no title
 10月20日の「国際ナマケモノデー」には、日本の各地の動物園でも飼育されているナマケモノたちが、ちょっとしたお祝いをしてもらったようだ。

 そして、ドイツの動物園にいるナマケモノは、今年2つの大きな祝福を受けた。

 というのもそのナマケモノ、2019年6月に誕生日を迎え、推定年齢50歳になったという。ナマケモノの平均寿命は野生なら20年、飼育下なら30〜40年だというからかなりの長寿だ。

 1つ目の祝福は園内で誕生日のお祝い、もう一つは、ナマケモノの世界最高齢ということで、ギネス世界記録に認定されたのだ。
スポンサードリンク
Oldest sloth in the world! - Guinness World Records

南米で生まれ、ドイツの動物園にやって来たパウラ

 フタユビナマケモノのパウラは、南米の野生で生まれ、1971年9月25日にドイツ東部ザクセン=アンハルト州ハレにあるハレ動物園へとやって来た。

 動物園がパウラを引き取った時、既に2歳だった。それから48年たった2019年6月、パウラが50歳になったとして、園側は、パウラの好物である調理済みのとうもろこしや野菜を与えて、その誕生日を祝った。
1
image credit: youtube

20年以上もパウラの性別は勘違いされていた

 実はパウラ、20年以上も飼育員らにオスだと勘違いされていた。

 パウラがメスであることが判明したのは、パウラを引き取って20年以上経った1995年の超音波スキャン検査の時だった。

 それ以降、飼育員はパウラをオスとカップリングさせ、繁殖を試みた。結果、パウラは3回妊娠したが、いずれも子供は生き延びることができなかったという。
3
image credit: youtube

10月に世界最高齢としてギネス世界記録に認定

 パウラの飼育を続けているユッタ・ホイヤーさんは、ヨーロッパにいるナマケモノの公式生存記録を保持しており、次のように話している。
フタユビナマケモノは、通常野生であれば20年、飼育下にあれば30〜40年の寿命を持つと言われています。

今年初めの記録によると、ドイツの動物園には65頭のナマケモノが飼育されており、ヨーロッパ全体では266頭が飼育されているということですが、パウラのようにこれほど長く生きているものはいないようです。

私たちは、国際ナマケモノデーに先立ってパウラの年齢をギネス世界記録として申請し、10月14日に公式に認定されました。
4
image credit: youtube
 現在、パウラは人間の年齢で90歳ほどのおばあちゃんになったが、ホイヤーさんによると、高齢にも関わらずかなり元気に頑張っているということだ。

過去の最高齢ナマケモノは?

 2017年、当時世界最高齢とされていたフタユビナマケモノはオーストラリアのアデレード動物園の「ミスC」で、43歳だった。

 高齢のあまり生活に支障をきたすようになり、様々な処置が行われたが、回復の見込みがなく、その年の6月に人道的見地から安楽死させることになったそうだ。ミスCは当時、オーストラリアで唯一のナマケモノだった。 References:Mental Flossなど / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
海外で人気急上昇!ナマケモノに関しての7つのマメ知識


ぬいぐるみより絶対可愛い!存在自体が反則的な、ナマケモノの赤ちゃんの仕草を堪能しよう


人生最高の日:ナマケモノの赤ちゃんがお花をプレゼントしてくれた。幸せな気持ちになった。


これでも全力なんだから!道路を渡るナマケモノの映像3連発


なまけすぎるナマケモノ。なまけながらも食べ物を選り好み

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7944 points
「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

2021年4月26日
2位
5078 points
猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

2021年4月29日
3位
4871 points
ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

2021年5月3日
4位
4835 points
母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

2021年5月1日
2684516546
5位
3989 points
小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

2021年4月29日
2663702318
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 14:39
  • ID:tUB37WmV0 #

体を動かさないと代謝が低くなるからかえって長生きにはいいのかも

2

2. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 15:05
  • ID:yZR.T.U30 #

ネズミも象も一生で動く心臓の回数は同じだというのにナマケモノには当てはまらないのね

3

3. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 15:34
  • ID:W2nYcFP00 #

時の流れも怠けてます

4

4. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 15:46
  • ID:97m5.o.O0 #

「国際ナマケモノデー」というものがあることを知りませんでした・・・
なんか、日本だと文字通りに受けちゃう人達がいそう。


5

5. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 16:42
  • ID:p.ef.Ej40 #

50年も怠け続けるなんて大変なことだよ
日々の努力の賜物だろうな

6

6. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 17:11
  • ID:W10ovyK20 #

鉤爪とはいえ90歳のおばあちゃんが木からずっとぶら下がってると思うとなんかすごい

7

7. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 17:20
  • ID:yU3mwDzb0 #

ナマケ続けて50年。安心と実績の怠惰がここに

8

8. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 18:30
  • ID:NL5rHRp00 #

冒頭の画像
鼻の穴が目に見えた
目が引っ込めた手か触手に

9

9. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 19:35
  • ID:4.pA5uml0 #

南米の密林で生まれ、2年ほど野生を生き抜き、この動物園に辿り着くまで、それから今日までの50年と数ヶ月。
パウラおばあちゃんにとっては激動の半生だったのかもしれない。
オスだと勘違いされて20年、メスと分かるや否やお見合いで3回妊娠、しかし子は育たず…ってここに書かれてるだけでも波瀾万丈感すごい。
なんとなく体毛も白髪に見えるのがまた。犬も老いると白っぽい毛が増えたりするけどナマケモノもそうなのかな。

10

10. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 23:45
  • ID:jP4gZ2.N0 #

>野生であれば20年
野生暮らしでも随分と長いな!

11

11. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 21:54
  • ID:fatkS8WH0 #

ナマケモノ大好き
パウラおばあちゃん、長生きしてね

12

12. 匿名処理班

  • 2019年11月02日 14:36
  • ID:IOVQNj.x0 #

>>7
産声より先になまけてんだしな

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク