IRY0 #

>>52
うちの前のたんぼ耕してほしいマジで

59

59. 匿名処理班

  • 2020年10月23日 07:17
  • ID:8eGWYeW60 #

これには賛成かな 少し前に飼ってた子猫が心臓が奇形の子で手を尽くしても長くはなかったんだけど亡くなる2日前からかなり苦しんで痛みで寝ることさえ辛い状況でその姿を見てると本当に悲しくて悲しくて安楽死という選択を考えしまうほどだった もしこれが自分の子でさらに長引く可能性を考えると...当人達の気持ちが痛い程わかるよ

60

60.

  • 2020年10月23日 07:49
  • ID:.8lSXvGj0 #
61

61. 匿名処理班

  • 2020年10月23日 08:36
  • ID:FX55vuLD0 #

海外は勧んでますなぁ。
難病ならいいと思う。

62

62. 匿名処理班

  • 2020年10月23日 12:08
  • ID:WrzSrcfL0 #

>>26
医療と経済は難しい問題ではあるが、すべての病がそうであったように、従来の方法では治らず癒やされない病も、情熱的な医師と諦めなかった患者の間で、コレだっ!と言う治療法を見出して来た連続で、難病が完治する病になって来た歴史があるワケで。
当然、片っぱしから治していった方が、経済問題も起きにくいし、社会人に復帰もあるでしょう。

安楽死が主流になると、流れが逆転して、どうしても治したいと情熱的な医師も減り、難病は難病として治療法の発見が滞りがちになる予想がつく。
安楽死はあっても良いと思うが、厳格に範囲を決めないと結局、医学の発展も経済の損出もあって将来の自分たちの首を締めていく事になりそうな気がします。

63

63. 匿名処理班

  • 2020年10月23日 12:38
  • ID:9eMBw5cj0 #

命に関する倫理だって結局人間が決めたものなんだから禁忌なんか本来無い
命は大事、殺しては駄目なんていざ戦争になればアッサリ許可されてきたような価値観だよ
本人が望み家族が許すなら他に何の問題があるんだって思う

医学の発展?そのために犠牲になれって今のたうち回って苦しんでる人に言えんのソレ

64

64. 匿名処理班

  • 2020年10月23日 13:20
  • ID:HcwKonef0 #

>>52
いや。各自治体では移住者の受け入れはやってますし補助金制度なども充実していますよ。ただ都会の感覚で移住先でついていけなくて揉めることはあるけど。

65

65. 匿名処理班

  • 2020年10月23日 13:24
  • ID:WrzSrcfL0 #

>>56
うちの家族に成功率1%未満の手術を経て、もう40歳以上まで生きてくれた者がいます。その手術なとなどは今やスタンダードだし、検査法などは個人クリニックでも行われるほどメジャーです。
私自身も生まれながらの不治の病が2つほどありますが、何人もの医者を悩ませ、調べさせ、結果、その病や薬のネット情報を書き換えることも2,3あったほどです。
未来の事などわかりません。家族は立ち向かい、私は逃げまくった。でも結果的に自分たちの苦しみが誰かの役立っていた。
どんな決断も間違いないと思います。

66

66. 匿名処理班

  • 2020年10月23日 13:38
  • ID:HcwKonef0 #

不治の病(最先端の医療をもってしても治る確立が絶対的に100%)で本人に身体的にも精神的にも『お願い。殺して!』って状態かつ両親(きょうだいがいるなら、そちらも含めて)そして医師も、、なら賛成。
ただしプライバシーの完全保護も同時に日本でも動いて欲しい。

67

67.

  • 2020年10月23日 17:22
  • ID:R9TOknAo0 #
68

68. 匿名処理班

  • 2020年10月23日 20:51
  • ID:2vwWwqLQ0 #

>>16
そんなヤツ居るか?
精神異常者ならあり得ると思うが…。

69

69. 匿名処理班

  • 2020年10月23日 22:20
  • ID:O5zVuw900 #

>>68
いると思います。

70

70.

  • 2020年10月23日 22:29
  • ID:EjB2WSKZ0 #
71

71. 匿名処理班

  • 2020年10月24日 00:05
  • ID:hY0qxiec0 #

>>41
おらんだ…

72

72. 匿名処理班

  • 2020年10月24日 07:33
  • ID:mnaa36O50 #

>>41
しらねぇだ

73

73.

  • 2020年10月24日 14:16
  • ID:mnaa36O50 #
74

74. 匿名処理班

  • 2020年10月24日 15:59
  • ID:mnaa36O50 #

>>63
現行の法律でも「〇〇〇〇の時には〜〜して下さい。」と言えるんですよ。直接に死に結びつく事は頼めないけど、極力に……は。
自分で決断して医者に言う高齢者はいます。ご自身で決めて透析通いを止め、旅立たれた話もリアルに聞いています。
けれど現実にはそれを言う家族が少ないです。医者から「〇〇〇〇の代償としてかなり寿命の方が短くなりますが……」と言われると、そこで家族が勝手に命の期限を切って良いのでしょうか?と悩まれる。現行の法律ですら活用が難しいんですから、まず難病とはなんぞや?難病以外では激しい苦痛でも安楽死できないのはソレでいいのか?議論は簡単ではない。

戦争の時には、確かに飛躍的に医学が発展してきましたね。命が軽い時代には苦痛関係なく研究出来ましたから……そう言う歴史の事実を踏まえても、日常の治療のデータ取りと言う平和で苦痛の無い研究と、本人の同意を得た治験と言う、現行の法律を守りたいですね。

75

75. 匿名処理班

  • 2020年10月25日 13:07
  • ID:sWJSHLyy0 #

治療法もなくいつ死ぬかわかんないままずっと苦しみ続けるより
いつでも安楽死できるんだという選択肢が1つできるだけでも特に患者さんご本人には気が楽・・・なのかなあ
そう思うと個人的には安楽死あってもいいのでは
もちろん治療法がこの先も見つかる可能性がなく、患者さん、家族双方の承諾があっての上で行うべきと思いますが

※52
むしろ過疎地や農家は若い方に働いてほしいので好条件で募集してるところは探せば結構ありますよ
でも自給自足ってあなたが思ったほど簡単じゃないですよ
田畑の世話を毎日欠かさずしないといけないし天候にも左右されます
それでも農業してみたいと思ったら自分で探して動いてください
こちらが意志表示して動かなければ誰も助けてくれません

76

76. 匿名処理班

  • 2020年10月25日 22:26
  • ID:IO6CWnUv0 #

>>3
ちがうよ、親が耐えられないんじゃなくて、地獄の苦しみを味わう自分の子供を救う為に、最も己を苦しめる決断を親がするんだよ

77

77. 匿名処理班

  • 2020年10月26日 11:15
  • ID:xvSm9Stc0 #

>>76その通りです。

朝起きて「まだ生きていた」と一時だけホッとする時間があります。
もう少しだけ元気でいてくれたら。どうしたら助けられるのか?こんな事になってゴメンねゴメンね……。

治ることだけ考えている。いきなりポッとこの命が無くなっても、救われた気がしない。どうして治してやれなかったのだろう。なんでうちの子だけが違うんだ。どうして……

毎日毎日、母から聞いていた。しかたなかったなんて微塵もない。

78

78. 匿名処理班

  • 2020年10月29日 00:13
  • ID:EGI9z1Q90 #

実際に安楽死を選ぶかどうかはさておき、安楽死という選択肢があるという事実は患者の心を軽くするんじゃないかな
楽になれる方法があるから、逆に苦しみと闘う気力が出るって事もあると思う。もちろん、その選択肢を選ぶことが救いになる人達もいる
自然死を尊ぶ人は多いけど、医療にかかってる以上完全な自然ではない。医療で延命を図る権利があるなら、死を選ぶ権利もあるべきだよ。
生も死も同じく尊ぶべきだと思う。自分の人生の決定権は自分で担うべき。それが人の尊厳だと個人的に思ってる。

79

79. 匿名処理班

  • 2021年02月17日 00:03
  • ID:menhogoL0 #

非常につらい記事です。
たくさんのご意見があり、
いろんな考え方があります。
安楽死について考えてみましょう。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING