top

 多様な用途が見込めるドローンはもはやなくてはならない存在となった。空撮以外にもデリバリーサービスや人命救助、電線の障害物を焼き払うなど、あらゆる分野で活躍している。

 ロシアでは郵便配達にドローンを使うことがかねてから計画されており、先日ついにそのお披露目となった。

 大勢の人が見守る中、飛び立っていったドローンだが、まさかの結末に。プーチンが激怒しなければいいのだが...
スポンサードリンク

Game of DRONES! - Russian Post's first air delivery fails spectacularly

ロシア郵便が初めて披露したドローン


 このイベントは4月2日、ロシアのブリヤート共和国のウラン・ウデ市で行われたもので、ドローンの目的地は近隣の小さな村に設定されていた。

たくさんの人に囲まれて舞い上がったドローン
93_e
image credit:youtube

全員が固唾を飲んで空を仰ぐ
92_e
image credit:youtube

が、突如バランスを崩したように壁に衝突!
lastgif
image credit:youtube

見物人の間に落下して壊れてしまった
94_e
image credit:youtube

公共事業体によるドローンの初飛行だったが・・


 お披露目という大事なイベントで残念な結果に終わってしまった。この飛行映像はすぐさまツイッターでもシェアされた。

ロシア初の郵便ドローンが初飛行・・・のちに壁に当たって故障

 なお、現地メディアによると今回見事にクラッシュしたのは、ある企業が開発した「Rudron/Expeditor 3M」という機体だったという。

Wi-Fiに妨害された?しかし計画は続行


 この結果について、ブリヤート共和国のアレクセイ・ツィデノフ首長は「この地域にある100以上のWi-Fiコネクションがドローンの飛行を妨害している可能性がある」と発表した。

 またツィデノフ氏はこの一件を受けても郵便ドローン計画は中止はせず、このまま続行する意向も明らかにしている。

 なお、一部では、今回の失敗はWi-Fiによる妨害ではなく機体に問題があったのでは?という声も出ていた。

93_2

 ロシア郵便はかねてからこの計画を進めており、2016年に運用開始という発表もしていたが、なかなかうまくいかないのが現状らしい。

配送業界で活躍するドローンが現実に?


 とはいえ配送業界におけるドローン運用は絵空事ではなく、アメリカのUPSも本格的に取り組んでいる。

●トラックからドローンが飛び立ち荷物を配達。アメリカの運送会社UPSの新たなる配送システム:カラパイア

 こちらも遠隔地が対象だが、現在は今年5月からの試験運用まで進んでいる。

 安全やプライバシーなどの課題も多く認可は厳しいという見方もあるが、このまま開発が進めば、さまざまな条件付きで実用化される可能性が高いようだ。

 アメリカと競っているところのあるロシアとしては先に運用を進めたいところだが、なかなかうまくいかないようだ。

 プーチンの怒りに触れなければいいけどもっと。

References:geekologie / 9news / youtube / logisticsviewpointsなど /written by D/ edited by parumo
あわせて読みたい
トラックからドローンが飛び立ち荷物を配達。アメリカの運送会社UPSの新たなる配送システム


ドローンの使い方間違ってるから!ハロウィンなので死神風に演出してみた


ドローンがグッジョブ!溺れた人に浮輪を運び無事救出に成功(オーストラリア)


使い方いろいろすぎた。ドローンに火炎放射器を搭載し電線のゴミを焼き払うとかいうね。


史上初。シリアにあるロシア軍事基地がドローン群により攻撃を受けたとロシア国防省が発表


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
3124 points
「人間のお医者さん、助けてください!」母猫が我が子を口にくわえ病院にやってきて治療をお願いする(トルコ)

「人間のお医者さん、助けてください!」母猫が我が子を口にくわえ病院にやってきて治療をお願いする(トルコ)

2021年4月3日
2352858427
2位
2974 points
何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

2021年4月5日
7002239233
3位
2416 points
宇宙に数か月滞在すると心臓の大きさが4分の1以上も縮むという衝撃の事実が発覚

宇宙に数か月滞在すると心臓の大きさが4分の1以上も縮むという衝撃の事実が発覚

2021年4月2日
5631822328
4位
2022 points
目の見えない犬の帰宅を誰よりも待ち望んでいたのは大親友の猫だった

目の見えない犬の帰宅を誰よりも待ち望んでいたのは大親友の猫だった

2021年3月31日
1521845322
5位
1990 points
毎日同じ時間にサンドウィッチ屋に餌をもらいに来る野良犬。地域住民が協力しあってお世話(アメリカ)

毎日同じ時間にサンドウィッチ屋に餌をもらいに来る野良犬。地域住民が協力しあってお世話(アメリカ)

2021年3月29日
761890321
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 16:45
  • ID:dq8.dgCy0 #

機体の姿勢制御プログラムがwifiに妨害されたの?
かなりお粗末な作りなんだろうなぁ

2

2. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 16:47
  • ID:uR1Ik9P80 #

「行けドローン!ロシアの未来の繁栄を乗せて!」

3

3. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 16:48
  • ID:6m2L83zl0 #

宅配先がその建物だったと言わないだけまだ真摯かもしれない

4

4. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 17:08
  • ID:DbY8Bwu40 #

仮に混線が原因だとして、
それで墜落するようなシステムに問題がある。
自律飛行でそのまま緩やかに降下するとか、特定の場所に自律飛行で向かうとか・・・
今の技術ならそれほど難しくはないはず。

5

5. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 17:42
  • ID:jdeC1JQO0 #

これは以下激おこプーチン丸禁止ですわ。

6

6.

  • 2018年04月10日 18:31
  • ID:bP8bdMgc0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 18:44
  • ID:pO.op0kS0 #

デューク東郷の仕業

8

8. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 18:56
  • ID:SLb471Lm0 #

プーチン様がキレた!!


「ぷっちん」…ごめんなさい

9

9. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 19:16
  • ID:KNlvvODJ0 #

激おこプーチン、、いやなんでもない。

10

10. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 19:32
  • ID:Fb7qTYLr0 #

成功だ
壊れたドローンをあの建物に届けた

11

11. 護国防人

  • 2018年04月10日 20:16
  • ID:DdX6IRNu0 #

Wifiに妨害って・・・・・・宅配不可能って事じゃないかい!
こんな恥晒しな結末ではプーチンさん大激怒じゃろうな(笑)

シュワちゃんターミネーターを上半身裸のプーチン大統領が羆に跨がって颯爽と現れ、肉弾戦でターミネーターを退ける映像作ってくれんかな?
続編は現代に大量に送り込まれるターミネーターに対してクローン・プーチン大軍団が羆・ライオン・虎・サイ・象に跨がり、チーター・豹等が付き従い、肩には鷲・鷹、膝元にはラーテルが・・・・・・人類を救う大スベクタクル!

12

12. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 21:10
  • ID:6.lgzbuv0 #

Wi-Fiに妨害されるなんて、ある意味絶望的だろww

13

13. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 22:05
  • ID:F3pQcc8t0 #

近くの家でレンジ使ってたら墜落するとか使いものにならないからそんなお粗末な理由はないと思う
これを失敗させたい業界の反対勢力がゴルゴに狙撃させて失敗を印象づけたんだよ!

14

14. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 22:19
  • ID:iIVcUD8m0 #

実現したらいいと思うけど
Wi-Fiの混戦やら風、操作ミスとかで落ちてるドローン見るとその度に機体買い直し+傷つけた家やら最悪落ちたドローンにあたった人の補償とか考えると人件費より高くなっちゃいそう

15

15. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 22:51
  • ID:BiKBt.z.0 #

プーチン大統領「プッチンとキレた」

16

16. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 23:13
  • ID:KpdZWdNn0 #

関係ないけど ブリヤートってモンゴロイドなんで どっかで見たような顔ですね。

17

17. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 23:29
  • ID:T7OWdQ7U0 #

人家のないエリアならあるいは…と思ったけど
そういうところだとドローンの飛行距離じゃ無理なんだろうね
ロシアだし

18

18. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 23:55
  • ID:uAxSVP4J0 #

ドローンは絶対に普及しない

天候や通信状態への対応策が無い
事故率があまりにも高く都市部では運用できない
飛行機のような管制システムすら無いからドローン同士の接触事故が防げない
何万機の同時管制システムなんて不可能

これらすべてを回避しようとすると莫大なコストがかかるから実現しない


19

19. 匿名処理班

  • 2018年04月11日 00:33
  • ID:o3.zFknF0 #

ブリャー!

20

20. 匿名処理班

  • 2018年04月11日 02:04
  • ID:E3vWz9qT0 #

GPSを利用したスタンドアローン制御にすれば…

21

21.

  • 2018年04月11日 04:18
  • ID:tXFS9rPL0 #
22

22. 匿名処理班

  • 2018年04月11日 07:40
  • ID:JX4D4uGk0 #

こういうしまらない話もたまに聞きたいよ。

23

23. 匿名処理班

  • 2018年04月11日 11:09
  • ID:foLck.rZ0 #

ドローンよりも担当者の首のほうが綺麗に飛びそうだな

24

24. 匿名処理班

  • 2018年04月11日 13:17
  • ID:sCVLtUkS0 #

wifiて事は2.4GHz帯と5GHz帯の電波が悪さしたって事?
干渉し辛い周波数帯域使うとかしないのかね
電波法とかで周波数帯域が制限されてるのかも知れんけど

25

25. 匿名処理班

  • 2018年04月11日 15:21
  • ID:8YIrms0r0 #

何で上空の突風って説は無いんだ?ありふれてるから?

26

26. 匿名処理班

  • 2018年04月11日 18:58
  • ID:.AUbIPuG0 #

恐らくだけど一般的なスマホと同様に
位置情報をGPSと周囲のWifi両方から得てるのかと
拾う電波のスイッチが上手く行かなかったとか高度情報の設定ミスがあり得そう
何にしてもマンパワー節約は先進国にとって急務だから成功に漕ぎ付けてほしい

27

27. 匿名処理班

  • 2018年04月12日 06:26
  • ID:2k8hpcWW0 #

プーチン大統領とトランプ大統領が、腕相撲したら、どっちが勝つかなぁ!

28

28. 匿名処理班

  • 2018年04月12日 08:51
  • ID:19mpoGFw0 #

旋回したときに揚力が落ちるから、荷物分の
重さもあって高度が下がりすぎたんだね

29

29. 匿名処理班

  • 2018年04月12日 18:20
  • ID:25HbFj7x0 #

こういうドローンや小型ロボットって、カメラ抱えさせて災害救助の現場なんかで活躍させるくらいしか使い道思いつかない

30

30. 匿名処理班

  • 2018年04月13日 23:40
  • ID:8lXcu5Ef0 #

宅配とかデリバリーとかにドローンなんて使ったら、簡単に捕獲して盗めるでしょ。
全然実用化が想像できない。

31

31. 匿名処理班

  • 2018年04月14日 12:45
  • ID:qbaBXWgN0 #

シベリア送りかなあ

32

32. 匿名処理班

  • 2018年04月15日 17:29
  • ID:AlGGXAi00 #

ネットで話題にしてもらうためにわざと失敗してんじゃないか
うちはドローンの研究してますよっていう先進性の宣伝
以前も新型装甲車のお披露目でプーチンの目の前でドアノブがぽろりする動画があったけど同じ意図があったりして

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク