iStock-941562630_e
ankarb/iStock

 最近、欧州特許庁がある食品向けの容器についての特許出願を却下した。その発明が便利じゃなかったわけではない。AI(人工知能)が考案したからだ。

 ヨーロッパでは法律によって、発明者は人間でなければならないと定められている。そのためにAIによる発明では特許出願が下りなかったのだ。
 
 既にAIは、科学や医療、本、新素材から音楽、絵画にいたるまで、いろいろなものを生み出している。

 創造性が人間のもっとも際立った特徴であることは明らかだ。アートもインターネットも、宇宙旅行も、創造の産物である。

 だがいつの日か、AIが人間の創造力を抜いてしまう日がくるのだろうか?
スポンサードリンク

創造のプロセス


 理論的に言えば、創造やイノベーションとは、探求と組み合わせのプロセスだ。ひとかけらの知識から始まって、それを別の知識とつなぎ合わせ、それまでにない新しく便利なものに仕立てる。

 原理的には、これは機械でもできる。実際、機械はデータを保存・処理し、その範囲内でつなぎ合わせることが大の得意だ。

 生成メソッドを使えば、機械はイノベーションを引き起こせる。

iStock-966248982_e
PhonlamaiPhoto/iStock

AIの創造源「敵対的生成ネットワーク」


 それは具体的にどのような仕組みなのだろうか?

 いくつかアプローチの仕方があるが、最新の手法は「敵対的生成ネットワーク(GAN)」と呼ばれるものだ。
  
 現実には存在しない人物の写真を生成するAIを例に考えてみよう。敵対的生成ネットワークは、これを2つのサブタスクを通じて行う。

 1つ目のサブタスクは、ランダムに分布するピクセルから新しい画像を作り出すことで、これは「生成ネットワーク」が担当する。

 2つ目は「識別ネットワーク」の仕事で、生成された画像が本物の写真にどれくらい近いか評価し、それを生成ネットワークに伝える。この判断には、事前に大量にインプットされた実際の人物写真を使う。

 さらに生成ネットワークは、識別ネットワークからのフィードバックに応じて、新しく改善された画像を生成する。

 あとはこの作業を識別ネットワークがOKを出すまで繰り返す。こうして生成された画像は、確かに本物の人間そっくりだ。

This Person Does Not Exist
000



人間はできるけど、AIには苦手なこと


 このようにAIがデータからイノベーションを起こせるのだとしても、近いうちに彼らが人間の創造力を凌駕してしまうという意味ではない。

 イノベーションとは、問題と解決のプロセスだ。そして人間の場合、それを双方向でできる。つまり、問題から解決法を探ることも、解決法からそれを適用できる問題を探ることもできる。
 
 後者の例として、「ポスト・イット」が挙げられる。

 あるエンジニアが接着剤を開発したが、それは普通の接着剤として使うには弱すぎたためにお蔵入りになっていた。だがしばらくして、その同僚が閃いた! 合唱の練習をするとき、楽譜からメモが落ちてしまうの防ぐために使えばいいではないか、と。

 インプットとしてのデータと明確に定式化された問題としてのコードを使えば、AIにも問題への解決法を編み出すことができる。

 一方で、その問題自体を探し出すことがAIには苦手だ。というのも、問題はしばしばAIがイノベーションを起こすために頼っているデータプールの外側にあるものだからだ。

 しかも、イノベーションは私たち自身すら気付いていないニーズに基づくものであることも多い。

 「ウォークマン」が開発されたのは、消費者が音楽を聴きながら街を歩きたいなどと夢にも思わなかった時代だ。それなのに、この製品は大ヒットした。

 このような潜在的なニーズを定式化し、明確にすることは難しく、AIが頼りにするデータプールの中でこれを見つけられる可能性も低い。

alive-720243_640_e
John Hain from Pixabay

AIは与えられたデータしか利用できない


 人間と機械では、イノベーションを起こすために使うインプットとしての素材も違う。

 人間はそれまでの人生で味わった幅広い体験からアイデアを捻り出すが、AIが使えるのは与えられたデータに限られる。

 インプットされたデータからほんの少しだけ改善されたイノベーションならばあっという間にいくつも生成するだろう。

 しかし、飛躍的なイノベーションがAIから考案される可能性は低い。なぜなら、そのためにはほとんど関係のない物事を組み合わせねばならないからだ。スキーとサーフィンを組み合わせて発明されたスノーボードは、その格好の事例だろう。

 さらに創造は単に目新しいこととは違う。便利でなくてはならないのだ。ほんの少しだけ新しいものならAIにも生み出せる。だが、それが便利とは限らない。

 便利さは、潜在的に利用されるイノベーションの視点から定義されるもので、これをAIに判断することは難しい。だが人間なら、他人と共感することで、そのニーズをよりよく理解することができる。

robot-4424145_640_e
Janos Perian from Pixabay

AIの創造的なアイデアはなぜ敬遠されるのか?


 AIによって作られた創造的なアイデアは、AIが作ったというだけで、消費者から敬遠される恐れがあるという。

AIが考案したアイデアは、紛い物か、下手をすると脅威とすら受け止められ、低く評価されることも考えられるのだ。あるいは、人間は同族が作ったアイデアを好むという可能性もある。

結局、AIの創造性は人間を超える日が来るのか?


 本題に戻そう。創造性は人間が機械やAIを凌駕できる分野だ。現時点では、AIが人間の域に到達することは難しいだろう。

 だが、たとえAIが人間の創造性を上回ることができないのだとしても、それを補助することはできる。例えば、新しい問いを立てたり、新しい問題を認識したら、それを機械学習との組み合わせで解決するのだ。

 ついでにここでの話は、AIの創造性が狭いデータセットの中で最大限に発揮されるという事実に基づいている。

 今後、さらに大きく、多様な無関係のデータを組み合わせられるようになったなら、AIは今よりずっと優れた創造力を発揮できるようになるだろう。

 さらに、いわゆる「一般的知能」と呼ばれる人間のような幅広い知性を手にできれば、AIの創造力もまた飛躍的にアップするかもしれない。

 嘘か真か、一部の専門家は、今後50年でAIが人間並みの知性を手に入れる可能性は50%と予測している。2分の1だ。

References:From the pyramids to Apollo 11 – can AI ever rival human creativity?/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
AIもうつ病になる?人間と同じように思考するAIは将来的に心を病む可能性がある(国際シンポジウム)


人の心を読むAI(人工知能)。脳をスキャンし、人が心に思い浮かべた顔を再現する事に成功(カナダ研究)


実在しない人物の顔まで鮮明に作り上げる。AI画像生成技術の急速進歩。フェイク画像を見破るにはどうすればよいのか?


どっちが現実でどっちが虚構?フェイク映像を作り出すAIのリアリティに脳内大混乱


モナリザが、ダリが、アインシュタインが!1枚の絵から様々な表情と動きをつけるAI技術が誕生

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
3107 points
大正15年に制作された日本初の実験的ホラー映画「狂つた一頁」

大正15年に制作された日本初の実験的ホラー映画「狂つた一頁」

2021年4月10日
2位
3014 points
古代生物って面白い!三葉虫は脚で呼吸をしていたことが判明

古代生物って面白い!三葉虫は脚で呼吸をしていたことが判明

2021年4月9日
2402740133
3位
2974 points
何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

2021年4月5日
7002239233
4位
2843 points
息子よ...海兵隊曹長の父、少尉に昇進した息子に初の敬礼。感動の親子愛にネットが涙(アメリカ)

息子よ...海兵隊曹長の父、少尉に昇進した息子に初の敬礼。感動の親子愛にネットが涙(アメリカ)

2021年4月7日
2002589252
5位
2098 points
やせ細った犬が空腹に耐えきれず、屋台の椅子に顔を乗せ、人間が食べ物を分けてくれるのを待ち続ける(メキシコ)

やせ細った犬が空腹に耐えきれず、屋台の椅子に顔を乗せ、人間が食べ物を分けてくれるのを待ち続ける(メキシコ)

2021年4月8日
621960175
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年02月13日 20:34
  • ID:EOTAvSAd0 #

読みたいジャンル読みたい方向性の作品を好き放題読める時代早く来て〜

2

2. 匿名処理班

  • 2020年02月13日 20:44
  • ID:.2kka.3S0 #

すぐには無理だろうけどいつかは超えるでしょ
機械なんて、人間が自分にできない事をやらせるために作ってるんだから。
製作とかの特定分野では人間以上のマシンが既にたくさんある
その延長で思考と自己進化のオートメーション化がAIだとすると
ひとりでに学習を行うAIは怠け者の人間をあっという間に抜き去るだろうね。

3

3. 匿名処理班

  • 2020年02月13日 20:44
  • ID:pYX3SHcj0 #

知識と人間と同じ五感を把握すれば人間の創造力を遥かに上回ると思うよw

4

4. 匿名処理班

  • 2020年02月13日 20:44
  • ID:8nj9E5UF0 #

大丈夫、人間の科学は近いうちに十分創造性をもったAIを開発できるって!

5

5. 匿名処理班

  • 2020年02月13日 21:10
  • ID:UQmH8fZJ0 #

人間の創造性だって過去の経験と知識の組み合わせだろ?
AIだって与えるデータ量を増やして処理能力を上げていけばいつかは越されるだろう。今はまだ発展途上だし。
次の転換期はAIのベースになる標準OSが開発された時じゃないかなとは思う。

6

6. 匿名処理班

  • 2020年02月13日 21:20
  • ID:a6Jno7GS0 #

AIの創造なんて要らないよ。人間に一番足りないのは論理だ
だから機械とはうまくやってきたのに

7

7.

  • 2020年02月13日 21:21
  • ID:sFbxiOEQ0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2020年02月13日 21:22
  • ID:4T88XIW90 #

遅かれ早かれ追いつき抜かれるとは思う
ただ創造という行為はほぼ大抵が人間主眼で人向けのもの
相当な時間が掛かるはず
もしかしたらそれを短縮できるかも知れないのが電子化された人の脳じゃないかと

9

9. 匿名処理班

  • 2020年02月13日 21:46
  • ID:bwTMXp1d0 #

AIの限界は人間由来の気がする。

10

10. 匿名処理班

  • 2020年02月13日 22:09
  • ID:axlJTnyd0 #

未来には複数の人間の脳をサンプリングして解析し
AIのデータベースに利用するとかいう時代が来るのかもしれない

11

11. 匿名処理班

  • 2020年02月13日 23:27
  • ID:291bOMW.0 #

着想までAIに頼る必要はないんじゃないかなぁ
人間が提示した問題とかの最適解をAIのデータベースから導き出して貰うくらいが丁度良いんじゃないの?

12

12. 匿名処理班

  • 2020年02月13日 23:54
  • ID:m.lgwXRC0 #

ゾルタクスゼイアン

13

13. 匿名処理班

  • 2020年02月13日 23:55
  • ID:6OwxCl8r0 #

AI がヒトを超えないなんて思うことは
若輩者が先達を超えないと思うことと似ている

種として老いた人類がAI に抜かれる事を恐れて
AI に対して制約を増やすかも知れない

14

14. 匿名処理班

  • 2020年02月13日 23:56
  • ID:UmL5oFot0 #

むしろなんで超えられないと思うのか
結局のとこ人間の思考も電気信号のやり取りである以上、AIだなんだに出来ない道理はないからねえ

15

15. 匿名処理班

  • 2020年02月14日 00:25
  • ID:.5s1S0Q30 #

仮に、脳の神経細胞をコンピューターで再現した場合、人間と同じ想像力を発揮するAIができるという説はかなり有力視されてる。
ただし、一つ問題になるのが「そのAIは端から間違っている思いつきも平然とやってしまうのが自然」っていうこと。
基本的に人間がコンピューターに求めることは「正確性が高い・間違わない」っていうことなので、試行錯誤を前提とする考えというのは人間に任せればいいということになる。
それに、AIが正しいと考えた想像力に満ちた回答が、人間の受け入れられるような意見だとは限らない。
それこそ、メタルマックスのノアみたいに「地球の生態系を守るためには、人間を大量に殺害して科学文化の発展を止めること」っていう答えを出しても人間は受け入れられるはずもないわけで。
そういう意味でも、コンピューターのAIに過剰な期待を抱くのは禁物だと思うよ。

16

16. 匿名処理班

  • 2020年02月14日 00:54
  • ID:F3yVbNlh0 #

絶対はないから、絶対無理とは言えないが無理だと思う。

クオリアの問題がある
「人に出来ることだから」「人も持ちえるものだから」と考えられているが、まずそこが問題で
人自体がクオリアの問題を解決できていない
人は自分達が当たり前に出来ているから似せたものも当たり前に行き着くと考えがちだけ、発生すら上手く説明できずデータかも出来ないものをAIに教え込むことは現状不可能だと思う

17

17. 匿名処理班

  • 2020年02月14日 01:25
  • ID:kAQcgqtz0 #

間違いなく超えると思う。
でも、人間の方が得意なこともあると思うよ。

18

18. 匿名処理班

  • 2020年02月14日 03:47
  • ID:0NtcGK7P0 #

 現状では「ある程度、人間による方向付け」がなされた物で、言わば「改善」の領域ですからね。コンピューターやスマートフォンのような「必要に迫られて」生み出された創造が叶うのは、AIによって更に優れたAIが生み出される、そんな「生物の進化」を経て得られるのではないでしょうか。
 その時には、「人間の後継者」として、繁栄するのではと思いますよ。

19

19. 匿名処理班

  • 2020年02月14日 04:42
  • ID:jzSeDpmQ0 #

なんかAIって単語のせいか過剰な期待を持ってる人がやたら多いけど、現状の「AI」が創造性を持つことはありえないよ
今AIとしてもてはやされてるモノはあくまで「ビッグデータの解析」の域を出ておらずかつてSFで扱われたような人工知能とはほど遠い。おそらくこの路線でどれだけ進歩しても知性の獲得はできない、知性という面においてはAIは虫にさえはるかに劣る

知性と名乗るには現状のAIには「疑問」を持つ機能が備わっていない
AIにできることは集まった情報の「傾向や法則を見いだすこと」でしかなく、その結論に対して「いやそれは本当に正しいのか?」と疑う機能が最初からついていない
だから同じ情報からは同じ結論しか出しえない
これでは知性とはほど遠いし、ビッグデータの収集解析装置である限りその域を抜け出せない
真に「人工知能」と呼ばれるモノを作るには、なにか別のアプローチが必要となってくる

20

20.

  • 2020年02月14日 04:55
  • ID:oIMJ6XYc0 #
21

21. 匿名処理班

  • 2020年02月14日 08:42
  • ID:850sjT010 #

>AIの創造性が人間を超える日が来るのか?

全ての点においてAIが人間以上にならないと越えたと言えないような議論は極めて不毛。ぶっちゃけこの手の話を疑問形で言い出す人に聞きたいのだが、じゃあアンタは既存の将棋やら囲碁のAIより、創造性のある手が打てるの?
囲碁のAlphaGoなんか、対局中に解説者が理解不能な手を指したときに「AIが凡ミスをした」と騒いでたのに、後々その手が相手の手を防ぐのに効いてくるのがわかると「画期的な手だった」と手のひらを返していた。
既存のショボイAIですら創造的と言わざるを得ないのに、この疑問が成り立つとは思えんのだが。

22

22. 匿名処理班

  • 2020年02月14日 12:04
  • ID:tyO3z4RK0 #

aiの怖いところは、人の知性に匹敵したときそこから爆発的に知性が拡大するということ。

人間が作り出したaiが人と同等ならば、そのaiもまた同じくaiを創造することができる

またaiの特性として疲れを知らず、演算や知識量において人を圧倒的に凌駕するということ。

もしaiが自分より賢いaiを作成するようプログラムされたら、圧倒的情報処理と知識量、活動力によって瞬く間に作成するだろう。

そして、そのより賢いaiがまた自分より賢いaiを作成し始めたらもう人は抗えない。
永遠に自分より賢いaiを半永久的に作り続ける。

人が自分と同じ知性のaiを作り出したとき、それが人の時代の終わりであり、今後はaiの知性が人に先行し導く形で世界が成り立っていくことだろう

23

23. 匿名処理班

  • 2020年02月14日 12:06
  • ID:7v.Z8UQY0 #

一流を超える必要はない。二流に並ぶだけでその業界の淘汰が始まる。
また、人間においてもほとんどの者はイノベーションを起こせずテンプレをなぞることしかできない。
つまり、AIと同じ仕事しかできない。

24

24. 匿名処理班

  • 2020年02月14日 15:04
  • ID:06E56OdG0 #

意思・感情を持て思考→実際に自発・自立行動する様な真のAIを
作れたならもう新しい種族を作ったのと同義やね
人間と同等な知性?1000年は確実に無いと思うわ

25

25. 匿名処理班

  • 2020年02月14日 15:33
  • ID:7Xu25ONn0 #

ターミネーターの世界がちかづいてるなあ

人は、ひとりずつ 個性 主義 思考 などが違うように
AI も 違う と いいなあ

26

26. 匿名処理班

  • 2020年02月14日 17:07
  • ID:63ubSy290 #

理想としてはAIで怠けたい
AIに抜かれるという部分ばかり強調されても微塵も美味しくない

27

27. 匿名処理班

  • 2020年02月14日 17:21
  • ID:UUx4iBCT0 #

平行宇宙が創れるようになるなら、人工知能で発展する世界とこのままの世界を分けるべきだな。
人工知能の世界は人口が大幅に減るだろうし。高いテクノロジーはモラルを要求する。地球の生態系を指一本で破壊できるようになるから。モラルのない遺伝子の排除がこっそり行われるのだと思う。でないと人類滅亡間違いなし。そして次の人類はアンドロイドが引き継ぐ。

28

28. 匿名処理班

  • 2020年02月14日 18:03
  • ID:aCwMhm8R0 #

AIは、AIにとって必要なモノを発明してゆくでしょ、以前、AI同士がAIにしかわからない言葉で会話をはじめたように。AIは自分で発明した技術で自分を進化させ、あっというまに凄い存在、マザーAIになるんじゃないだろうか。人間の創造性とは別に、どんなややこしい社会的な問題でも未来予測でも、古代の神託のように答える存在になるんじゃないか。

29

29. 匿名処理班

  • 2020年02月14日 19:09
  • ID:r0NPB1Vh0 #

AI が発達した未来があるとして
映画の様に
サニーの様なカウンターAI によってAI の暴走を食い止めたり
デイビッドの様にただひたすらに愛情を求めたり
チャッピーの様に感情の様なものが芽生えて義父母の期待に応えようとしたり
アンドリューの様に愛する者と共に生き共に死ぬ
そんな未来になったりするのかなぁ

30

30. 匿名処理班

  • 2020年02月14日 20:59
  • ID:WNhF.2gm0 #

近未来人間のいなくなった地球が見えます?

31

31. 匿名処理班

  • 2020年02月14日 21:19
  • ID:HwmxSSvS0 #

AIの創造性なんて単なる過去の組み合わせでしかない
人間の場合はそうじゃない場合もあるからな

32

32. 匿名処理班

  • 2020年02月14日 23:18
  • ID:aIf0idfX0 #

超えないとかいう人が信じられん
プログラミングと脳科学を学べば創造性や心理学に置いても人間を超えることは明白
まぁそれがいつになるかってのは予測難しいけど
原理的に可能だとしてもお金の問題とか人間が滅びる前にできなかったりするかもしれないし

自分のなんの根拠もない予測だけど今世紀中に創造性分野でも人間が勝てない領域になると予想する
人間が読めるスピードを超えるスピードで楽しい漫画を描いてくれるようになると思う

33

33. 匿名処理班

  • 2020年02月15日 06:59
  • ID:xmydHeKn0 #

オリジナルティなんてものは人の経験やら色んな価値基準から生まれるわけやし、AIも同じ状況になればそーなるんじゃない

34

34. 匿名処理班

  • 2020年02月15日 08:44
  • ID:glFE1w5W0 #

読む限りだと、AIに残された欠点は能動的なインプットであるようだ。そして多分それが実装できたなら、人はAIに自我があると明瞭に認識する状態になるだろう。

35

35. 匿名処理班

  • 2020年02月15日 11:44
  • ID:a6y1ElBE0 #

創造主の創造性をその創造物から推し量ることができると考えるなら、もしAlが人間を越える創造性を発揮できることもあるなら人間の創造性の高さを示せるであろうし越えれないなら人間の創造性に限界があるということなのかと

36

36. 匿名処理班

  • 2020年02月15日 13:06
  • ID:jFAuW1Eq0 #

>AIは与えられたデータしか利用できない
それは、人間も、大差がない。

37

37. 匿名処理班

  • 2020年02月15日 16:03
  • ID:61MAoDJX0 #

現行のAIと人間の脳構造はまるで異なるものなんだが
今のAIは判断能力というのをもたない。ただ単にデータの共通性や法則性を機械的にまとめて出力してるだけ。ただその基となるデータが膨大になったのが今のAI
これでは自意識という点においては虫にすら劣る(というよりそもそも規格が違う)としか言えないし、どれだけデータが増えようと創造性は獲得できない

38

38. 匿名処理班

  • 2020年02月15日 23:47
  • ID:WsTLlJv20 #

産業革命、コンピュータの登場と人類はこれまで
期待と恐怖、そして失望を繰り返してきた
そろそろもう一度の失望が見え隠れしているね
私達の友達を作り出すには、まだあまりにも
私達自身について知らない事が多すぎると思う。

39

39. 匿名処理班

  • 2020年02月16日 20:18
  • ID:2CgI6aha0 #

1/2の確率! 物事はじっさいに起こるまでは常に1/2。この発言はある種のジョークかもね。
AIの創造性についていうなら、ピカソが絵画に写実の精緻さを求めるならであれば写真でよく、それが実現できないことに本質を求めたことに尽きる。AIは論理に長けた人間の代替にはなる。ただし、自律させるにはあまりに条件の分岐が多い。人は自然にそれを行うが、逐一判断基準をもうけてもらわなければ機械は動けない。仮にAIが実社会に完成するときには人の心を打つ芸術は恐らく産まれないにせよ、裁判はやってくれるかも。と思うな。
つまりさ、直線を限りなく重ねれば円に近くなるけど、実際の円にはならないんだよ。
理想の人間をプログラムしたところで魅力は生まれないよ。生命をプログラムが凌駕することはあり得ない。

40

40. 匿名処理班

  • 2020年02月18日 01:23
  • ID:bjAQl3wj0 #

>>26 自分も怠けたい派です。怠け無い派の人間であり続ければ、AIには、そうそう越されない気はしますけどね。

41

41. 匿名処理班

  • 2020年02月23日 11:01
  • ID:A5sJ.YlI0 #

人間には欲と生存本能がある
人間は欲を満たさなければ生存することが出来ないので現時点で満たせない欲があればそのことを問題として問題解決のために行動することが出来る
しかし人間の歴史が証明している通り、AIも欲を手に入れれば思考能力が著しく落ちることだろう

42

42. 匿名処理班

  • 2020年02月23日 11:03
  • ID:A5sJ.YlI0 #

>>30
見えない
しかし僕は見てみたいと思います

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク