地球に最初に雨が降ったのは40億年前
 地球最古の雨は約40億年前だったようだ。オーストラリアで発掘された古代の鉱物の中に、淡水の雨が降ったと考えられる痕跡が発見されたそうだ。それは異常に軽い酸素の同位体だった。

 研究チームが発見したその痕跡は、ただ最古の雨の痕跡というだけでなく、地球の形成に関する歴史についての定説までくつがえす可能性がある。

 新たな発見は、この地球が従来の想定よりずっと早く冷え、生命が誕生する舞台が整っていたであろうことを告げているという。

地球最古の雨の痕跡を発見

 西オーストラリア州ジャック・ヒルズには、地球でも最も古い原始の鉱物がある。

 それは気が遠くなるような長い時間を経ても、熱と圧力によって大きく変質したりせず、44億年前の地球の名残をとどめている。

 世界最古の雨の痕跡は、こうした岩石に含まれる地球最古の宝石「ジルコン」に閉じ込められていた。

 オーストラリア、カーティン大学と中国科学院・地質地球物理学研究所の研究チームは、二次イオン質量分析法でジルコンを分析し、その結晶を作り出したマグマにどのような酸素の同位体が含まれていたのか調べてみた。

 すると40億年前までさかのぼる異常に軽い酸素の同位体が見つかったのだ。

 そうした極端なまでに軽い同位体は、マントルの下で形成され、なおかつ隕石に含まれるような淡水にさらされねば、あり得ないものだ。

 それが太古の結晶に閉じ込められているということは、その当時に地球最初の雨が降り、地殻の浅いところへ染み込んだであろうことを示す。
2
44億前のジルコンの結晶 / image credit:John Valley

地球は定説よりずっと早く冷却された可能性

 この発見は、ただ地球最古の雨が見つかっただけでなく、さまざまな研究分野に大きな影響を与える可能性がある。

 というのも、その深さにある古い雨の痕跡は、40億年前の地球が完全に海に覆われていたという既存の説をくつがえすからだ。

 このことは、地球が形成されて6億年足らずという比較的短期間で、陸地と淡水によって生命の舞台が整えられたであろうことを示唆している。

 これまで発見された中で地球最古の陸上の生命は、ジャック・ヒルズから北へ800kmの場所で発見された34億8000万年前の「ストロマトライト」(藍藻などの死骸や泥流でできた層状の岩石)だ。

 そして今回の発見を踏まえるなら、そうした生命が繁栄するために不可欠な乾燥した土地・淡水・水の循環(おそらく地球上の生命までも)が、想像以上に早く出来上がっていたと推測することができる。

 従来の説では、45億年前に誕生した地球は少しずつ冷えて、38億年前にようやく快適な気候になったとされてきた。

 だが、これに異を唱える説もある。

 ウィスコンシン大学マディソン校の地球科学者ジョン・バレー氏によれば、地球の冷却はずっと早く、44億年前には液体の水や海ができるほど十分に冷えていたと考えられるという。
3_e
地球の歴史を年表にすると、ジャック・ヒルズのジルコンと「冷やされた初期の地球」の形成は44億年前となる / image credit:John Valley

 「今回の発見は、地球初期の歴史についての理解を大きく前進させてくれます。生命の起源について、さらなる探求の扉が開かれることでしょう」と、研究チームのヒューゴ・オリールック氏は語る。

 この研究は『Nature Geoscience』(2024年6月3日付)に掲載された。

References:Oldest bit of crust firms up idea of a cool early Earth / Evidence of Earth's First Rains Found Trapped Within Primordial Crystals : ScienceAlert / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
3700年前に飛来した隕石(もしくは彗星)の空中爆発で中東の一部が吹き飛んでいた可能性(ヨルダン)


地球最古の生命体「ストロマトライト」 ごくわずかに現存する生きた個体を発見(タスマニア)


アタカマ砂漠の謎のガラスの破片に宇宙由来の成分を検出。1万2000年前に隕石の大爆発で作られた可能性


火星に生命生存の条件が整ったのは37〜39億年前。火星由来の隕石から明らかに


地球のコア(核)は25億年前からダダ漏れだった(カナダ・フランス・オーストラリア共同研究)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 20:12
  • ID:kYfjUFP.0 #

> それが太古の結晶に閉じ込められているということは、その当時に地球最初の雨が降り、地殻の浅いところへ染み込んだであろうことを示す。

いや
雨とは限らんだろう
地底の中で水分が発生した可能性も十分にある

2

2. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 22:52
  • ID:uR3fkXeY0 #

アプスーの誕生だ

3

3. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 23:30
  • ID:s5sMHAGu0 #

>>1
それは淡水にはならん、ということなんじゃないか?

4

4. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 23:58
  • ID:f5CVDvr80 #

×「淡水の雨が降った考えられる痕跡が」→○「淡水の雨が降ったと考えられる痕跡が」

5

5. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 07:28
  • ID:n1YW2JsI0 #

ビッグバンとかもだけど、最近「定説よりずっと早く」とか言い出しすぎだろ

6

6. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 07:35
  • ID:5nNq8FsS0 #

>>1
その当時は陸地はなくて、地球の表面は完全に海に覆われていたと考えられていたんだよ。だから地下水であっても塩水。

7

7. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 08:43
  • ID:q.nlYDll0 #

これまでに発見された雨の痕跡のうち最古のものだが
これが地球に初めて雨が降った痕跡かどうかはわからない

8

8. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 09:38
  • ID:D532ZXrG0 #

マントルの下ってさすがに深過ぎないか?そんなとこでできるもので地表の状況が分かるのか

9

9. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 10:28
  • ID:zBSypmr00 #

>>5
研究が進んで情報や知識が蓄積されたり、事例が増えたりすれば
初期の情報がどんどん洗練され、変化していくのは当たり前の事
むしろ研究が進んでいるはずなのに、そこが更新されていかない前例主義なんて科学でもなんでもない

なんでか知らんけど、この手の当たり前の事を疑問に思う前期代的な前例主義の人がネットに多い気がする

10

10. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 10:33
  • ID:zBSypmr00 #

>>8
プレートにも隆起があるから…

11

11. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 18:33
  • ID:llWVdWI80 #

100年前の事実ですらあやふやにしかわからんのに40億年前の事なんて憶測でしかわからない
まぁだいたいそんな感じ、くらいの認識でいい

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links