バルト海に藻が大量発生し緑色の渦巻きを形成
 神秘的であると同時に畏怖の念をも抱かせる巨大な緑色の渦。まるで巨大な目玉にも見えるこの光景は2018年に宇宙からバルト海を撮影したものだ。

 この巨大な渦巻きの正体は藻類だ。高密度に大量発生し、水面付近が変色するこの現象を「水の華(藻類ブルーム)」と呼ぶ。

 藻類が大量発生すると水中の酸素を欠乏させ「デッドゾーン」を形成する。ゆえに水の華は、海の生物にとっては危険な領域となる。

 人間の活動や気候変動によって、このような危険な水の華はますます拡大し、その出現頻度も増えているという。

海面を覆う大量の藻「水の華」

 小さな藻類が大量発生したことで海面の色が変わる現象を、「水の華」や「藻類ブルーム」という。

 NASA Earth Observatoryによれば、2018年にバルト海東部のフィンランド・エストニア・ロシアに接する「フィンランド湾」で撮影された水の華は最大25kmもの幅がある巨大なものだったという。

 この湾では逆方向に流れる2つの海流が衝突して大きな渦ができている。そこに「藍藻」や「珪藻」といった小さな藻類が閉じ込められ、海水の色が変わって見えるのだ。

 藻類が海流に乗って神秘的な模様を描き出すことは珍しくないが、これほど完璧な渦巻きは稀であるという。
2
2018年7月20日に宇宙から撮影したバルト海 / Image credit: NASA Earth Observatory/Landsat

水の華の発生は世界的に増加傾向にある

 こうした水の華は規模・頻度ともに増加傾向にある。

 これまで海では、海水が縦に混ざりあって豊富な栄養分が海面にもたらされ、毎年夏になれば自然に藻類が繁殖してきた。

 ところが、ここ数十年で農業排水などが海に流れ込むようになったことで、富栄養化が進み、藻類が大量発生しやすくなっているのだ。

 それは世界的にも同様で、2023年の研究によれば、2003〜2020年の間に、藻類の平均的な発生規模が世界全体で13%増加したという。
4
宙から撮影された水の華。見た目は幻想的だが、じつは危険な現象でもある/Image credit: NASA Earth Observatory/Landsat

水の華は生命を脅かす危険なデッドゾーンに

 藻類が描く自然の模様は見た目には美しいが、じつは危険な代物だ。

 水面にあまりにも大量の藻類が集まるせいで、海水の酸素が減少し、そこで暮らす生物たちが窒息してしまうのだ。

 このような「デッドゾーン」は、藻類が増えるほどに大きくなる。

 今回の渦巻きが発生した当時、フィンランド湾のデッドゾーンは7万km2(九州の2倍)にも広がっていた。

 デッドゾーンはただ大きくなっているだけでなく、危険度も増している。

 気候変動による海水温の上昇のせいで、海水が以前ほど酸素を保てなくなってきており、酸素濃度がますます低下しやすくなっているのだ。

 2018年の研究によれば、20世紀のバルト海の酸素濃度は、過去1500年で最低レベルだったそうだ。

 昨年、エルニーニョによって海面の水温が記録的な高さになった。そのおかげで、2024年の夏もまた水の華が咲き乱れる可能性が高いという。

References:Summer Blooms in the Baltic and Barents / Earth from space: Ethereal algal vortex blooms at the heart of massive Baltic 'dead zone' | Live Science / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
宇宙から見えるほど!フロリダやメキシコの海岸を襲う大量の海藻


青い光を放ちながら泳ぐイルカの姿が発見される(オーストラリア・アメリカ)


これが最終形態なのか?緑色のもふもふのヘビが発見される


カメも長いこと生きてるといろんなもの背負ってんだなー。かなり長寿と推測される藻に覆われたカミツキガメ(アメリカ)


奇跡的イベントが発生中。2種の微生物が融合するという10億年に1度の進化が起きている

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 00:37
  • ID:3gkThJt40 #

海洋でのCO2固定になるだろうから、いい面もありそう。

2

2. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 02:31
  • ID:tn9YmDa.0 #

>>1
酸素が欠乏するってことは光合成を呼吸が上回ってるってことなんじゃない?

3

3. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 07:29
  • ID:Go3wdkSg0 #

触れると過去、未来が見えます

4

4. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 07:38
  • ID:gK95l6cd0 #

>水面にあまりにも大量の藻類が集まるせいで、海水の酸素が減少し、そこで暮らす生物たちが窒息してしまうのだ。
よくわからなかったからググってみたんだけど「藻類増えすぎ→海洋密度成層の強化→貧酸素化」って理解でいいのか?

5

5. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 08:29
  • ID:kKsA13E50 #

海の酸素生産のメインは確かに植物プランクトンだけど陸地の2倍以上の面積で生産量も半分以下だからこんだけ増えても微々たるもんだよ

6

6. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 08:50
  • ID:H8MfjAnS0 #

これって青潮ってヤツと同じもの?
これが太平洋とか大西洋とかインド洋のような大洋にまで届けば、青い砂漠と言われるあの辺の生き物にうまく栄養がいきわたるのに……偏在ってのはなかなか難しいですね。

7

7. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 09:23
  • ID:T6Crmcft0 #

バトル海!

8

8. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 10:23
  • ID:zBSypmr00 #

>>5
写真のような青潮や同じような赤潮でも、「微々たるもの」でも、海域生態系の大量死を招くから凄いよね

>>6
記事にもあるけど人間が農業生産率を上げるために土に栄養を大量に投入し
その余剰分が川に流れ、そして海に至って死を招くという経緯なので人間責任
まぁ。「大量投入」といっても海流が停滞しやすい海域ではないと
そういった栄養素は撹拌されやすいので、あまりおこらない

9

9. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 14:09
  • ID:M1725elW0 #

そうです!ここは全てのバランスの崩れた
恐るべき世界なのです!

10

10.

  • 2024年06月07日 17:28
  • ID:Go3wdkSg0 #
11

11. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 18:09
  • ID:sMdhWQ440 #

東京湾のお台場だっけ?
牡蠣が繁殖しすぎちゃったやつ、あれは逆に言えば栄養を牡蠣が吸収してるわけじゃん
その牡蠣は臭すぎたり汚染されてて食べられないけど、その牡蠣を食べる人間以外の生き物がいれば生態系が改善されていくんじゃないかな
牡蠣の殻とか破壊できる生き物じゃないとだめだけど

12

12. 匿名処理班

  • 2024年06月08日 14:50
  • ID:kLEo1Uor0 #

>>11
海鷂魚は、バリボリ殻を砕いて食べるよ

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links