太陽の磁場の反転が迫る。地球に与える影響
 地球を明るく照らしてくれる太陽ではまもなく、磁場が反転するという重大な出来事が起きようとしている。もう少し詳しくいうと「磁極」の逆転だ。

 たとえば地球は大きな1つの磁石のようなもので、南極から北極へと磁力が向かっている。だからコンパスの針は北を向く。

 つまり南極にN極が、北極にS極がある。太陽にもこのような磁極があるのだが、それが間もなく入れ替わろうとしているのだ。

 なんだか世界の終わりかのような、とんでもない出来事が迫っているような印象があるが、決してそのようなことではない。太陽では定期的に磁極の逆転が起きているから今回も乗り越えられるはずなのだ。では詳しく見ていこう。

太陽は22年で磁場が逆転しまた元に戻る

 太陽の磁極の逆転を理解するには、まず太陽の周期を知っておかねばならない。太陽の活動は約11年周期で変動しており、これを「太陽活動周期」という。

 その活動は黒点の数や太陽フレアなどの変化として現れ、活動レベルのピークである「極大期」ともっとも弱くなる「極小期」を繰り返す。

 ちなみに現在は極大期に近づいており、2024年後半から2026年前半のどこかでそのピークに達すると予測されている。最近、世界各地でオーロラが目撃されているのはそのためだ。

 あまり知られていないが、じつは太陽活動周期とはまた別の周期が太陽にはある。それが20世紀初頭にアメリカの天文学者、ジョージ・ヘール氏らによって解明された「ヘール周期」だ。

 ヘール周期は太陽活動周期の11年に、さらに11年を足した磁場の終期のことで、この22年の周期がひと巡りする間に、太陽の磁場が逆転し、また元に戻る。

 こうした周期は太陽の磁場が関係しているので、ヘール周期が太陽活動周期のちょうど2倍なのは偶然ではないし、両周期は密接に関連している。

 太陽の活動がもっとも弱い極小期には、太陽の磁場は、N極とS極がはっきりと分かれた地球のような状態(双極子)になる。

 だが極大期に向かうにつれて、磁場はずっと複雑になり、N極とS極の区別がはっきりしなくなる。極大期が過ぎ、再び極小期に向かうと、またも双極子になる。ただしこのときの磁極は逆転しており、最初とは真逆になっている。

 今後数年以内に起きようとしている磁場の逆転では、太陽の北半球にあったN極がS極となり、南半球ではその逆になる。その結果、地球の地磁気と同じような向きになる。
iStock-861786220
photo by iStock

磁場の逆転はなぜ起こるのか?

 なぜ太陽の磁場の逆転が起きるのか?その原動力は「黒点」という太陽表面に現れる黒っぽい斑点だ。

 ここは磁気的に複雑な領域で、赤道近くに現れたときは、その向きが古い磁場に一致する。一方、極に近いところに現れた場合は、新たな磁場の向きに一致する。これを「ヘールの法則」という。

 だが、磁極逆転の正確なメカニズムはまだわかっておらず、それを矛盾なく説明できるような数学的なモデルはまだない。
iStock-1488440423
photo by iStock

地球に与える影響は?

 まずいっておくと、磁極の逆転はある時点でパッと切り替わるような現象ではない。11年かけて、双極子 > 複雑な状態 > 双極子の各フェイズが徐々に移り変わる。

 磁極が完全に逆転するには1、2年かかるが、それも絶対ではない。2019年12月に終了した第24太陽活動周期では5年近くもかかった。

 いずれにせよ、それは緩やかに起きるので、いつ逆転したのか気づくことはない。なんだか世界の終わりが連想されるとんでもない現象に聞こえるが、そんな劇的なものではない。

 だが、磁場の反転の副作用のようなものならある。

 たとえば、このところ太陽がびっくりするくらい活発で、強力な太陽フレアやコロナ質量放出を繰り返し、地球に強力な太陽嵐を引き起こしているのもその一例だ。

 ただし、磁極の逆転が直接的な引き金となってこうした派手な太陽の活動を引き起こしているわけではなく、それらが発生するタイミングが同じなだけだ。

 宇宙の天気が荒れるのは一般に太陽極大期だが、この時、太陽の磁場もまた複雑になっているのだ。

 もう一つの副作用も悪いものではない。人間に有害な宇宙線をさえぎる役に立つからだ。

 太陽の磁場が変化すると、赤道から太陽圏内に広がる「太陽圏電流シート」が大きく波打ち、宇宙線に対するより強力なバリアとなるのだ。

 なお、こうした磁極の逆転を観察すれば、次の太陽活動周期の様子を予測することもできる。

 磁極の逆転が今後数年以内に起これば、次の周期は活発なものになるし、もっとゆっくり起きるのならば穏やかなものになるという。

追記:(2024/06/21)本文を一部訂正して再送します。
References:The sun's magnetic field is about to flip. Here's what to expect. | Space / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
太陽で何かが起きている。これまでに見たこともないガス体(プロミネンス)の巨大な渦が観測される


大規模な太陽嵐の襲来により世界各地で色鮮やかなオーロラが観測される


太陽はいつ死ぬのか?地球はいつ滅亡するのか?


約4万年前に発生した地球の劇的な磁極反転の証拠が発見される(国際研究)


地球と太陽の間に泡のバリアを設置して温暖化を低減。MITが主導する「スペースバブル」プロジェクト

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年06月20日 20:38
  • ID:99RJZyYZ0 #

カナダで昔あった、「1989年3月の磁気嵐」を思い出した。ウィキペディアで久しぶりに検索したら詳しく載ってたわ。

万が一こういう事が再び起きた場合を想定して、現金とか缶詰の魚とかミネラルウォーターとかをある程度用意しておかないとな、と考えた。改めて防災について考える機会を与えて頂き、ありがとうございます☺️

2

2. 匿名処理班

  • 2024年06月20日 20:41
  • ID:IdDAJ0r80 #

そもそも太陽は常に磁場を変動させている。
磁場の変動が引き金となって巨大な太陽フレアや磁気嵐が発生し、衛星の機能が阻害されることもあるので、磁場を始めとした太陽の気象変動は常に観測されている。

3

3.

  • 2024年06月20日 20:44
  • ID:RNSznRPo0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2024年06月20日 21:12
  • ID:GbY.VeGG0 #

意外と知られてないのが黒点とは 周りの温度が高くなり黒点部分が相対的に温度が低くなり
黒く見てしまう現象が黒点なんだよなw

5

5. 匿名処理班

  • 2024年06月20日 21:47
  • ID:DqezPeih0 #

>>4
太陽の黒点という言葉を知ってて何か知らないなんてことあるの?その場合どこで黒点を知ったの…

6

6. 匿名処理班

  • 2024年06月20日 23:48
  • ID:iogGpLK.0 #

結局、影響は特にないって事で良いのか?
22年周期なら何度も体験してる筈だけど前回何か起こったの?

7

7. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 00:18
  • ID:2evrgFYr0 #

>>6
結論としては大した影響は無いということだろうね。
「磁場の逆転」とか言うと大仰に聞こえるけど
しょっちゅう起きてる茶飯事。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 01:20
  • ID:6d0VOWwW0 #

>>4
(それ、授業で習うことだぞ・・・)

9

9. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 01:31
  • ID:2ewEa05V0 #

>>6
正確には11年周期の太陽活動極大期が磁場変動による大規模な太陽フレアを引き起こす。
例えば1972年8月にはベトナム戦争中に巨大フレアが起こり、磁気嵐で磁気センサーが誤作動を起こして大量の機雷が同時に爆発した。人工衛星も通信不能となり、空軍は核爆発が起きたと誤認した。もし太陽フレアの報告が無ければ核戦争が起きていたかもしれない。
2012年7月の極大期は、地球は運よく太陽フレアを回避していた。
今年5月に日本各地で観測されたオーロラも太陽フレアの影響。
太陽フレアで予想される最大限の被害は2週間の電波障害、東京だけで3000億円の経済的損失が見込まれる。

10

10. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 01:36
  • ID:MOjvFVY50 #

疑似科学系デマゴギーに利用されないように正しい知識を仕入れとかないとね

11

11.

  • 2024年06月21日 09:02
  • ID:cn98jESl0 #
12

12. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 10:21
  • ID:yzjSWLEP0 #

>>1
自転車のタイヤチューブも買いに行かなきゃ!!(粗忽者)

13

13. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 11:43
  • ID:77An..0m0 #

>>5
言葉だけ知って、内容はとくに知らないのはあるある話
身近な例だと「ネットミーム」とかもだいたいそう

14

14. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 12:07
  • ID:Czvkflnb0 #

なんかよく分からんから怖いわ〜。

15

15. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 14:06
  • ID:bzpgjFx00 #

爺婆の逆転?

16

16. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 15:54
  • ID:bzpgjFx00 #

ちょっといこり過ぎやな 「いこる」今どきの人は分からんか・・

17

17.

  • 2024年06月21日 18:26
  • ID:.Y.npI0Z0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2024年06月22日 03:17
  • ID:yj.9ff8H0 #

>>16
今時とかではなく方言だからその地方の民しかわからんぞ

19

19. 匿名処理班

  • 2024年06月23日 20:07
  • ID:am2ChYbL0 #

磁場ニャン

20

20. 匿名処理班

  • 2024年06月24日 01:12
  • ID:Y7KaqGYN0 #

>>16

いこる って言葉生まれて初めて聞いた。
イコールはあるけど。

21

21. じょん・すみす

  • 2024年06月24日 15:39
  • ID:fg8oU0xz0 #

とりあえず、これから太陽活動が弱くなってくる。
なので、オーロラ観光が流行らなくなるし、太陽黒点の観測してる人は暇になるな。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links